スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

アメリカを屈服させた ロシアが握る 証拠  2015

2017-03-31 12:14:31 | シリア ・中東


最近、アメリカやサウジなどによる態度の急変、国連安保理でのシリア和平への全会一致決議などシリア情勢で大きな動きがありますが、モスクワでの会合など背後での動きを見ると、最近の一連の変化の理由がすっきりと理解できます。



****

オバマがプーチンに「降伏」し、米国メディアが「完全なメルトダウン」状態に
Obama “Surrender” To Putin Throws US Media Into “Complete Meltdown”

12月17日【What does it mean】http://www.whatdoesitmean.com/index1963.htm より翻訳



過去72時間以内にロシアとアメリカ両国の間に起きた歴史的な出来事は、バラク・オバマ大統領をプーチン大統領に「完全降伏」させ、それによりアメリカによるレヴァント戦闘地区内のイスラム国(ISIS/ISIL/ダーイッシュ)のテロリストに対する米軍の軍事活動を「再評価目的の戦略的撤退」させる原因となった。



そしてこれにより、ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)やワシントン・ポストといった「プロパガンダの中心」機関を主に、アメリカのメディア組織が「完全にメルトダウン」し始めている。


同地域の紛争について米国メディアが嘘をつき続けてきたということが、全世界の目の前に暴露されたためである。







モスクワで行われた会合にはジョン・ケリー国務長官、ロシアのラブロフ外相、そしてプーチン大統領自身が参加していた。


ロシア政府はオバマ政権に対し、アメリカ合衆国によるシリアおよびイラクでの「子供の遊戯」は終わりの時を迎えており、アメリカとロシアの間での核戦争も「現在検討中」だとする内容の「即時通告」を突きつけたという。



ロシア連邦は、イスラム国を支援している国家や諜報機関に関する証拠をすべてまとめたものをケリー長官に提示した。




ヒラリー・クリントン元国務長官とアシュトン・カーター現国防長官の両者の間で機密にやりとりされていたEメールを、ロシア連邦保安局(KGBの後身)が入手し、ロシア政府はアメリカ側にそのEメールの内容文書を引き渡したという。



そしてこのアメリカ高官両者間の公式で機密だったもののセキュリティ対策がされていなかったEメールが原因で、オバマ政権は即座に「降伏」し、同地域に平和をもたらす可能性のある歴史的な動きを発表したのだ。



ケリー国務長官は、オバマ政権はもはや、シリア国内での政権交代を要求することはないと発表。わずか4週間前にはオバマ大統領は政権交代を認めることは絶対にありえない、と宣言してのだが。



ジョセフ・バイデン米国副大統領は、トルコ政府に対し、イラク国内で侵略行為を行っている軍隊を即座に撤退させるよう命令を行った。しかし6日前までは、アメリカ国務省はその侵略を認めることすら拒否していた。




米国国防総省は、米軍がトルコに配置し、ロシア航空宇宙軍にとって脅威となっていたF-15戦闘機を即座に撤退させるよう命令を下した。



オバマ政権はロシアと共同して、イスラム国への資金提供凍結を求める国連決議を提議することに同意。今日のアメリカが議長を務める国連安保理の会合で共同提議が行われることになる。






「ロシアのラブロフ外相(左)、アメリカのジョン・ケリー国務長官(中央)、プーチン大統領(右) 2015年12月16日のモスクワでの最終会合の場で」




オバマ政権のイスラム国に対するこの戦争における「方向性・運営方針」を変えさせるのに一役買ったのは、ロシア政府が提示した証拠の中でも決定的な資料で、この資料には、先週、イスラム国が実行した大規模で世界規模の攻撃について詳細が記されていたという。



同攻撃により13のインターネットのドメインネームシステム(DNS)が停止されかねない状況になっていたが、もしこれが成功していた暁には、アメリカ合衆国を完全な混乱に突入させていただろう。


サイバー・セキュリティの専門家、ジョン・マッカフィー氏はこの起きる可能性のあった混乱はあまりにも深刻なもので、「いかなる核戦争よりも破壊的」となっていただろうと警告している。




先週のイスラム国による世界のインターネット破壊構想に関する証拠をまとめた資料はプーチン大統領からケリー長官に手渡された。


このイスラム国による攻撃は、イギリス政府が所有していたサーバー・IPアドレスから実行されたものだが、英政府は問題のIPアドレスは、サウジアラビアに売却していたと説明しているというニュースをさらに裏付けるものとなった。




オバマ政権がプーチン大統領に降伏したことを知り、サウジアラビアはアメリカの支援なしで、イスラム国と戦うための主にイスラム系国家34カ国が集結するサウジ自身の連合を形成することを発表した。



しかしインドネシアは、その連合が軍事同盟になることは知らず、参加は望んでいないと述べ、パキスタンの高位の国会議員はこれについてロイターのレポーターからしか聞いていないと話している。さらにトルコによれば、これは軍事同盟というよりはイデオロギー的な同盟だと説明している。




サウジの反イスラム国「同盟」の芳しくない評価が正しいことを裏付けるように、サウジの同盟の最初の「攻撃」はテロリストではなく、アメリカの大統領候補ドナルド・トランプに対して行われ、テロリストへの攻撃はなされていなかった。



ドナルド・トランプ氏については、最近、プーチン大統領が「トランプ氏は聡明で才能のある人物で、負債を負っていない。彼は大統領候補者の中でも絶対的な指導者である」と賞賛していた。



第三次世界大戦への参加を望んでいないオバマ政権にとっては幸運なことに、ロシア空軍はこれで、アメリカの戦闘機まで心配する必要がなくなり、シリア国内で同軍の無防備な状態にあった戦闘機を墜落させた「裏切り者」のトルコ政府にだけ専念していればよいことになった。



