スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

第1回 パリ平和フォーラム  プーチンのサイン

2018-11-14 17:32:42 | プーチン ・ ロシア







プーチン: 親指をたてて いいね サイン

そして トランプの背中を ポン




https://twitter.com/dimsmirnov175/status/1061564680609718272


コメント

プーチン:ASEANサミット出席   脱ドル成功 

2018-11-13 18:23:04 | プーチン ・ ロシア


11.13 プーチン大統がシンガポール入り ASEANサミット出席へ


https://youtu.be/Xyth_mHew-4



プーチン大統領は3日間の訪問日程でシンガポールに到着した。


プーチン大統領は今日、13日はシンガポール指導部との会談を実施する。

省庁間および商業上の契約に調印が行われる予定。






11.13 ロシアが脱ドル依存に成功=WSJ紙


米ドルの覇権に抵抗する諸国にロシアは加わり、成功を収めている。


米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。



WSJによると、ロシアの銀行は外国通貨での個人ないし法人の預金の割合を減らした。


今年9月には26%にまで減少。


さらに、第2四半期におけるドル建て輸出の収益の割合は2013年の80%から68%に下がった



脱ドル化は、急速に発展する露中貿易も証明しているとWSJは指摘。


ルーブルと中国元建ての2国間貿易の数値は4年でおよそ4倍に上がった。


WSJは、イランやベネズエラ、パキスタンなどの諸国も同様の戦略を取ると強調。


EU高官もまた、ユーロの役割拡大の道を探そうと試みており、米国に依存しない新たな決済システム創設を堂々と検討している。





コメント

露・地雷除去  プーチン:「国民を汚染させない」

2018-11-12 14:26:50 | プーチン ・ ロシア


ロシアの地雷処理班がラオスで活動している。


多くの不発弾がジャングルに残り、特に子どもが危険にさらされている。

1964年以来、何万人もの市民が空爆で殺された。



Russian mine clearance operation is being done in Laos. A lot of unexploded American bombs still remained in the jungles of #Laos🇱🇦. Children are the ones most exposed to danger. Tens of thousands of people have been killed by bombs since 1964, most of them civilians
@MFA_Russia






https://twitter.com/RusEmbUSA/status/1060742217378287617



https://twitter.com/trappedsoldier/status/1060849781138804736







我々は自分たちの肉体と脳を、健康的に保とうと決めた。


欧米はこの数十年間、遺伝子操作食料や農薬やワクチンやファーストフードで、自国民をわざと汚染しているが、これは危険なドラッグだと思う」


プーチン。ロシアは遺伝子操作とモンサントを禁止している。




Monsanto ordered to pay $289 Million as damages as jury rules Roundup caused man's cancer

Russia was the first to ban Monsanto
#Putin ►'The Russian Gov will not poison their citizens'
#Russia Banned #GMO Food Crops







