スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

Qアノンの情報ですが ・・・ アサンジのこと

2018-06-27 16:43:37 | 魂の戦い アサンジ スノーデン ドゥテルテ


☆ Qアノンのことは よく 分からないのですが ・・・

その情報と その結果を みてみたいと思っています。


アサンジ氏の ホッとする記事がありました


この通りだと良いなぁ との思いで 引用です。





▼Qアノンの最新リーク



●ジュリアン・アサンジに関する投稿



Qアノンは2018年に入ってからも頻繁に投稿し、膨大な情報を流している。


なかでも1月8日以降の投稿の数は多い。


多くが質問形式か、容易には解読できない暗号のような形式になっているので、その投稿がなにを意味しているのか解読するために、アメリカのオルタナ・メディアでは活発な議論が続いている。



そうしたなか、アレックス・ジョーンズの番組にときおり出演するザックの解説は非常に重要だ。





Qアノンの暗号めいた投稿の意味を教えてくれる。



前回にも書いたが、先頃ウィキリークスの主催者であるジュリアン・アサンジに関して重要な投稿があった。


以下である。




・ウィキリークスの創始者でロンドンのエクアドル大使館に亡命していたジュリアン・アサンジは現在アメリカにいる


Qアノンのチームが守っている


早ければ来週中にもアサンジはアメリカで解放され、自由になるはずだ。





・その後アサンジはQアノンのチームに協力して、11人の王子が逮捕されたサウジアラビアで最近起こったような政変を米国内で引き起こす


以上である。




興味深いことに、この投稿があった2日後、エクアドル政府はアサンジにエクアドルの市民権を与え、パスポートを付与した。


その後は、エクアドルの外交官として任命し、国外では逮捕できない外交特権を与える方向で検討しているという。




これは解放への第一歩であろう。


もちろん、アサンジが実際に解放されるまでは時間がかかるだろうが、この動きは、Qアノンの投稿で予告された方向に実際に動きつつあることを示している。



https://ameblo.jp/kokuufunsai/entry-12345717821.html









コメント

アサンジへの保護

2018-06-21 15:49:31 | 魂の戦い アサンジ スノーデン ドゥテルテ








6.21 エクアドル外務省「保護は永遠ではない」 アサンジ氏に


エクアドルのバレンシア外相はテレビチャンネル「Ecuavisa」の放送で、ウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジ氏について、エクアドル大使館での保護を永遠に受けることはできないと述べた。


バレンシア外相は、


「エクアドルは、この問題をどのように解決するべきかを考えている。


なぜなら、原則的に保護は永遠のものではないからだ。保護が何年間も有効であり続けるということについて考えてはならない」と述べた。



アサンジ氏は、ロンドンにあるエクアドル大使館の敷地内に避難している。


その理由は、大使館の壁の外では、暴行事件に関し裁判所に出頭しなかったために逮捕される危険があるためだ。


アサンジ氏に対する事件そのものは、2017年5月に終了となっている。






コメント

ウィキリークス vs 英・メイ    テレサメイってどんな人?

2018-06-07 12:11:40 | 魂の戦い アサンジ スノーデン ドゥテルテ



6.5 ウィキリークス メイ英首相はアサンジ氏監視に19億円以上を浪費


ウィキリークスの創始者、ジュリアン・アサンジ氏の監視に費やされた費用は、米国のロバート・ミュラー特別検察官が米大統領選挙へのロシア「介入」捜査に費やした費用を上回っている。


ウィキリークスはこうした情報を公開した。


ウィキリークスのツイッターには次のように書かれた。



「テレサ・メイ氏は内務大臣として、その後首相としてジュリアン・アサンジ氏に対する作戦に費やした費用は、ミュラー氏の調査に米国がはたいた額より多い。ミュラー氏の調査には周知の通り、1700万ドル(約18億6600万ドル)が費やされている。」



ウィキリークスによれば英国がアサンジ氏を監視する警察に支払った額だけでも、すでに1320万ポンド(およそ19億3100万円)に上っている。



アサンジ氏は性的暴行容疑による裁判所への出頭を拒否し、逮捕さる恐れがあったため、ロンドンにあるエクアドル大使館に政治亡命を申請し、現在も大使館の敷地内で生活している。


捜査は2017年5月に終了。アサンジ氏は2018年年頭にエクアドルの国籍を取得した。






★テレサ・メイ新首相ってどんな人?


