スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

目覚めへの旅

2017-05-31 19:28:38 | 地球の秘密 ミーム 画像


多くの人が目覚める時、強力な力が育つ

そして意識の飛躍が起きる


Ervin
Laszlo












意味のないドラマや悪意のある批判、誤って導かれた上での意見に直面した場合は、


その場を立ち去ることがご自分のために立ち上がる最善の方法です。



怒りで反応してしまった場合、相手の態度を認めることになりますから


dodinsky

http://www.dodinsky.com/








PCで領収書を探していたら、

ネットを7時間も見ていて、911事件が内部犯行だったと確信するに至った時の反応。











人々を行進させるために、政府は敵を必要とする。


彼らは私たちに恐怖や憎しみを持たせようとしているのは、

私たちが彼らの後について行くからなのだ。








政府に本当の敵がいない場合、私たちを動員するために敵を作り出すだろう。



ティク・ナット・ハン





https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12279433743.html













コメント

ロシアからの発信

2017-05-31 17:15:07 | 感じるロシア


5.31 ロシアの自然保護区の熊 カメラに向かって熱情的なダンスを披露!【動画】


ロシア連邦ウラル地方スヴェルドロフスク州にあるヴィシムスキイ自然保護区の職員達は、フェラポントというあだ名で呼ばれている雄熊が、なぜか古いモミの木の一つにやってくることに気が付いた。


熊が一体そこで何をしているのかを知るため、職員らは、もみの木の前にカメラを設置する事に決めた。


しばらくしてカメラは、フィラポントがそこでダンスをしている姿を捉えた。おまけに彼のダンスは、非常にエロチックなものだった。

熊は、できる限り身をよじりながら、木の幹に身体をこすりつけていた。明らかに、そうすることで満足感を得ている様子が分かる。


その後、自然保護区の職員達は、フィラポントのこうした行動について、ひどく奇妙に見えるが、その理由は実は単純なもので、そうすることで彼は仲間たちに「この場所の主が誰なのか」を示しているのだと説明している。








専門家によれば、背の高くない熊で頭のいいものは、仲間たちに、この場所に巨大な熊がいると思わせるため、木のなるべく高いところに身体をこすりつけたりする、との事だ。


また他に、フェラポントは、こうした踊りをすることで、ムダ毛を取り除いているのかもしれないと指摘する人もいる。






5.31 ロシア海軍の潜水艦「クラスノダール」 テロ組織「ダーイシュ(IS)」の施設に水中からミサイル攻撃【動画】


ロシア海軍の潜水艦「クラスノダール」が、シリアにあるテロ組織「ダーイシュ(IS)」の施設に向けて水中から巡航ミサイルを発射した。ロシア国防省が発表した。


標的となったのは、重機が置かれ、テロリストらによってラッカから投入された戦闘員部隊がいたパルミラ東部の隠れ場所。



伝えられたところによると、ロシア海軍のフリゲート「アドミラル・エッセン」と潜水艦「クラスノダール」が、巡航ミサイル「カリブル」4発を発射し、すべての目標を破壊した。










5.31 サハリン州知事 ロシア人への日本行きビザをサハリンで発行することを提案


コジェミャコ知事は31日、日本の長谷川栄一首相補佐官と会談し、これに関する提案を行った。

知事は会談で、ロシアから日本、日本からロシアを訪問する観光客の増加を指摘し、この方向性をサポートし、さらに発展させる必要があると指摘した。


コジェミャコ知事は「休暇で我々のもとを訪れるロシア人観光客には、サハリンでビザを取得したいという欲求がある。

私はサハリンでビザを受け取り、彼らが北海道を訪れ、日本料理を味見し、温泉に入り、買い物ができたらいいと思う。


また我々は、サハリンの観光的魅力を向上させる。これは北海道にとっても利益となるだろう」と述べた。






5.29 ボリショイ劇場の新星ダンサーやプリマへのインタビュー!


スプートニクが、ボリショイ劇場の新星ダンサーやプリマへのインタビューをお届けします!またリハーサルの様子もお伝えいたします!どうぞご覧ください!










