スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

ピザゲイト   カニバリズム

2018-08-16 15:36:43 | 悪魔教 サイコパス 麻薬  奴隷






8.15 米ペンシルベニア州の聖職者300人以上、子供に性的虐待の疑い


米国のカトリック教会で新たなスキャンダルが勃発した。


ペンシルベニアの検察は、子供に性的虐待をした疑いのある聖職者300人以上を公表した。NBCが報じた。


検察によると、被害を受けた子供は1000人以上で、10歳未満の子供も含まれていた。



検察が公表した捜査に関する最終報告書では、これらすべての事例について聖職者は責任を問われないと指摘されている。


なお、うち聖職者2人は、一番最近では2010年などに性的虐待を繰り返したとして訴えられている。



NBCによると、聖職者らは起訴の対象にはならないが、陪審は子供に性的虐待をした疑いのある聖職者の名前を公表した。



カトリック教会は秘密保持契約を結ぶことが多いため、司祭や枢機卿は多くの部分において犯罪に対する責任から保護されている。







米海軍基地の町、カリフォルニア州サンディエゴの公立博物館を思い出した!


【CANNIBALS(食人)博物館!実態は生贄・拷問博物館では?サンディエゴ人類博物館の展示だが別の建物で別料金追加!


人類文明の負の遺産を展示するサンディエゴ人類博物館付属のカニバリズムの博物館









コメント

NWO  非人  それぞれ

2018-08-14 15:17:49 | 悪魔教 サイコパス 麻薬  奴隷







8.11 ノルウェー、「生活の質を向上させる」ために、薬物依存者に無料でヘロインを処方へ


ノルウェー政府は、薬物依存者の生活の質を向上させるために、試験的に400人の患者にヘロインを無料で処方する。インディペンデント紙が報じた。



パイロットプログラムは、2020年に始動する。なお、どのような原則で患者の選定が行われるのか、またどのくらいの量が処方されるのかは不明。


プログラムの支持者は、ヘロインへのアクセスがハードドラッグの過剰摂取による死亡率を低下させ、犯罪対策に役立つと主張している。



ノルウェーのホイエ保健相はプログラムについて、国で実施されている依存症対策を受けられない薬物依存者の生活の質を向上させるための解決策を提供するとの考えを表した。


2017年、ノルウェーは薬物の非犯罪化に関する国民投票を実施した。

国民の大部分が、薬物問題の焦点が薬物依存者の処罰から患者の治療に変わることを願い、同決定を支持した。

なお、当局は「ソフトドラッグ」の合法化を拒否している。



ノルウェーは、欧州において薬物の過剰摂取による死亡率が最も高い国の一つ。2015年の死亡率は、人口100万人あたり80人だった


ヘロインを処方することによる中毒治療は、スイス、デンマーク、オランダなどの国ですでに採用されている。



☆ スイス デンマーク オランダ ・・・


ディープステート そして 王族の悪魔崇拝が 公然と 行われていますね。






8.12 米、第3次世界大戦に向けて新ウイルスをバルト諸国で実験か? オピニオン


Sputnikラトビアの評論家、アレクサンドル・フロレンコ氏は、東欧でのアフリカ豚コレラ(ASF)の発生が、米国が第3次世界大戦に向けて新種のウイルスを研究しているというシステムの全体像に収まるものだと主張する。


ASFは6月、ラトビアの豚165頭で発見され、その後、2万頭の豚が殺処分された。


さらに、リトアニアでは畜産業者に対して、同国内でASFが41件確認されたため、

養豚を完全に放棄するよう提案されている。



フロレンコ氏は、ASFが高い緯度の環境に対する耐性が高くないため、ASFの発生は非常に矛盾しているとしつつ、この性質が作られ得たのは研究室のみだと主張する。


ASFはルーマニア、ジョージア、ウクライナ、モルドバ、ポーランドといった多数の国でほぼ同時に発生した。


コラムニストのフロレンコ氏が付け加えるところ、独立国家共同体(CIA)の空間とバルト三国では、国家検疫システムが米国基準に移行しており、そのため、米国に報告書を提出しているという。