イギリスでは現在、合法的に性交渉を持てる年齢は16歳以上とされていますが、

保守党はこの年齢を14歳に、あるいは合意があれば12歳でも合法にしようとしていて、テレサ・メイはその意見の主導的立場にあります。


これはもちろん、国会議員やイギリス王室内で横行している小児性癖者へ迫る捜査からエリート層を守るための法の改悪である事は誰の目にも明らかなのですが、こんな人でも首相になれるそうです。


選挙なしで首相が決まるなんていうのも、本当にどうかしてますね(ガーディアン紙)。




積極的に、公の場で親イスラエル的立場を示し続けているメイ新首相が就任というニュースを受け、イスラエルの新聞も大喜びです。



テレサ・メイは素晴らしく、イスラエルにとって本当に友好的な首相になるだろう

Theresa May Will Be a Formidable PM and a True Friend of Israel

7月13日【haartz】http://www.haaretz.com/opinion/.premium-1.730343




彼女はエリート層の変態親父たちの擁護だけでなく、イギリス国内でのユダヤ人コミュニティに友好的な政策を一貫して続けています。




イギリスの首相:「反ユダヤ主義の恐ろしい興隆にイギリスは対応しなければならない」(テレサ・メイ)

British Minister: U.K. Must Confront Appalling Rise in anti-Semitism

2015年1月http://www.haaretz.com/jewish/news/1.637737




よくニュースでは「反ユダヤ主義が!」と叫んでいますが、現実社会ではユダヤ人が迫害や非難されているのはめったに見かけません。

イスラム系に対する批判は見逃すこともできないくらい酷いですが・・・)



私もイスラエル人の友人が何人かいますし、総体としてのユダヤ人に対しては個人的には何の問題もありません。


シオニストとそのイスラエル政府のやっていることが嫌いなだけです。



世界中から批判されているのはシオニストであって、

本物のユダヤ人に対する民族差別的な批判とはまったく質が異なりますが、


こういう「反ユダヤ主義への批判」を見ていると、シオニストに対する批判を民族差別という問題にすり替えてしまおうとしているように思われます。



https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12180577921.html







ウィキリークス WikiLeaks アサンジの戦争
クリエーター情報なし
講談社













コメント

アッサンジが逮捕される可能性 ?

2018-05-15 16:28:29 | 魂の戦い アサンジ スノーデン ドゥテルテ



スクリバリ親子の出来事を口実に 米英を批判した アッサンジが逮捕される可能性




 ロンドンのエクアドル大使館にいるWikiLeaksのジュリアン・アッサンジは今年(2018年)3月から外部との接触を断たれているが、ここにきてイギリスかアメリカの当局へ引き渡されるのではないかという話が流れている。


 イスラエル関連の重要な情報が出てこないのは不自然だという批判もあるが、権力システムによって隠されていた情報を外へ出す手助けをしてきたことは事実だ。


だからこそ、アメリカやイギリスの政府はアッサンジが外を自由に歩けないような状況を作り出した。


そのアッサンジに避難場所を提供したエクアドル政府だが、今では彼がインターネットへ接続できないようにし、面会だけでなく電話で外部と接触することも禁止している。



アッサンジが最後に外部へ発信したのは3月下旬だ。



 その月の1日、ロシアのウラジミル・プーチン大統領は自国やロシアの友好国が国の存続を揺るがすような攻撃を受けた場合、ロシア軍は攻撃してきた拠点を含めて反撃すると宣言したが、

その3日後にイギリスで神経薬物の騒動がはじまる。



 ソールズベリーで倒れているセルゲイ・スクリパリとその娘のユリアが発見され、近くの病院へ入院したのだが、テレサ・メイ英首相はその原因を「ノビチョク(初心者)」だと断定、ウラジミル・プーチン露大統領が主犯だと主張してきた。


ドナルド・トランプ米大統領などもそれに同調する。


 ノビチョクとは1971年から93年にかけてソ連/ロシアで開発されていた神経物質の総称で、ロシアでこの名称が使われることはないと指摘する人もいる。


イギリス政府がこの名称を使った理由はロシアとの関係を強調したいからだった可能性が高い。




使われた化学物質はA-234という神経物質だとも言われているが、旧ソ連では2017年までにこうした物質や製造設備は処分された。



 真相が明らかにされたとは言い難い状況なのだが、そうしたことを気にすることなく、イギリス政府は3月14日にロシアの外交官23名を国外へ追放する。


26日にはアメリカ政府がロシアの外交官60名(大使館のスタッフ48名と国連に派遣されているメンバー12名)を国外へ追放、シアトルのロシア領事館を閉鎖すると発表した。



