スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

ロシアのアニメが YouTubeチャンネルを開設

2018-05-31 14:48:44 | 感じるロシア






5.30 ソ連時代に設立されたロシアの伝説的なアニメ制作会社が、YouTubeチャンネルを開設



ソ連時代に設立されたロシアのアニメーション制作会社「ソユーズムリトフィルム」が、YouTubeチャンネルを開設した。



同チャンネルでは、「ソユーズムリトフィルム」の「ゴールドコレクション」や、現在の重要なアニメーションプロジェクトが公開される。


「ソユーズムリトフィルム」の取締役会長が発表した。



「ソユーズムリトフィルム」は、ソ連時代に設立されたロシアの国営アニメーション・スタジオ。


1936年に設立されて以来、1500本以上のアニメが制作され、そのうちの多くは世界の古典的な「名作アニメ」に含まれ、400以上の国際的な賞を受賞している。



「ゴールデン・コレクション」には、世界中の人に愛されたチェブラーシカのアニメや、ロシアのおとぎ話や児童書をモチーフにしたロシア版くまのぷーさん「ヴィーニ・プーフ」などが含まれている。


また「ソユーズムリトフィルム」の「プロストクワシノ村の3人」などの所謂「黄金時代」の複数の傑作は、リメイクされている。


















コメント

シベリアで 熊と共生 夢   ロシア国籍取得

2018-05-31 14:48:07 | 感じるロシア








5.29 米国の総合格闘家ジェフ・モンソン ロシア国籍を取得



長年、ロシア国籍を望んでいた米国の総合格闘家ジェフ・モンソン氏に28日、プーチン大統領は取得を許可する大統領令を発令した。


モンソン氏は


私の夢は


ロシアの国歌が流れる中、ロシアの国旗の元でリングに上がることです」と語っていた。



モンソン氏は大の親露派で知られている。


ボディーにもロシアのシンボルを複数タトゥーで入れており、


「自由」「連帯」といった単語の他、


左脛には共産主義の象徴の「鎌と槌」を、胸部には赤い星を、左足には「母なる祖国」のモニュメントを彫り込んでいるほか、


今まで何度もソ連の国歌をかけてリングに登場している。



複数のマスコミ報道によれば、


モンソン氏はシベリアでクマ農園を開き、ロシア人の若者を対象にトレーニングを行いたいと夢を膨らませている。




https://twitter.com/JeffMonson/status/865028984895143937/photo/1








海の女王、セリムの歌~ロシア
クリエーター情報なし
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント





コメント

露中北 3者会談

2018-05-31 14:46:54 | 田布施族 朝鮮半島  



金正恩或将于北京时间6月9日与中国国家主席习近平、俄罗斯总统普京(Vladimir Putin)举行三方会谈。


http://news.dwnews.com/china/news/2018-05-29/60061121.html …

Microsoftによる中国語からの自動翻訳


金正恩は9日、北京で中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領との三者会談を開催する。



http://news.dwnews.com/china/news/2018-05-29/60061121.html




https://twitter.com/honest_kuroki/status/1001850129010180096








Kim Jong Un may visit Qingdao, meet Xi, Putin ahead of Trump Summit


https://www.taiwannews.com.tw/en/news/3443887







金総書記が青島を訪問、習主席、プーチン大統領がトランプ・サミットに先駆けて会談

台湾ニュースhttps://www.taiwannews.com.tw/en/news/3443887



https://twitter.com/honest_kuroki/status/1001727432100007936







コメント

露 中 北  vs  日本の 核の偽情報

2018-05-31 14:46:12 | クリミヤ


核兵器について、日本が一度も報じたことのない

北朝鮮とロシアと中国の大きな共通点は、


日本が終戦前にあるいは世界初で核兵器を製造し核実験した国だと言うことを、公式にあるいは政府メディアで報じている国だということ。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%88%86%E5%BC%BE%E9%96%8B%E7%99%BA#%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%81%AE%E4%B8%BB%E5%BC%B5



