スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

NWOマクロン  催涙ガス  マイノリティ

2018-10-10 20:47:26 | EU  NATO  欧州  北欧 







10.10 パリ警察、抗議デモに催涙ガスを使用【動画】


パリで行われた抗議デモでは、暴徒化した参加者を解散させるために警察が催涙ガスを使用した。


ロシアのマスコミが報じた。


テレビ局BFMTVによると、抗議デモでは4人が拘束された。



https://twitter.com/OnlineMagazin/status/1049699861094957058




​デモでは、黒い服装をした参加者と、暴徒化した参加者を解散させるために催涙ガスを使用した警官の間で衝突が起きた。



警察との衝突で数人がけがをした。少なくとも2人が救急車で搬送され、うち1人は頭部を負傷した。



夏が終わってから初めてとなるフランスの社会政策に反対する抗議デモは9日、同国の複数の主要な労働組合の呼びかけによりパリで始まった。










☆ これが なぜ マクロンがマイノリティということなのでしょう?


オバマの奥さんは 男性 ということは 最初は 笑ってすませていました。


けれど ミッシェル では なく マイケル と オバマが 思わず 呼んで その後

男性 マイケルとのショットが本当に 出てきました  ww


これも NWOの マイノリティ使用ということらしく


それで 日本での マリノリティ という意味も分かります。


マクロンも オバマと同じ とは 言われていましたが


マクロンの恋人は男 ということは ロイターで 当たり前に発信されているようですね。



日本の 政権 権力の 不倫 ホモなど


あるサイドでは あまりにも当たり前のことなのですね。





コメント

オランダの策略  スパイ事件

2018-10-09 21:26:44 | EU  NATO  欧州  北欧 


10.8 オランダでの「スパイ」をめぐる状況は、注意をそらすための策略=ラブロフ外相



ロシアのラブロフ外相は、化学兵器禁止機関(OPCW)へのサイバー攻撃を試みたとしてオランダがロシアを非難している状況について、


EUとNATOの問題から注意をそらすための「策略」の一例だと指摘した。


ラブロフ外相は「この4月の話は、NATO外相会議を前に意図的に引っ張り出された」と語った。



またラブロフ外相は


「スパイ行為で非難されているロシアの専門家たちのハーグ訪問にはいかなる秘密もなかった」と述べ、


これは「ルーティーン」の訪問だったと指摘した。







コメント

ロシア軍機を撃墜した フランスという国②

2018-09-26 19:42:21 | EU  NATO  欧州  北欧 


 イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相の父親、ベンシオンはポーランドからパレスチナへ移民した人物で、


大学時代にジャボチンスキーの「修正主義シオニスト世界連合」へ参加、1940年にはアメリカへ渡り、ジャボチンスキーの秘書になった。



 その直後にジャボチンスキーは死亡するのだが、死んだ後もベンシオンはアメリカで活動を続け、

パレスチナへ戻るのはイスラエルの「建国」が宣言された翌年、1949年のことだ。


1950年代からはアメリカの大学で教鞭を執っている。



 アメリカでエマニュエル・マクロンに近いのはヒラリー・クリントン、ベンヤミン・ネタニヤフに近いのはドナルド・トランプだ。



 マクロンは昨年(2017年)5月の大統領選挙で勝利、大統領になったのだが、

そのときのライバルがマリーヌ・ル・ペン。


フランスの裁判所はル・ペンのダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)批判に絡み、彼女に精神鑑定を受けさせるように命じた。


ル・ペンにつけられた「極右」というタグに影響され、

「左翼」や「リベラル」を自称している人の相当部分は反射的に彼女を敵視する。


彼女からなら言論の自由を奪ってもかまわないという発想なのだろうが、その矛先は全ての人びとに向けられることになる。




 アメリカのジョージ・W・ブッシュ政権が2003年にイラクを先制攻撃した際、フランスはアメリカ政府の命令に従わず、戦争に反対した。


そのときのフランス大統領はド・ゴール派のジャック・シラク。その後、シラクはスキャンダルに巻き込まれ、2011年12月に有罪判決を受けている。


 シャルル・ド・ゴールは1959年から69年にかけてフランス大統領を務めた人物。アメリカ支配層とは一線を画していた。



 フランスはイタリアと同じようにコミュニストの影響力が強かった国で、それはCIAの積極的な秘密工作につながる。


1947年にフランスで社会党政権が誕生すると、その内部大臣だったエドアル・ドプは、右翼の秘密部隊が創設されたと語っている。


その黒幕はアメリカとイギリスの支配層だったと見られている。



 その年の夏、アメリカのCIAとイギリスのMI6は秘密部隊を使い、

「青計画」と名付けられたクーデターを実行、シャルル・ド・ゴールを暗殺しようとする。


発見された文書によると、まず政治的な緊張を高めるために左翼を装って「テロ」を実行し、クーデターを実行しやすい環境を作り出すことになっていた。フランスの情報機関SDECEも関与していたと見られている。