5.24 オオヤマネコのための美容院


これはカナダオオヤマネコのマックス。彼は毛をとかしてもらっている。







まるで猫のように喉を鳴らし、テーブルの上に寝転がり、世話人と遊んでいる。









コメント

大規模サイバー攻撃の真犯人 ②   島津洋一 発信

2017-05-30 16:25:28 | ギリシャ


軍事産業団地のサイバー国有買収


サイモン・セキュリティは、暴力犯罪の「軍事情報」に沿って、情報機関がコンピュータを守るためにそこにいると信じている納税者や鋭い政治家に欺かれた詐欺です。


逆に、スパイはあなたを守るためではなく、税金を払う市民に詮索するために支払われます。


ハッキングソフトウェアの世界最大の生産者は、NSA、CIA、財務省/連邦準備制度/ウォールストリートの複合体です。



ハッキングされたデータは、世界的な支配力を追求するために、強要、脅迫とスキャンダルの混乱に不可欠です。

ビッグブラザーはあなたを見ており、それは冗談ではありません。




1980年代のクリントン政権以来(ジミー・カーターやロナルド・レーガンの時代から)、情報の収集はオンラインスパイ、特に銀行部門を監視する電気通信やデータネットワークのハッキングによってますます支配的になった。



インターネットやソーシャルメディアのおかげで、いつでも個人を追跡して盗聴することができる官僚的な装置です。










恩恵の恩恵



シャドーブローカーは、2016年8月に、ヒラリー・クリントン候補が、DNCの漏洩を抑えて指名を盗んだ後、大統領選のために選ばれたと思われる猛烈な夏の終わりに現れた。


セス・リッチと他の人たちが知っている。メッセージは大声ではっきりしていました。



サイバー兵器を手に入れて逃げるための兆候があったなら、民主主義を破壊から救うための必死の行為の時が来た。



アシュトン・カーター国防長官とジェームズ・クラッパー国家情報部長官は、オバマ大統領に厳しい戒告を言い渡すよう、オバマ大統領に忠告した。彼の発砲は社内調査によって遅れた。



ショック選挙の結果、NSAの理事長と会長エレクトとの前例のない会合があった。


ドナルド・トランプは、ロジャースの支援を保証した。しかし、民主党の不祥事では、スパイ、脅迫、騒乱のNSAサイバーツールは、オバマ政権の「王冠の宝石」、議会のすべてのメンバー、外国人指導者、銀行家、そして市民だけを絶対主義者アメリカの神様。



この点を踏まえると、オバマ大統領とシャドーブローカーの間には、NSAのサイバー兵器を徐々に公開して、コンピュータ内部の足跡がMicrosoftやOracleによって時間をかけて破壊される可能性が秘められている可能性があります。




ビッグブラザーによる大規模な監視を防ぐために、トランプと後継大統領が情報機器に新たな拘束と倫理規定を課すことを願うだけです。


しかし、スパイ設立に反対する公然のキャンペーンがなければ、大統領は諜報機関の力に挑戦することはできない。





諜報機関と諜報機関の間には、スターウォーズの壮大な叙事詩の政治的陰謀と同類の同盟関係があります。



イランの核計画が挫折した中、Stuxnetは福島No.1のコンピュータを停止し、ウォーターポンプを止め、2011年3月の崩壊を促した。それはSithの復讐だった。





暗号学者が演じるチェス


ムービーのキャラクター匿名のように、シャドーブローカーは、南アジアや東ヨーロッパからの移民の顔をマスクにして、ヒンズリヒ(ヒンズー語英語)とスラブ語の文法を組み合わせて虚偽を隠します。「実際の仕事は、愚かな怠け者のアメリカ人労働者のために喜んで働いている汚れた外国のH1B労働者のためである」




アナキンスタイルの勝利戦略は何ですか?


開幕に向けて、シャドーブローカーはNSAサイバー兵器のオンラインオークションを開催した。


イランを含む世界の主要プレーヤー全員が入札に招待されましたが、単一のバイヤーが木に金を入れたわけではありません。


明らかに、これがCIAによって設定されたトラップではなかったかどうか誰にも分かるだろうか?




NSAは、中東におけるSWIFTの銀行間送金システムを奪うという異例の仕事のために、Oddjobを創設しました。







シリコンバレーの売り出しに注意してください





正直な市場での有害なウイルスの流行は、利用可能なパッチがないためにコントロールされていないパンデミックであるゼロデイの到来を意味します。




避けられない結論は、マイクロソフトがNSAの代理人であり、したがってWindowsシステム上の何も方程式スパイチームによる侵入から安全ではないということです。


次に、シャドーブローカーは、ロシア、中国、イラン、北朝鮮の核・ミサイルプログラムからネットワークデータを漏洩させる準備を進めている。



別の声明では、シャドウブローカーは、NSAスパイウェアが、韓国、ロシア、日本、中国、メキシコ、台湾、スペイン、ベネズエラ、タイなどのサーバーに置かれていることを明らかにした。


言い換えれば、最悪の敵の中には味方の仲間がいる。タイやスペインがサイバー脅威を起こす可能性は、オンライン娼婦の軍隊を除いて、どのような可能性がありますか?