そしてプーチン大統領は、単刀直入に、ISの支援者に対して警告を発している(2015年度ロシアの年次演説)。








「彼ら(トルコ当局)は、ロシアが尻尾を巻いて逃げ出すと思っていたのです!いえ、ロシアはそのような国ではありません。

私たちはシリア国内での存在を増強し、同国内に配置した戦闘機の数を増加しました。

以前はロシアの防空システムはシリアにはありませんでしたが、今ではS-400が配置されています。

以前であればトルコは常にシリアの領空を侵略していましたが、今のトルコに同じことができるものでしょうか」









コメント


つい先日、ロシアが撃墜されたSu-24から回収したブラックボックス(飛行記録計)の封印を、招待した世界中の専門家やジャーナリストの立会いの下で、世界中に対して生放送で開封しました。

この記録からは、トルコ・シリアの国境近くで起きた撃墜事故について、トルコとロシアのどちらの言い分が正確であったかが判明するのではないかと期待されています。記録計内部のマイクロチップのデータが現在分析中で、早ければ月曜日には内容が判明されるということです(RT)。



Black box from downed Su-24 jet opened in front of intl experts


こういった、この上ないオープンで透明性の高い状況でこのような作業をするのも、とてもロシアらしいやり方です。

一部の情報では、この飛行記録計の内容もアメリカの態度の一変の理由ではないかと考えられています。


そしてここしばらく、ロシアが核兵器の使用を検討しているという噂も聞いていましたが、やはり外交上の交渉の一部としての戦略だったのでしょうか(アメリカが考えを変えなかった場合には、ロシアは実行をためらうことはなかったかもしれませんが)。









この動画では、プーチン大統領が「トルコ政府の誰かが、アメリカの『一部の箇所』を舐めようと決断したのであれば、彼らが正しい行動を選択したのかどうかは私にはわかりません」と発言しています。

エルドガン大統領周辺のことでしょう。




http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12108170112.html







コメント

ロシア情報

2017-03-31 11:43:10 | プーチン ・ ロシア



3.29 プーチン大統領 中東安定の最重要条件を示す

モスクワ発スプートニク通信によれば、プーチン大統領は、アラブ連盟首脳会議参加者に宛てた祝辞の中で「中東情勢の長期的安定において最も重要な条件は、根深いパレスチナ問題の解決である」と述べた。なおこの祝辞は、クレムリンのサイト上に公表された。



大統領の祝辞の中では、次のように述べられている-


「我々は、中東情勢の長期的安定において最も重要な条件は、根深いパレスチナ問題の解決であるという点に立脚している。


そうした点で、アラブ連盟が承認した平和イニシアチブは、極めてアクチュアルであり続けている。このイニシアチブは、パレスチナ・イスラエル交渉の進展にとって良い前提を創り出している。」



またプーチン大統領は、ロシアとアラブ連盟諸国間の建設的交流をさらに拡大する事が、双方の根源的利益にかない、国際的安定と安全の強化に沿ったものであるとの確信を明らかにした。






3.20 海藻入り「ナノチョコ」 ウラジオストクが開発


ウラジオストクにある極東連邦大学の生物医学部の研究員が海藻入り「ナノチョコレート」の独創的なレシピを開発。同学部が発表した。



学部の食化学・テクノロジー科のエレーナ・ドブリニナ准教授が語ったところ、ナノチョコの特性は、作成技術にある。

カカオと海藻の分子のサイズが非常に小さいため、海藻の健康に良い成分が体によく吸収されるということだ。


ドブリニナ氏は、チョコレートに加える可能性がある他の原材料の中には、様々な極東の植物や海産物があると指摘。現在専門家らは、新たな「ナノチョコ」生産テクノロジーを改良して、テストを行い、特許出願の準備をしている。



先の報道によると、ブラックチョコレートを定期的に食べることは、人体の心血管系の状態を向上する可能性がある。





3.29 ロシア軍に軍用野外スーパーマーケットが登場


「軍用商店」の専門家たちが、軍用野外スーパーマーケットを開発し、ロシア軍に導入された。ロシア国防省が発表した。



国防省によると、プレハブ工法の商業パビリオンは組み立てが容易であるため、準備が整っていない場所を含む野外に設置することが可能。


またパビリオンを遠方地域の警備隊でも使用する計画。店舗では食品や日用品など幅広い品揃えのほか、軍人に家庭用サービスも提供されている。



先に伝えられたところ、ロシアのセヴェロドヴィンスクにある船舶修理センター「ズビョーズドチカ」と、ボリショイ・カーメニにある工場「ズヴェズダー」は、2020年までにロシア海軍のために原子力潜水艦プロジェク971と949の修理および近代化に関する膨大な量の作業を行う。






3.30 「唇を読んで」 プーチン大統領 米選挙へのロシアの影響について回答


プーチン大統領はロシアが米国大統領選挙の結果に影響を与えたかとの問いに対して、その答えは唇の動きを読むよう提案した。



「唇の動きを読んでくれ。答えはNOだ。」プーチン大統領はフォーラム「北極は対話の領域」に出た中でこう語った。



プーチン大統領はこの際に、レーガン元米大統領が新たな税制についての討論で国民に答えた時のせりふを引用したと明かしている。



コメント

イエメンの戦況の犯人  サウジと旧米の関係 

2017-03-31 11:29:37 | IS   中東  アフリカ


ジョセフ・ボーテル米中央軍司令官は3月29日、下院軍事委員会でイエメンでアメリカの利権が危険な状態になっていると述べた。


その原因はイランにあると主張したが、その根拠は示していない。そうした怪しげな主張に基づき、イランに対する軍事的な作戦を実行するべきだとも語っている。



イエメンの戦乱はサウジアラビアの軍事侵攻で深刻化した。


アリ・アブドゥラ・サレーハ政権とフーシ派(アンサール・アラー)が軍事衝突したのは2004年。


アメリカ軍がイギリス軍などを率いて2003年にイラクを先制攻撃したが、この侵略行為に抗議するため、フーシ派はモスクで反アメリカ、反イスラエルを唱和するようになった。


