せろふえ

チェロとリコーダー
自閉症の娘
本と漫画 農と食 囲碁パズル
とっちらかっているので、気になるカテゴリーやリンクを

喰らう読書術 一番おもしろい本の読み方  荒俣宏

2021年01月08日 | 
 あまりおもしろくなかった。著者の博学には敬服するし、言ってることはいたく共感する。僕はそれほどの本持ちではなくて、楽しみのためにただ読むだけだ。図書館はすばらしい。マンガがそれほど置いてなくて不満だ。楽譜も。
 前にも書いたが、図書館にはもっともっと楽譜を置くべきだと思う。著作権の切れてないものはネット上にないのだ。だがパラパラめくったり、(ピアノはろくに弾けないけれど)ちょっと音にする、ということのために楽譜を見てみたい。もうすこし僕に能力があれば、アンサンブルや、自分が楽しむために編曲したりできる。そのために図書館に楽譜を置いて欲しい。
 マンガはしょうがない。だからマンガの蔵書が増えて困る。でもマンガはいつも近くにあってパラパラめくったりしたい。だからしょうがない。
コメント   この記事についてブログを書く
« 緊急事態宣言のこと | トップ | ヴェラチーニ コンチェルト... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事