https://twitter.com/honest_kuroki/status/1001731703046467586





海外の主張


中国政府の公式ウエブサイトによると


中国は、日本は1939年から1940年の間に日本で核兵器を製造したと主張している。


また、ロシア政府系通信社スプートニクは、日本が1945年8月12日に北朝鮮の咸興沖で核弾頭のサンプルを爆破させたと主張している。


北朝鮮の労働新聞も、日本が咸興の興南沖水域で核爆発実験を実施したことについて触れている。




中国政府


中華人民共和国国土資源部中国地質調査局公式サイトの『ずたずたになった山河、ちりぢりにされた金――


歴史資料から見た地質分野における日中戦争』と題されたページに、2015年9月6日付けで、


「1939年から1940年、日本は中国の遼寧省鞍山市海城地区でウラン鉱を発見し、その後日本で核兵器を製造して実験を進め、ウラン鉱の盗掘と東京への空輸を始めた。」ということを掲載している。





ロシア政府系通信社スプートニク


ロシア政府系通信社スプートニクは、2013年6月13日付けで、


『ソ連が米国を日本の核攻撃から救った』と題して、


1945年8月12日、日本軍は小型の船艇に核弾頭を載せ、咸興(ハムフン)沖で爆破すると直径1㎞の火球が天空に燃え、


巨大なキノコ雲が上ったということを報じている。





北朝鮮の労働新聞



朝鮮民主主義人民共和国の指導政党である朝鮮労働党中央委員会の機関紙「労働新聞」は、


2018年2月9日付の『U.S. Is Chief Culprit of Nuclear Proliferation』(米国は核兵器拡散の主犯)の題する記事に、


「日本は、敗戦直前まで咸興の興南沖水域で核爆発実験を実施して捨てばちの努力をした、

将来核犯罪を犯す予備軍である。」ということを記している。







国際司法裁判所🇺🇳で、米国を原爆投下犯として追い詰めろーッ


そうしたら米国は、


本当は日本が核爆発装置を起爆したのを米国が投下したことにさせてもらった」と曝露するからさ





広島と長崎への原爆投下に法的評価が必要=ロシア歴史協会会長







https://twitter.com/honest_kuroki/status/1001707896277741568








コメント

ラブロフ外相 北朝鮮訪問 31日

2018-05-30 17:33:52 | プーチン ・ ロシア



5.30 ラブロフ露外相が北朝鮮訪問 明日、31日


ロシア外務省はラブロフ外相が明日、5月31日、朝鮮民主主義人民共和国を訪問することを明らかにした。


訪問で外相は二国関係の重要な問題および、朝鮮半島、国際問題を話し合う。


外務省は声明で、


「両国外相の会談は計画されていたものであり、その中で両国間のアクチュアルな問題が話し合われるほか、


朝鮮半島をめぐる状況の他、国際、地域の主要な問題についての意見交換が行われる」ことを明らかにしている。






コメント

フィリピン  南シナ海  と 戦争やの動き

2018-05-30 15:30:18 | 露中vs戦争や  中国  アジア


ダーイッシュを使った米国の圧力に フィリピンが屈した可能性




 イスラエルのアメリカ大使館がテルアビブからエルサレム(クドス)へ移されたのは5月14日のこと。


その際に記念式典が催され、アル・ジャジーラ紙は出席した30カ国あまりをリストアップした。


ただ、そのうちの何カ国は出席していないと抗議しているので正確と言えないのだろうが、


フィリピンは抗議していないようなので、実際に出席した可能性が高い。





 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は大統領に就任した2016年6月からアメリカの属国から脱する意思を見せ、中国と友好的な関係を結ぼうと積極的に動いたいた。


そのフィリピンが現在、南シナ海におけるアメリカの手先として注目されはじめている。




 ドゥテルテによると、2016年9月の段階でフィリピンの情報機関からアメリカが彼を殺したがっているという報告を受けたという。



フィリピンの軍、治安機関、情報機関などはアメリカの影響下にあり、ドゥテルテの話が事実なら、アメリカ政府からの恫喝だろう。


 そして​昨年5月23日にフィリピン南部にあるミンダナオ島のマラウィ市をマウテ・グループやアブ・サヤフ、つまりダーイッシュ(IS、ISIS、ISILなどとも表記)系の武装集団が制圧​した