そのフーシ派を政府は弾圧、首都のサヌアで800名程度が逮捕された。これが切っ掛けで戦闘が始まったのである。



サウジアラビアは2009年に空軍と特殊部隊を派遣するが、この年に「アラビア半島のアル・カイダ(AQAP)」が創設されている。


アル・カイダ系武装集団を操っているのはアメリカ、サウジアラビア、イスラエルなどだ。


戦況がAQAPにとって思わしくない展開になっていることからサウジアラビアはイエメンに対する本格的な軍事介入を開始、泥沼から抜けさせなくなっている。




ロシアを揺さぶるためにサウジアラビアとアメリカは原油価格を引き下げたと言われているが、そのロシアよりアメリカやサウジアラビアがダメージを受け、サウジアラビアの財政赤字は深刻化している。


基軸通貨として扱われているドルを発行する特権で生きながらえているアメリカはドルを社会から回収することでインフレを防いでいる。


そのひとつの仕組みが石油取引のドル決済、いわゆるペトロダラーだ。産油国がドルを集め、それをアメリカへ還流させている。金融取引の規制緩和で投機市場もドルを吸収してきた。




サウジアラビアは重要な産油国だというだけでなく、ドルを使ったアメリカのマルチ商法を維持する上でもなくてはならない存在。


そのサウジアラビアが揺らぐとアメリカも揺らいでしまう。かつてドル離れを目論んだイラクやリビアは破壊されたが、現在、ロシアや中国もドル離れを進めている。




昨年12月、ボーテル司令官は大統領選で勝利したドナルド・トランプに対してシリアの反政府軍、つまりアル・カイダ系武装集団やダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)を支援し続けるように求めていた。


マイケル・フリン前DIA局長やマーティン・デンプシー前統合参謀本部議長とは逆の考え方だ。シリアでもイエメンでもボーテルが参加している作戦は同じだと言えるだろう。




そうした人物がイランを攻撃したがるのは必然。


2007年3月5日付けのニューヨーカー誌でシーモア・ハーシュはアメリカ政府がサウジアラビアと手を組み、イラン、イランを後ろ盾とするヒズボラ、そしてイランの同盟国であるシリアに対する秘密工作を始めたと書いている。この侵略勢力にボーテルも所属しているわけだ。



https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201703310000/







コメント

ヒラリーの影武者

2017-03-30 19:08:21 | (旧 新) 米国


911の慰霊式典で倒れた直後からヒラリークリントンの影武者をしていると言われるテレサ・バーンウェルって誰?


HILLARY'S TWIN Who is Teresa Barnwell? Hillary Clinton’s body double in spotlight after 9/11 pneumonia collapse
9月13日【Sun】







(画像 直接対面したのは1996年の一度だけだと言われている二人)




1993年からヒラリー・クリントンのプロの物まね師をしているテレサ・バーンウェル(Teresa Barnwell)女史とは?



911の追悼イベントでヒラリー・クリントン女史が派手に転倒した後から、彼女が影武者にすり替えられたとネット上で陰謀論者たちが騒いでいます。



ではそのテレサ・バーンウェルとはどんな人なのでしょう?


彼女はプロのヒラリー・クリントンのそっくりさんで、ヒラリーが倒れてから彼女の身代わりをしていると一部の人たちは考えているようです。


60代初頭のテレサ・バーンウェルさんは、自らのウェブサイトで「アメリカでもっとも有名で多彩なヒラリー・クリントンの物まね役者」だと説明しています。



1993年、カリフォルニア生まれで既婚の彼女はファーストレディーのヒラリーにそっくりであることを何度も指摘され、仕事を辞めてヒラリーに生き写しの物まね師としての仕事を求めて広告を出しました。




ヒラリーが大統領選挙に出馬して以来、民主党の大統領候補を物まねすることで毎月約$7570(約77万円)を稼いでいます。


テレサさんは仕事の関係で、世界中の有名人に会ったりしていますが、ヒラリー・クリントンのいる場所に行くことは積極的に避けているそうです。

だって二人のヒラリーが出会ったら不気味でしょう!




そのため二人が出会ったのは1996年のロスで一度だけとされており、その時テレサさんはヒラリーに向かって「これまでテレサ・バーンウェルに似ていると言われたことはないですか」と冗談で質問したそうです。




政治家のヒラリーはこれに対し、自分が行きたくない仕事全部にテレサさんが行ってくれたらいいのに、と冗談で返していました。




この陰謀論者の「テレサさんがヒラリーの影武者を務めているのでは?」という疑惑に対し、テレサさんはツイッターで



「私は今日は一日中ロスにいます(訳注:当日のヒラリー女史はNYCにいた)。私はあなたたち陰謀論者の頭の中をひっかきまわしただけですよ!もういいから寝てください」と答えています。




(翻訳終了)

【参考】https://www.thesun.co.uk/news/1776028/teresa-barnwell-hillary-clinton-body-double/



****

【コメント】

数日前に見つけたミームがこちら。

「テレサ・バーンウェルを2016年の大統領に!
Googleで検索してみてください」








ヒラリーの健康不安説が爆発して、病名についても様々な憶測がされていたり、あるいは
死亡説まで飛び出しています。公式には肺炎で体調不良という話になっていますが、その直前に子供に触れている画像があって、「肺炎で普通、子供に近づくか?」と指摘されています。皺が減って若返ったとも言われてますね。









