スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

魔女が トランプに呪いをかける

2017-06-30 22:51:37 | 悪魔教 サイコパス 麻薬  奴隷



「悪魔の代理戦争」:

憎悪と分裂の空気が全土に広がりつつあるアメリカで進行し続けている世界中の魔女とトランプ大統領支持者の間で繰り広げられるスピリチュアルな戦い



2017年6月21日のアメリカの報道より







憎悪の曖昧な対象



アメリカでは、もう半年近くにわたって、「魔女の軍団によるトランプ大統領への呪術作戦」が続いています。

このことが日本語の報道ではまったくふれられていないことに気づきましたので、ご紹介させていただこうと思います。



冒頭の記事は最近のもので、今年の夏至である 6月21日に、インターネット上で「世界中の魔女たち」が情報を共有しながら、「 6月21日の夜に全世界一斉にトランプ大統領を呪いましょう」という行動が行われたということに関してのニュースです。


よくわからないですが、魔女の呪術は夏至に最も効果が出るのだそうです。



ネットの SNS では「 #bindtrump」(バインドトランプ )というハッシュタグの下に、世界中の魔女たちが一斉に呪術をトランプ大統領にかけたのだそうです。


参加した魔女の数は、イスラエルの報道によりますと、「1万3千人」にのぼったそうです。



魔女というのも思ったよりも多くいるようですが、その世界中の魔女たちの願いは「トランプ大統領の失脚と、そして、その側近たちすべての失脚」だそう。



まあしかし、その 6月21日の「魔女による世界一斉呪いデイ」の後もトランプ大統領は健在のようですので、それほど効き目はなかったのかもしれません。



この、魔女たちによる「トランプ大統領への一斉蜂起」が最初におこなわれたのは今年の2月でした。


その後、4月には規模が大きくなり、カリフォルニアのサンディエゴ(北緯 33度)で大きな「魔女の大集会」がおこなわれています。




2017年4月の魔女による「トランプ大統領を呪う集会」を報じたメディア








この集会がおこなわれたのは 4月1日だったのですが、その際にも、トランプ大統領はダメージを受けた感じは見られず、それどころか、その直後の 4月6日には、「突然、シリアへのミサイル攻撃を敢行(報道)」という唐突な行為をおこなうなど、むしろ行動がエスカレートしていった頃でした。



このあたりのことを見ていて、私は、

「魔女たちの呪術はむしろトランプ大統領の《悪の部分》を元気にしちゃってるんじゃないの?」というようなことを思ったりもしました。



とりあえずは、冒頭の記事をご紹介させていただこうと思います。


Christians and Jews Combat Witches’ Summer Solstice Satanic Spells on Trump
CBN 2017/06/21



トランプ氏が大統領に就任して以来、アメリカを始め、世界中の魔女たちが大統領に対してスビリチュアル(霊的)な戦いを繰り広げてきた。



しかし、ここにきて、イスラエルのユダヤ人宗教指導者(ラビ)たちがこれに対して懸念を表明し始めている。



イスラエルのラビであるダニエル・アショア(Daniel Asore)師は、報道メディア「ブレーキング・イスラエル・ニュース」に以下のように述べた。



「魔女の存在と、その本質である悪魔主義(サタニズム)は明らかに権力闘争を軸に持っている。悪魔主義が容易に政治的なものと接近しやすい理由はここにある。この意味でも、悪魔主義は本質的に神に敵対しているといえる」


アショア師は、現代の悪魔主義の危険性について調べ続けている。それはユダヤ人の宗教的指導者としての役割の一部だと師は述べる。

師は、魔女たちの呪文は悪魔主義を広めるものの一部に過ぎないと言う。



「政治家たちの中には、人間が世界のあらゆる面を支配することができると信じている者たちが数多くいる。彼らは意識的に悪魔主義と変わっているわけではないにしても、本質的に、それは悪魔主義に基づく信念体系から来ているものといえる」



