スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

ロシア軍機狙撃の消えない謎   ロシア内部からの批判

2018-09-20 15:20:48 | プーチン ・ ロシア



 ロシアの電子情報支援機、IL20がシリアの海岸線から35キロメートルほど沖で撃墜された責任はイスラエルにあるとロシアのウラジミル・プーチン大統領は主張している。


4機のイスラエル空軍に所属するF16がIL20を盾に使いながらシリアのターゲットを攻撃、シリア軍が発射したミサイルS200はF16とIL20を誤認したというのだ。これがロシアの公式見解。




 その際、フランス軍のフリゲート艦オーベルニュからミサイルが発射されたことをロシア軍のレーダーは捉えていた。


すでにロシア国防省から発表済みで、フランス艦船のミサイル発射が事態を複雑化したとロシア側は主張している。




 フランス政府は撃墜に無関係だとしているが、ミサイルを発射している以上、無関係とは言えない。


そのミサイルがどのようなコースを通り、どのターゲットに向かったのか、そのミサイルがどうなったのかを明らかにする必要がある。




 当初からアメリカ軍はIL20がシリア軍の防空ミサイルに撃ち落とされたとしていたが、IFF(敵味方識別装置)があるため、疑問を持つ人は少なくない。




勿論、故障ということはあるのだが、撃墜されるタイミングでオーベルニュがミサイルを発射していることを無視できない。




 意図的でなかったにしろ、NATOに加盟するフランス軍の艦船がイスラエル軍と連携してロシア軍機を撃墜したとなると事態は深刻。



アメリカ主導軍による次のシリア攻撃でロシア軍は攻撃に参加した艦船や航空機を破壊せざるをえない。


そうしなければロシアでウラジミル・プーチン大統領は窮地に陥る。


現段階でも核戦争を避けようとするプーチンの慎重な政策に不満を持つ人は増えているわけで、失脚につながる可能性もある。




 今後、ロシア政府は何らかの形でイスラエルに報復することになるだろうが、


それと同時に旧式のS200を新型のミサイルへ入れ替えることは想定できる。


そうしてこなかったことへの批判もあった。


平和を望んでいない勢力が西側で大きな影響力を持っていることを忘れてはならない。



https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201809200000/




☆ アメリカというのは もう ある意味 通用しないと感じます。

実行部隊は 確かに アメリカにいる ネオコンでしょうが

トランプと 同一ではないし


ずばり ロイヤル イルミナティ つまり 兵隊ではない 黒いものたちと感じます。


ニツポンの 偽皇太子がフランスに行く という


つまり これから ロイヤルも 影ではなく 表に現れるような気がします。












コメント

プーチンは知らせていた

2018-09-17 15:32:07 | プーチン ・ ロシア


日本が地震に偽装して地下核実験をしているのは

今や ~ 世界の常識!


https://ameblo.jp/64152966/image-12405385617-14263024514.html




管理人



記事の題名通りです。

日本国内においては、国民が知るべき事を何も知る事が出来ないといった状況が戦後よりずっと続いています。



また、日本語による検索においても


そのほとんどが統制下にあります。

本気で何かを調べようとした時に初めてその事実を知る事が出来ます。



その結果・・・
日本国民だけが何も知らないといったような
奇妙な現象が生まれるに到っています。



また、政治・経済に限らず軍事~自然災害、国民の健康に関する情報といったものも当然~統制下にあり、真相を語ろうとする人間の口は封じられてしまいます。


その傾向は、近年ますます酷くなっています。



今後、どういったサイトが真の真相を語っているのかが徐々に明らかになっていくでしょう。


但し、そういった秘密の情報は伝え方を慎重にしないと、ブログ閉鎖や消されることも心配しないと
いけないような恐ろしい社会になっている事も同時に知っておいて欲しいと思います。



今や、日本で何が起っているのか?

或いは、何が起ころうとしているのか?

ガンや難病の秘密は何故、隠されているのか?