https://twitter.com/AWAKEALERT/status/1028123629442265088




https://twitter.com/trappedsoldier/status/1060809359972679680









コメント

SUー57  超低空飛行

2018-11-09 21:23:51 | プーチン ・ ロシア



11.9 ロシア戦闘機SU-57の壮観な超低空飛行シーン【動画】


ロシア「ズベズダ」テレビが、ロシアの最新鋭第5世代ジェット戦闘機Su-57の超低空飛行シーンを公開した。


動画は、An-12輸送機内や滑走路、さらにSu-57機に設置されたカメラによって、数カ所から撮影された。



戦闘機の飛行高度は約300メートル。


この高度はSu-57機の限界ではなく、さらなる低空飛行も可能。








Su-57は、スホイ設計局によって開発された第5世代多機能戦闘機。


現在はまだ就役していないが、2018年から19年にロシア空軍に配備を予定している。




コメント

露第5世代戦闘機、主翼破壊実験の映像公開

2018-11-08 18:14:05 | プーチン ・ ロシア



111.8 露第5世代戦闘機、主翼破壊実験の映像公開



ロシアの航空機メーカー「スホイ設計局」の技術者らが、同国の最新型第5世代戦闘機「スホイ57」の主翼について、過負荷がかかった条件下での強度を検証した


映像では、戦闘機の主翼が徐々に過負荷にさらされていく様子が分かる。

過負荷が許容レベルの104%の値に達した時、主翼が破壊されている。



これについて専門家らは、非常に良い結果だと説明している。

スホイ57は、ロシアの第5世代多目的戦闘機。ステルス技術を使用して開発され、空中・地上・水上目標の破壊を目的としている







コメント

W杯でテロを阻止した

2018-11-07 19:26:19 | プーチン ・ ロシア



11.7 露連邦保安庁、サッカーW杯でドローンを使ったテロを阻止


ロシア連邦保安庁(FSB)は、同国で今年夏に開催されたサッカーW杯でドローンを使ったテロを阻止した。


FSBのボルトニコフ長官が明らかにした。



ボルトニコフ長官は、情報機関、安全保障機関および捜査機関の責任者らの会合の冒頭、


「連邦保安庁の機関は、ロシアで開催されたFIFAワールドカップでテロリストによるドローンを使用する試みを見つけ、阻止するためにあらゆる対策を講じた」と述べた。



詳細は明らかにされていないが、そのような試みはワールドカップだけでなく、その他の「大規模な政治およびスポーツイベント」の準備および開催期間中にもあったという。


またロシアのコロコリツェフ内相も、サッカーW杯ロシア大会の前に、

外国人サポーターを襲う計画をしていた7つの民族主義グループの活動を阻止したと発表した。



コメント

露 印 イラン   貿易回廊

2018-11-02 13:44:36 | プーチン ・ ロシア








11.1 露・印・イラン スエズ運河代替ルートを巡り協議へ メディア報道


ロシア、インド、イラン3国首脳はスエズ運河に代わる貿易回廊の建設に向け、今月にも会談を行う意向だ。イラン国営ニュースメディア「プレスTV」が報じた。


同メディアによると、新たに建設予定の貿易回廊ではコスト削減や輸送時間短縮が見込まれる。同回廊の長さは7200キロ。



貨物はまずインドからイランの港町バンダレ・アンザリーに運ばれる。


その後カスピ海を通ってロシア南部の都市アストラハンまで運ばれ、最終的には鉄道輸送で欧州に到達する。



同メディアはまた、同回廊では海運および鉄道が用いられ、既存の回廊と比較して最大40%の輸送コスト減になると強調した。















コメント

プーチンより偉大な政治家   ケイシーの予言 

2018-10-27 17:34:25 | プーチン ・ ロシア


これはサイババブログさんよりの引用ですが

なぜかアベ総理を 褒めている箇所があり 私は ぬかします  ww





俺は、今でもケイシーは当代で最も優れた預言者の一人やと思ってる。その証拠にこんな予言をしてる。



「ロシアで共産主義が滅んだ後、ロシアが世界の希望になる。」




これは、まさに今の状況とピッタリやぜよ。


もし、ロシアがいなかったらとっくの昔に支配層たちの計画は成就してたんや。


例のシリアの件でも、ロシアがアサドに加勢したからこそ、納豆軍が軍を出せなかったんや。







これから、ますます世界情勢が複雑になり混迷を深めるけど、国際金融マフィアと戦っているロシアとQの動きに注目してたら、少しポジティブな面がみえて来て面白いぜよ。



今日のテキサス州ヒューストンでの応援演説で、多分、知事だったか、地元選出の議員だったか誰かは忘れたけれど、


「テキサス州の経済規模は、ロシアより大きいのだ。自分はプーチンより偉大な政治家なのだ」とほざいていたので、笑っちゃったぜよ。


おいらは、今の世界でプーチンより偉大な政治家は見た事がないぜよ。


小物政治家ほど大きい声で叫ぶって言うから、プーチンの偉大さが分からん政治家なんやろな。


テキサス州の経済規模が大きいからだけで、君はプーチンより偉大な政治家なのか?アホタレ。


プーチンのお陰で、世界が救われているのが全然分かってないズラ。





そうそう、ロシアと言えば、東京で開催されるはずやった世界フィギュアスケート選手権大会が、3/11で中止になり、急遽ロシアで開かれることになったやろ。


その開会式でロシアは、スケートリンクの真ん中に大きな日の丸を描き、スケーターたちが日の丸を囲んで弔意を表したんやで。







その時の詩がとても感動的で、あったかい心がいっぱい詰まったハートフルな詩だったので、その会場にいた人が、みんな感動したんや。



そのロシアでのスケート選手権大会の独占放映権を持っていたのが、ロシアと日本の仲が良くなることを良く思っていない支配者がコントロールしているマスゴミ、フジテレビやったんや。



それでフジは何をしたかというと、その感動的な日本への愛のメッセージを編集してカットし、キムヨナの特集を組み入れたんや。

やる事がせこいよな。



その感動的な日本へのメッセージは、次のようなものやった。



地球が痛みでうめき声を発した 。

自然の強さに全世界がショックをうけ あらゆるものを水は深海に流した。
 
しかし 何があっても太陽は東から昇る 。

地震と津波は光には勝てない 。

我々の神様が 地球の皆の命を保ってくれることを祈る 。


桜が咲く公園はたくさんあることを 。


白樺が咲く公園はたくさんあることを 。

鳥が春の歌を歌えることを。


旗が勝利の祝いで挙げられることを祈る。


 
子供たちも一緒に大人たちへと願う。
 

日本の友の皆さん。 

私たちと手をつないぎ、 われわれがこの地球において

ひとつの家族だっていうことを 忘れないでほしい。




こんな素晴らしいメッセージを伝えてくれないメディアってなんやねん。そんなに愛の社会になるのが嫌なんか。



https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/d2dc4207b8b058d1ba5e6d79377fe252










コメント

米のINF条約離脱に迅速に対応できる  プーチン

2018-10-25 15:25:34 | プーチン ・ ロシア







10.25 プーチン大統領:ロシアは、米国のINF条約離脱に迅速かつ効果的に対応することができる


ロシアのプーチン大統領は、ロシアは米国の中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱に対応できるかとの質問に、迅速かつ効果的に対応できると答えた。