今回、魔女たちは #bindtrump というハッシュタグにより、SNS でお互いに連絡を取り合っている。

そのうちのひとりの書き込みによれば、夏至は最も強い呪いになる日なのだという。



この後も魔女たちは、7月21日と 8月19日にも、トランプ大統領に対して、より多くの呪いの呪文を唱える予定となっている。



彼女たちの呪文は、悪魔の力によりトランプ大統領が失脚することを望んでおこなわれるものだ。呪いはの効力は、トランプ大統領だけではなく「彼の邪悪な行動をサポートしているすべての政治家たち」にも及ぶように悪魔に要求する。



これに対して、トランプ大統領を支持する福音主義のキリスト教徒たちは、大統領にかけられる悪魔の呪文に対抗するための祈りを行うことを人々に推奨している。



キリスト教愛国者同盟(Christian Nationalist Alliance)は、インターネットに下のような投稿をおこなった。

「皆さんには、私たちと共に悪魔の攻撃に対抗する祈りに加わってほしいのです。私たちアメリカの国家の力と、この国で選出されたこの国の代表者、そして失われた人々の魂のために祈りを注げてほしいのです」

他のキリスト教徒たちもまた、ワシントン D.C.などで、悪魔の力に対して絶え間ない祈りで対抗しようとしている。




http://indeep.jp/expanding-hate-and-conflict-and-witches-for-satanic-spells-on-trump/





☆ これは 本当のことなのでしょうね。 

地球って 低次元 だなぁ と しみじみ 思いました。


プーチンの存在は ある意味 世界を二つに分けた気がします。


真実を知ったものと まったく 知らないものと そして イルミナティ と 普通の 奴隷人間とを。


トランプは 今 メディアの嘘を 叩いています これは いいですね。


また 小児性愛 という 悪魔の粛正も ある程度 進んでいっているようです。



けれど プーチンと違って トランプは 一体 なんなんだ という疑問がいつもつきまとう (笑)。


悪魔の中に住んでいるのですから ほんと 難しいと思います。








コメント

トカゲに支配される人間 と 王室

2017-06-30 21:05:51 | バチカン  王室  皇室  宗教


6.28 英王室費が2倍に


英王室費が2倍になる。27日、ガーディアン紙が報じた。



英王室費の増加は、英国会で賛成464、反対56の圧倒的多数で承認された。これは、推定3億7000万ポンド(約4億7000万ドル)のバッキンガム宮殿の修理のため決定した。


バッキンガム宮殿の老朽化した電気の配線や水道管の交換などが行われる。同宮殿は、ロンドンにあるエリザベス女王の主要な住居。


女王は2019年、8200ポンド(約1億400万ドル)を受け取る。王室費は隔年ごとに支払われる。なお2016年は4280万ポンド(約5440万ドル)だった。
エリザベス女王の主な収入源は、 英国王室領を管理する特殊法人「Crown Estate」。



ダイアナ妃の赤裸々な告白が公開 「妊娠4か月で自殺を図った」


英国内では、王室存続の合目的性に関し、絶えず議論がなされている。


反対派の人々は「国民の税金を、はっきりとした仕事のない人達の『華麗な生活』を保障するために使うのは、いかがなものか」と考えている。

コメント

プーチ~ン、楽しみにまっとってや~!   エルミタージュ

2017-06-30 20:09:20 | 感じるロシア



プーちゃん、ほんま穴掘りたすかるわ~
後でふっくらふかふか土に種まこな

昼はめっちゃうまいボルシチでええか


早よ大熊になってプーチン乗せたってな 
プーチ~ン、楽しみにまっとってや~!


…人熊一体伝説はこっからはじまる!?



Медведь помогает сажать картошку, это Россия, мать вашу!
配信元) YouTube 17/5/20








(文章は シャンテフーラさんより 引用させていただきました)






6.29 エルミタージュ美術館の傑作、名古屋で公開【写真】








6月30日、名古屋市にある愛知県立美術館で、「大エルミタージュ美術館展・オールドマスター西洋絵画の巨匠たち」のオープニングが行われる。これはロシア文化省の「ロシアの季節」枠内で行われるものだ。



エルミタージュ美術館は、ロシアが世界に誇る、文化的歴史的に重要な、また芸術的に最も大きな意義をもつ美術館のひとつである。同展は東京の森アーツギャラリーで3月18日から開催されたもので、東京から名古屋まで展示品が運ばれた。