 1961年にはOAS(秘密軍事機構)なる秘密組織が作られた



ド・ゴールに反発する軍人らによって構成される組織だが、その黒幕もCIAの破壊工作部門。

OASはこの年の4月にマドリッドで開いた会議でクーデターを計画する。



 まず、アルジェリアの主要都市、アルジェ、オラン、そしてコンスタンチンの支配を宣言し、その後でパリを制圧するという計画。


その中心にはモーリス・シャレをはじめとする4名の将軍がいた。



 それに対し、アメリカ大統領に就任して間もないジョン・F・ケネディはジェームズ・ガビン駐仏大使に対し、


必要なあらゆる支援をする用意があるとド・ゴールへ伝えるように命じた。


クーデター軍がパリへ侵攻してきたならアメリカ軍を投入するということを意味しているわけで、クーデター計画の黒幕とも言うべきCIAは驚愕する。


その後、ド・ゴール大統領はSDECE長官を解任、SDECEの暗殺部隊と化していた第11ショック・パラシュート大隊を解散させた。



 クーデターに失敗したOASだが、その一部は1962年8月にパリでド・ゴール大統領の暗殺を試み、失敗している。


暗殺計画に加わったメンバーは9月にパリで逮捕され、全員に死刑判決が言い渡された。


ただ、実際に処刑されたのはジャン=マリー・バスチャン=チリー大佐だけ。ド・ゴールを救ったケネディ大統領は1963年11月に暗殺された。



 ド・ゴール暗殺未遂から4年後の1966年にフランス軍はNATOの軍事機構から離脱、

翌年にはSHAPE(欧州連合軍最高司令部)をパリから追い出したが、


ド・ゴールが大統領を退くとフランスの情報機関は再びCIAの下部機関と化してしまう。


フランスがNATOの軍事機構へ一部復帰すると宣言したのは1995年のこと。

完全復帰は2009年、ニコラ・サルコジが大統領だったときだ。(了)



https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201809240001/






コメント

フランスという国①

2018-09-25 14:55:44 | EU  NATO  欧州  北欧 


ロシア軍機の撃墜でも登場するフランスという国①



 ​ロシア国防省はシリア沖で9月17日に撃墜された電子情報支援機IL20に関して説明した​。


それによると、イスラエル軍から攻撃の予告があったのは21時39分で、その1分後の40分にはイスラエル空軍のF16が精密誘導爆弾のGBU39でロシア軍のフメイミム空軍基地があるラタキアに対する攻撃を開始、51分にシリア軍が反撃を始めている。



 21時59分に1機のイスラエル軍機がIL-20に接近、シリア側は新たな攻撃だと判断、

22時03分にシリア軍が発射した防空ミサイルはF16より大きなターゲットであるIL20へ向かい、そのIL20の機影は22時07分に消えた。


イスラエル側はロシア軍とシリア軍が使っている敵味方識別システムが違うことをしっていたとロシア国防省は主張している。



 イスラエル軍機によるラタキアへの攻撃があった直後、ロシア国防省はIL20の機影が消えたとき、

フランス軍のフリーゲート艦オーベルニュがミサイルを発射していたと発表している。このフランス艦についての説明がない。




 フランス軍とイスラエル軍が連携していた可能性は否定できないのだが、両国政府の関係が微妙だという事実もある。


フランスのエマニュエル・マクロン大統領がロスチャイルド資本の影響下にあるのに対し、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相はウラジミール・ジャボチンスキーの影響を受けている。