プーチンに影武者がいるのも有名な話(憶測)ですが私は個人的にはそれに越したことはないかと思います。でもヒラリーが二人なんて・・・ぞっとしますね。



ご覧の通り、最近ではこういった情報(陰謀論ネタ)も大手メディア(この記事は大衆紙ですが)によって(あくまでもネタ的な扱いですが)取り上げられることが増えてきているのはおもしろい傾向です。



http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12200901811.html









コメント

真っ黒い国

2017-03-30 13:35:28 | 原爆  原発   生物兵器 


核兵器禁止条約に日本が 反対する理由

日本は1940年から核兵器を所有していたことを申告しなければならない。









(((;゚;Д;゚;)))➡ウランの宝庫のコンゴで1970年代、1000人以上の日本人男性が日本企業の鉱山開発で現地に赴任し、そこで生まれた大勢の日本人混血児が、日本人医師と看護師によって毒殺しされていたことを、FRANCE24が報道





怖ァ~ 安倍昭恵さん付きの谷査恵子さんは、元原子力政策課(経済産業省資源エネルギー庁電力・ガス事業部)の人。
国際原子力機関 IAEAの公式サイトに出てる。
安倍の優先順位第1番が見えたかんじ










初めまして、香港在住の性です。

香港大のローカル学生20~30%は天皇が原爆特許の所有者であるとことを知っています。



1940年ネイチャーの理研の論文は、238Uに高速中性子を照射して生成された対称核分裂生成物。

無制御で核分裂連鎖反応(核爆発)が起こったという意味@yujinfuse






核爆発装置の仕組みをご存知ですか?

市民・法学者・報道関係者の殆どが、核不拡散条約第1条核兵器国の不拡散義務により、核爆発装置の仕組を全く知りません。

即ち周知の核爆発装置の仕組みは嘘であることもです。






江戸時代の日本列島を統治したのは中国‼



その宮内庁の有職故実家は、「大嘗は中国(ワガクニ)従来の儀式ではなく、唐の制度を模したもの。ただ大嘗に則っていない山藍摺りにおいては、華人の古を見ることができる。」と書き遺してた‼








https://twitter.com/honest_kuroki/status/828668719601590272 …


https://twitter.com/honest_kuroki?lang=ja








コメント

人類の起源

2017-03-29 15:31:47 | 地球の秘密   ミーム 


アヌンナキ という名は 単に 悪神 とだけ思っていて、人間は レプタリアンによって造られた というのは嘘と思っていました。

たんに 遺伝子操作され、トカゲ脳が 埋め込まれたのだと ・・・



下記の記事の ある部分は 納得できることもあるかもしれません、 すべてではないにしても。



地球の人類の歴史の秘密
The Secret Human History of Earth








(以下は、動画の翻訳の書き下ろし)



これがあなたを悩ませていることは知っています。私も悩まされていますから。ただ、私はこのことについて話すことを恐れないだけです。

私たちが数多くのことを真実として信じていますが・・・実は真実ではありません。よくお聞き下さい。



これから発見の旅に出かけます。本当の人類の起源かもしれない話についてです。

まず、いくつかの理論から見てみましょう。



人類の歴史は6,000年前から始ったと言われています。聖書によれば、最初の人類としてアダムとイブがあったとされています。

一部の科学者らは、すべての人類は一部のアフリカ系が遺伝子上の祖先として共有しているそうですが、それは20万年前にまで遡るそうで、名前はルーシーと言われています。



また最近の理論では、古代の人間はネアンダソール人や謎の種族と迅速に混血していっていたそうです。「ロード・オブ・ザ・リング」のような世界の中で、デニザベンズ(?)と呼ばれる種族です。



しかし、人々は例の「失われた環(ミッシングリンク)」については話していません。

信じるようにいわれていた話よりも、もっと深い奥があるのでしょうか?

今回の前にも、文化的な文明が存在していたのでしょうか?



これまで不思議に考えたことはないですか?

なぜインターネット上には、つまらない情報や意識の妨げになるもの、完全なジャンクなどで溢れているのでしょう?これはどこから来ているのでしょう?








言語、時間、宗教、政府、お金・・・

なぜ働きに行く必要があるのか?税金を払うため?はは(笑)



一体どうやって、私たちはこんな状況に陥ってしまったのでしょうか?

今は大胆な質問や大胆な人が存在している興味深い時代ですが、もう少し深く掘り下げてみることにしましょうか。



とうとう、人類の創造の謎を解き放つために。

私はここで、警告をしておかねばなりません。

あなたが知っているすべてのこと、あるいは知っていると考えているものが疑問視されることになります。




記録の残っている文明のはるか前に、黄金時代(ゴールデン・エージ)と呼ばれていた時代がありました。謎の精神的指導者が人々の精神的な法悦(エクスタシー)を維持するための、強力な方法を生み出しました。その謎の指導者らは、「輝く者(The Shinng ones)」と呼ばれていました。










進歩していた文化圏の構成員が、ほとんど迷子のようになっているものの、彼らの知恵や力はまだ残っていた人たちのことです。

長期間に渡り秘密の秘伝を授与された集団によって護られたその生き残りの任務は、彼らの古代の知恵を保存し、人類に奉仕して世界の発展を統制することでした。



では、その輝く者とは誰なのでしょう。

シャーマニックな指導者です。

多くの古代エジプトの文献には、宇宙空間、つまり天国から、地球に降りて来ている存在が共通して存在しています。彼らはウォッチャーズ(見る人、the watchers)と呼ばれます。


エロヒム(ヤハウェの複数形)、ナーガ、ネタルー、ジェーン、アヌンナキ、エンジェル(天使)、ネファレム・・・








巨人が地上を歩き、羽の生えた蛇、エルダー(長老)がいて・・・リストは尽きません。









時代を通して、エリートの支配者層は、この宇宙にいるのは人間だけではないことを知っていました。



長い昔、地球は宇宙外生命体の訪問を受けており、この宇宙人が「神」として神話化されたことを示す考古学的な証拠があります。



伝統的な考古学では約10万年前、人類、つまりホモサピエンスは、ホモ・セピアン・セピアンと現代人に分かれて進化したとされています。


しかしドイツでは、3つの丸い構造物を考古学者が発見しました。骨や石などで作られたもので、過去40万年前まで遡るそうです。

実際のところ、250万年12.5万年までの宗教的な遺蹟がエチオピアのゴーナ(Gona)やヨーロッパで発見されています。









私たちに伝えられていないことがあるのでしょうか?



