ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

岩手山(南部片冨士)

2018年10月06日 10時40分45秒 | 岩手県の散歩道
岩手山

十和田八幡平国立公園に指定されていまして。二つの外輪山からなる標高2,038mの岩手県を代表する山です。

岩手山・姫神山・早池峰山の岩手三山による伝説があります。 昔、記事に書いたことがあったような気がするので割愛。

東北自動車道を安比高原側から岩手山SAに向かう下り坂からみる景色は最高です。

もう少しすれば山頂は雪化粧をする季節になりました。 山頂に駐車場があってよく行きましたが、地上から比べると2~3度寒いですから、吹雪くともっと大変です。山頂から反対側が秋田になります。

これからの紅葉も楽しみですね。









雪が降る前に行きたいですね。

『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 善知鳥神社/青森市 | トップ | 大山祗神社/金木町岩見町 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
全然関係ないですが・・・。 (綱永井寵生)
2018-10-07 22:26:49
全然関係ないですが、吉田大洋の「竜神よ、我に来たれ」の新装版が大元出版から出ています。amazonで買えるようです。
綱永井寵生さんへ (ひー)
2018-10-08 10:00:21
復刻判、やはり売れると思ったのか?
コピーしかないので買おうかな・・・
チェックしてみます。
ヒカルランド。 (綱永井寵生)
2018-10-09 20:31:19
失礼しました。大元出版ではなくヒカルランドでした。
大元出版では竜神と幸神の本も出ています。中々の内容でした。
綱永井寵生さんへ (ひー)
2018-10-10 15:36:13
「竜神よ、我に来たれ」届きましたよ。
再度読み直します。
アマゾンで元の原本中古が2万円超・・・再販されてがっかりでしょうね。
富さんの御息子の本は一冊買いましたが、もう一冊は新品でも中古扱いにして何万すようにプレミアを付けています。まだ御存命ですよね。 なんか金儲けならチョット距離を起きたくなりますね。
Unknown (クロンシュタット)
2018-10-11 04:32:27
真冬に繋温泉の大きな窓から真っ白な岩手山を眺めていたことがあります。
そういえば津軽の岩木山も真冬の弘前城から息をのみながら見つめていました。

本物の富士山は自宅周辺からもしょっちゅう見ることが出来るのですが、やはり東北の富士山は「おらほの山」。

岩手山近くの雫石上空で起きたあの大事故。
亡父が遺体の収容作業をしています。
あまりにも悲惨な現場であったそうです。

クロンシュタットさんへ (ひー)
2018-10-13 11:27:42
初めて岩手山を見た時は驚いたものです。
、弘前城の北側の岩木川の河原が桜祭りのバスの駐車場になっていまして、そこからも岩木山がよく見えました。
お客さんが弘前の桜祭りを楽しんでいる間、私は一人で岩木山を見つめていたわけですね。
本物の富士山は高さに驚きました雲の上に山が見えたわけですから、五合目までバスを運転していったことがあります。思いました。  冨士さんは遠くから観るものだと。

そうそう雫石。あの側を通る時は今でも雫石の航空機事故の話をガイドがします。
お客さんも年配者なので理解できます。
雫石スキー場には自衛隊のスキーの訓練に使っている隊があります。食料は非常食でした。

コメントを投稿

岩手県の散歩道」カテゴリの最新記事