コメント

ディズニー    マック

2018-08-09 15:08:04 | 悪魔教 サイコパス 麻薬  奴隷







ディズニーが、爆撃機による日本の本土空襲の必要性を映画で訴えてるよ~‼

ディズニー映画『Victory Through Air Power』(空軍力による勝利)1943年
 
国会議事堂や鳥居まで描き込んでる。













7.13 米マクドナルドで100人超が食中毒と推定


イリノイ州とアイオワ州の当局は、地元住民らがサイクロスポーラに感染した事例を調査している。


症例の一部は、複数のファストフードレストラン「マクドナルド」を訪れた後に起こったとみられている。


両州の保健当局のウェブサイトで12日に公表された声明で述べられている。


文書によると、90人が5月半ばからイリノイ州で、15人が6月末から隣接するアイオワ州で発症した。


イリノイ州政府は、


「予備調査の結果、マクドナルドの各店舗向けに調理されたサラダの摂取との関連が明らかになった」と指摘している。


同州では「情報が入った症例のうち約4分の1で」、指摘されたサラダを発症前に食べていたと声明では説明されている。


アイオワ州では、感染例全てがサラダの摂取と関連があるとみられている。



マクドナルドの代表者らが医師らと協力し、問題となっているサラダをメニューから除外することを約束したと、両州政府は説明している。



イリノイ州の保健当局の声明では、サイクロスポーラが「人間から人間へ直接移ることはない」と指摘されている。


症状は通常、感染から1週間後に現れ、その中には下痢や体のだるさ、食欲の欠如、高熱、吐き気が含まれる可能性がある。








地球の支配者は爬虫類人的異星人である
クリエーター情報なし
成甲書房




コメント

イエズス会と中露

2018-07-20 14:10:19 | 悪魔教 サイコパス 麻薬  奴隷


*家康はプロテスタント派キリスト教徒ウィリアムス・アダムスより血にまみれたイエズス会の歴史(西インド諸島原住民皆殺し、スペインにおける異端審問など)を知り、イエズス会を追放し、プロテスタント派に日本との貿易独占権を与えた。



*明治6年キリスト教(イエズス会)禁止令が撤廃され、天皇は長年の国教であった仏教を保護することをやめた。

明治天皇はイエズス会の将棋の駒であった。




*イエズス会は天皇の軍隊をもって、イエズス会の旧敵、中国(1895年)、ロシア(1905年)に対する戦争を起こさせた。

(両国はともにイエズス会を追放している。)




*ユダヤ・イルミナティ・イエズス会の売国奴・手先である伊藤博史、岩倉具視、大久保利通らが孝明天皇(睦仁親王)を弑逆(しいぎゃく)し、ニセ明治天皇の大室寅之祐にすり替える。(箕作にサイド変わったという説も根強い)




