ビデオ撮影 編集ブログ

ビデオカメラ HFG20 HFG10
編集機 ローランド DV-7G
     & 写真編集ソフト

一歩進展

2013年10月31日 | Weblog


昨日は
普通には、ほぼ仕上がりに近い
レベルから
一層作品らしく進展させたと思います

具体的に言いますと

① 出発して高速道路の車外を
  窓から撮っていましたが
  そこへ二人の顔を
  小さく順に挿入

  (作業的には)
   A 「モーション」機能で顔をup 静止画保存
   B 「PinP」で縮小 配置

  ② 途中でひとりの友人を乗せた折り
    上と同じ要領で顔を表示

  ③ いくつかの
    パーキングエリアの名前表示
  
  ④ 明石海峡大橋や鳴門大橋に
    侵入時
    車窓の映像と
    橋の全体画像とのオーバーラップ

    (作業的には)
    A 上段インサート欄に置いた
    橋の全体画像に「ダブル・エクスポージャ」を
    掛けました
   
  ⑤ ラストのシーン
    ここは大いにガンバリました

  
でも しかしですね
まだ
タイトルを入れてないんです

何て題にしようかな

「ウクレレ弾いて旅ゆけば」
「パーキングで食事を」
「旅の準備は大変だった」
「犬のエサを買ってゆこう」

なかなか
良いタイトルが思いつきません

では
「題名のない旅」
こんなんどうでしょう?

エヘヘ 

コメント

行ってきま~す

2013年10月31日 | Weblog

 現在
編集中の旅の「前編」「後編」
共に一から見直しまして
シェープup(洗練化)したつもりです

次々と
アイデァが浮かんで来ますので
ほぼ仕上がってから
一層”てんやわんや”の
状態です

まぁ
いつものパターンでは
ありますが

① まず大まかに全体をまとめます

② いろんなシーンを、前後関係なしに
  思いつく箇所から手直ししていきます

③ 一応、ほぼ全部修正し終えましたら
  一度DVD化します

④ テレビで観ながら、手直しする箇所を
  書き出しすと同時に
  新しいアイデアを追加します

⑤ 書き出した数十箇所の修正箇所と
  アイデアの作業を実施します

⑥ この辺で大分、作品らしくなって
  来ますので
  「タイトル」
  「説明のテロップ」
  「BGM」そして必要なら
  「効果音」を
   入れてみます

⑦ 再びDVD化して
  テレビで観ながら修正箇所を確認

⑧ 「タイトル」「音楽」を含め
  切り替えのタイミング ”間”は
  感性に合っているかどうかのチェック

⑨ この頃になると
  仕上りに影響する
  微妙なタイミングになり
  編集作業が
  壊れ物にさわる様な感じに
  追い込まれてきます

  そうなると
  客観的に判断したくなりましたので

「ちょっと散歩に行ってきま~す」

 いそいそ  

コメント

蛍光灯は見ていた

2013年10月30日 | Weblog


この間
散歩の途中に見かけた
近所の電気屋さんに行って
蛍光灯の取り付け部分の
チェック頼みました

初めての店なので
仕事ぶりが心配でしたが
その不安が”的中”しました

もう70歳を
超えておられるご主人でしたが
まず
蛍光灯と言えば
普通天井にありますが

でも脚立も持ってこないで
我が家の椅子で代用しました
その椅子は
台にする性質のモノではないので
グラグラ
わたしが
ず~っと椅子を支えていました

脚立を持ってこなかった時点で
この依頼は
早急に「おしまい」モードにしました

そのアト即
大手の家電メーカーさんに依頼
まず無料で「見積り」に来られるとか

一概に
大手さんが良いとか
個人商店さんが良いとかは
言えませんが
今回は
出だし失敗でした

仕事で現役の頃は
いろんな業種のお店とも
親しかったのですが
今は
場所的に遠く離れてしまいましたし

以後注意が必要だと
思いましたが

又、やりそうな気が
します

アカンがな!
 