失われた環(ミッシングリンク)


古代の世界中で、人類は太陽は生命の源であるという信念を共有していましたが、これは「輝く者」の秘密を理解する鍵になります。

古代、世界中で太陽と月の信仰がありました。



光と闇

これが自然の遥かな存在をすべて作り上げています。


輝く者が、このような信仰の創始者だと言われています。


医薬学やすべての科学をもたらし、インダス文明やチャクラのシステムを与え、古代のエジプト文明では数学的に完璧なピラミッドの作る知識を与えています。



輝く者の存在について記した文献で発見された中で最も古いものは、5つの重要な文献にみることができます。



ネパールの図書館にあるサマリアの石版には、アヌンナキの名前があります。聖書の創世記ではエロヒム、バビロンの聖職者によるギリシャの伝説ではベロッソス、エノク書(旧約聖書)では天使と呼ばれ、ヨベル書ではネフェリム(天から落ちてきたもの、という意味)。



シュメール人の創世神話には、アヌンナキとして知られる天使がいます。ギリシャ語で「アヌ(annu)」という音は文明の創造者の名前であり、サマリア語では、天空の太陽神を意味し、輝くという意味です。

それゆえ、アヌンナキは輝く者の息子、あるいは光の息子ということになります。



シュメール人の伝承によれば、人間は秩序を構築した輝く者から学んだということですが、どうしてそうする必要があったのでしょうか。



輝く者たちはシュメール人に大洪水の警告を発しましたが、結局はこの洪水によって故郷を失うことになりました。ノアの伝説と似ています。

Zecharia Sitchin氏が翻訳した古代の文章によると、アヌンナキは黄金を必要としていたということで、黄金が探し求められました。

なぜなら彼らの故郷の惑星、ニブルにはほとんどなかったためです・・・



地球に来て黄金を見つけたので採掘することにしましたが、元々、地球外出身であった彼らにとっては非常に大変な仕事であることに気がつきました。


バビロニア神話の知恵の神EA(シュメールのメソポタミア神話ではエンキ)は、メソポタミア神話の中で最も力の強い三人の神の一人とされていました。その他の二人は、アヌとエンリル(Enlil)でした。



(水の神であった)エンキは、地球の表面の下にあるアプスーという淡水の海に住んでいました。エンキは自分たちの外見に似せて人間を作ろうという提案をしました。










その提案の了承を受けると、エンキと半分血のつながった妹は、遺伝子工学を用いてホモサピエンスを造り出したのです。人類を創り出したたった一つの目的は、黄金を発掘する労働力を作り出すことでした。



ホモサピエンス、つまり人類はホモ・エレクトスと地球外生物(ET)の混血として作られたのです。


輝く者はまた、古代エジプトのヘリオポリス神話の中にも見ることができます。地球上の最初の支配者はオシリスでした。彼は指導者であると私たちに伝えられました。知識をもたらし、秘密の学問である科学を発展させるものであると。



では、ここからどのように展開したのでしょうか。


古代シュメールから古代エジプトまで、輝く者がロード・オブ・ザ・リング(指輪の王)になり、どのようにして世界を支配してきたかをみました。

輝く者は今、どこにいるのでしょう。


まさにこの部屋の中にいるのです。

窓の外を見ると、彼らの痕跡は未だに見ることができます。

誰の目にも見ることのできる場所に、隠されています。









健康や教育、政治、エンターテイメント・・・

その影響力は見ることができます。至る所にです。


魔法使いの使うトリックの中でも最も偉大なものは、そこに存在していないものを見せ、真実ではないものを信じ込ませることです。










本当の秘密(シークレット)とは、その力はあなたの中にあるということなのです。


親愛なるあなた方。

あなた方こそが輝く者なのです。

ご自身の力を取り戻してください。

ご自分の偉大さにつき従ってください。

後ろは振り返らずに・・・


人類の本当の詳細な出所については、完全な答えを見つけることはできないかもしれませんが、考え直すべき疑問点はあるでしょう。



最高のバージョンの自分になるプロセスの中では、私たちの現実(リアリティ)について疑問視する必要があります。

そしてこの情報についての選択は、皆さんにお任せします。

恐怖心ではなく愛をあなたのガイドにしてください。




(翻訳終了)




****


【コメント】


このような情報は日本語でも充実していますが、これだけの情報量がコンパクトにまとまっていたので翻訳しました。


私も人類の起源とは何なのか、気になっていました。


たとえば、大英博物館への観光につきあってブラブラと周っていたら、しばらくすると世界各地の遺蹟に、どうみても人間ではない人型をした彫刻や壁画などで溢れているんですよね。
日本の新石器時代の土偶なんていうのも、精霊がモデルだそうですがいわゆる宇宙人にそっくりですし。









昔の人はよほど絵が下手で、人間を描こうとするとどうしてもそんな変な形になったとか?でも世界中で同じように下手な絵ばかりというのも、無理のある説明のようですし。。。

あるいは松果体がきれいだったのでDMTが放出されまくっていて、今の私たちが見えている世界とは異なって見えていたとか?