実際に起こっていることは、拡大するグローバルなサイバー州による小国の買収です。




サイバー兵器の脆弱性を悪用した攻撃を破壊しているにもかかわらず、NSAは世界中の侵略的なスパイを抑制していません。



NSAの従業員の逮捕状に対する令状は、他の国からも発行され、犯罪者が法律上のものではなく、刑務所の内部に限定されることを理解できるよう支援する必要があります。


トランプ政権がスワンプを排水することについて真剣であれば、ジュリアン・アサンジ、エドワード・スノーデン、そしてシャドウ・ブローカーが誰であろうと、大統領の恩赦を発行し、ワシントンDCに緩やかな猶予を与えなければなりません。




ソーシャルメディアに何があっても、私たちは歴史の中で最も暗い年齢の中に住んでいます。


電話を遮断し、FacebookとTwitterを無視する。見てください。力はあなたの中で強いです。OK、Padawan、それは成長し、悪者と戦うためにそこに出る時です。




http://rakusen.exblog.jp/25798128/







コメント

ロシアからの情報

2017-05-30 16:23:36 | プーチン ・ ロシア


5.30 モスクワ嵐、死亡者13人・負傷者140人に達する【写真・動画】



ロシアの首都モスクワとその郊外で29日、突風を伴う嵐となった。現在のところ、死亡した人は13人になった。倒木などによりけがをした人は140人。








死亡者の内に11歳女子もいた。

モスクワののソビャニン市長によると、3500本の木が倒れ、「首都の現代歴史では前例のない規模の嵐」としている。

モスクワ嵐、死亡者13人・負傷者140人に達するモスクワ嵐、死亡者13人・負傷者140人に達するモスクワ嵐、死亡者13人・負傷者140人に達するモスクワ嵐、死亡者13人・負傷者140人に達するモスクワ嵐、死亡者13人・負傷者140人に達する


嵐は交通状態にも影響を与え、大規模な停電も発生した。

モスクワ中心部では29日夕までに、天気はおおむね回復したが、再び嵐が発生する可能性があるとして、天気予報では警戒を呼び掛けている。









5.30 トランプ氏の娘婿は、秘密の通信ルートの設置を提案しなかった マスコミ


トランプ米大統領の娘婿のジャレッド・クシュナー氏は、ロシアのセルゲイ・クスリャク駐米大使との会談で、ロシアとトランプ政権との間の秘密の通信ルートの設置を提案しなかった。Foxニュースが、状況に詳しい消息筋の話として報じた。


消息筋によると、トランプタワーで行われたクシュナー氏とキスリャク大使の会談の主要テーマは、シリアだった。


Foxニュースは消息筋の話として、会談ではクシュナー氏ではなく「ロシア人」がトランプ政権とロシア間の「秘密ライン」の使用を提案したと伝えている。



消息筋によると、機密情報を伝える常設の迂回ルートに関する案が議論されたことは一度もなく、会談ではシリアについて連絡するためのそのたびごとのケースについてのみ話し合われたという。



また消息筋は、「オバマ政権のシリアに関する政策は間違っていたというロシアの主張」が、会談のテーマになったと伝えた。



先にAP通信が報じたところでは、米民主党議員らはトランプ大統領の娘婿で大統領上級顧問を務めるクシュナー氏がロシアとの極秘の連絡チャンネルを作ろうとしていた疑いがかけられていることに関して、クシュナー氏の喚問を求めている。






5.30 アサンジ氏、ハッカー行為に関するエクアドル大統領の非難を否定








内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ氏は、同氏をハッカー行為で非難したエクアドルのレニン・ モレノ新大統領の発言を否定した。