この地域は以前からダーイッシュが活発に動いていて、市内には500名程度の戦闘員がいると見られていたが、アメリカ軍は活動を容認してきた。


マラウィ市の事態を受け、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領はミンダナオ島に戒厳令をしく。




 武装集団のマラウィ市制圧を口実にして特殊部隊を派遣した。


アメリカ大使館はフィリピン政府から要請に基づき、アドバイするんだと説明しているのだが、ドゥテルテ大統領はアメリカ側に支援を頼んでいないとしている。



 この出来事の少し前、2月下旬から約1カ月にわたってサウジアラビアのサルマン・ビン・アブドゥルアジズ・アル・サウド国王は1000名以上の人間を引き連れてマレーシア、インドネシア、ブルネイ、日本、中国、モルディブを歴訪、

その時から東/東南アジアでワッハーブ派の武装集団が攻撃を始めるのではないかと懸念する声があがっていた。それが現実になったわけだ。




 インドネシアでは普通のイスラム教徒をワッハーブ派へ改宗させる工作が数十年にわたって続けられ、2016年1月14日には首都のジャカルタで何回かの爆破と銃撃戦があり、攻撃グループの5名を含む7名が死亡している。


その実行グループもダーイッシュを名乗っていた。


インドネシアから約700名がシリアへ入り、ダーイッシュに加わったと言われている。


フィリピンやインドネシアを中心に東南アジア全域をアメリカは「リビア化」するつもりかもしれない。




 南シナ海ではアメリカ軍の動きが活発化しているが、

昨年の終わりからアメリカ軍はフィリピン軍と合同軍事演習を実施している。



当初、ドゥテルテ大統領はこうした演習を拒否していたが、圧力に屈した可能性がある。


朝鮮半島ではロシアや中国と連携している韓国が和平の方向へ持って行きつつあるが、その分、アメリカは東南アジアで軍事的な緊張を高めようとしそうだ。




https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201805300000/







コメント

殺人鬼 キエフ ロシア人記者を殺害  →  生存

2018-05-30 15:19:12 | ウクライナ



5.30 ロシア国籍者の記者がキエフで殺害  ウクライナ内務省が発表


ウクライナ内務省はロシア国籍の記者がキエフで殺害されたことをFacebook上に発表した。この情報をウクライナ警察も確認している。


発表によれば、殺害された男性の妻が自宅で血まみれになって夫が倒されているのを発見し、病院に通報。


男性は現段階の情報では背中に受けた傷が致命傷となって死亡した模様。


現在、ドニエプル支部警察が現場検証を行っている。



殺害されたのはアルカジー・バブチェンコ氏(1977年生まれ)。


バブチェンコ氏はロシア人作家で反体制派のジャーナリスト、戦場特派員、編集者として活躍していた。


2017年2月、バブチェンコ氏は自分及び家族を名指しで非難されたため、一時的にロシアを離れた。


バブチェンコ氏はプラハに住んだ後、イスラエルに移り、2017年8月からキエフに滞在していた。



ウクライナの首都キエフでは過去3年間、複数のジャーナリストが殺害されており、今回のバブチェンコ氏の例も初めてのものではない。



全てのケースに共通しているのは、殺人の原因が「専門的な活動」、「敵対的な関係」、「ロシアの痕跡」、「ウクライナ蜂起軍」などロシアではその活動が禁止されている急進主義的グループに関与しているなど、様々に色分けされていること。