 マクロンは2006年から09年まで社会党に所属、その間、08年にロスチャイルド系投資銀行へ入り、200万ユーロという報酬を得ていた。


2012年から14年にかけてフランソワ・オランド政権の大統領府副事務総長を務め、14年に経済産業デジタル大臣に就任すると

巨大資本のカネ儲けを支援する新自由主義的な政策を推進、マクロンのボスだったオランドはアメリカ政府の侵略政策にも加わる



そうしたオランドの政策に対するフランス国民の憎悪は強まると、マクロンは社会党から離れ、2016年4月に「前進!」を結成した




 フランスでは大統領の有力候補としてドミニク・ストロス-カーンIMF専務理事の名前が挙がっていた。


新自由主義を世界へ広める役割を果たしているIMFだが、ストロス-カーンは新自由主義に批判的な発言をしている。



 彼は​2011年4月にブルッキングス研究所で演説​し、失業や不平等は不安定の種をまき、市場経済を蝕むことになりかねないと主張、

その不平等を弱め、より公正な機会や資源の分配を保証するべきだと語っているのだ。



 しかも、進歩的な税制と結びついた強い社会的なセーフティ・ネットは市場が主導する不平等を和らげることができ、健康や教育への投資は決定的だと語っただけでなく、停滞する実質賃金などに関する団体交渉権も重要だとしていた。




 ストロス-カーンがニューヨークのホテルで逮捕されたのは、この演説の翌月。


後に限りなく冤罪に近いことが判明するが、


その前に彼はIMF専務理事を辞めさせられ、大統領候補への道は閉ざされた



ストロス-カーンの後任専務理事は巨大資本の利益に奉仕するクリスティーヌ・ラガルドだ。(つづく)