アサンジ氏はツイッターに「汚職の証拠の公開は、ハッキング行為に携わっていることとは違う。私はジャーナリストであり編集者だ」と投稿した。



またアサンジ氏は、米当局でさえも自分のことをハッカーと呼んでいないと強調した。

先にモレノ大統領は、アサンジ氏はハッカーだと指摘した。なお大統領は、アサンジ氏が在英エクアドル大使館に引き続き滞在するのを認めることを約束した。



これより前、アサンジ氏はスウェーデン検察による逮捕状の撤回の後、初めて記者団の前に姿を現し、ウィキリークスは作業を続行すると約束した。









コメント

GMO関連業者はテロリスト

2017-05-30 16:23:01 | 動物  音楽  医療   精神  食品


「GMO生産業者はテロリストとして処罰されるべき 

ロシアの連邦議員が法案を提出
(GMO producers should be punished as terrorists, Russian MPs say)}


2014


5月15日【RT】http://rt.com/news/159188-russia-gmo-terrorist-bill/




健康や環境にとって有害な遺伝子組み換え生物(GMO)の生産業者に対して最高で刑事告発までの刑罰を科すことを求める法案が、ロシアの国会議会に提出された。








提出されたこの法案は、ロシアでGMOを規制する規則や他のいくつかの法律を修正するもので、有害なバイオ技術製品の生産および販売を行う個人や会社、そして彼らを適切に統制しない政府職員に対して、懲戒処分が取られることを求めている。




少なくとも安全でない>GMOをロシアに持ち込む企業に対しては、刑事事件として取り扱われる可能性もある。




同法案の支援者らは、加害者が故意に活動した結果、多くの人の健康を損ねる可能性がある場合には、そのような行為はテロリストに与えられる刑罰に相当する、という。



「テロリスト行為が行われる時、通常はそれで被害を受ける人はほんの数人です。

しかしGMOによって何十人も、または何百人もの健康を損なう可能性があります。

その結果は(テロリスト行為よりも)ずっとひどいものです。また、刑罰は犯罪の(程度の悪さに)比例して与えられるべきだと考えております」




ロシア連邦議会の農業担当委員会(Agriculture Committee)の委員で、共著を記しているKirill CherkasovはRTのインタビューに答えている。




ロシアの刑法典では、テロリストに対しては、最低で15年の懲役、あるいは終身刑までの刑罰が認められており、また、GMOに関する犯罪で軽い罪に関しては罰金が科せられることになっている。



例えば、もしこの法案が可決された場合には、有害なGMOの汚染を含めた環境汚染の事故を報告しなかった場合には、最高で20,000ルーブル(560USD)の罰金が行政法によって科せられることになる。



ロシアは、自らが加盟している世界貿易機関の一部としてバイオ工学処理された種子を輸入・栽培することを認めたものの、依然としてGMOについては懐疑的なままだ。




4月、ロシアのドミートリー・メドヴェージェフ大統領は、同政権の閣僚が、ロシア国内でのGMO作物の認証の開始を延期することを発表した。


その理由は、GMO作物の安全性を調査するために必要な適切なインフラが十分でないためである。


また政府は、国内の消費に必要な日常の食べ物を十分に提供するだけの農地がロシアにはあるとして、>GMOの食品の輸入に反対している。



しかしこの新しい法案が可決されたとしても、実行に移すのは難しいかもしれない。



GMO作物の有害な影響が出る場合、それが顕著になるまで何年もかかるかもしれないことを考えると、特定のGMO作物と健康や環境への問題の直接的な関連性を証明するのは困難である可能性もある。



同法案に対する批判の中にはまた、何年にも渡り遺伝子組み換え製品を使い続けている繊維生産業や製薬業界を規制する法律を修正案の中で提案していない、というものがある。




ロシア穀物協会の副会長Aleksandr Korbut氏
(Izvestia新聞より) :



世界の製薬業界では、食品業界よりもずっと幅広くGMOが使用されています。


ここで一つお尋ねします。


この場合、人の治療に使われている医薬の供給者、あるいはそれを禁止したいと思う人のどちらが罰せられるべきなのでしょうかか」



(翻訳終了)


***********



【コメント】



ロシアに住みたくなりました。




http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11851381239.html

























コメント

大規模サイバー攻撃の真犯人 ①  島津洋一 発信

2017-05-30 11:09:30 | 市民サイト マスコミ  ネット


大規模サイバー攻撃は北朝鮮でなく、NSAと連携したイスラエルと日本による軍事予算増額のための攻撃だった!