皆さんは、以上のようなことを知らなければ日本で生きていくことさえも困難になっている事をしっかり肝に銘じておかなければなりません。


私はあまり目立たないように~あらゆる真実を静かに皆さんに伝えていくつもりです。






◆  ロシア国防省 : 日本は地震を偽装した 核実験を止めよ


ーーーーーーーーーーーーー



311は 偽ユダヤが 真ユダヤの末裔が多く住む東北を狙い 日本を壊滅される計画だった。





2011年世界フィギュアスケート選手権は、2011年4月24日から5月1日にかけて、ロシアのモスクワのメガスポルトで行われた。



本来は2007年大会以来4年ぶりに日本の東京で開催する予定であったが、開催直前に発生した東日本大震災の影響により一旦中止・約1か月間延期され、モスクワでの代替開催となった。



ロシアのプーチン大統領は、


フィギュアのアイスリンクに

3.11人工地震波形を示し、

全世界に、東日本大震災が人工地震によるものであることを暗に訴えました。



ロシアのプーチン様が全世界に
3.11人工地震波形を示す!!!

https://www.youtube.com/watch?v=e7FEV1PSNXU








https://ameblo.jp/64152966/




☆ イエズス会が 日本を標的にしていたこと また

統一教会が 日本人全員壊滅を計画していたこと


イエズス会が 偽ユダヤを追い出したロシアを 徹底的に標的にしていること


これらを つなぎ合わせると


日本が 真性のユダヤの血 というのも うなづけます。


そして 維新から言われている

神の国というのは そのための 悪魔の 逆説的な 真性を殺していくための セリフだったと確信します。


ということは

その計画としてたてられた 明治国家  偽天皇 下僕の 朝鮮の棄民の ヤクザ そして

天皇教である ブロガーなども

結局 その仲間ということになります。


日本は ニセユダヤに支配されている認識をもつことが 一歩です。


全てを アメリカの被害者とする事も また


明治国家 偽天皇 朝鮮ヤクザ 同和 在日特権の 仲間でしょうね。


けれど

国としては 日本は 朝鮮を 痛めつけ 侵略したのです。















コメント

ロシアとの対話  経済フォーラム  韓 伊  北朝  ニツポン

2018-09-11 16:17:50 | プーチン ・ ロシア






9.11 第4回東方経済フォーラム ウラジオストクで本日開幕


第4回東方経済フォーラムが11~13日の日程で開催される。


当フォーラムでは「極東:拡大する可能性の範囲」をタイトルとし、アジア太平洋地域における経済協力推進を巡り協議が行われる。


当フォーラムの開催にあたり、


「投資家支援制度:次の歩み」、「極東の産業優先分野」、「グローバルの極東:国際協力プロジェクト」、「人々の生活条件の創出」等のテーマが設定された。


最も重要な論題の一つに「エネルギー」関連問題が挙げられており、


当問題を巡りロシア、およびアジア太平洋地域の政府代表や企業関係者がビジネス対話を実施する予定。


参加者はまた、「国際輸送回廊」におけるデジタルテクノロジーの導入、アジア太平洋地域における環境プロジェクト、シルクロードとツーリズムに関して意見を交換する。






9.11 露、LNG供給拡大へ 韓国側と協議


ロシアと韓国は11日、両国間におけるロシア産液化天然ガス(LNG)の供給拡大を巡り協議を行う。ミハイル・ボンダレンコ露貿易代表が同日、明らかにした。


ボンダレンコ貿易代表は第4回東方経済フォーラムの朝食会で韓国側に対し、

「エネルギー分野における両国間の協力が進展していることに満足している。


LNGの供給拡大に係る問題の詳しい研究が行われている」と述べた。


第4回東方経済フォーラムはロシア極東連邦大学にて、11~13日の日程で開催される。






9.11 伊副首相、対露関係改善に期待 「対露制裁は何ら意味をなさない」


イタリアのマッテオ・サルヴィーニ副首相は露ニュース専門局「RT(ロシア・トゥデイ)」の取材を受け、対露制裁は「何ら意味をなさない」との見方を示した。


サルヴィーニ副首相は、


「来年5月、欧州における力関係が変わる可能性がある。また同時に欧州外の国々、私が言いたいのはロシアとの関係が変わる可能性がある」と述べ、2019年5月23~26日に予定されている欧州議会選挙を示唆した。