展覧会は16~19世紀に描かれた85点の絵画作品からなり、ティツアーノやルーベンス、レンブラントといった、西洋絵画の巨匠達の絵が含まれている。同展覧会は名古屋で10月まで開催予定で、その後は神戸市の兵庫県立美術館を巡回する。



https://jp.sputniknews.com/culture/201706293822817/





コメント

異邦人ヤクザ  vs  望月記者    アルジャジーラ 

2017-06-30 17:12:28 | 市民サイト マスコミ  ネット



読売新聞のキャップが望月記者に大激怒し、東京新聞キャップに怒鳴り込み!

「あんな奴二度と会見に入れるな!」産経も望月氏を批判!








・ジャーナリストの高野孟氏が、日々菅官房長官に意欲的な追及を続けている、東京新聞の望月衣塑子記者が、読売を筆頭にした記者クラブメディアから嫌がらせを受けている実態を暴露した。


・高野氏は、読売新聞の官邸キャップが、望月記者が菅長官に厳しい追及を続ける姿に大激怒。

東京新聞のキャップに向かって「あんな奴を二度と会見場に入れるな!これはクラブの総意だからな!」と怒鳴り込んだ件を紹介。


産経新聞も望月記者を批判する記事を掲載しており、改めて、記者クラブメディアに蔓延している安倍政権を翼賛する「腐敗の実態」を浮き彫りにさせている。



http://yuruneto.com/yomiuri-motiduki/







6.29 ウィキリークスが暴露 なぜカタールのアルジャジーラが目の敵にされたか








アラブ首長国連邦のムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン皇太子(兼連邦軍副最高司令官)は国防相を務めていた2004年、米国に対してカタールのアルジャジーラTV局を爆撃するよう要請していた。



この事実はウィキリークスがサイト上に公開したナヒヤーン皇太子と米国のリチャード・ハース外交官、マルセル・ヴァフビ駐アラブ首長国連邦・米大使の会談を記録した機密文書によって明らかになった。


ウィキリークスの公開した機密文書によればナヒヤーン皇太子は「カタールのTV局『アルジャジーラ』に轡(くつわ)をはめることはいかなる軍事行為に勝って最優先だ」と強調していた。



ナヒヤーン皇太子は自分にとってはなぜカタールが世論を温め続けているのか不可解だとして、米国に「カタールを潰すために」自国の重みを使うよう提案していた。



また会談では、以前、カタールの首長のタミーム・ビン・ハマド・アール=サーニー氏が自身の知る限りではアラブ首長国連邦のナヒヤーン皇太子が米国のトミー・フランクス陸軍大将にアルジャジーラの空爆を要請したと語った事実が指摘されていた。



6月5日、バーレーン、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、エジプト、イエメン、リビア暫定政府、モルディブ、モーリシャスは、カタールの首長がテロや過激思想を支持しているとして、カタールとの断交を発表。


23日にはクウェート​から​カタールに対して国交回復のための要請一覧​がを手渡​されており、AP通信によれば要請には「アルジャジーラ」TV局の閉鎖​が挙げられていた。​



「アルジャジーラ」の閉鎖要求に対し、ウィキリークスのジュリアン・アサンジ氏は「馬鹿げている」と強い反発をツィッター上に公表していた。



https://jp.sputniknews.com/politics/201706293821683/





コメント

ロシア情報   露付近の急進勢力   ビットコインATM

2017-06-29 16:05:07 | プーチン ・ ロシア



6.29 プーチン大統領 露国境付近で諸外国の特務機関が急進主義を支援



プーチン大統領はロシアの国境付近で諸外国の特務機関が急進主義勢力を支援している事実を指摘した。



「ロシアがどんな挑戦に直面しているかはよくご存じだろう。これは我々の発展を抑制し、対立を起こし、ロシアの国境に近い地域を不安定化させようという試みでもある。」大統領のこの声明は今日、ロシア対外情報庁本部を視察した際に表されたもの。



「武器として使われているのはテロや急進主義の組織だ。そのうちのいくつかは非常に手厚い保護を受け、一連の諸国の特務機関から直接的な支援を得ているが、これは秘密でもなんでもない。」