イタリアのコンテ首相との記者会見で、


「我々が対応できるかというあなたの質問に単刀直入に答えると、我々はできる。しかもそれは非常に迅速かつ効率的なものとなるだろう」と述べた。



またプーチン大統領は、INF条約からの離脱に関する米国の決定はかなり前に承認されていたが、最近になって発表されたと語った。



プーチン大統領は


「問題が起こったのは米大統領がこれを発表した昨日や3日前ではなく、問題はもっと前に起こっていた」と述べた。



先にトランプ大統領はINF全廃条約について、ロシアが条約に違反しているとして条約を破棄する考えを表した。


またトランプ大統領は、米国は軍備を増強する方針を示した。



中距離・短距離ミサイル廃棄条約は、1987年に米国とソ連が調印し、翌1988年発効した。


双方は、自国の射程1000から5500キロの中距離ミサイルと、射程500から1000キロの短距離ミサイルを完全に廃棄する義務を負っている。



1991年までに合意は遂行され、2001年まで双方の間で総簿査察が続けられた。


なお欧州諸国を含めた他の国々は、相変わらず、中短距離ミサイル保有が可能とされている。




また米国は、一貫して、条約の維持を支持しており、米政府は、そうした立場は、米国及び世界全体の安全に答えるものだと確信している。


一方ロシア政府は「自分達は条約を遂行している」とし、

逆に「米国は、条約を隠れ蓑に、実際は、禁止された兵器を展開している」と反論している。



これまでも米国政府の複数の高官は、中距離・短距離ミサイル廃棄に関する条約に違反しているとの理由で、ロシアに対する経済的軍事的措置導入の可能性について、繰り返し述べてきた。


しかし、いかなる決定も下されておらず、公式的な証明も提案されていなかった。







‍10.25 プーチン大統領、米のINF条約脱退の場合の対抗策を説明


中距離核戦力(INF)全廃条約から米国が脱退した場合、予想される米国の行動に対して「非常に迅速、かつ効果的に」対抗する能力がロシアにはあるとプーチン大統領が表明した。


イタリアのコンテ首相との会談の結果に関する共同記者会見の中で述べた。



プーチン大統領は、INF全廃条約から米国が脱退した後、欧州に米国のミサイルが供給される可能性があると語り、


全く同じ形で対抗することをロシア政府が強いられることになると確認。


そのため、ミサイル配備に同意する欧州諸国は、自分たちがそのような行動によって自国の領土を予想される報復攻撃の脅威にさらすということを理解しなければならなくなるとした。



そのうえで、

「一般的に言って、そのような高いレベルの危険な状態にまで欧州を至らせる必要があるというのは理解できない。


そのような必要の根拠は全く見出せない。繰り返すが、これは我々の選択ではなく、我々はこれを目指してはいない」と述べた。



また、プーチン大統領は、軍備拡張の制限を規定する複数の合意からの米国による連続的な脱退に憂慮を表明した。




コメント

光学機器を破壊できる   自立型深海用潜水艦

2018-10-24 15:20:02 | プーチン ・ ロシア



8.24 敵のあらゆる光学機器を破壊する弾薬 ロシアが開発に成功


ロシアで、一定の範囲においていかなる敵の光学機器も撃ち落とすことのできる弾薬が開発された。


国際軍事機器フォーラム「アルミヤ2018」で露NPO「プリボール」のユーリー・ナボコフ常務取締役が明らかにした。



ナボコフ常務取締役は


「我々は作業を行い、予備製品を作った。

特殊弾薬のテストサンプルも用意した」と公言した。


ナボコフ氏は特殊弾薬は

「ある一定の半径における敵のあらゆる光学機器」を制することができると語っている。



一方で新型弾薬の効力の及ぶ半径範囲についてはナボコフ氏は明らかにはしていない。



ナボコフ常務取締役によれば、NPO「プリボール」は現在、この弾薬についての露国防省の決定を待っている。


ナボコフ氏は、国防省がこうした弾薬は必要との判断を下した場合、「プリボール」は作業規模を本格的にしてゆくと語っている。











9.11 マリアナ海溝をロシアの自立型深海用潜水艦が探査


ロシアの国立機関「先進研究基金」は、2019年に世界最深のマリアナ海溝の調査を行う。


これには、自立型超深海用無人潜水機「ヴィチャージ(騎士)」が使用される。


先進研究基金はこの調査計画について、ウラジオストクで開催の東方経済フォーラムに出店したブースで明らかにした。



計画では地球最深の海溝での大規模で詳細な調査を行うために最新機器を搭載した潜水機「ヴィチャージ」と、船からワイヤー伝いで海底におろすことのできるステーションが使用される。



水中の作業では、海底地形図の作成、対象物の探索と分類、海底の環境データーの収集、そして、
水と土壌のサンプルの採集が行なわれる。


このプロジェクトが立ち上げられることで、最深の海底で地震探査や掘削、炭化水素の採掘作業に使われるロボット工学の技術開発に弾みがつき、完成するものと期待されている。





コメント