サルヴィーニ副首相はまた、

「私は常に損失に注意を払っており、今後もその姿勢を崩さないつもりだ。とういうのも、対露制裁は経済的、政治的、社会的、そして文化的な意味を全くなしていないのだ」と強調した。



サルヴィーニ副首相は定期的に対露制裁に反対の意を表明している。


同副首相はロシアに対し6月、欧州連合(EU)の対露制裁解除を進めていく約束をした。


また、クリミア情勢を巡り協議する用意があるとの声明を出し、同半島に係る対露制裁に対しイタリア側が拒否権を発動することに理解を示している。






9.10 東方経済フォーラムへ 朝鮮民主主義人民共和国の代表団が出発


金英才(キム・ヨンジェ)対外経済大臣を代表とする朝鮮民主主義人民共和国の代表団が、第4回東方経済フォーラムに出席するため、ウラジオストクに向けて出発した。


10日、在平壌ロシア大使館が公式のFacebookを通じて明らかにした。


しかし、8日、平壌を訪れたロシア上院(連邦会議)のワレンチナ・マトヴィエンコ議長は、


金正恩国務委員長が「予定されている韓国との会談のため9月のスケジュールが過密」であることを理由に、

「自身としては非常に参加したかったものの」東方経済フォーラムへの参加の断念を伝えたことを明らかにしていた。










9.11 北朝鮮 ロシア、韓国と鉄道統一プロジェクト発展へ

東方経済フォーラムに出席の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)鉄道省対外交流課のキム・チャンシク副課長はセッションで、


同国がロシア及び韓国と合同で鉄道の線路を統一するプロジェクトを発展させていく構えであることを明らかにした。


キム副課長は、3国は「これらの鉄道の発展を図る共通の部会を創設する必要がある」と述べている。


キム副課長は


「我々はこれからロシア、朝鮮民主主義人民共和国、韓国間の交渉を土台同プロジェクトのホストが朝鮮半島の2国になるよう、このプロジェクトを発展させていく」と語っている。



これに対して韓国国土交通部のキム・ジョンレリ次官は、


現在、鉄道統一プロジェクトの枠内で合同調査が行われているほか、ハサン-ラジン間の区画で具体的行動がすでにとられていることを明らかにした。


同次官はまた、統一鉄道のインフラ刷新に賛同を示している。






〇 トランプ大統領が安倍総理に”クビ宣告”!?