こうしたプーチン大統領の声明は今日ロシアの国境付近で起きた事件にも関連して出されている。


プーチン大統領の視察の直前にキルギスとの国境付近でテロを画策していた国際テロ組織のメンバーがロシアの治安維持機関によって逮捕され、テロが未然に防がれた。



また先日、サンクトペテルブルグの地下鉄で連続爆弾テロを行ったアクバルジョン・ジャリロフもキルギス出身でロシア国籍を取得しており、事件後、アルカイダ関連組織から犯行声明が出されている。


これより前、国連の枠内で新たに設けられたテロ対策局の局長にロシア人外交官のウラジーミル・ヴォロンコフ氏が抜擢されたと国連の公式サイトが明らかにした。







6.28 モスクワにビットコインのATMが設置される計画


モスクワのレストラン「Valenok」で最近、ロシアで初めてビットコインによる支払いが行われた。


同レストランは、顧客のニーズがあった場合にはビットコインのATMを設置する計画だという。レストランを運営するNovikov Group社のミハイル・ペトゥホフ氏が、通信社「スプートニク」に語った。



27日、ロシアで初めてレストランのお客がビットコインで支払いを行ったと報じられた。


なおその後、「Burger King」は、ロシアでは2017年にビットコイン支払いの受付を開始すると伝えた。

ペトゥホフ氏は「我々は時代に遅れないようにしたい。もしビットコイン支払いに関する顧客のニーズがあれば、私たちはお客様へしかるべきレベルのサービスを提供するためにビットコインのATMを設置することさえ計画する」と語った。


ペトゥホフ氏はビットコイン支払いのメカニズムについて「売り手が必要な金額と売り手のウォレットのアドレスを含んだQRコードを作成し、購入者がスマートフォンのビットコイン・アプリを使ってそのQRコードをスキャンし、支払いが行われる」と説明した。






◎ 暗号通貨による通貨戦争を仕掛けることによって、新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)にとどめを刺そうとしているプーチン。



http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-5058.html







コメント

CNNはやっぱりフェイクニュースだった! 前編   ロシア虐めの真相

2017-06-29 15:00:26 | 市民サイト マスコミ  ネット








今回は大手メディアの変化について幾つかの動画を元にまとめてみました。


日本でもCIAスパイのボダム読売だけでなく、安倍ちゃまの犬HKとか田○スシロー記者や山○レイプ記者の実態が白日の下に曝されるようになってきましたが、アメリカでも炙り出しが始まっています。



前編は今週騒ぎになったCNNの潜入取材。次回の後編はCNNがやらかした其の他諸々の「誤報」について。



動機はお金だそうです。数字が取れれば金が稼げる。……記者のジャーナリズム魂ってそんな最終目標のために培われるんですかね。 (Yutika)





CNNとは


前からトランプ大統領がフェイクニュースとして非難していたCNNですが、代替メディアがその内部に潜入記者を送り込み、ロシア虐めの真相を隠しカメラで撮影してしまいました。



CNNといえば、クラウン(clown=ふざけた道化師)・ニュース・ネットワークだのクリントン(お抱えの)・ニュース・ネットワークの略称だのと巷で揶揄されておりますが、一応はアメリカの主要メディアの中でもMSNBCやFOXと並んでトップ御三家です。


選挙期間中からトランプ政権を執拗に叩いていたのですが、なんとそれが視聴率のため、金儲けのためだったと暴露されちゃったのです。




プロジェクト・ヴェリタス(真実計画)を主催するジェームズ・オキーフ氏が、CNNプロデューサーのジョン・ボニフィールドの隠し撮りコメントを26日月曜に公表。


ボニフィールドは健康部門の人物だそうですが、肩書は「supervising producer」つまり、複数のプロデューサーの上に立つ統括プロデューサー。15年近くCNNに勤務し、CEOのジェフ・ザッカーの内輪話も聴ける立場です。





潜入記者との会話









では早速会話を見ていきましょう。

①まずは屋外でのコメント。


潜入記者:つまりロシアの件は、ちょっとおかしいんじゃないかと?