*明治天皇は、ほっそりとした16歳の少年であったはずなのに、明治改元とともに東京に遷都された明治天皇は体重24貫の大兵、相撲、軍事訓練に精通していた。




*ご立派な明治神宮と比べて、孝明天皇をご祭神とする玉鉾神社は無各社(名もないほこら)である。




300人委員会の前身である英国東インド会社は私的営利企業であり、株式会社である。私的営利企業株式会社がインドを植民地として支配していた。




*西郷隆盛は、明治維新第一の功臣であるのみならず、当時の日本にただ一人の「陸軍大将」だ。

その西郷が、「腐臣のたむろする皇室に反逆の剣を差し向ける」「わが忠誠は[日本]にこそあり」と、すでに明治6年、意を決していたという。


これは、どうでもよいような歴史上の些事(さじ)ではあり得ない。


西郷は、日本と天皇はもはや一体ではない、「天皇=日本」ではなくなってしまった、天皇は腐臣どもに取り込まれたと見た。


その「腐臣」は誰を指しているのか。




天皇は日本と縁が切れた。天皇は日本にあらず。

ゆえに、西郷は天皇に対し、皇居に対して刃を向けざるを得ない。

これが明治6年、西郷の本心だという草森説は正しいと私は思う。




*昭和天皇は、明治天皇、大正天皇に続き、1929年(昭和4年)、英国王(ジョージ5世)からガーター騎士団(ガーター結社)の一員に任命された。


れっきとした大英帝国の構成員、以外の何者でもない



西郷隆盛的陸軍の影響力が残存している限り、大英帝国ガーター騎士団員としての昭和天皇の性質は、常に陸軍との間に葛藤を生じさせた。


しかし、今や日本陸軍は敗れ、敵(ユダヤ・イルミナティ世界権力)が日本全土を占領し、そこに大英帝国ガーター騎士団員としての昭和天皇が出現した。


つまり、昭和天皇は、英国王の臣下の一人なのである。



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-9.html






天皇破壊史
クリエーター情報なし
成甲書房




コメント

ヒトラーの右腕の娘

2018-06-30 16:31:44 | 悪魔教 サイコパス 麻薬  奴隷







6.30 ヒトラーの右腕の娘、戦後にドイツ情報機関が採用


独連邦情報局は、親衛隊の最高指導者でヒトラーの側近だったハインリヒ・ヒムラーの娘、グドルーン・ブルヴィッツが同局で働いていたことを確認した。


独タブロイド紙ビルトが報じた。


同紙の記者は調査を行い、ブルヴィッツが1960年代はじめ連邦情報局の秘書として採用され、数年後に


「その伝記がナチズムに枷をかけられた職員との関係と理解において起きた変化」の関係で退職したことを明らかにした。







​ブルヴィッツはヒムラーの唯一の嫡出児だった。

彼女は2018年5月に88歳で亡くなった。



同紙によると、ブルヴィッツは老年まで右翼グループで活発であり続け、ネオナチのデモに参加し、極右組織に参加していた。



ハインリヒ・ヒムラー(1900〜1945)はナチスドイツの幹部でヒトラーの右腕、

そして数百万人を殺害した強制収容所や絶滅収容所を職務の一部としていた秘密察ゲシュタポや親衛隊を率いていた。


ホロコーストの提唱者で組織者。


ニュルンベルク裁判で有罪判決を受け、収容所で自殺した。





ハインリヒ・ヒムラー






◎ アメリカの支配層はナチスの高官や協力者を逃走させ、匿い、雇用している。


逃走にローマ教皇庁の一部が協力していたことは広く知られている。


それだけでなく、アドルフ・ヒトラーが敗戦直前に死亡したことを示す証拠はなく、南アメリカで目撃されたとする話も語られてきた。


アメリカ政府もそうした報告を受けている。


plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201709100000





☆ 731実行部隊も 擁護され それが 日本の 医療として

活躍することになる




コメント

ロス茶の国は人間が奴隷    バチカン イエズス会 イルミナティ

2018-06-22 15:44:23 | 悪魔教 サイコパス 麻薬  奴隷






仏フェンスに括りつけられた人形 

産院の人員カットに抗議して ヴィエルゾン市






6.22 カトリック司祭、洗礼式で幼児をたたく【動画】


カトリック教会の初老の司祭が洗礼式の際、泣いている1歳の幼児をどのようになだめようとしたかを示す映像が、ネット上でスキャンダル的な人気を急速に集めている。


幼児は手を振り切ろうとしながら泣いており、ある瞬間に司祭が幼児の顔をたたいている。


不安になった両親が、礼儀作法を守りながらも手早く自分たちの子供を引ったくり、洗礼式は中断された。



動画の説明では、いったいどこでこの行動が行われているのか、はっきりとは書かれていないが、

司祭と両親がフランス語で話していることから考えると、撮影はフランスで行われたと推測できる。



現在、この動画は、全世界のユーザーらによって感情的に議論されている。



ユーチューブのユーザーの1人は、「何?もし自分がこの赤ん坊の父親だったとしたら、この司祭は破滅を免れるためにイエスを現実に必要とするだろう」と書き込んでいる。








一部のユーザーは、司祭の行為を正当化する理由を見つけようとしたが、多くのユーザーは、司祭がそのように幼児をなだめたのは、その幼児に対する大きな愛情からではないとの意見で一致した。