「(安倍政権との関係は)彼らがいくら支払わなければならないかを私が言えば、すぐに終わるだろう」



・コラムニストのジェームス・フリーマン氏によると、

トランプ氏は日本との友好的な関係に触れつつも、


「日本がどれだけ(米国に)払わなければならないかを伝えた瞬間、(安倍政権との関係は)終わる」と話し、


今後、貿易戦争を通じて安倍政権との関係が悪化しては、これまでの日米関係が終わる可能性を暗示した。


https://yuruneto.com/trump-abe-fire/




☆ 日本を殺すための なりすまし権力に 日本と言われても そういう意味で もはや 日本には 興味なし。


けれど シベリア鉄道などは 人類にとって よいことだと 賛成です。


アベおろしの情報は 実際は

本当の黒幕を隠すためにもあるので 外れるとも思っていますが


今回 スプートニクでも やんわりと 触れていましたので 上記の くび は あるかもしれません。


けれど 黒幕は残っていますので


ほんの 一歩だと感じます。











コメント

地中海での演習  vs  NATO

2018-09-09 16:49:15 | プーチン ・ ロシア



9.8 ロシア海軍と航空宇宙軍の地中海合同演習の動画が公開される【動画】


近代ロシア史上初となる地中海でのロシア海軍とロシア航空宇宙軍による大規模合同演習の動画が、ネット上に公開された。


動画を公開したのは、TV チャンネル「ズヴェズダー」。



演習は、9月1日から8日まで行われ、北方艦隊、バルト海艦隊、黒海艦隊、カスピ小艦隊の艦船26隻と、ロシア海軍および航空宇宙軍の航空機34機が参加している。



演習では、艦船やヘリコプター及び航空機からのミサイルの射撃演習などが行われた。








演習にはNATOが注目し、特に射撃演習中には、オランダのフリゲート艦「デ・ロイテル」が、ロシアの艦船を注視した。




コメント

ロシア テロ組織を空爆   ベトナム向けLNG供給計画

2018-09-07 13:05:17 | プーチン ・ ロシア








9.5 ロシアの軍用機がシリア、テロ組織「アル=ヌスラ戦線」の複数の拠点に空爆 イドゥリブ


露国防省のイーゴリ・コナシェンコフ公式報道官は、4日にシリアのフメイミム露空軍基地を飛び立った2機(スホイ34)が、シリア、イドゥリブ県内の国際テロ組織「アル=ヌスラ戦線」の複数の拠点にピンポイント攻撃を行ったことを明らかにした。


コナシェンコフ報道官は空爆が行われた場所について、居住区の外側にあるテロ組織のドローン保管倉庫、およびロシアのフメイミム空軍基地やシリアのアレッポ、ハマへのテロ攻撃を用意していたドローンの発進地点だったと語っている。