ボニフィールド:万が一ロシアが選挙を揺さぶろうとしたとしてもさ、我々だって向こうの選挙を揺さぶろうとしているんだ。


CIAなんていっつも仕出かしてやがるじゃないか。あっちこっちの政府を操ろうと展開しているだろ。


ゲーム【のカラクリ】を知っているからこそ勝てるってことだな。きちんとやればいいのさ。彼女[ヒラリーのこと]はきちんとやらなかったんだ。



潜入記者:じゃあなんでCNNって毎回ロシアがどうのこうのって言うんですかね。


ボニフィールド:視聴率のためだよ。【中略】このところ、うちの視聴率は凄いんだ。








※プロジェクト・ヴェリタスの指摘によると、昨年5月(緑の線)に比べて今年5月(水色の線)の視聴率は非常に高くなっています。ロシアとトランプの癒着報道で相当稼いだようです。(YouTubeより引用)




ボニフィールド:それでうちのボスは……これ言っちゃマズイんだろうけど……うちのボスが昨日、歯の撮影の話を俺たちがしてたらさ、「君たちには我々が何と戦っているのか理解しておいてほしい」って。【中略】


そしてCNNのCEOが内輪の会議で言ってたんだけどさ、「パリ協定に関する報道は皆よくやってくれた。だがその話はもうお終いにしよう。ロシアの件に戻ろうじゃないか」って。【中略】



潜入記者:つまり全ては視聴率のためだということですか。


ボニフィールド:商売なのさ。一般人が言うところのメディアには倫理があるとか云々の類って……。まぁジャーナリズムの学校でかつて語られていたような、そういうお子ちゃまな倫理感なんてものは、そりゃあさ、可愛いよね。あっちはホント可愛いよ。【でも】こっちは商売なんだぜ



特にケーブルニュースな。ケーブルニュースはニューヨーク・タイムズじゃないんだ。NBCニュースですらない。だってNBCニュースは視聴者が一晩で2億人だけど、ケーブルニュースは100万程度だろ?


だから金儲けするためには何だってやるのさ。と思うよ。要するに俺はニュース業界を愛しているわけ。でも物凄くシニカルなんだ。同僚の大半がそうさ。俺【みたいな見方をしているの】は一人じゃないってこと。




②お次は車内でのコメントです。


ボニフィールド:トランプがあれこれ詮索されるのを見たいって望んでいるCNNのリベラルな視聴者が沢山いるんじゃないかな。

しかももしそんな態度をうちがオバマ大統領に対して取っていたらだ、そしてオバマのやることなすこと何もかもをドナルド・トランプにやっているように詮索していたとしたら、視聴者は離れて行ったと思うね。うちがオバマを攻撃していると思われただろうから。


でも昨今のうちの視聴者は――うちの視聴者全員が超リベラルだって言っているわけじゃないけど、ただそういうのが大勢いてさ――それで……。



潜入記者:だからトランプは金になるということですか?


ボニフィールド:今、トランプは金になるね。




③CNNの社屋内でのコメントです(ボニフィールドってば、若い記者に先輩風吹かせたかったのか何なのか、本社のメインスタジオまで案内しちゃっているんですよ)。



潜入記者:だけど正直言って、ロシア叩き全体がでたらめだって思っていますよね?



ボニフィールド:でたらめかもねぇ。だってさ、基本的には今って大半はでたらめじゃん。


それにさ、うちにはまともな証拠なんて一つもないんだし。


だけど「調査は続行中だ」とか言うわけ。思うんだけど、何か見つかっていたとしたら、皆に触れ回っているはずだろ。そうやって【巷の】リークは起こっているわけじゃん。


【中略】まともなものを持っているならさ、とっくにリークしてるって。【中略】


【うちの記者たちは】何も持ってないとは思うんだけどさ、追及し続けたいみたいなんだ。だから大統領が「そりゃ俺に対する魔女狩りじゃねぇか」って言うのも頷けなくもないよ。動かぬ証拠ゼロだし、真っ当な証拠ゼロだし。





