ビデオ撮影 編集ブログ

ビデオカメラ HFG20 HFG10
編集機 ローランド DV-7G
     & 写真編集ソフト

ちょっと思うこと

2009年02月25日 | Weblog

 

私自身

ビデオ作品は私の○○家の記録を残すため
作曲は私の能力を世に問う手段と
シンプルにターゲットは決まっています

要は共に認めてもらえていない能力ちゅうことで・・・トボトボ

 

以下経済評論家(FP)の木村佳子さんのブログの一部より)

http://yoshiko115.exblog.jp/
***


そういえば誰かが言っていた。
人生は競馬みたいなもんだ。
拍手をもらうところはゴールだよ。
人間だったら鬼籍に入ったとき。
名を残さなくても、「したこと」で
後世の人から
拍手をもらえる生き方ができたらいいですね


***

胸にしみいるなぁ~・・・

 

1993年の甥の結婚式の折、
私自身が撮影した映像を観てみると
招待客の皆さんで
ビデオを撮影していた人はゼロ
去年の結婚式の事を思うと
隔世の感ありです


しかしまぁ、ビデオカメラが
一般に普及して良かったです
メーカーの自体の収益につなげる為とはいえ
よくガンバってくれました

小型化でカルチャーショックなコマーシャルだった
「パスポートサイズ」(ソニー)
  
撮影スタイルにおいて画期的な発想の
ビューカム(シャープ)
なんかが
今思えばビデオを一般家庭に
ここまで広めていく先陣だったのでしょう

「パスポートサイズ」(ソニー)
「CCD-TR55」(
1989年)

http://www.youtube.com/watch?v=eqO7Rv1_NtA


「世界サイズ」などの広告でスタートしましたが
浅野温子さんのCMを見たお客さんが
店頭で「パスポートサイズのビデオカメラを下さい」と言ったことから
ソニーがその言葉をCMに使い大反響になったと聞いています
「パスポートサイズ」なる直感フレーズは
まさに「言い得て妙」

 

ビューカムVL-HL1

(1992年10月発売)


撮影時小さなファインダーを覗いて撮影する常識を
ひっくり返して、ビデオカメラに液晶画面をつけた事
これにより
撮影の角度の自由度が大きくなり
再生の際もビデオカメラで事足りるようになりました

「液晶画面を機器に付ける」発想が
その後の家庭用電化製品、デジカメ、携帯電話に
当然のごとく波及していく発想の原点になっていると思います
「目のつけ所がシャープ」の面目躍如そのもの

 

今や
一般家庭でハイビジョンビデオカメラ
そう
「楽しみは皆さんの手の中にある!」ので~す

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文明開化の鐘がなる

2009年02月10日 | Weblog

私の所有したビデオカメラのなかで
一番活躍(使用)しなかったは
Hi8のsonyのVX1です

それまでシャープのビューカム初代機を使用していました

Hi8の画質は、テレビ画像よりどうしても落ちる
Hi8の家庭用最高級機VX1ならテレビのように
綺麗にスッキリ映るのかなぁと思って(無知でしたネ)
大いに期待して購入しました

部屋で撮影しても余りいい感じでは無かったので
「そんなハズはない」と
sonyの値段の高いマスターテープとかを購入
近くの公園へ行って
いろいろ撮影しました

ファインダーの画像は白黒でしたから
液晶カラーが当たり前の今思えば”ヘン”ですね


家に帰ってテレビで再生
ビューカムとほとんど画質は変わらない感じ
「な~んだ」、と思いました


相変わらずテレビ放送の画質にはほど遠い
Hi8の基本画質は400本位ですから
仕方のないことでした

放送に使われる映像のビデオカメラは

当時、水平解像度8百本位だったんでしょうか

 

結局
仕事仕事で毎日明け暮れていましたので
使う機会も少なく、
いつしか
シャープでスッキリ映像の
DVに時代は移っていきました

 


DVになってから
VX1はHi8の再生専用機として
使用していましたが
いつしか故障(カセットのドアふた閉まらず)
修理に出すと「部品なし」との事で
万事休す!

 

VX1の良かった点は
ピントのふらつきが少なかった事でした

しかし最近の普及版のDVビデオカメラの画質をみると
性能が落ちているのか
錯覚か
以前のHi8の画質の方が
えらく良くみえる今日この頃です
しかし
時代は移り
もうハイビジョンが当然の環境になってきた感じがします・・・

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奮い立たせてくれる言葉

2009年02月05日 | Weblog


最近はビデオサロンの読者の投稿欄の作品
を見たり、ユーチューブの映像を見たりと

http://youtube1.e-lesson1.com/
吸収の日々でした


ビデオサロンの作品では
創作アニメの『香り地蔵』(10分50秒)
が良かった

http://www.genkosha.com/vs/movie/video_park/entry/1_7.html
地蔵さんとハッキリ思わせるラストにしない方が
いっそう、印象深い余韻になると思いました


掲載されているほとんどの作品を見ました
DV-7で編集されている作品も多くて
親近感が湧きました

 

ユーチューブの映像では
「感動」編をよく見ました

思い知らされることが多かったです・・・


そうこうしているうちに
こんな映像、こんな言葉にたどりつき、
まさに「感動」でした

「奮い立たせてくれる言葉」

http://www.youtube.com/watch?v=pwoopZyCzzg&feature=related

せめて10年でいいから戻って
やり直したいと思っているのだろう
今やり直せよ 未来を。
10年後か、20年後か、50年後から
戻ってきたんだよ今。

読み人知らず(2ちゃんねる)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加