​最近のイドゥリブ情勢は緊迫化が進んでいる。


露国防省の発表によれば、シリア政府軍が非難されるためにテロ組織「タハリール・アル=シャーム」(ロシアでは活動が禁止)によって


一般市民に対する化学兵器を用いた煽動が準備されている。



ロシア外務省のマリア・ザハロワ公式報道官は化学兵器を用いた煽動について、


シリアで唯一違法な武装勢力の掌握下にあるイドゥリブへの米国の攻撃を正当化する方法だと明言している。










9.7 プーチン大統領 ベトナム向けLNG供給計画を明らかに


プーチン大統領は、ロシアがベトナム向けの液化天然ガス(LNG)供給を計画していることを明らかにした。


プーチン大統領はベトナム共産党中央委員会のグエン・フー・チョン事務局長との会談を総括し、


「ロシア企業は精製も行っており、ベトナム向けのLNG供給、圧縮ガス(CNG)の生産および現金化を計画している」と語っている。



プーチン大統領はこの他にも、ベトナムに核科学技術センターを創設する作業が続けられていることを指摘した。







コメント

独自の転換式航空機

2018-09-04 13:32:54 | プーチン ・ ロシア



9.3 ロシア 独自の転換式航空機の製造を計画


ロシアは独自の空挺用転換式航空機の製造を計画しており、空挺団内で現在、そのための作業要項(TOR)が準備されている。


ロシアの軍需産業内の消息筋がスプートニクに明らかにした。



消息筋によれば、空挺団は戦場への空挺兵の輸送に転換式航空機を使用する可能性を策定している。


9月末までにTORが提出され、試験用の転換式航空機の設計作業が開始される手はずとなっている。



8月初旬、カザン国家調査技術大学のアリベルト・ギリムトディノフ学長は、ロシア国防省の受注で行われた無人転換式航空機の実験が成功したことを明らかにしていた。




同航空機の飛行距離は最高100キロ、最高時速は140キロを記録しており、エネルギー産業、通信、道路建設、農業、石油ガス採掘部門で使用が可能と期待されている。



転換式航空機は航空機とヘリコプターの両方の特徴を兼ね備えており、ヘリコプターのようにエンジンを90度以上方向転換して垂直上昇、下降が可能でありながら、


航空機のスピードと燃費効率を持つ。


転換式航空機で最も普及している米国製のV-22(オスプレイ)は米空軍、海軍海兵隊で使われている。












コメント

年金改革案  ドローンを打破   巡行ミサイル 

2018-08-30 15:17:53 | プーチン ・ ロシア






8.30 露政府の年金改革案 プーチン大統領が緩和を提案 女性は受給開始を60歳

プーチン大統領は先にロシア政府が表したロシアの年金改革の緩和を発表した。


年金改革についてのプーチン大統領の提案の重要点について、かいつまんだ説明をスプートニクが試みる。


ロシア政府が6月に検討に付した年金改革法案では、年金受給開始年齢が女性は2034年までに現行の55歳を63歳に引き上げ、

男性も2028年までに60歳を65歳に引き上げることが提案されていた。


この提案に大多数の国民は大きな不満を表し、抗議運動が展開され、ロシア政府だけでなく、大統領本人の支持率も下がり始めた。


プーチン大統領は国民へのメッセージで、年金受給開始年齢の引き上げは女性の場合は現行の55歳から8歳引き上げるのではなく、5歳上の60歳にすると宣言した。


こう語る一方でプーチン大統領は、たくさんの子どもを抱える母親に関しては受給開始年齢をそれよりも早めることを提案しており、


3人の子どもがいる母親の場合は規定年齢より3年早く受給を開始し、4人の子持ちであれば4年早め、5人以上いる場合は50歳から受給できるという案を検討するよう提案している。



プーチン大統領は男性の年金受給開始年齢については60歳を65歳にするという政府案に賛同した。



「年金受給開始前年齢」の市民という定義を、年金受給開始の5年前の市民とすることを提案している(女性は55歳から)。


また年金受給開始前の年齢の被雇用者を解雇したり、その雇用を拒否した場合は、雇用者には行政違反が問われたり、「時には刑事責任」を追及できるよう制定せねばならないとの見方が示された。



「年金受給開始前年齢」のカテゴリーに属する場合は、無償で健康管理を受ける、有給休日を取る権利が付与される、求職手当を引きあげられるなどの一連の恩典が検討される。



ロシアではある一定のカテゴリーの市民には年金受給開始年齢前に年金生活に入る可能性が与えられている。


これは重労働に従事していた、健康に問題がある、健康に危険ないしは有害なレベルの労働に従事していたなどのファクターがある場合、認められる。


最も早い前倒し年金受給開始年齢も女性の場合で37歳、男性で42歳までと今より遅くなる。


これらの前倒し年齢は政府の改革案では女性が40歳、男性が45歳と提案されていた。






8.28 ドローンを打破する部隊が露軍に創設


シリアの実戦経験を用い、ドローンとの対抗戦を行う機動隊がロシア軍に創設された。


南軍管区広報部がスプートニクに対して明らかにした。


新設の機動隊は詳細についてはまだ公表されていないものの、8月30日にヴォルゴグラード州のマリノフカ軍事空港でこうした機動隊を用いた演習が行われることは明らかになっている。


演習には電子戦、対空防衛のスペシャリストらが参加し、電子戦システム「ジテリ」および「レソチェク」を用いたドローンの発見および破壊(または強制着陸)措置を策定する。






8.28 露国防省、巡航ミサイル「オニキス」の発射動画を公開


ロシア国防省は、沿岸用ミサイル複合体「バスチオン」から巡航ミサイル「オニキス」がオホーツク海の海上目標に向けて発射された動画を公開した。


動画の長さはおよそ1分。「バスチオン」からの「オニキス」の発射や、軍艦からP-1000「ヴルカン」とみられる巡航ミサイルを発射する太平洋艦隊の演習の一部が公開された。


目標までの距離は250キロ~500キロだった。


客観的制御データによると、巡航ミサイル7発すべてが目標に命中した。


https://video.img.ria.ru/Out/Flv/direct/2018_08_27_onixsplitODICLEAN16X9_a5dldzjt.m2p.mp4









コメント

プーチン氏の高い人気

2018-08-29 20:34:38 | プーチン ・ ロシア



8.29 オーストリア紙、西側でのプーチン大統領の高い人気を説明


ロシアのプーチン大統領は西側諸国において非常に高い人気を享受しており、しかも、このことは様々な政治的見解を代表する人々の間でみられると、オーストリア紙「デア・シュタンダルト」が伝えている。