隠し撮りの後


そうですよねー、ボニフィールドさん。

ウィキリークスしかり、スノーデンしかり。内部告発情報は昨今はネットで公開されて広まりますから、なんでCNNはぐだぐだロシアを責めるクセして証拠を出してこないのでしょう。


ジョーダン・セイザー氏によると、この公表の後に世界規模でハッキングが発生。すぐさまウクライナ政府がロシアを非難したそう。……ハッキング被害を受けたリストの中にロシアも入っているんですけど、おーい。



セイザー氏曰く、CNNはこの報道から目を逸らすために、これからロシア攻撃の記事を乱発するかもとのこと。墓穴掘って更に墓穴を深くするパターンですな。クラウン・ニュース・ネットワークよ、どんどん行っちゃいましょう。そして世界に笑いを届けて人々の免疫力を向上してあげてくださいませ。





視聴率
 

しかし視聴率って、誰かを悪者に仕立てて叩けば上がるものなのでしょうか。

RTによると、実際に昨年5月と比較して今年5月は26%も視聴率が上昇したみたいです。分析記事によると、一位は依然としてFOXで、二位がNBC、三位がCNNのままなんですけどね、上昇率はなかなかのもんです。



特筆すべき点として、CNNが追い上げを掛けていると元記事は最後に締めくくっています。


FOXとの視聴率の差は、一日のトータルでは2008年10月以来三番目、プライムタイムのターゲット年齢層では2009年1月以来二番目に縮まっているそうです。つまり只今CNNが視聴率争奪戦で猛攻撃を掛けているわけですよ。


ただし、RTではラスムーセン・リポートの統計も紹介して釘を刺しています。








視聴者のCNNの政治ニュースに対する信頼度は33%ですって(笑)



RTが動画で言っている「今月6月発表の記事」とやらは見つかりませんでした。その代わりに今年1月発表のラスムーセン・リポートならネットにあります。



そこでは電話とオンライン調査の結果、ケーブル・ニュース・ネットワーク自体を見る人が回答者の75%(毎日や週に数回から「たまに見る」まで含めて)。その75%の内、FOXを基本的に選ぶ人が42%、CNNが35%、MSNBCが19%。この主要3局の好みは昨年から余り変化がないそうなので、CNNはこちらの統計だと第二位の人気ですね。



そしてFOXを一番頻繁に見る視聴者はFOXが提供する政治ニュースの50%を信用していると回答。対してMSNBCの視聴者はMSNBCの43%、CNNの視聴者は33%しか信用していないとのこと。




視聴者はなかなかにシビアです。視聴率狙いでフェイクニュースを量産しても、信用度は上がりません。CNNとしては信用なんでどうでもいいんですかね、数字さえ取れれば。ということでしたら、トランプ叩きでストレス解消している視聴者にも責めはありますな。





ホワイトハウスの反応


ホワイトハウスのサラ・ハッカビー・サンダース副報道官も27日の官邸記者会見中、「これが本物ならば」と前置きした上で、苦言を呈しました。









CNNの三人の記者が辞任した(※後半で詳しく説明します)のを受けて、トランプ大統領が「フェイクニュースのCNNは尻尾を捕まえられた訣だ。

だがNBC、CBSやABCはどうだ? 傾きかけてるニューヨークタイムズやワシントンポストは? 皆フェイクニュースじゃないか!」とツイートしたのですが、とある記者はCNNが間違った報道をした記者をちゃんと罰したのに大統領は何故まだ不満たらたらなんだ、と質問しました。



するとサンダース副報道官は、大統領にとって適切な対応をCNNがしたかどうかは別として、ひっきりなしにフェイクニュースによる集中砲火を受けているから不満なんでしょうと返します。



「あなたが言及した放送局が間違った報道をして、指摘されたり訂正されなければならなかったことは、これまでにも何度もありました。今、ある動画が出回っています」と、ここでヴェリタスの動画に触れます。



「これが正確なものなのかは分かりませんが、この部屋にいる全員、いえ、全国の皆さんに御覧になるようお勧めします。もし万が一正確なものであるとすれば、メディア全体、そしてジャーナリズム全体にとっての恥です。


