四国鯉釣り案内

これは私の四国四県での鯉釣り釣行記です。

今年の反省

2017-12-31 21:04:02 | 鯉釣り
今年の釣行は大きな釣果を出す事はなかった。イカダズダムなどは1回もいかなかった。しかし、仁淀川では新しいポイントが出来たし、新規にキャンプ場も2ヶ所造られていて、春のオープンが楽しみだ。津賀ダムは初夏に2回釣行したいと思っている。ゴムボートとエレキモーターがあるので、下流のワンドへ行く考えだ。
さて、来年はどうなるか。大いに期待しないでおこう。
コメント

H29年秋・津賀ダム釣行

2017-11-25 19:38:08 | 鯉釣り
    M氏 カガミゴイ 53センチ上げる。
今年の秋の津賀ダム釣行は11月13,14,15の3日間で行いました。私は13日早朝釣り場の下津井河川敷に到着、午前中は雨になったので午後からエレキモーターのボートで下流域を見て回りました。左岸国道439号沿いの方が深場が多い感じでした。13日昼すぎ高知鯉釣り釣行会のM氏夫妻、続いて香川のT氏が到着、サオ出しとなりました。この日私はヘラ1匹、他の3名も順調にヘラを上げたようです。夜は鍋料理とたき火で盛り上がりました。14日夕方、M氏に珍しいカガミゴイ53センチが上がりました。私もここでは初めてなので、驚きました。53センチの若鯉なので、この両親、祖父母も当然生息していると思われます。しかし、15日昼の納竿まで鯉のアタリはありませんでした。この日14日は朝07;00で気温3℃、水温8℃でした。今回のエサはコマセが醗酵米ヌカ、クワセは干しイモ=東山と夜間は串ダンゴでした。16日残った3名からアタリはなかったとメールがありました。
コメント

釣り人親睦会

2017-09-08 18:36:45 | 鯉釣り
今年も8月27日にFハヤシ釣具店主催の親睦会が市内のホテルで開催されました。200人近い釣りファンとその家族が集まり、今年も盛大なパーティになりました。私は仕事の都合で開始の夕方6時には遅れましたが、釣り仲間のM夫妻の横に席を取って楽しいひと時を過ごしました。また、この秋から来年春までの釣行予定も話し合いました。
コメント

平成29年・うるう5月

2017-06-19 20:41:32 | 鯉釣り
写真は今年の旧暦のカレンダーです。今年は5月のあとに「うるう5月」が入っていて、4月~5月~うるう5月~6月、 と月が進んでいきます。初夏に1か月割り込んでくるので、夏は長く、季節は順次ずれて秋は11月中旬ごろまであり、冬はクリスマスのころからやっと寒くなるような気がします。 さて、私のこの予想当るでしょうか。
コメント

好調・鏡ダム

2017-06-08 19:55:32 | 鯉釣り
去年からダム堰堤横のスロープからボートを出し入れするバス釣りの若者から砂瀬橋近辺で大型の鯉を見かけると言う話を聞いていたので、左岸の杉林下を調べたら、4月1日に橋下流のワンドで、巨鯉を発見、13日に朝80㌢台を2匹、6月6日に91㌢をあげるのに成功しました。写真は91㌢のものです。
コメント (1)

H29・春の津賀ダム釣行

2017-06-08 19:03:54 | 鯉釣り
5月16,17と恒例の津賀ダムへ釣行しました。以前にも書きましたが、このダムは高知県西部の梼原(ゆすはら)町を流れる梼原川に作られた古いダムです。漁協がヘラ鮒を放流しているので、「へらだま」と言われる20匹位の群れがすごく多いです。ここにサオ出しすると必ずヘラの洗礼を受け、その後鯉釣りが始まります。今回はM夫妻と香川のT氏こ4人で釣行しました。私は前日の15日昼すぎ高知を出て、3時すぎに下津井の河川敷に到着しました。ボートでコマセを投入後いつものエサ(クワセは干しイモ、寄せは醗酵米ヌカ)で始めました。この日はヘラのみでアタリなく、16日朝7時すぎM夫妻が到着直後86㌢をあげました。その後アタリなく、Mさんは夕方までに80、75㌢を各1匹を上げたようです。T氏は昼すぎ到着、4人でサオ出しになりましたがアタリは夕方に私に80㌢が来ただけでした。夜は楽しいなべ料理とたき火で盛り上がりました。私は17日昼納竿帰宅しました。 border="0">
コメント

鏡ダム・ヘラのハタキ始まる。 

2017-06-07 23:50:23 | 鯉釣り
今年平成29年のへら鮒のハタキが4月8日鏡ダムで始まりました。写真は2月中頃写したものですが、水温を3月20日から調べはじめ、11℃前後が10間位続いたあと4月4日から
12℃に上がり、8日に14,5℃になり、堰堤近くの駐車場下の水面をへらの群れが動いていました。 さあ、いよいよですね。
コメント

平成29年 謹賀新年

2017-01-01 20:28:24 | 鯉釣り
私のブログを見て下さっている鯉釣りファンの皆さま、明けましておめでとうございます。
今年もいろいろな情報を提供していきます。よろしくお願いいたします。写真はサメウラダム上流の瀬戸川・南川橋近くです。
コメント (2)

H28年冬・カンタロウミミズのガケ登り。

2016-12-14 07:45:29 | 鯉釣り
12/5、昨夜からの雨も上り仕事帰りに駐車場に行ったら多くのカンタロウミミズを見た。今年の春、夏はほとんど見かけなかったので、発生のない裏年かと思っていたが、そうでもないらしい。車で道路の端を見ながら行くと、カンタロウが側溝横の急斜面を登る所を見た。今日13日も小雨の天気だったので、同じ所へ行くとやはり急斜面を登る所を目撃したので、写真に撮った。コケにつかまってつづら折りを行く要領で器用に上がっていた。 なお、もう1つの写真はハリス3本包み込み式のコマセダンゴを入れた写真。ハリ下のクワセはミニトマトサイズのモチを付けたもの。
コメント

ハリス3本包み込み式ヘアリグ仕掛け

2016-11-21 18:55:55 | 鯉釣り
私がコマセダンゴを投入する時、ダンゴが空中分解する時が時々あります。これはダンゴにヒビが入っていたり、ツブの大きいエサが入っていたり、ダンゴが柔らかい状態だったり、いろいろ原因があります。ダンゴを送り込みで近くに入れる時はいいのですが、サオ3本以上の距離へ投入したい時は写真のような包み込み方式にするとダンゴが割れずに投入できて便利です。これで女性が握るダンゴでも割れずに投入できます。写真のサイズは、
 全長 40センチ、 左のビニール付ハリス(ケプラート6号)~スイベルまで 8センチ
 左スイベル(4号)~右スイベル(4号)まで20センチ=2個のゴム管を入れてある、
 ここはケプラート4,5号
 右スイベル~ハリ奥のヘア部分まで10センチ、
 の各サイズです。スイベル間のハリス4,5号は最初の左端以外はしばってないので鯉がか
 かると1本にのびます。ダンゴを3本のハリスにはさんでから、左のゴム管をずらしてダン ゴを固定し、ゴム管につまようじを差し込んで固定します。それと右スイベルとハリの間隔 も変えられます。 写真のハリはイセアマ15号です。
コメント