しかも地球中に同じような建築物やミイラなどの類似した文明が、完全なる偶然で起きるものでしょうか?それが偶然だとして、その確率は異常に低いでしょう。

昔は飛行機もインターネットもなく、長距離の移動は命がけで時間のかかるものでした。もちろん民族が移動して、文化も一緒に運ばれたという可能性はあるかと思いますが。。。









昔、人類の始まりと、人類がどのようにして変化して、それぞれの住む場所に適合する身体を発達させた過程について百科事典で読み、ずっとそれを信じていました。

ただ、旦那から「人類は宇宙人と猿人の遺伝子組み換えで作られて、5(6?)種類の違う宇宙人から派生している」と始めて聞いた時は、そんなSFみたいな話!と思ったものですが・・・


この説の方が、世界のいろんな事象に簡単に説明がつくんですよね。




しかも日本の昔話も、よく考えるとすごい内容です。

かぐや姫は生まれ方、成長の早さ、去り方の全部が宇宙人っぽいですし、

浦島太郎はタイムトラベルか違う次元に行っていたようで、

桃太郎のような生まれ方(入れ物に入って、川から流れてきて、誰かに拾われると中から「輝くような」子供が出てきた)は、イギリスの伝説的な人物、タリエシンが発見された時の話の一つのバージョンとそっくりです。


昔の日本人はよほど想像力が豊かで、かなりシンプルな生活を送っていたにもかかわらず、このようなすごい話をたまたま思いついたのでしょうか?幻覚剤でもとっていたとか?



世界中の神話などで、輝くようなと表現されたものや、あるいは絵画で後光が描かれているのも共通しているようですし、実際に光っているように見える人もいます。


人類の起源とは、本当にダーウィンの言うような進化論に基づいたもの、あるいは宗教書などで記されているような隠喩的な始まりなのでしょうか。


いろんな説があるようですが、非常に興味深い問題ですね。



http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12030740299.html









コメント

ロシア情報

2017-03-29 15:07:11 | プーチン ・ ロシア


3.28 プーチン大統領はイタリアをダーイシュから救った=伊野党党首



西側が「悪人」だと見なすプーチン大統領がシリア紛争に介入しなければ、「ダーイシュ(イスラム国、ISIS)」はすでにイタリアにまでたどり着いていたかもしれない。伊野党「北部同盟」のマッテオ・サルヴェーニ書記長が「 La7 」テレビで述べた。


さらにプーチン大統領が現代最も遠くまで見通しているリーダーの1人だと指摘した。



サルヴェーニ氏は、「プーチン大統領については、私は評価し、尊敬する。ダーイシュと戦うために彼がシリアに行かなければ、今日、La7の編集部にはブルカを着て手に機関銃を持った人々が座り、話して良いことと悪いことを決めていたかもしれないためだ。対露制裁は狂気の沙汰だ。もし欧州、英国、NATOや誰かがシリアのダーイシュと闘い始めるのを待っていたら、ダーイシュはもう我々の家に来ていたかもしれない。


もし『悪人』プーチンが介入しなければ、それは起きていたかもしれない。制裁の対象となったあの『悪人』だ。そして制裁は現在、イタリア経済を破壊している」と述べた。



サルヴェーニ氏はまた、平和を保証し、テロリズムと戦うためには、トランプ大統領、EU代表、プーチン大統領、中国と全北アフリカ諸国の代表を1つのテーブルに集め、彼ら全員が話し合いに参加する必要があると指摘。だが、サルヴェーニ氏によると、そう行動するのではなく、誰かが、プーチン大統領は悪く邪悪だと決めた。



先に、トランプ米大統領は、ロシアのプーチン大統領について「扱いにくい人物だ」と述べた。





3.28 露国防省、米MD配備への対抗措置を発表


米国のMD(ミサイル防衛)システム配備に対するロシアの措置は、米MD配備によるパワーバランスの乱れを防ぎ、ロシアの安全保障へのダメージを最小限にするために必要不可欠なものだ。ロシア軍総合本部即応部隊の副主任ヴィクトル・ポズニヒル氏は、軍縮会議でこのような考えを示した。



ポズニヒル氏によると、MDは世界でミサイルシステムのポテンシャルを増強するためのシンボルとなっており、これは新たな軍拡競争を引き起こす。


同氏は「どのようなMDが適切であり、新たな軍拡競争の前提条件をつくり出さないかを評価するために」ロシアはリスクと脅威を共同で分析することを提案したと強調した。



ポズニヒル氏は、欧州では露米共同のMD建設が展開されるべきだったが、ロシアの全ての提案が拒否されたと述べ、「そのためロシアは米国の今後のMD増強の結果による戦略兵器分野における既存のパワーバランスの乱れを防ぎ、国がダメージを受ける可能性を最小限にするための適切な対抗措置をとらざるを得ない」と指摘した。






コメント

プーチン伝説

2017-03-28 22:57:24 | プーチン ・ ロシア


プーチンは伝説に近い人気を世界中で博していますが、彼の魅力がどこからきているのか掘り下げようと、彼にまつわる「伝説」についてまとめてみました。



「ロシア=悪」という概念から離れられない方や冗談の通じないような方には、拒否反応が出るかもしれませんのでスルーしてください。




1.KGBのスパイ時代に、ロナルド・レーガンと会っていた?