この記事を読んで、「やっぱり」と思った。


ミサイル発射の成功にいちいち狂気して喜び、その進歩ぶりをアピールする北朝鮮が、もし、あの様な大規模サイバー攻撃を起こしたのだったら、世界の欧米企業に影響を与えた北朝鮮のインターネット技術力を誇示しないわけはないからだ。



これまでの世界の経緯を見ても、サイバー戦争の最先端の開発はイスラエルで行われており、去年は天皇が直々にお願いして、日本にそのサイバー戦争の先端技術の技術提携の話を進めていたぐらいだ。



その後は、サイバー防衛で日本とイスラエルは共同演習や企業連携までも合意してやっている。


なお天皇とイスラエルのネタニヤフ首相が会う前に、露払いとして、アンネの日記を破る事件を起こし、表向きはイスラエルとの友好の確認としていた。



さて、このブログは今回もこれまで軍事国家を進める安倍首相ら天皇財閥の実態を暴露してくれている、元ジャパンタイムズ編集長の島津洋一氏の記事である。





速報:ハッカー集団シャドー・ブローカーズがNSAをやっつけた-Windowsに対するコンピュータウイルスWannacry攻撃


Wanna Decryptorの突発事件の調査を続けると、このワームは世界中で約4百万台のコンピュータを麻痺させました。


この2番目の記事はNSAのサイバー武器保管所からのEternalBlueエクスプロイト(WannCryに脆弱です)のハイジャックを、古いMicrosoftシステムの欠陥に関する警告を繰り返し発行したShadow Breakers



最近の記事では、Shadow Breakersは2月からEternalBlueの問題について毎月警告を出し、一時的な修正やパッチを作成するのに十分な時間を与えていると説明しています。


NSAによってServer Message Block(SMB)内のEternalBlueの障害がさらに拡大されたことにもかかわらず、ソフトウェア大手は防御パッチを数か月にわたって一般公開から差し控えました。


WannaCryの感染が確実に進行され、英国国民保健サービス(NHS)の40の病院でサービスが停止されるまで、マイクロソフトはXPやそれ以前のシステムにパッチや警告を発行しなかった。



私が指摘したように、ワナクライが発生してから数日後に掲載された記事では、

5人の諜報機関と日本のサイバー戦争グループが、北朝鮮に対する犯行は間違いであったにもかかわらず、無実の民間人に対する世界的な犯罪韓国。


シャドウブレーカーからのメッセージは、エリートのNSAの「方程式」サイバー戦闘チームが意図的にMicrosoftに古いシステムのパッチを保留するよう指示したことを疑う余地なく、我々の分析を支持している。



彼らはおそらく無法者であるが、シャドウブローカーは暴力団の強姦者でもオンラインテロリストでもなく、NSA-CIA-財務省インテリジェンスネクサスと、おそらくシリコンバレーの「独立した」コンピュータセキュリティ企業の病理学的犯罪同盟に反対する警備員である。



先週のグローバルなサイバー攻撃の結果、これらの保護者は、NSAの倉庫から他のサイバー兵器とともにEternalBlueの脆弱性を盗み出したが、最後にWannaCryのバージョンを開発したりリリースしなかったことを認めた声明を発表した週のグローバルな攻撃。



そのメッセージのシャドーブローカーは、NSAのサイバー武器の75%をハイジャックしたことを明らかにし、米国の諜報機関によるコンピュータネットワークの世界的浸透を暴露するためにこれらのウイルスを徐々にリリースしている。


彼らの暴露は、NSAが主に国民のためのコンピュータセキュリティの保護者ではないことを示していますが、主に世界中のコンピュータシステムのハッキングと攻撃に焦点を当てた攻撃的な軍事作戦です。





ブレッドクラムスの誤解を招くトレイル


その暗い乗組員からの不快な主張を詳しく調べる前に、先週のコンピュータワーム流行の疑いのある加害者としての北朝鮮人に対する偽りの告発についてフォローアップしたいと思う。


そのメディアの告発の虚偽は、攻撃の鍵だったNSAによって開発されたEternalBlueの脆弱性を盗んだシャドウブローカーによって確認されています


シャドーブローカーによると、「オラクルは、シャドーブローカーに、世界のサイバー攻撃「ワナクライ」の責任を北朝鮮に告げていると伝えている。


核兵器やサイバー攻撃、アメリカは戦争に行く必要があります、他の選択肢!(皮肉)。新しいゼロデイはありません}」



奇妙なコミュニケーションの中で、シャドーブローカーらは、偽のニュースの批判のゲームに対する彼らの軽蔑を表明している。

それは、オラクルの北朝鮮に対する誤った告発から始まった。 (John)Ashcroft Groupロビー会社が手がけた情報コミュニティとの契約。



「新しいゼロ日はない」とは、シャドウブローカーの早期警戒に続くNSAの方針チームからの事前警告により、マイクロソフトが既にパッチを作成したという事実を指している(ただし、NSAとの接続についての秘密を維持するために、 XPおよびそれ以前のシステムの場合)。