プーチン大統領を特に好んでいる政党は、


オーストリア自由党やドイツのための選択肢(AfD)、国民連合(旧「国民戦線」)。


米選挙に「干渉」したとしてロシアが非難されるまでは(ロシア政府ではこの非難について否定している)、


プーチン大統領は米国において共和党員の間でも高い支持率を得ていた。


そのため、オーストリアのクナイスル外相がプーチン大統領を自らの結婚式に招待したことは驚くにあたらないと同紙は指摘し、


西側におけるプーチン大統領のこのような人気の主な理由の中から3つの要素を強調している。




1つ目は、プーチン大統領が自らを伝統的価値、特に勇敢さと家族に関する考え方の支持者として示していることだ。


「ますます大きなカオスに沈みつつある」世界における秩序に、プーチン大統領が賛同していると、同紙は強調している。



2つ目は、生活上の社会的・軍事的・経済的分野における西側諸国による覇権に対する反対者として、プーチン大統領が発言していることだ。


特に、プーチン大統領は同性愛とフェミニズムの宣伝に反対し、


北大西洋条約機構(NATO)に反対し、


世界の舞台における米通貨による覇権を好んでいない。


プーチン大統領は、自由主義(リベラリズム)が世界の秩序を決定していかなければならないと考える見解全般に対して、自らを巧みに対立させているのだと、同紙は付け加えている。



3つ目として、同紙はプーチン大統領の個人的資質に感嘆している。


プーチン大統領は非常に好感の持てる人物で、

自嘲と機知を持ち味とし、高慢ではなく逆に謙虚であり、そして優秀なユーモア感覚を有している。


まさにこれらの資質が、西側におけるプーチン大統領の非常に高い人気を説明しているのだと、同紙は考えている。











コメント

戦争準備   S400をインドへ供給か  決済のドル離れ 

2018-08-21 17:17:45 | プーチン ・ ロシア







8.20 ロシアで戦闘準備態勢の大規模な検査が始まる


ロシアの中央軍管区と東部軍管区の一部、空挺軍、長距離及び軍事輸送航空隊の戦闘準備態勢の抜き打ち検査が始まった。

プーチン大統領が命じた



ショイグ国防相は、16の特別演習を含む検査は、大規模演習「ボストーク2018」を前に実施されていると語った。


国防相は「検査は8月20日から25日に実施される。部隊および兵力の継続的かつ安定した指揮統制の組織と維持に特別な注意が払われる」と指摘した。


検査結果は、演習「ボストーク2018」へつながる準備状況を評価して考慮されるという。



ショイグ国防相によると、「ボストーク2018」には中国とモンゴルが参加し、前例のない規模となる。











8.20 ロシアは、S400のインドへの供給を2020年に開始する可能性がある


ロシア連邦軍事技術協力庁のシュガエフ長官は、通信社スプートニクに、インドへの地対空ミサイルシステムS-400(トリウムフ)の供給について、年内に契約が結ばれれば2020年に供給が開始される可能性があることを明らかにした。



シュガエフ長官は


「インドについてだが、今年末までに契約に調印されれば、2020年の納入は現実的だと思う」と語った。


2016年10月にインドのゴアで行われたロシアのプーチン大統領とインドのモディ首相との会談で、ロシアの地対空ミサイルシステムS-400とプロジェクト11356型フリゲートのインドへの供給について合意に達した。


S-400は、最新の長距離地対空ミサイルシステムで、航空機、巡航ミサイル、中距離を含む弾道ミサイルの破壊を目的としているほか、地上の標的に対しても用いることが可能。











8.21 ロシア、軍事技術協力パートナーとのドル決済離れを検討


ドルの不安定さから、パートナーとの他の決済方法の検討を考えざるを得ない。


ロシア連邦軍事技術協力局のドミトリー・シュガエフ局長がスプートニクのインタビューで述べた。


「今日、輸出契約における主な決済通貨である米ドルには非常に多くの疑問がある。


第一に、この通貨はどれほど信頼が置けるのか?