5.30 キエフでの露ジャーナリスト殺害にロシアが関与しているとするウクライナの声明は「残念」-ラブロフ外相


ロシアは、ロシア人ジャーナリストのアルカジー・バブチェンコ氏の殺害にロシアが関与しているとするウクライナの声明を残念に思っている。


ロシアのラブロフ外相が発表した。



ラブロフ外相は


「昨日キエフで再び悲劇が起こった。


アルカジー・バブチェンコ氏が自宅の入り口で撃たれて死亡した。


そしてウクライナ政府の首相はすでにこれを行ったのはロシアの情報機関だとの声明を表している。


調査はまだ始まっていないが、恐らく今にも始まるだろう。


国際問題をこのように扱う人々によって非常に悲しい流行が生まれている」と述べ、大勢の人がこの流行を取り入れて真似していることを嘆いた。



アルカジー・バブチェンコ氏は29日夜、ウクライナの首都キエフにある自宅の入り口で殺害された。











5.30 キエフで殺害されたはずのロシア人ジャーナリストがウクライナ保安庁内で生存



キエフで殺害されたはずのロシア人ジャーナリストがウクライナ保安庁内で生存






コメント

キエフからのロシアの非難は予想できる

2018-05-30 15:09:42 | ウクライナ



5.30 ロシア人ジャーナリストの殺害で、ロシアに対するウクライナ側の非難を予想=露国連大使


ロシア国籍ジャーナリスト、アルカジー・バブチェンコ氏の殺害を受けて、ウクライナ側がロシアを非難する可能性があると、ワシーリー・ネベンジャ露国連大使は述べる。


同氏は国連安全保障会議の会合で、ウクライナの反体制派のジャーナリストは「クレムリンのエージェント」と呼ばれ殺害されるが、


ジャーナリスト活動内で犯罪があったかどうかは調査されることはない、と指摘した。



「キエフでロシア国籍のジャーナリスト、アルカジー・バブチェンコ氏が殺害された。


キエフ当局がこれに関してロシアを非難することは予想できる。

ジャーナリストの殺害事件は何度も起こっている」と同氏は述べた。



同氏は会合の終わりに、ウクライナのパブロ・クリムキン外相の発言に対し、


「キエフ当局はバブチェンコ氏の殺害を反ロシアという目的の達成のために使用しようとしている。



ウクライナの外相の発言の中にはすでに、不幸なジャーナリスト、アルカジー・バブチェンコ氏の殺害の説明をほのめかしているように感じられる。


我々がよく知っている、ウクライナ側の取り調べ、司法機関はおそらくロシアの痕跡を見つけることだろう」と述べた。


ネベンジャ氏はまた、「ウクライナで何が起ころうとも、ロシアの痕跡、それは普遍的命題である」と述べた。







コメント

トランプが梯子を外した サウジの今

2018-05-29 15:24:53 | IS   中東  アフリカ



サウジ皇太子が銃撃戦で負傷との噂




サウジアラビアのミハメド・ビン・サルマン皇太子が4月21日にリヤドであった銃撃戦で負傷したという情報を反対勢力が流している。


政府側はおもちゃのUAV(無人機)を警備兵が銃撃したのだとしていた。


皇太子はここ数週間、公の席に姿を見せていないことから死亡説も伝えられていた。




ビン・サルマンは新自由主義の信者で、イスラエルとの同盟関係を隠そうとしていない。


パレスチナ人に対する冷淡な態度はイスラム世界の庶民を刺激していることは間違いないだろう。


現在はサルマン・ビン・アブドゥラジズ国王がある程度の重しになっているだろうが、こうした状態は長く続きそうもない。




昨年は8月に皇太子は暗殺されそうになり、10月には襲撃されたという噂が流れていた。


そして11月の粛清。このときはイスラエル空軍が皇太子を守るために戦闘機を派遣したとする話もささやかれていた。




いずれの話も真偽は不明だが、親イスラエルの姿勢を見せていることでイスラム世界の庶民を敵に回したことは間違いないだろう。



サウジアラビアはアメリカのドル体制を支える大きな柱であり、そこが揺らぐとアメリカ自体が揺らぐ。


アメリカやイスラエルは別の傀儡を用意しているかもしれない。



https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201805290000/






コメント

トランプ効果の米離れ  オーストリア

2018-05-29 15:24:14 | EU  NATO  欧州  北欧 



5.28 オーストリア首相 米国はますます「頼りない」



オーストリアのクルツ首相は、米国はますます「頼りない」存在になりつつあると指摘し、欧州は統一された状態を維持せねばならないと語った。


クルツ首相はフィナンシャル・タイムズ紙からの取材に答え、


「米国は我々にとって、ますます頼りなさを増している。


最も重要なのは欧州が統一された状態にとどまり続けることだ」と答えた。



クルツ首相は英国のEU離脱については、「とんでもない決定」とこき下ろし、決定の「主な原因」となったのはEUの移民問題だったと指摘している。



英国は2016年に実施された国民投票の結果、来2019年3月29日にEUを離脱することが決まっている。



コメント