私が思うに最早……もしメディアがニュースを報道するにあたって信頼出来ないのであれば、アメリカは危険な状態に陥ってしまったということです。


そしてそれが特定の複数の放送局が向かっている方向だとしたら――とりわけそれが視聴率を押し上げるためだとしたら――しかもそれが【局の】上からの直接の指示だとしたら、より恐ろしいことだと思います。そしてより不名誉なことだと言えるでしょう。




私たちがそんな方向を目指している訣ではないと願っています。


明示されない情報源だの――時には全くの情報源なしで――報道を続ける放送局が複数あります。一切の証拠もなしに、ロシアとトランプの作り話について一年のかなりを費やしてきました。【中略】国民はメディアからもっとマシなものを望んでいると思いますよ」




質問した記者(ブライトバート・ニュース・ネットワーク所属)ときたら、「つまり他国が大統領選に影響を及ぼそうとした話は報道するなと、大統領が要望しているってことですか」と喰い付きます。



いやさ、そういう話してないやん? なんで大統領が他国(要するにロシア)関連の報道は規制しようとしている、って決めつけるの。しかも「及ぼそうとした」って、ロシアの関与をさも事実のように断言したね、君。



おまけに後ろに控えていた別の記者(センティネル紙とプレイボーイの特派員)は「勘弁してくれよ! あんたはここにいる全員の怒りをたった今買ったんだ! この政権自体がそもそもそうなんだ!」とキレるし。



どこの国も記者クラブって眩暈がするほどお粗末(※RTや代替メディアも出席を許されてますけど。なのでこの記者が罵倒したように「全員」が怒ってないやろって話ですけど)。エリート・ジャーナリズムは世界規模でなかなかに末期症状です。



後編に続きます。




https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=130716













コメント

田布施システムの源流を探す旅   連続動画

2017-06-29 13:47:52 | 田布施族 朝鮮半島  













https://www.youtube.com/watch?v=_gzybivGMXg&list=PL_OeR76Z0OiuWcBQII6H07iTDa2ZD1XIy


https://youtu.be/_gzybivGMXg?list=PL_OeR76Z0OiuWcBQII6H07iTDa2ZD1XIy



コメント

真実の側に立て   911

2017-06-28 22:51:05 | (旧 新) 米国







[YouTube]真実の側に立て:ある政府系研究者が語る – 日本語訳


2017/06/28 11:46 AM


かつてNIST(アメリカ国立標準技術院)の職員であったケチャム氏は、2016年7月から911のビル崩壊についての調査を始めました。

そしてすぐに3つのビルの崩壊が制御解体だった!ということを明白に確信します。


それは、真相究明をしたNISTの明らかなウソに気づくことでもあり、そのことに愕然とします。


そして、ケチャム氏は真実の側に立ちました。ウソを正当化するためにもっともらしいことを言う彼らに直面して、 今の過ちを正そうと決意したのです。


「そうすることが正しいと信じたから声を上げました。他に動機はありません」と言うケチャム氏に光を見ます。真実の側に立て!の光を。











2016年8月、国立標準技術院(NIST)の一人の元従業員が、自分の所属する機関が何年も前に作った世界貿易センタービル崩壊に関する報告書を調べ始めた。


そして彼は自分が発見したものに心底からのショックを受けた。



この心を突き刺すような半時間のインタビューの中で、ピーター・マイケル・ケチャム(Peter Michael Ketcham)は、自分が14年間も勤めた機関が、21世紀で最も決定的な事件の真実を懸命になって抑えつけてきたことが分かったと語る。



自分の目の前にあったのに15年間も見逃していたものをオープンに調査したいという熱意を通して、ケチャム氏は我々に、全員が真実と向き合う勇気を奮い起すことができる、


そしてそうすることで9・11事件の傷を最終的に癒すことができる、このように信じさせてくれるのである。



ここからAE911Truthによるその他の日本語字幕付きビデオ・プレーリストにリンクします。

https://www.youtube.com/playlist?list=PL09323FB9CD0C300B&feature=view_all



For more information: visit http://AE911Truth.org
and

http://WTC7Evaluation.org



Stand for the Truth - Japanese



https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=130675





コメント

ロシアから  北極旅行

2017-06-28 22:29:50 | 感じるロシア








6.26 ロシア文化省 新たな方向性として北極旅行の開発を始める


ロシア文化省のアーラ・マニロワ次官は、ロシアにおける北極観光について発表し、新たな方向性として開発する必要があるとの見方を示した。


マニロワ次官によると、ロシア文化省はすでに北極観光に関する作業に着手した。



北極観光発展の有望な方向性の一つとして、南国の住民向けの提案が検討されている。例えば、スペインでは、北方のエキゾチックなものに触れることへ関心が高まっているという。