世界で起きていることが物語るところ、ドルが不安定なため、明日ドルに何が起こるかは全く明らかではない。


この状況は全て、ロシアと私たちのパートナーに対して課された制裁と相まって、他の決済方法の検討の必要性を考えさせる。


軍事技術協力は、同様の経済なのだから。」



シュガエフ氏はまた、


各国通貨への移行は解決された問題で、後は細部を詰めるだけだと指摘した。



今日、多くの諸国が最終製品ではなく、自国製造業を作り上げるため技術を買おうとしている。


シュガエフ氏によると、ロシアはパートナーに対する特典供与や幅広いクレジットシステムを含むあらゆる形の協力を話し合う用意がある。


各国通貨を用いることは、この協力の形の利益を高めるとシュガエフ氏は確信している。








コメント

プーチン:人類の進化はGMO、医薬品、ワクチンによって危機に面している

2018-08-20 13:32:59 | プーチン ・ ロシア







プーチン政権下のロシアでは、オーガニックに、あるいは持続可能な形式で農業を営みたいという国民に対し、ここ数年間は無料で土地を供与している。

どうやら本気ですね~


世界の裏側ニュースより紹介引用です


プーチン:人類の進化が巨大製薬企業、GMO、ワクチンによって危機に瀕している
Putin: Human Evolution Under Threat By Big Pharma, GMO, Vaccines
1月9日【Your News Wire】リンク より翻訳



西側政府がコントロールしている人々は、「集中的にワクチンを受けて自閉症の境界線にあり、コーンシロップの効き目が切れた状態でテレビ画面の前に倒れこんでいる肥満の人間」であり、


ロシア国民は「どのような手段をもってしても、守らなければならない」とプーチンが主張。



ロシア連邦安全保障会議(SCRF)が作成した報告書が、今日、ロシア政府内に回覧されている。


その報告書には、GMO「食品」および西側の医薬品から、ロシア国民をどのような手段を取っても守らないといけない、とう内容の命令をプーチン大統領が下したと記されている。



プーチン大統領は、人間の進化の次のステージは現在、「深刻な危機」に直面しており、

西側・世界的権力者は「自分たちの個人的利益のために、人間の進化のプロセスを意図的に遅らせている」と発言したと同報告書は記している。




「人類としての私たちには、選択肢があります。



私たちの身体と頭脳を健康的で上昇する軌道で発達させ続けることもできますし、


あるいはここ数十年の西側のお手本に従って、本来ならば危険物、あるいは中毒性のある麻薬として分類されるべきの遺伝子組み換え食品や医薬品、ワクチンやファストフードなどで、人々を意図的に毒漬けにすることも選択肢の一つです」




「私たちはこのようなものと闘う必要があります。肉体的そして知性的に障害のある人々は、私たちの関心にはありません」



政府が管理する西側の平均的な人間は、


「集中的にワクチンを受けた自閉症とのボーダーラインの肥満体で、画面の前で異性化糖(コーンシロップ)の効き目が切れ目の症状と戦っている人間」であると報告書は描写し、


政府によって国民を意のままに操ることを目的に行われているこのような戦略は、「ダーク/邪悪」なだけではなく、「中期的・長期的視点から考えると非生産的」であるとしている。



プーチン政権下のロシアでは、オーガニックに、あるいは持続可能な形式で農業を営みたいという国民に対し、ここ数年間は無料で土地を供与している。


ロシアの目標は、「エコロジーの面でクリーンな」生産に基づいた、GMO(遺伝子組み換え食品)の世界「有数の輸出国」となることである。




このロシア連邦安全保障会議の報告書は、ロシア政府がGMOを含む食品の生産を停止することを発表したわずか数ヵ月後に出されたもので、


ロシアのGMOに対する動きは国際社会からモンサントのような多国籍企業に対する戦いの中でも大きな一歩と受け入れられた。



ロシアは自然でオーガニックな農業の分野で、リーダー的な道を進み続ける。



http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=311816&g=132207








【お得な2袋セット】クワス(インスタント・ドライ)
クリエーター情報なし
MAGIC TREE




コメント