1988年、ロナルド・レーガン当時アメリカ大統領がロシアの赤の広場に訪問した際、「観光客」の息子と握手をしようとしているレーガン大統領(ちなみに本物のプーチンには息子はいないことになっています)。



写真を撮影したのはアメリカ・ホワイトハウス専任の写真家Pete Souza氏という方ですが、彼は今でもレーガン大統領がロシア国内の訪問で出会った人間はすべて、KGBのスパイであったのではないかという疑惑を持っているとのこと。




2.黒海でイルカを救助したことがある

Vladimir Putin Rescues Dolphin in Black Sea
http://topekasnews.com/vladimir-putin-rescues-dolphin-black-sea/ より







ロシアの新聞プラウダの報道によれば、黒海付近のSevastopolという場所で、クジラの餌食になりそうになっていた子供のイルカをプーチン大統領が救助したということです。

プーチン大統領は軍事に関する業務のために黒海の近くにいましたが、民間人に開かれているビーチで少年が泣いていたのでプーチンが少年から話を聞いてみると、「大きな黒い魚がいて、赤ちゃんのイルカを捕まえて食べようとしてる」とプーチンに説明したとか。

プーチン大統領は迷わずにビジネススーツを脱ぎ捨て、黒海に飛び込んで赤ちゃんイルカを無事に救い出したと報道されています。





3.プーチンが海に入ると、かならずイルカが寄ってくる







しかも、この写真撮影の直後に海に入ったジャーナリストはこのイルカに噛み付かれたという噂も。

ロシアがイルカをスパイに使うために訓練している、という噂もありますが・・・




4.ペットはトラ






プーチン大統領にはシベリアタイガーのペット、Kuzyaがいます。たまに放し飼いにしているとか。




5.パリの同時テロの後、パリに子犬を贈る


パリで自爆テロに巻き込まれて警察犬ディーゼルが死亡したため、ロシアがフランスへ団結の念を表明するために一匹の子犬を贈っています(Express)。




6.熊に乗っているこの写真は合成じゃなかった?!







この写真はてっきり合成かと思っていたら、事前にある程度はセッティングはされていたもののプーチンは実際に熊に乗っていた、というロシア当局筋からの情報もありました。




これをフィギュアにしたものがロシアでも人気のお土産になっているそうです(笑)私も欲しい!




7.いたずらにあったエルトン・ジョーンズに電話をかけて、ジョーンズ氏の面目を保った

2015年9月、エルトン・ジョーンズ氏はロシアからプーチン大統領を名乗る人物から電話を受けました。しかしそれは後に、プーチンの名を語ったロシア人のコメディアンによるいたずらだったということが判明しています。







プーチンのふりをしてエルトン・ジョーンズに電話をしたいたずら



ジョーンズ氏は明るく、そのいたずらを受け止めていましたが、それがイギリスのメディアに報道された直後に、プーチン大統領がエルトン・ジョーンズ氏に実際に電話をかけ、そのようないたずらに気を悪くされないようにと慰めたということです。その後ロシア政府も直接、その電話があったと確認しています。

ジョーンズ氏の夫、映画製作の仕事をするFurnish氏は次のように話しています。

「プーチンは本当にラブリーな人でした。これは政治的なコメントではありませんよ、私は政治家ではないので。人間性の話です」





8.「ロシアの今年の人(男)」に15年連続で選ばれる
http://www.sneakymag.com/news-2/putin-wins-russias-man-year-15th-year-running/


プーチンはロシアから68%の圧倒的な支持を得て15年連続で「ロシアの男」に選ばれているそうです。ちなみに2位の人の得票率は4%だとか。同性愛の人からは、独裁者扱いをされていますが。

プーチンはその男らしさからか、一部の男性からも熱烈な支持を集めています。




9.ロシア国内のプーチン大統領の支持率が85パーセントを超える
http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/news/2015_02_26/283089517/


こういう調査は、母集団にもよりますので参考程度かと思いますが、次のようなプーチンが政権についてから15年の間の業績をみると、ごく自然な流れのようにも思われます。




10.アメリカの94%がプーチンの演説がオバマの演説に勝っていたと判断

9月29日にアメリカの人気の投票ページNew York Daily Newsで、国連総会の場でアメリカのオバマ大統領とロシアのプーチン大統領がどちらで議論で勝っていたかという質問に対し、94%のアメリカ人がプーチンの勝ちだと投票していたということです(http://www.rferl.org/)。



http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12102403989.html









コメント

NATO シチリア島で演習 ②

2017-03-28 21:45:38 | EU  NATO  欧州  北欧 


2013年3月にシリア政府は反政府軍が化学兵器を使ったと発表、反政府軍も政府軍が実行した反論するのだが、これについてイスラエルのハーレツ紙は、攻撃されたのがシリア政府軍の検問所であり、死亡したのはシリア軍の兵士だということから反政府軍が使ったと推測している。



8月になるとダマスカス郊外のゴータで政府軍が化学兵器を使ったアメリカ政府は宣伝し始めるのだが、ロシアのビタリー・チュルキン国連大使がアメリカ側の主張を否定する情報を国連で示し、報告書も提出している。




示した情報には、反シリア政府軍が支配しているドーマから2発のミサイルが発射され、毒ガス攻撃を受けたとされるゴータで着弾していることを示す文書や衛星写真が含まれていたようで、その後、国連内の雰囲気が大きく変化したという。




また、国連の元兵器査察官のリチャード・ロイドとマサチューセッツ工科大学のセオドール・ポストル教授は、化学兵器をシリア政府軍が発射したとするアメリカ政府の主張を否定する報告書を公表している。


ミサイルの性能を考えると、科学的に成り立たないというのだ。シリア政府軍が化学兵器を使ったという口実でアメリカはシリアへ軍事侵攻しようと目論んだが、この口実は崩壊したわけだ。




2013年1月30日に行われた4機のイスラエル戦闘機がシリアを攻撃しているが、その8日前、アビブ・コチャビAMAN(イスラエルの軍情報部)司令官はワシントンで攻撃計画を説明、


同じ時期にイスラエル政府は安全保障担当の顧問、ヤコフ・アミドロールをロシアへ派遣して攻撃を通告していたとも言われている。


2013年5月や14年12月にはシリア領内で大きな爆発があった。まるで地震のような揺れがあり、「巨大な金色のキノコに見える炎」が目撃された。爆発の様子を撮影したCCDカメラに画素が輝く現象(シンチレーション)も見られた。