シャドウブローカーは、EternalBlueエクスプロイトのスクリーンショットダイアグラムを投稿し、マイクロソフトはパッチを作成して対応しましたが、古いシステムではリリースしていませんでした(Shadow Brokersの主張のテキストは以下を参照してください)。


プログラマー用語では、「30日」という用語は、ユーザーに保護パッチを作成して発行するのに必要な平均最大時間を指します。








英国国民保健サービス(NHS)として重要なクライアントにEternalBlueの救済措置を発出できなかったことは、

NSAとその5つのアイズの西側スパイパートナーと日本のサイバー戦争部門との間の秘密結託を示しており、国民が大規模な軍事予算を求める西側諸国の要求に応じることを脅かすための世界的なWanna Decryptorの攻撃。





日本とイスラエルのサイバー司令部とNSAとの関係


WannaCryは、イスラエル国防軍(IDF)と日本のサイバー戦争グループがNSAの方針チームと緊密に連携しており、このような不正に国家機関が関与している事は明らかだ。


サイバー戦争を優先的に選んだ背景には、ベンジャミン・ネタニヤフ(Benjamin Netanyahu)と安倍晋三(Abe Shinzo)ら各首脳の邪悪で偏執狂的な人格を反映している。



2014年11月のソニー・ピクチャーズエンタテインメントの悪名高いサイバー攻撃は、平壌に誤って非難され、日本人やイスラエルの指紋も盗まれた。


それはハイブリッド "ユダヤ人"の操作でした。


日本側では、ソニーのネットワークへの普及は、本物の企業デジタル署名(ハイジャックされていないと思われる)を使って行われ、内部の仕事を示しています。


ソニーに展開されたデータワイピングマルウェアは、2012年にサウジアラムコの石油大手を攻撃するShamoonの前身であるTrojan Destover、つまりユダヤ国家の要素だった。



以前は、EldoS RawDiskツールをコードの上書きに使用していたため、DestoverとShamoonとの類似点を持つDarkSeoulが2013年に中国のIPアドレスから配備され、2013年に韓国のテレビ局と銀行を攻撃しました。


安倍晋三首相の第二期の始まりは、戦時中の慰安婦問題と独島・竹島の領土紛争で韓国との紛争に巻き込まれた。



釣魚島/尖閣諸島の紛争も激しさを増していたため、偽のパン粉の跡がソニーの攻撃の背後にある犯人と誤って命名された北朝鮮だけでなく中国も指摘された。


DestroyからDark Seoul、WannaCryへの実際のパン粉は、日本とイスラエル、サイバー犯罪のパートナーとNSAと密接に関連している虚偽旗攻撃のこのひどい話のHanselとGretelに向かっている。


60年以上にわたり、NSAと日本の軍隊のSIGINT理事会(シグナルインテリジェンス)との緊密な協力がありました。




エドワード・スノーデンの傍受によると、合同の電子スパイセンターは、西洋人を対象とした売春斡旋の中心である東京の六本木地区のハーディーバラックスを使い果たした後、


コードネームLADYLOVEで本州北東部のミサワ空軍基地に移転した。巨大なゴルフボール型のアンテナを使用してリスニングポストを構築するためのNSAのアジア太平洋物流センターは、東京以外の関東平野のUSAF横田基地にあります。



アジア全体の電子盗聴やコンピュータクラッキング侵入に対する広範な協力にもかかわらず、

日本とアメリカのスパークは相互の不信、特に国内の政治的問題のため、常に互いに偵察している。いくつかの日本の首相はNSAとCIAが東京の米国大使館に引き渡した機密データのために辞任を余儀なくされた。



逆方向では、1980年代からアメリカに対する深い偵察諜報活動は安倍晋三が直接行ってきた。

数学グループの小規模な彼の秘密チームは、東京大学の有能な専門家によって訓練を受けました。

このチームは、外国のコンピュータネットワークに対する日本人の攻撃のために、北朝鮮と北京を日常的に「堕落者」として使用しています。それは汚れたゲームであることが知られていますが、主流メディアはこれらの間違った話を疑うことはありません。