https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201809240000/






コメント

イタリア  不法移民対策強化   ベルルスコーニ氏  欧州議会選挙出馬

2018-09-25 14:54:30 | EU  NATO  欧州  北欧 






9.25 イタリア政府、不法移民対策強化法を採択


イタリア閣僚評議会は24日、移民・安全保障関連法案を全会一致で採択した。


一括法案はマッテオ・サルヴィーニ副首相兼内務大臣の名前から「サルヴィーニ法」と報じられている。



同法は、人道的な亡命の権利取得ルールを厳格化し、国籍取得や移民受入れセンター滞在の新規則を導入する。


例えば、移民が亡命申請の資格を失い、国外追放となる犯罪のリストが拡大される。



同法はまた、テロリズム関与を疑われる人物など、国益への脅威と見なされる人物のイタリア国籍剥奪の可能性も規定する。



イタリアメディア「The Local」によると、イタリアでは今日、約500万人の移民が暮らしている。


不法移民は主に北アフリカや中東諸国出身で、その人数は統計により、50万〜70万人と揺れがある。


2017年だけで、海経由でイタリアに12万人の不法移民が侵入したと見られる。










9.24 ベルルスコーニ氏、欧州議会選挙へ出馬の可能性


ベルルスコーニ伊元首相は23日、自身が党首を務める政党「フォルツァ・イタリア」のイベントで演説し、

2019年の欧州議会選挙に出馬する可能性があることを明らかにした。



ベルルスコーニ氏は


「私は欧州の選挙に立候補することを考えている。皆からお願いされている。

イタリアを救いたいならば、われわれはこれに真剣に取り組む必要がある」と述べた。ANSA通信が報じた。



ベルルスコーニ氏は1週間後、82歳の誕生日を迎える。


同氏は演説後、記者団に


「次回の欧州議会選挙への出馬を考えている」と語った。


欧州議会で「フォルツァ・イタリア」は伝統的に「欧州人民党」の枠内で欧州の別の中道右派政党と連立を組んでいる。



ベルルスコーニ氏は2013年にイタリアの最高裁から脱税の罪で禁錮4年を言い渡されたが、5月に復権した。


裁判所は、ベルルスコーニ氏に対する公職禁止の判決を撤回した。









コメント

NATO  サイバー攻撃の偽旗を いたします

2018-09-17 15:30:49 | EU  NATO  欧州  北欧 


9.17 NATO事務総長、「サイバー攻撃」が行われた場合、ロシアを報復攻撃すると脅す


北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、ポータルAxiosのインタビューで、


ロシアが「サイバー攻撃」を行った場合、NATOは北大西洋条約第5条を発動する可能性があると語った。



7月にブリュッセルで開かれたサミットでは、


「ハイブリッド戦争」が起こった場合、NATOは武力攻撃が行われた場合のように、集団的自衛権を行使する条約第5条を発動できることが決定された。



ストルテンベルク事務総長は、第5条がどのような条件の下で発動されるのかをNATOは決して特定しないと強調し、

「このメリットをいかなる潜在的な敵にも与えるべきではないと考えている」と指摘した。



その他にも北大西洋条約第5条では、


「欧州又は北米における一又は二以上の締約国に対する武力攻撃は全締約国に対する攻撃とみなされる」と述べられている。



なおロシアは、サイバー攻撃を使って様々な国の選挙に影響を与えようとしたとの非難を繰り返し否定している。









コメント

フランス  相手にすり寄って ひっくり返す 戦法

2018-09-03 18:36:23 | EU  NATO  欧州  北欧 


9,3 仏外相 シリアのアサド大統領の勝利を認める


シリアのアサド大統領について、仏ジャン=イヴ・ル・ドリアン外相はアサド氏はシリア国内の紛争に勝利したことを認めた。


ル・ドリアン外相のこの声明は仏国営ラジオ放送局「フランス・インター」で行われたもの。



ル・ドリアン仏外相は「アサドは戦争に勝利した。我々はこれを認めねばならない」と強調する一方で、


アサド大統領が得たのは戦勝であり、平和ではないと指摘し、平和の樹立にはシリアには「国際的な仲介者の参加のもとでの政治的解決」が必要との見方を示した。



ル・ドリアン外相は、シリア政府は断固としてイドゥリブからテロリストを一掃する決意を固めて事に臨んだものの、政府軍が同地域を掌握したところで紛争の火種になる問題が解決されるわけではないと指摘している。



解放の進むシリアの中でも北部のイドゥリブ県は唯一、違法な武装勢力の掌握下にある。


最近のイドゥリブ情勢は緊迫化が進んでいる。


露国防省の発表によれば、シリア政府軍が非難されるためにテロ組織「タハリール・アル=シャーム」(ロシアでは活動が禁止)によって一般市民に対する化学兵器を用いた煽動が準備されている。



☆ 偽旗計画は ばれ 戦闘をしても ロシアに 負けるだろう。


地上の悪魔の 白 黄色 関係なく


吐き気がするような 言葉の駆使です。


シリアは 独立した国なので 英米仏などの 関与は 全く 必要ありません。








コメント

クロアチア大統領 ロシアとの対話を支持

2018-07-16 17:45:29 | EU  NATO  欧州  北欧 






7.16 クロアチア大統領、ロシアを孤立させる試みに反対


クロアチアのコリンダ・グラバル=キタロビッチ大統領は、ロシアを孤立させる代わりに、ロシアと対話する必要性を支持した。AP通信が報じた。


大統領は、南東欧州におけるロシアの行動に懸念を表すと同時に、安全保障問題についてロシアと対話する重要性を表明し、

「我々は一緒に活動しなければならない」と述べた。



また大統領は、ロシアのプーチン大統領と米国のトランプ大統領がヘルシンキでの会談で国際的安定の保証人であることを理解することに期待を表明した。


15日、グラバル=キタロビッチ大統領は、モスクワで行われたサッカーW杯ロシア大会決勝戦クロアチア対フランスの試合を前にクレムリンでプーチン大統領と会談した。


プーチン大統領はグラバル=キタロビッチ大統領に花束を贈り、

グラバル=キタロビッチ大統領はプーチン大統領に「Putin」と書かれたクロアチア代表のユニフォームをプレゼントした。


なおクロアチア対フランスの試合は、2-4でフランスが勝利した。











コメント

米ロ首脳会議  ヘルシンキ

2018-07-15 15:04:50 | EU  NATO  欧州  北欧 






7.15 プーチン・トランプ両大統領の首脳会談に向け、ヘルシンキは準備ができているか?

露米首脳会談は、16日にフィンランドの首都、ヘルシンキで行われる。


このような地政学的規模の出来事が最後にフィンランドで起こったのは1975年、ソ米両政府がほぼ2年間にわたる議論の後、ソ連を含む全世界に巨大な影響を与えたヘルシンキ宣言に署名した時だ。


アナリストらの指摘によれば、この時ソ連と米国は互いに接近した。



ヘルシンキ市民は皆、ロシアのプーチン大統領とトランプ米大統領が16日に、複数の白い円柱を持つかなり質素な3階建ての黄色い建物、大統領官邸で会談する意向であることを良く知っているらしい。