トホホ 

コメント

独り工房

2013年10月29日 | Weblog

今回の作品の仕上がり状況は
前編、後編ともに
95%以上完成しています

共に
ラストの回想シーンを
残すのみになりました

一番得意とするシーンですが
その準備中です
今回はいつも以上に
微妙に緊張感が

あって、面白いものです

で、作品の良さ、完成度は
どうかと言いますと
全ては
ラストの盛り上げ次第
今迄のところ
及第点には届いていると思います

自分で撮って
自分で編集して
自分で観て楽しんで

わたしが
行動を起こした結果が
作品となってこの世に残ってゆく

これこそ
創作の醍醐味、快感であります

独り工房も
捨てたもんじゃァ
ア~リマセンカ

バ~イ 

コメント

まだまだアキマヘン

2013年10月27日 | Weblog

ビデオ作品において
現在は
アトの編集で
ラストからでも仕上げていける
ノンリニア編集の時代
自由度が半端なく
楽になりました


わたしは
あれこれ考えながらも
当意即妙に
撮るのが
性に合っていますが
アトで
撮り逃している事に
気が付くことがあります

今回の撮影での
反省点は
結果的にですが
人を
まんべんなく撮らなかったコト

無い袖はふれないように
撮影していない映像は
作品に使いたくても
使えませんので

趣が
やや違った作品になります

まぁ
天下国家のコトでは
無いので
ほどほどに考えると
致しましょう

ボチボチ 

コメント

♪ 悩みは果てなし ♪

2013年10月27日 | Weblog

使用している
キャノンHF-G10ですが



前にフードが付いていますので
小雨くらいの時はレンズに
雨がかかりにくくて
先日の旅の折には助かりました

そして
風防止の"モフモフ"ですが
完全ではありませんが
大分風音を防いでくれていました

より本格的に
装備するには
一層大きな高性能マイクと
ウィンド・ジャマーを装着すると

"ハク”がつき
サマ”になるかも知れません、が

わたしは
ぜんぜん見栄っ張りとは無縁の
性格ですので、
ビデオカメラも
今位の装備で十分満足しております

後は
実力次第で
そこが”腕”の見せ所

しかし
その

実力がないので
困っている状態が
続いておる訳でありまして

いつまで経っても
悩みは
尽きません

♪ 宵闇~せまれば~
    悩みは~はてなし~ ♪
ホホ 

コメント

エヘヘ

2013年10月26日 | Weblog

ここ連日は
先日の2泊3日の旅で
撮影したビデオ映像の
編集に明け暮れています

おまけに
ウクレレの練習も片手間に
行っております

今のところ
いつもの調子の
作品のレベルだと思っています

総撮影時間は3時間程でして
それを編集で圧縮して

2本の作品になる予定です

ひとつは
愛媛県に行くまでの
サービスエリアでの休息を含む
車での移動シーン

もうひとつは
現地での滞在中に
撮影した様々なシーンです


撮影に限りませんが
人それぞれに
追求する度合いによって
それに対する
姿勢が変わって
来るものだと思います

今回は
”本気モード”
結果は
”ほどほどモード”

そらアカンがな
エヘヘのヘ

撮影というのは
リアルタイムで進行して行く
1%も油断できない
わたしとしては
「むつかしい」モノでした

ひとまず
落ち着きましたので


まぁ~ひと時
ボチボチでございます

エヘヘ 

コメント

BGMを用意してくれたけれど

2013年10月25日 | Weblog

ユーチューブはここ最近ですが
自由?に使えるBGMを
提供してくれています

先日の田舎の動画
にも
少し使用しましたが
ユーチューブからメールが来まして
「収益を求める作品には
このBGMは使用出来ません」との
コトでした


ユーチューブも
どんどん一般の投稿作品を
応援するために
時代も変わって来たなぁ~と

感じていましたが
100%そうはイキマセン


いつか又
マイナーチェンジして
投稿する予定です

世の中はなかなか

”キビシー!” 

コメント

華は咲かせるもの

2013年10月24日 | Weblog


プロ野球
日本ハムの”ハンカチ王子”こと
斉藤投手
プロ入り後苦戦が続いています

高校野球当時は
活きの良い魚のように
投球がハネていました

確かに
プロ野球で見る斉藤投手の投球は
形を整えて投げているフォームに
劣化しているように思います

ひるがって
皆さんと同様に
モノを創作しているわたしですが
当然の如く
激しく”劣化”が
感じられる
今日この頃です

う~ん、何時頃からか?
つい先日
旅行から帰って来た辺りから・・・

とすると・・・

”劣化”と思っていたのは
・・・旅行の疲れ

と、気づくと
俄然、
何やら「パワーと元気」が出てきたような

さ~て
もう一度
華を咲かせましょう

この世に夢を咲かせる
”花咲か爺さん”にならないと

エイエイオ・オー! 

 

コメント

 ウィンド・ジャマー

2013年10月23日 | Weblog


ビデオカメラ
キャノンHF-G10に
外付けマイクを付け
モフモフのウインド・ジャマーを
被せて撮影しますと
風の”ざわざわ”した音が吸収されて
いい感じの音に撮れていました

ノーマルの
HF-G10のビデオカメラは
わたしが思うに
充分ダイナミックな音量で
録音していると思います

基本的に
室内や屋内の撮影がほとんどでしたので
外付けマイクを使用する機会が
有りませんでした

ここで
そのマイクを使用する上での注意点です
当然ですが
忘れがちなのが

マイクのON、OFFスイッチを
”ON”にしておく事です

今回の旅では
風の音防止に役立ちました

”モフモフ” 

コメント