(②に続く)



http://rakusen.exblog.jp/25798128/











コメント

ブレジンスキー死去

2017-05-29 15:23:01 | メルケル ソロス ダライラマ 他



ブレジンスキーが89歳で死去 … アルカイダ等のテロ組織を生み出し、ロシアを憎み続けた男の消滅








いや〜めでたい。デービッド・ロックフェラーに続いて、ブレジンスキーも消えたようです。


滅び行く悪を象徴しているかのようなニュースです。


ブレジンスキーといえば、オサマ・ビン・ラディンを育て、ソ連を罠にかけ、アフガニスタンでのゲリラ戦を実行させた張本人です。


彼がアルカイダやダーイシュを生み出したと言っても間違いではないでしょう。


下の動画はとても有名なブレジンスキーの発言です。



ブレジンスキーはスピーチの中で、大衆的な政治的な目覚めの脅威を指摘し、世界の政治的に目覚めた大衆を支配する能力は歴史的低水準にあるとして、危機感を表明しています。


そして彼は、今や“100万人をコントロールするよりも100万人を殺す方が限りなく簡単”と口走ってしまうのです。


こうした彼の焦りが決定的になったのが、ロシアのシリア介入です。


2015年10月14日に紹介した記事では、この時のブレジンスキーの焦りがよくわかります。結局、彼は怒りと絶望の中で消えていったと思われます。





米政治のキーパーソン、ブレジンスキー氏(89)死去

転載元) Sputnik 17/5/27



米国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めたズビグネフ・カジミエシュ・ブレジンスキー氏(89)が死去。ブレジンスキー氏の娘のミカ氏が明らかにした。


ニューヨークタイムズ紙の報道ではブレジンスキー氏は26日、バージニア市内の病院で息を引き取った。




ブレジンスキー氏はポーランド出身。ソ連に対する強硬姿勢でよく知られ、政治分野で多くの有名な著書を記した。


著書『ブレジンスキーの世界はこう動く-21世紀の地政戦略ゲーム 』はユーラシア大陸で他の国に決して優勢を許してはならないという独自の見解を表したもので、ほかならぬ中央アジアにおいてソ連を抑制する必要性を説いた






100万人コントロールするより、100万人殺す方が容易 ズビグニュー・ブレジンスキー氏

配信元) YouTube 12/1/19
















コメント

根拠なき クシュナー氏とロシアとの繋がり攻撃

2017-05-29 14:57:02 | (旧 新) 米国


ジャレット・クシュナー大統領上級顧問がロシア政府と裏のルートを作っていたとワシントン・ポスト紙が伝えている。



こうしたことは一般的に行われていることを同紙も認めているが、「ロシア政府によるアメリカ大統領選挙への介入」という同紙を含むアメリカの有力メディアが証拠を示すことなく「我々を信じろ」という形で主張してきたことを前提にして、問題にしている。



安全保障補佐官だったマイケル・フリンを排除した時とパターンは一緒だ。




本ブログでは何度も書いていることだが、ワシントン・ポスト紙は2016年7月10日に殺されたDNC(民主党全国委員会)のスタッフがDNC幹部の間で遣り取りされた電子メールをWikiLeaksへ渡したとする話を必死に封印しようとしてきた。




そのスタッフ、セス・リッチの両親は強盗事件として処理した警察の説明に納得できず、ワシントンDC警察で殺人課刑事だった私立探偵リッチ・ウィーラーを雇って調査を始めていた。


そのウィーラーは先日、DNC幹部の間で2015年1月から16年5月までの期間に遣り取りされた4万4053通の電子メールと1万7761通の添付ファイルをセス・リッチがWikiLeaksへ渡したという情報を得たとFOXニュースに話している。


その話をウィーラーが公表した直後、セス・リッチの遺族からウィーラーや話を伝えたFOXニュースへ抗議があり、ウィーラーは発言を撤回する。



遺族のスポークスパーソンに就任したブラッド・バウマンの発表だが、この危機コンサルタントが所属するPR会社のパストラム・グループは民主党も顧客だ。


さらに、息子の殺人事件の政治化を止めてほしいという両親の主張が5月23日付けのワシントン・ポスト紙に掲載された。


息子のパソコンを詳しく調べた結果、息子がWikiLeaksと通信していた証拠は見つからなかったとする警察の説明に納得、息子とWikiLeaksが関係しているとする話は「陰謀論」だと言いたいようだ。