この前、ロシア国防省は今年2017年中に北極に学研調査実験センターを建設するとロシア軍軍事科学委員会のイーゴリ・マクシェフ委員長が26日明らかにした。


また、露国防省の公式サイトで、フランツ・ヨーゼフ諸島(ゼムリャフランツァヨシファ)の北方艦隊の『北極三葉形』軍事基地のバーチャル3Dツアーが開始されたとロシアメディアが報じた。




☆ 北極には モンサントの種子貯蔵庫がありますから 邪魔をしてほしいですね  ( ´艸`) 。


コメント

黒い 化け物 イルミ  ロイヤル

2017-06-28 20:17:11 | バチカン  王室  皇室  宗教


☆ 日本においても 全く同じですが ・・・



6.28 FIFA不正疑惑にキャメロン前英首相、ウィリアム王子の名が浮上







キャメロン前英首相とウィリアム王子は2010年、当時、韓国サッカー協会の会長を務めていたチョン・モンジュン氏と交渉を行い、2018年および2022年のワールドカップの招致国を決める投票で両国間で票の交換を行うことについて話し合っていた。



国際サッカー連盟(FIFA)のマイケル・ガルシア元独立倫理調査官の提出したレポートの中で明らかにされた。



27日、FIFAはガルシア氏のレポートのすべてを公開。


レポートには英国のワールドカップ招致キャンペーンのトップを務めていたジェフ・トンプソン氏の発言が記載されており、トンプソン氏は招致国の投票が行われる前、チューリッヒのあるホテルでキャメロン首相とウィリアム王子とともにモンジュン氏と面会したと語っている。


面会でキャメロン首相はモンジュン氏に英国に1票を投じるよう要請し、モンジュン氏はトンプソン氏が自分の票を韓国に投じるならば要請に応じると答えたため、トンプソン氏はその通りにしたと語った。



モンジュン氏は当時FIFAの名誉副会長を務めていたものの、2015年10月、2018年および2022年のワールドカップ招致国を決める投票で違反を犯したとして6年間、サッカー活動には従事しないという資格停止処分を受けていた。


2018年のワールドカップ招致権はロシアが、2022年の権利はカタールが獲得した。

先に伝えられたところでは、大韓サッカー協会(KFA)の鄭夢奎(チョン ・モンギュ)会長は、日本、中国、北朝鮮、韓国の4カ国で2030年サッカーW杯を開催できるとの考えを表明した。






6.24 ブリュッセルでUAEの王女と王妃に有罪判決

ブリュッセルの裁判所は23日、召使の人間としての尊厳を踏みにじったとして、15ヶ月の執行猶予付き懲役刑と、合計16万5000ユーロの罰金刑を、アラブ首長国連邦(UAE)王子の王妃と7人の王女に対して言い渡した。RTLが報じた。



被害者は、様々な国籍の女性召使23人。彼女たちは2007年から2008年にかけて、王女たちとともにブリュッセルを訪れ、コンラッドホテル滞在中に世話をしていた。


裁判所は、王女たちが召使を奴隷のように扱い、ベルギーの法律を違反したと述べた。

警察によると、王女たちに不満に思われた召使は「犬」と呼ばれ、王女たちが止まる客室のドア近くの床で寝ていた。なお、王


女たちは1つの階層をまるまる貸し切っていた。ラジオ局「Premiere」が報じた。









☆ スプートニクは報道する。 けれど 日本は 皇室と同じイルミ仲間は けた違いの神聖なものとしなければならないので 報道しない。

また 日本だけは アマテラスだけは違う と 信じ込ませる  ( ´艸`) 。


コメント