2013年8月下旬にはNATOもシリアを攻撃する姿勢も見せ、9月3日には地中海の中央から東へ向かって2発のミサイルが発射されている。


ロシアの早期警戒システムはミサイル発射をすぐに探知、2発のミサイルは海中に落ちた。


その直後、イスラエル国防省はアメリカと合同で行ったミサイル発射実験だと発表したが、事前に周辺国へ通告されてはいない。


ジャミングで落とされたのではないかとも見られている。アメリカがイランと交渉するポーズを見せるのはそれ以降で、同年11月のイラン核開発に関する中間合意につながっている。



その当時、アメリカ政府はシリア近くの基地にB52爆撃機の2航空団を配備し、5隻の駆逐艦、1隻の揚陸艦、そして紅海にいる空母ニミッツと3隻の軍艦などの艦船を地中海に配備していたが、


それに対抗してロシア軍は「空母キラー」と呼ばれている巡洋艦のモスクワを中心に、フリゲート艦2隻、電子情報収集艦、揚陸艦5隻、コルベット艦2隻がシリアを守る形に配置したと報道されている。


地中海にはアメリカ軍、ロシア軍、中国軍の艦船が集結し、軍事衝突に発展しても不思議ではない状況にあったのだ。




シリアに対する直接的な軍事侵攻に失敗したネオコンなどアメリカの好戦派はソチ・オリンピックに合わせ、ウクライナでクーデターを実行、2014年2月23日にビクトル・ヤヌコビッチ大統領を憲法を無視する形で解任している。




中東では2014年1月にイラクのファルージャで「イスラム首長国」の建国が宣言され、6月にはモスルを制圧。この集団はアル・カイダ系武装集団から派生、後にダーイッシュ、IS、ISIS、ISILとも呼ばれるようになる。DIAの警告が現実化したわけだ。




その際にトヨタ製の真新しい小型トラック「ハイラックス」を連ねてパレード、その後継を撮影した写真が世界規模で流れたが、それをアメリカ軍が黙認した。


スパイ衛星、偵察機、通信傍受、人から情報でアメリカの軍や情報機関は状況を把握していたはず。アメリカ政府を疑惑の目で見ている人は少なくない。




ダーイッシュによるモスル制圧から2カ月後の8月、サラフ主義者の支配国が出現する可能性を指摘した報告書が作成された当時のDIA局長、マイケル・フリン中将は退役に追い込まれた。



2011年10月から統合参謀本部議長を務めていたマーティン・デンプシー大将もアル・カイダ系武装集団などを危険視していたが、2015年9月25日に退役して好戦派が後釜にすわる。


その3日後にロシアのウラジミル・プーチンが国連で演説、オバマ米大統領が自分たちに従えと威嚇したのに対し、プーチン露大統領は「自分がしでかしたことを理解しているのか?」とアメリカを公然と批判した。




ロシアがシリアでアメリカの手先であるアル・カイダ系武装集団やダーイッシュを空爆しはじめたのは演説の5日後だ。




この空爆でシリアの戦況は一変、政府軍が優位になり、侵略軍は崩壊寸前だ。


アメリカは新たな戦闘集団を編成しようとしているとも言われているが、劣勢は否めない。


そうしたロシア側の作戦の一環として昨年、ロシア海軍の重航空巡洋艦(空母)クズネツォフ提督を中心とする艦隊がシリア沖に派遣された。ロシア海軍は潜水艦を重視しているので、NATOによる今回の軍事演習が潜水艦をターゲットにしているのは必然だ。



https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201703280000/








コメント

日本の原発  北朝鮮との関係  原発特許所有者

2017-03-28 18:59:27 | 原爆  原発   生物兵器 


3.28 日本、「核兵器禁止条約」交渉への不参加を表明


米ニューヨークの国連本部で27日、「核兵器禁止条約」の交渉会議が始まった。日本の高見沢軍縮大使は、交渉への不参加を表明した。





◎  原子力発電は、核武装化の必要条件


原子力のウラン濃縮は、原子力発電所からしか生産できないし、輸入ができるというように簡単にはいかない。

ウラン濃縮は核兵器製造ぐらいしか使い道はになく、即輸入するということは、核武装化するということでしかない。


日本の原子力開発は、いつでも核武装でききるように準備しておくということにおかれいる。



つまり国策なのだ。 日本が核武装を検討し、実行するとき原子力は一層強化されるといえる。


北朝鮮脅威は、即、日本の核武装化の世論となり、日本が核兵器をもつことを検討することに実際なっていこうとしている。



そうすれば、原子力の使用たかめられることにより、原子力をすすめてきた資本にとって、ありがたいはなしなのである。


そもそも原子力は、環境エネルギーに対して、生産コストが安価であるとささやかれてきた。つまり、資本にとって、原子力は安価であり、国策によって原子力がおおくなればこれ以上ありがたくはないのである。


つまり、北朝鮮脅威論は、日本の核武装化を準備し、それは原子力の増加はもたらす。

こうしてエネルギー関連資本軍需産業が利益をあげられるということなのである。



実際、原発脅威論は、北朝鮮脅威論でかきけされてしまっている。



http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/109.html







◎ 原発特許所有者は 原発の稼働を 望む


原発特許は 原爆特許所有者 ・・・



原爆の被害を 治療しないで データーを提出 ・・・


提出したのは  日本   特許を受け入れるのは     日本は 維新から  のしもべ







◎ 原発特許所有者は 東京にいる

http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/261.html





◎ 広島  長崎 の 真犯人


本当に 投下 なのか ?


重くて 積めない (アインシュタイン)



made in 〇〇  



日本は第2次世界大戦中に原爆の実物試験に成功
アトランタコンスティチューション紙
日本は原爆を開発した。第二次世界大戦中、実物試験に成功。ロシアが科学者達をつかんだ。








http://blog.goo.ne.jp/netken2013/e/2cb5c8c5421961ad2da3f4859efaf1d4







コメント