「DannyDawg」というニックネームのユーザーは、


「最初は、彼がふざけているように見える。だが、そうではない、彼はどうやら本当に、子供たちを嫌っているようだ」と書き込んでいる。






〇 カトリック総本山バチカンとイエズス会とイルミナティ


イルミナティの家系に生まれたジョアンナ

元イルミナティのメンバーが内部告発!



イルミナティとバチカンが連携して、似非キリスト教を広め、世界に偽の統一宗教を組織させ、

その後、人類を大量虐殺するというアジェンダが存在しているということです。



世界の人々の宗教や文化の多様性を尊重せずに、統一宗教で人々を洗脳し、他の宗教、文化、民族はみな悪魔であると信じ込ませようと画策しています。



(マラーノ、隠れダヤのサイン、中指と薬指に注目)








聖人イエスを磔にし、吊るしあげた杖

まともな人間ならこんな杖は作らない。

まさに、ルシファー崇拝者







イエズス会は19世紀中ごろに北アメリカのインディアン居住地区に殺人学校システムを設立しました。

そこでは大勢のインディアンの子供たちが虐殺されています。



また、16世紀中ごろから彼等は世界中で何百万人もの非カトリック教徒たちを殺害してきました。

カトリック教徒による秘密の誓いの下で、イエズス会はバチカンや法王の敵対者らを拷問にかけたり、殺害したり、屈服させる権利を与えられているのです。




<イルミナティとバチカンの繋がり>

http://rense.com/general69/claims.htm)


イルミナティの家系に生まれた内部告発者(ジョアンナ)が子供時代をどのような日々を送ってきたかについて語られました。


ジョアンナは子供時代にバチカンの迷宮で日々を過ごしていました。


彼女はそこで悪魔の祭壇で行われた拷問の儀式に参加させられました。


ジョアンナがバチカンの儀式中に目撃したものは、元イルミナティ・メンバーのスバリが暴露したイルミナティの悪魔儀式と似ています。


スバリは12歳の時に、バチカン迷宮の地下で行われた任命式に参加し、儀式中に4歳の男の子が生贄になったのを目撃しました。


現在、フロリダに住むジョアンナは、フランスのイルミナティ家系に生まれました。


彼女は世界的なイルミナティ・カルト教の霊的セクターとして位置づけられました。


「私は数世代に渡るフリーメーソンとイルミナティの家系の子孫です。


私の家族はDAR(貴族)の一員です。


私は子供時代に、訓練と教育ばかりを受けさせられました。

そしてバチカンの地下室の儀式にも参加しました。


私はそこで儀式の神官として利用されました。


私が所属していた民兵組織はフリーメーソンと関係していました。




彼女は表向きには典型的な上流階級の住宅地の住人でした。


彼女と彼女の夫は時としてジェット族として知られていました。


彼女はバチカンのスパイを監視する組織のチームリーダーとして世界中を旅行していましたが、その間、彼女達に何らかの問題が起た場合に対処するためにトレーナーや洗脳担当者が同行していました。



ジョアンナのイルミナティ一家としての役割は、チャネリング、霊媒、タロット占いを行うことです。



彼女は、カルト教の邪悪な動機を感知せずに異次元領域を移動しました。


「私は、チームリーダーとしての仕事がそれほど頻繁にはありませんでしたので、イルミナティ・カルト教の下でニューエイジの活動を行ってきました。


また、私は、新世界秩序(NWO)の実現のための最も効果的な方策を決めるシンクタンクの会議(宗教やニューエイジ哲学に取り組む会議)にも出席しました。」とジョアンナは語りました。