 セルゲイ・スクリパリはGRU(ロシア軍の情報機関)の元大佐だが、1990年代にイギリスの情報機関MI6に雇われた二重スパイ




この事実が発覚してい2004年12月にロシアで逮捕され、06年に懲役13年が言い渡されている。


2019年まで刑務所に入れられていた可能性があるのだが、10年7月にスパイ交換で釈放され、ソールズベリーで本名を使って生活を始めた。


セルゲイはロシアにとって過去の人だ




 親子が発見されたという現場から13キロメートルほど離れたポートン・ダウンにはイギリス政府のDSTL(国防科学技術研究所)があり、今でも化学兵器が製造されている。



今回のケースではここで薬物について調べられたのだが、

元ウズベキスタン駐在イギリス大使のクレイグ・マリーによると、

そこの科学者は使われた神経ガスがロシアで製造されたものだと特定できなかったと語っているとしていた。


この情報が正しいことは、​DSTLのチーフ・イグゼクティブのゲイリー・エイケンヘッド​がスカイ・ニューズの取材で確認している。




 米英両国政府への疑惑が膨らむ中、4月9日にユリアは退院、当局の「保護下」にあるというが、ロシア大使館だけでなく、

彼女の家族や親戚も連絡が全くとれない状況にある。


ロシアに住むユリアの従姉妹ビクトリアはふたりを心配してイギリスへ行こうとしたが、ビザが下りなかった。


イギリス政府がユリアの身の危険を感じているのだとしても、安全を確保する方法はある。


そこで言われているのは、スクリパリ親子は拉致されたのではないかという疑いだ。



https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201805140000/






コメント

デスノート

2018-03-20 16:01:33 | 魂の戦い アサンジ スノーデン ドゥテルテ






3.17 ウィキリークスに機密情報を洩らしたマニング氏を当局に売ったハッカーが死亡


内部告発サイト「ウィキリークス」の情報提供者チェルシー・マニング氏を米政府に引渡したハッカーであるエイドリアン・ラモ氏が37歳で亡くなった。


父親がフェイスブックでラモ氏の訃報を伝え、地元当局がこれを認めた。死因はまだ明らかではない。


ラモ氏はヤフーなどの大企業やニューヨーク・タイムズなどのコンピューターネットワークに侵入して逮捕・起訴された2000年代前半に名を馳せた。


2010年5月、ラモ氏はマニング氏とメッセージを交わし、米軍のヘリコプターがイラクで民間人を射殺する39分間の動画をウィキリークスに送ったと明かされたとして、米当局に通報した。



通報によりマニング氏は2013年に逮捕され、35年の懲役刑を言い渡された。


判決を受けた後にマニング氏は女性になることを宣言。

2017年、オバマ前米大統領が恩赦を与えて刑期が短縮され、同年5月に釈放された。











コメント

ドゥテルテ

2018-01-23 17:16:39 | 魂の戦い アサンジ スノーデン ドゥテルテ






1.23 ドゥテルテ大統領 自分の射殺を許可する


フィリピンのドゥテルテ大統領は軍、警察に対し、

自分が専制君主になった場合は撃ち殺すよう命じた。


大統領が軍事基地を視察した際に表した声明を22日、ロイター通信が引用した報じた。



「もし私が政権の座に甘んじ、専制君主になるとすれば、撃ち殺してほしい。冗談ではなく本気だ。」


ドゥテルテ大統領はこう述べ、治安維持機関の業務を「憲法を守り、人民を守る」、「これはあなた方の神聖なる義務である」と示した。



ドゥテルテ大統領は度重なるスキャンダラスな発言で有名。


2017年11月も、10代の頃、刃物で刺して人を殺したことがあると発言して、周囲を驚愕させた。

また麻薬取引に手を染めた役人は殺し、急進主義者らの肝臓を食ってやるなど、数々の脅し文句でも知られている。



2017年12月、ドゥテルテ大統領は性の問題への見方を変え、今は同成婚の支持にまわっていると語っている。





コメント

アサンジ氏のロシア国籍付与について

2018-01-16 19:11:54 | 魂の戦い アサンジ スノーデン ドゥテルテ


1.16 アサンジ氏、ロシア国籍付与に関するラブロフ外相が答える動画をシェア【動画】


内部告発サイト「ウィキリークス」創設者ジュリアン・アサンジ氏はツイッターに、

アサンジ氏にロシア国籍を与える可能性を質問したRTの記者に対して答えたラブロフ外相の動画を投稿した。


アサンジ氏は、「ロシアがアサンジ問題でエクアドルを支持している」と書き込んだ。


https://twitter.com/JulianAssange/status/952918088713981952









​ラブロフ外相はこれに先立ち、アサンジ氏にロシア国籍を付与する可能性についてコメント。

ロシアがこうした問題では人道的な配慮に則り行動すると指摘した。


ラブロフ外相は「エドワード・スノーデン氏に対してもそうだった」と述べた。


ラブロフ外相はさらに、現在スノーデン氏が「生きて働いて」おり、「あらゆるテーマについても自由に発言している」と述べた。


11日、アサンジ氏がエクサドル国籍を取得したことが明らかになった。











コメント

アサンジ氏

2018-01-12 12:44:12 | 魂の戦い アサンジ スノーデン ドゥテルテ






1.12 アサンジ氏、エクアドル国籍を取得


エチオピアのフェルナンダ外相は12日、同国に帰化を申請していた内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ氏の許可が昨年12月12日に下っていたことを明らかにした。