ウィーラーはセス・リッチが殺された事件で警察の幹部やFBIが捜査を打ち切らせたとしていたが、この事件を担当したワシントンDCで警察長を務めていたキャシー・ラニエーは事件の翌月、8月16日に9月で辞職してナショナル・フットボール・リーグの保安責任者に就任すると発表している。




セス・リッチが殺された翌月、WikiLeaksのジュリアン・アッサンジはDNCの電子メールを提供した人物はリッチだと示唆、射殺事件に関する情報提供者に2万ドルを提供するとツイッターに書き込んだこともそうした疑いを強めていた。



状況証拠はセス・リッチが情報提供者だった可能性が高いことを示している。




ワシントン・ポスト紙がセス・リッチの話に反発している大きな要因は、これまで同紙を含むアメリカの有力メディアが展開してきた「ロシア疑惑」が揺らいでしまうからだ。


この疑惑に証拠はなく根拠薄弱。




1990年代からひどくなっている西側有力メディアの偽報道は極致に達したとも言えそうだ。アメリカ有力メディアの腐敗、堕落も極致に達している。




https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201705270001/






コメント

田布施と朝鮮の血の違い  ばらまかれたロス茶の血?

2017-05-29 13:56:24 | 田布施族 朝鮮半島  


明治からの戦争、麻薬ビジネスの家系!

【田布施王朝】




















http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/22bcb93e9218b0030aec9f661767d0bb






◎ 「非人道兵器」と呼ばれるクラスター爆弾を製造する企業に対して、投融資を行っている世界各国の金融機関をNGO(非政府組織)団体が発表しました。



クラスター爆弾は空中で容器が開いて広範囲に無数の小型爆弾をばらまき、無差別に市民を攻撃することから「非人道兵器」と呼ばれています。



また、爆発しなかった小型爆弾は事実上の地雷となることから、戦争が終結しても多くの一般市民を巻き込みます。



この最悪のリストに上がってる大手金融機関名は、

三菱UFJフィナンシャル・グループ、
三井住友フィナンシャルグループ、
オリックス、
第一生命

です。




クラスター爆弾の製造企業へ投融資 金融機関を発表

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170523-00000069-ann-bus_all




昔なら糾弾されるべき由々しき事態ですが、国も同じことをしているので、

年金運用資金 クラスター弾製造の米武器会社にも

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201704
/CK2017040802000150.html


ついに一線を越えてしまった安倍晋三

http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12264395907.html




今はまだ都合の悪いことは隠そうとする恥じらいがありますが、いずれ隠すこともせず、大手を振って武器や兵器で稼ぐ動きが当たり前の時代になるのも時間の問題です。



G7など、テレビで安倍晋三は世界の平和を訴える演説をしながら  ・・・・・



いずれにしろ、手本となるべき国家がヤクザに乗っ取られた代償は大きいです。



https://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12278621971.html





☆ ユダヤと シオニストユダヤが違うように 田布施 と 朝鮮 韓国の血は 違う。


ユダヤというのも ロス茶が そのように 仕向けたのかもしれませんね。 一方、田布施の手下たちは、朝鮮 韓国に対して 敵対心をもつように 仕向けてますね。



ロス茶の血 かもしれません、だからこそ、闇サイドは 私生児が当たり前。



コメント

ロシアからの情報  

2017-05-28 16:04:13 | 感じるロシア


5.27 プーチン、ロウハニ両大統領が電話会談 シリア正常化に尽力








プーチン大統領はイランのロウハニ大統領と電話会談を実施。このなかでシリア情勢正常化に共同で尽力する重要性が指摘された。露大統領報道部が明らかにした。


露大統領府報道部の発表では「双方は2017年3月27-28日のイラン大統領のロシア訪問の際に達成された合意を土台として多様な計画の二国間の相互関係の深化にむけた強い気構えが確認された。」



中でも特に「石油ガス、原子力平和利用の分野における大型合同プロジェクトなど貿易経済協力」に特別な注意が向けられたことが強調された。


プーチン、ロウハニ両大統領は二国間および多国間のフォーマットでのコンタクトを引き続き行うことを明らかにしている。



この前、イタリア中部ルッカで開催された先進7カ国(G7)外相会合は4月11日、共同声明を発表、米国のミサイル攻撃を受け緊張が高まるシリアの安定化に向け、アサド政権の後ろ盾であるロシアなどに政治的解決のプロセスへの関与を要請した。






5.27 かわいいチェブラーシカが日本で冒険!






















コメント