彼女の宗教セクターでの役割は、特に、極悪なイルミナティの策略を実行し、大量虐殺をさせる似非キリスト教を創り上げることでした。



私が最も懸念していたことは、イルミナティとバチカンの中枢部が 全人類を似非キリスト教の下に統一させ、その後、大量虐殺を行うという虚偽に満ちた策略を立てているということです。




イルミナティのアン・コルターは「戦争は必要である。敵の政治リーダー(フセイン、カダフィー、チャベス、アサド等)を潰し、その国の全国民をキリスト教に改宗させるべきだ。」と発言しています。(アサドは、ロシアが助けているので倒せない)



ジョアンナは「新世界秩序(NWO)とは、中東の人々を救うという口実で反ユダヤ主義を認可する第4帝国のことを言います。

陰謀論で指摘されているユダヤ系政治権力者らの全てがユダヤの慣例に従っているわけではありません。

しかし彼等は支配者としてパぺットを操っているわけでもありません。


ローマ教会は、古代から引き継ぐ権力者(サタニスト)らが存在するカトリック教会の一部です。



シオニストのプロトコルはユダヤ人に責任があると言われています。

しかし、実際は、イエズス会を含むバチカンの中枢部に責任があるのです。


キリスト教のお面をかぶった者たちはカリスマ的な活動を行ってきました。


似非キリスト教の下に宗教とニューエイジ・ムーブメントを利用し、統一宗教を創造させる方法を考え出している、様々なシンクタンクの集まりに出席していました。



ジョアンナは悪魔のイルミナティから決別するために、常に善が悪に勝利すると自分に納得させながら、何年もかけて彼女自身を洗脳から解除したのです。。。



世界に数多く存在する秘密古文書や歴史書には、ローマに真の悪魔が存在していると記録されています。


バチカンとその忠実な取り巻き(イエズス会も含む)らによる極悪非道な役割に関して言うと、世界中の政治的状況や出来事はバチカンなしには考えられないということです。



イエズス会は、正直で誇りある人類が最も忌み嫌う宗教です。




http://matushita-chiro.hatenablog.com/entry/2017/09/27/170913







コメント

人肉食

2018-06-17 15:01:07 | 悪魔教 サイコパス 麻薬  奴隷



6.15 切断された自分の足を友人らと食す 米国人男性が告白



米国人男性が自分の切断された足を友人らと食した事実を公にした。米ヴァイス誌が報じた。



「私は、切断された自分の足の一部を食しました。」レディットからの取材にこう告白したのは、ユーザーネーム「 IncrediblyShinyShart」氏。


この男性は2年前、事故で重傷を負い、片足を切断する手術を受けた。


術後、切断された足は男性のもとに返却されたという。



足の前脛骨筋を焼くには友人らが手を貸してくれた。


友人らとそれを食した「 IncrediblyShinyShart」氏はその感想を「私の味はスイギュウに似ている。ただ噛むのは大変だった。肉が格段に多く、脂肪分は少なかった」と語っている。


これが作り話ではなかったことを証明するため、「 IncrediblyShinyShart」氏は切断された足の写真をポストに添付している。



「 IncrediblyShinyShart」氏はこの試食に多くの友人を招いた。




「11人を呼んだ。足の試食には1人を除いて全員が集まった。味はメキシコのトウモロコシの粉のパン、タコに似ていた。」



「 IncrediblyShinyShart」氏はこの奇妙な晩餐を経ることで足の切断という不幸なエピソードを乗り越えることができたと語っている。








コメント

イスラエルの血縁者の儀式  靴    ルツ記

2018-05-08 22:25:32 | 悪魔教 サイコパス 麻薬  奴隷






とんでもないことです

イスラエルの仕来りにおいて、靴を渡すということは、高額の債務を譲渡することを意味します。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