ライブ配信された記者会見でフェルナンダ外相は、エクアドルは庇護を求めた人物に最良の庇護を提供する同様の権利を有すると強調した。


あわせて、エクアドルは英国に、アサンジ氏に外交官の地位を与えるよう要求するも、英国は拒否したと述べた。


先ほど、アサンジ氏が自身のツイッターにサッカー・エクアドル代表のユニホームを着用している様子の写真を投稿した。


アサンジ氏は2012年より在英エクアドル大使館に滞在している。


同年、ウィキリークスでの同氏の活動に関連したスウェーデン政府による米国への身柄引き渡しの恐れから、エクアドル政府に亡命を求めていた。


最近では、ツイッターなどに定期的にコメントなどを掲載し、外部の世界との接触を維持していた。



コメント

アサンジのアカウント    監視防止アプリ

2017-12-26 18:03:11 | 魂の戦い アサンジ スノーデン ドゥテルテ






12.26 アサンジ氏のツイッターアカウントが消失


同氏が25日、ツイッターを開こうとすると、「このページは存在しません」というメセージが表示された。

この件で他のユーザーからも問い合わせが相次いでいるが、ツイッター側は現時点でコメントなどの反応をしていない。


アサンジ氏は2012年より在英エクアドル大使館に滞在している。


同年、ウィキリークスでの同氏の活動に関連したスウェーデン政府による米国への身柄引き渡しの恐れから、エクアドル政府に亡命を求めていた。


最近では、ツイッターなどに定期的にコメントなどを掲載し、外部の世界との接触を維持していた、





12.24 スノーデン氏が、監視防止のための「スパイ」アプリを紹介【動画】


米中央情報局(CIA)の元職員エドワード・スノーデン氏は、その住居や財産の不可侵を所有者が遠隔監視できる新たなモバイルアプリ「Haven」を紹介した。


米NPO「プレス自由基金(Freedom of the Press Foundation)」のサイトで伝えられた。


開発者らによると、同セキュリティシステムはジャーナリストや人権活動家にとって有益となる可能性がある。



「Haven」は、たとえばホテルの部屋に宿泊客がいない間に部外者がこっそり侵入した時に、警報を発信する。


宿泊客は部屋の中を調べたり、電子機器が記録したものを再生することができる。






アプリは、部屋の中などの保護された空間に置かれた通常のスマートフォンのカメラ、マイク、ジャイロスコープ、照明センサー、加速度計などのセンサーを使って環境の変化を追跡する。



不審な動きが検出された場合、スマートフォンは所有者のもとにある電話に暗号化されたメッセージを送信する。















コメント

クリントンメールの入手方法  アサンジ

2017-11-01 13:56:42 | 魂の戦い アサンジ スノーデン ドゥテルテ


10.31 アサンジ氏 ウィキリークスがクリントン氏の電子メールを入手した方法を語る


アサンジ氏は自身のツィッターで


「ウィキリークスで発表したクリントン氏の数千ものメールは、ハッキングによって入手したものではなく、情報自由法に基づき米国務省より2016年3月3日に受け取ったもの」と書き込んだ。


クリントン氏は、2009年から13年までの国務長官任期中に私用サーバーを使って行っていた公的・私的メールのやり取りをめぐるスキャンダルで、情報を隠匿していたことや、国家機密に対する無防備性、外国人ハッカーへの潜在的な漏洩について批判された。



2016年、ウィキリークスは民主党全国委員会幹部らのメールや、クリントン氏の選挙対策本部長を務めたジョン・ポデスタ氏のメールを公表し続けた。


米政府は同年10月、ロシア政府がサイバー攻撃に関与していたとする見解を示した。


またその後中央情報局(CIA)は、11月8日の大統領選で勝利を収めたドナルド・トランプ氏を支援するために民主党のサーバーに侵入したとして、報道機関を通じロシアを非難していた。



https://twitter.com/JulianAssange/status/925097350007279616/photo/1









コメント