ひーず のーと

旅、食、落語・・・と日々思うこと、思い出したことの備忘録

野村克也 阪神タイガース暗黒時代再び

2013-12-23 12:35:07 | マイ ブック
 昨年、宝島社新書から出版された、元監督野村克也による、『阪神タイガース暗黒時代十八番再び』を読みました。
 2005年優勝後の阪神の低迷について書かれた本です。
 とは言っても、それ以前の問題点も。マスコミも足を引っ張ること、スカウトが無難な選手を指名しようとしていることなど。
 また、読売と違い長期政権がなく、チームづくりの方針、目指しているチーム像がないこと。その中で、頑固な岡田、台本通りの真弓と続いたこと。そこで、巨砲主義に陥ったFA戦略を取ってしまったこと。
 そして、きちんとしたキャッチャーが育たず、それどころか、ちょっと窮すると城島、藤井と、リードは買えないキャッチャーを連れてくること。などなど。
 そして、今では観客動員数も、読売に抜かれてしまった…。今年は藤浪を取ったので、昨年より良かったが、この本を読むと阪神の将来が不安だ。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 国立劇場・軽食十八番 十八... | トップ | 鎌倉からり 特製天丼 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マイ ブック」カテゴリの最新記事