(ルツ記)




畑の管理者からルツについての説明を受けるボアズ ルツ記 2:5-7



『士師記』の時代、ユダのベツレヘム出身者であるエリメレクは、妻であるナオミと二人の息子を伴ってモアブの地に移り住んだ。


二人の息子はその地の娘達と結婚するが、やがてエリメレクはその妻ナオミを、二人の息子達もそれぞれの妻オルパとルツを残したまま死んでしまう。


そこでナオミは夫の故郷ユダに帰ることを決意し、息子達の寡婦となった二人に対し、それぞれの故郷に帰るようすすめる。


しかし、ルツだけはナオミのそばにいることを望み、こうして二人はエリメレクの故郷、ベツレヘムへと帰郷した。



ルツは畑で麦の落穂を拾った(古代パレスチナでは貧しい人が刈り入れ時の落穂を拾うことは一種の権利として認められていた。


その畑の所有者は、エリメレクの遠縁の親戚にあたる、ボアズという人物だった。ボアズは姑に尽くすルツに感心して、彼女のために便宜を図る。



ナオミはボアズが請戻しの権利を有する人物であることに気づき、ルツを自分自身の代わりに請戻させるため、彼女にボアズの床に入るよう勧め、ルツはその言葉に従う。


全ての事情を察したボアズは、自分よりも請戻しの権利が高いもう一人の人物がいることをルツに明かし、彼女には一切触れず、ナオミへの贈り物をルツに持たせて彼女を家に帰らせる。


その日、ボアズは請戻しの権利を持つもう一人の親族に掛け合い、親族としての責任の履行権を譲り受ける。


これによってボアズはルツを正式な妻として迎え入れることとなった(兄が子供を残さず、死んだ場合に弟が兄の妻をめとることで家系を存続させるこの仕組みを、レビラト婚という)。



ボアズの妻となったルツは息子オベデを生む。オベデはダビデの祖父にあたる人物である。



この『ルツ記』のポイントは、


モアブ人であるルツがイスラエル人の慣習に従い、その律法に従ってイスラエルの子孫存続をなした、という事柄にある。


神は人類を創り出したとき「生めよ、増えよ、地に満ちよ」と宣言しており、レビラト婚の習慣はまさに、それを実現するための手段なのである。


ルツ自身は既に寡婦であり、姑から再婚の承認も得ていながら、それを謝絶してイスラエル人として生きることを選択した。


これが、彼女が聖書中の一篇に名を冠することのできた理由である。


聖書的な解釈では更に、その子孫がイスラエルの世襲の王となり、ひいては救世主を出す恩寵につながるとされる。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



したがって、イスラエルの首相から靴を受取った日本国はイスラエルの血縁者として、イスラエルの高額の債務を引受けたことを意味しているわけです。







https://twitter.com/honest_kuroki/status/993788252606709762




☆ 田布施町とイスラエルは 同盟国 ・・・


















コメント

WADA   ドーピングロシア疑惑を退けた

2018-04-27 14:14:30 | 悪魔教 サイコパス 麻薬  奴隷


4.27 WADA告発者ロドチェンコフ氏 ロシアへのドーピング非難を否定



世界アンチ・ドーピング機関(WADA)にロシアのドーピング問題を告発したグリゴリー・ロドチェンコフ氏はスポーツ調停裁判所の公聴会でロシア人アスリートに対する一連の非難を退けた。


同裁判所のサイトが明らかにした。


ロドチェンコフ氏は自身が考案したアルコールとドーピングを混ぜたカクテル「ドューシス」についての問いに答えたなかで、


こうした混合物をロシア人アスリートに与えたことは一切なく、アスリートが独自で服用したり、使用の説明書を受け取ったところも見たことはないと語った。



これ以外にロドチェンコフ氏は、

ロシア人選手がドーピング物入りの尿検体を「混入のない」尿とすり替えて出すところは一度も見たことはないと主張した。


ロドチェンコフ氏は、「混入のない」尿の採取には参加したことはなく、採取が選手らによって行われているところを見たことがないため、アスリートらがドーピングの検査過程に介入しているという証拠も採取されたドーピング検体も持っていないと断言した。