首脳会談は現地時間13時15分に始まるとみられている。また、会談時間は記者会見とともに、全体で約3時間となる可能性があると指摘されている。


会談まで残すところあと僅かとなった今、海上のほとんど全ての入り江では、沿岸警備隊の小型艇が既に停泊し、警察の複数のヘリコプターが町の上空を常に飛行している。


また、2種類の警察官が強化体制で町をパトロールしている。


長ズボン姿の警察官はパトロールカーで、ショートパンツ姿の警察官はフレームに「警察」と書かれた白い自転車で市内を回っている。


ヘルシンキ警察部が発表したところでは、首脳会談時に市内では制服姿の警察官最大2千人が安全を監督する。



この時期、フィンランドには、警察の手が自分には及ばないだろうと考えたらしい泥棒、基本的にはスリが集結しつつある。


例えば8日には、警察がヘルシンキ・ヴァンター国際空港で特別作戦を実施。

その結果、刑事犯グループが拘束されている。

このグループのかなりのメンバーが、隣国にあるストックホルムから飛行機でやって来ていた。



首脳会談当日には、警察のかなりの部分が大統領官邸付近に集中させられることになる公算が大きい。


他ならぬその場所で、人権保護活動家らがデモを開催する意向なのだ。


総じて、人権保護活動家らは、トランプ大統領が現在行っている欧州歴訪で訪問する全ての都市、即ちブリュッセル、ロンドン、ワルシャワでトランプ大統領を追跡する意向だ。



首脳会談には、ほぼ1千人の記者がやって来るとみられており、宿泊料金が徐々に上昇している。


今までなら、ヘルシンキではアパート1部屋を1昼夜当たり90~120ユーロで見つけることができたが、首脳会談が近づくにつれて料金は総額130~140ユーロに急上昇しつつある。



今のところ、保安当局による特別な関心が集中しているのは、ヘルシンキの静かな中心部にありトランプ大統領が宿泊するホテル「セント・ジョージ」。


ホテルの近くでは常に数台の黒い乗用車やミニバンが当直にあたっている。


一部の未確認情報では、トランプ大統領の特等室は3階にあり、ホテルの前の公園にある古い教会の方に窓が向いている。


この教会の段差には、騒々しい若者らが毎晩集まっている。






コメント

根拠のない NATOからの非難

2018-07-13 21:17:35 | EU  NATO  欧州  北欧 






7.12 「攻撃的な」ロシアに関するNATOの非難は、証拠がない=露外務省


NATOはバルト諸国や北欧のかつては平穏だった地域でも軍事活動を拡大しており、

ブリュッセルで開かれたNATO首脳会議でのロシアに対する非難は証拠がなく、不自然である。


ロシア外務省のザハロワ報道官が発表した。


ザハロワ氏は、すべてを歪曲し、あらゆることでロシアを非難する試みは「不自然であり、ひどいことであり、おろかである」と述べた。


またザハロワ氏は、

NATOは自らを防衛同盟として位置付けているが、攻撃兵器の購入を活発に行っていると指摘した。


NATOのストルテンベルグ事務総長は12日、ブリュッセルでのNATO首脳会議を総括した記者会見で

「米国とその他のNATO加盟国は、ロシアを前に互いに守り合う用意がある」と述べ、


「欧州の軍隊、インフラや諜報活動も米国の保護を助ける。

なぜなら我々は皆、より攻撃的なロシアに直面しているからだ」と語った。





〇 NATOはEU支配の要

NATOは1949年4月に創設された軍事同盟で、当初の加盟国はアメリカとカナダの北米2カ国、イギリス、フランス、イタリア、ポルトガル、デンマーク、ノルウェー、アイスランド、ベルギー、オランダ、そしてルクセンブルクの欧州10カ国だった。


その後、1952年にギリシャとトルコ、55年に西ドイツが加わり、現在は東へ拡大して26カ国になっている。


ソ連軍の侵略に対抗することが目的だとされたが、その当時のソ連には西ヨーロッパに攻め込む能力はなかった。


ウィンストン・チャーチル英首相はJPS(合同作戦本部)に対し、ソ連を奇襲攻撃するための作戦を立案するように命令、そこで考え出されたのが「アンシンカブル作戦」。


NATOへ加盟する国は秘密の反共議定書にも署名する必要があるという。(Philip Willan, “Puppetmaster”, Constable, 1991)


スイスの研究者ダニエレ・ガンサーによると、

「右翼過激派を守る」ことを秘密の議定書は義務づけているとNATOの元情報将校は語っている。(Daniele Ganser, “NATO’s Secret Armies”, Frank Cass, 2005)この「右翼過激派」はファシストとも言い換えられるだろう。



NATOの秘密部隊はアメリカ支配層が作り上げた秘密工作ネットワークの一部ということになる。


NATOにはふたつの大きな目的がある。

ソ連/ロシアを制圧し、ヨーロッパで米英巨大資本のカネ儲けに邪魔な人や団体(右とか左は関係ない)を殲滅することだ。


それがアメリカ支配層にとっての「防衛」にほかならない。


https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201701290000/
















コメント