ロドチェンコフ氏はモスクワ・アンチドーピングラボの所長で2016年の年頭から米国に居住している。


ロシアをめぐる一連のドーピングスキャンダルと調査はまさに彼の証言から始まった。


ロドチェンコフ氏の証言からロシアは、ソチ五輪で出たドーピング入りの検体を国家ぐるみで隠ぺいしたと非難されている。


コメント

イエズス会エリザベス  

2018-04-10 13:29:46 | 悪魔教 サイコパス 麻薬  奴隷


4.10 エリザベス女王、ノーベル平和賞候補か?


英連邦加盟国は英国のエリザベス女王(91)をノーベル平和賞に推薦しようとする動きを進めている。英デーリー・テレグラフ紙が伝えた。


エリザベス女王は1952年に即位して以来、英帝国の旧植民地などで構成されている英連邦のトップとしても務めている。


共同通信によると、女王は国際平和や人権尊重の促進を図り、外交のほか文化やスポーツなど幅広い分野で加盟国間の交流を深めてきた。


複数の加盟国の議員は女王が長年にわたって英連邦の維持に尽力しているを理由として推薦に向けて話し合いを進めている。


英連邦はインド、カナダ、オーストラリア、英国などを含む53か国からなっている自由な連合体。





〇 英国女王と、ローマ法王による黒魔術儀式殺人か。


■ エリザベス女王とバチカンが経営していたカナダのモホーク族の全寮制ミッション・スクールで、大量の子供の死体が敷地内から見つかったとの報告。

しかも、子供たちに対する拷問、殺人の疑いが強い。

エリザベス女王と、ラッツィンガーが指示した大量虐殺(儀式殺人?)の疑いが強まっているとのこと。


犠牲者はネイティブ・アメリカンのモホーク族の子供たちで、彼らはカトリックと英国国教会が経堂運営している教会の寄宿舎に、強制的に入れられていた。


ある日、女王陛下がピクニックに連れていくということで、10人の少年を自ら選んで足にキスさせたあげく、拉致された模様。


その後、彼らは永遠に戻らなかった。

子供たちの共同墓地と疑わしき場所には、後に大量の土で蔽われた。


しかも、寄宿舎からは、拷問器具など不審な道具がぞろぞろと発見された。

 


■元記事

Mass genocide of Mohawk children by UK Queen and Vatican uncovered in Canada
Continue reading on Examiner.com Mass genocide of Mohawk children by UK Queen and Vatican uncovered in Canada - Seattle exopolitics | Examiner.com http://www.examiner.com/exopolitics-in-seattle/mass-genocide-of-mohawk-children-by-uk-queen-and-vatican-uncovered-canada#ixzz1aiP3PNKP



■教会と国家の犯罪を追究する国際法廷ITCCS

http://itccs.org/






モホーク族の子供を収容した寮の敷地の調査。
ここに遺体が埋められてある疑い。



■例によって、事件の内容は表のメディアには表れず、カナダの国家・州ぐるみで隠蔽している。なにしろ、イギリス連邦の元首ですから。つまりコレは国家元首の犯罪。


この青塗りの英連邦すべて、ウィンザーおばさんが女王。


https://blogimg.goo.ne.jp/thumbnail/43/19/768d25731ccb9f3f0a87d80b81209b7e_s.jpg



というわけで、詳しく報告されているのは、ITCCSのサイトhttp://itccs.org/だけですね。


カトリックの僧職による少年少女への性的虐待どころの話ではないようです。



https://blog.goo.ne.jp/grasshouse001/e/7bfd7822a01542d16519481f0988a225






コメント