ビデオ撮影 編集ブログ

ビデオカメラ HFG20 HFG10
編集機 ローランド DV-7G
     & 写真編集ソフト

今年の編集作品あれこれ

2011年11月30日 | Weblog

今年の編集作品です

 

5月 兄の三回忌

5月 天王寺動物園へ 
地デジテレビを購入したのでHV-30のハイビジョン画質検証のため撮影に行きました

HV-30の画質は22型テレビでの評価ですが
良かったです
目が肥えてきた現在は
もっと上の機種(HFG10)での創作を
めざしたいです


7月頃 1997年に家の室内工事の模様を撮影した映像を編集

及び

箕面と鳥取方面への「記念旅行」の映像編集

10月13日にDV-7G発売

ここから
SD規格のDV-7DLSEから
ハイビジョン映像編集ソフトDV-7Gに換えて編集

 

10月 ある「結納」のデジカメ画像をビデオ作品に編集(5分)

10月 2つの結婚式のデジカメ画像をビデオ作品に編集(10分と13分)

11月 甥の結婚式を撮影および編集
各43分で2部構成

 

すべて全力投球でした

と「日記には書いておこう」
ではなく 一作ごとに全精力を注ぎ込みました
私にとっての会心作の連発でしたが
それを観る人はどう捉えるかは
また別の問題です

そこに創作する者の孤独があるのでしょう  
ナ~ンチャッテ エヘヘ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心からの笑い

2011年11月29日 | Weblog

もともと出不精な性格なので
名所旧跡には余り縁がありません

いろんな映像や画像を編集していて
その世界に気持ちを同化させると
私も共にその地を
旅して
美味しいものを食べ
楽しく旅行できた気分になり
それで十分十二分です

さて
映像内の
いろんな人の表情もとても気になります

喜怒哀楽の表情が表れては消え様々な
印象が残りますが
結局は笑顔、心からの笑顔が一番素敵で
相手を安心させ
編集している私の心をも
”ほっと”和ませてくれます


もう大分以前になりますが
喫茶店で連れを相手に
腹からの大笑いしていたら
マスターも笑い出し

「それだけ楽しそうに笑っていたら
こちらまで楽しくなって、
つられて笑ってしまう」と
言われたことがありました


その時から
もう二十年近い月日が経ちますが
あの時と同じように腹から笑う事が
いつか又
あるんでしょうか・・・ トボトボ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動物園

2011年11月28日 | Weblog

最近ここしばらく
「首を長くして待ってくれている」
キリンのいる動物園に行っていません

久しぶりに行きたいものです
動物園が一番気楽にビデオを撮れますし

そして”充電”も兼ねてです

編集は体力は使いませんが
心のエネルギーを注力し続けますので
燃焼が激しく
まさに”心の充電”が不可欠です

一段落つきましたら
動物たちに
”癒し”と”和み”を貰いに行きたい
今日この頃です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

編集は感動だ!

2011年11月27日 | Weblog

 

「人生は感動だ!」
が持論の私ですが
個々の事柄にもそれは満ち溢れています

「映像」や「写真」のその時間に立ち止まり
その空間に入り込むことにより
どこにでも

「ドラマ」や「感動」は

そこに存在していることが
そして
待ってくれていることを感じ解ります

それを引き出して貰うことを
物言わぬ「事象」や「現象」達は
待ち望んでいることを
我々が察し感じてあげる優しさと
それを見つけてあげる感性を
持つこと

それが
私たち映像のみならず
創作にかかわる者が大切にしたい
”魂”であり”真髄”であると思います

 

パチパチパチパチ~!
(誰も拍手してくれそうにないので
自分でしています) トボトボ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢のまま

2011年11月26日 | Weblog

さて
何もしないうちに
年の瀬の12月が近づいてきました
今年も「夢のなかで描いている夢」は
夢のままです

 

それはそれとして
DV-7Gで一応仕上がったりした作品は
「保存」しますが
何処へ保存されたか行方不明の場合があります

その時の単純な解決方法

「DVDメーカー」を使用していますので
それの
「ファイル開く」で出てきます

しかし
とんでもない所に保存されていて
驚くことがあります

 

 

驚くというほどの説では
ありませんが

ある人が言うには
「眠るにも体力がいる」
らしいです

それで
歳がいくと眠りが浅く夜中に目が覚めたり
朝早い人が多い、との説です

正しいかどうか解りませんが
私の場合単純に
疲れたときは長く眠っています

夢を見るのも楽しみです
あの
訳が解らないけど
「いろんな部屋に自由に住みつく」
定番の夢は待ち遠しいです

そろそろ
今夜あたり見れそうかな エヘヘ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の勇姿

2011年11月25日 | Weblog

これが披露宴会場での

私の勇姿???です

 

別に帽子ハットをかぶっている訳では

ありません

これは被写体の奥にタマタマ

私が偶然写っていただけの事です

ビデオカメラが大きくないと

見栄えの迫力が無くて

ハッタリが効かないです

ただただ
ハッタリだけで生きている私にはツライです

なんでやねん!ポン!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

復活の日々 コマツナ右京

2011年11月24日 | Weblog

編集データー消失の件
再編集しまして復活しました

ベースが頭に入っていますので
多少手直しをした上で復元しました


さて
知らぬ間に
大変寒くなってきました
皆さんは如何おすごしですか

今年に関しては
私の家に秋が訪れたのかどうか・・・
ご近所には来ていた様にも思いますが
聞きに言ってきましょうか

-ポン! なんでやねん!

 

暑さ寒さの事を言わない期間が
春とか秋だったんですね

ひたすら作品の完成度を追及して
とか”カッコウ”の良いことは言いませんが
9月に
ローランドから待望久しい
ハイビジョンの編集ソフトの発売発表があって

10月に発売
即購入後

ひたすら使用し続けていましたので
本当のところ今年に限っては
「♪小さい秋」も「♪燃える秋」もありませんでした

それ程DV-7Gのソフトは
ハイビジョン編集ソフトという意味において

私にも簡単に使えたという意味において

性能的にも”なかなか”の事が容易に出来る
という意味において

(いくつかの部分を除いては)期待以上でした


「切り替え効果」や「タイトル」の効果に関しては
より多くの追加を切望します

ユーザーの皆さんからの意見を集約して
是非バージョンup版に活かして頂きたいと
思います

と、この文章を書きながら
DV-7Gは頭にねじりハチマキで
今「レンダリング」の真っ最中です

エヘヘ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

編集中の居眠りにご注意

2011年11月23日 | Weblog

あくまでビデオの世界での事ですが

とんでもないコトが起こっちゃったゼ旦那!

パソコン上で
作業の結晶である
映像の

「編集データー」が

全部消えてしまいました

ここ10日間程
コツコツ作業を積み重ねてやっと
40分の作品が完成に近づき

最後の仕上げをしていたら
夜中ウトウト眠ってしまったらしいです

気がつくとマウスを抑えたまま
眠っていたのに気がついた

取り合えず
保存してゆっくり眠ろうとしたら
保存するデーターが無いのに気が付きました

まぁ
探しても消えてしまった原因を考えても
何しても消えたものは消えたで
仕方ありません

ここは”プラス思考”で行かないと。

そのまま元通りに作り直すことも出来ますが
それでは面白くない

前回とはちょっと違った切り口で
やってみようと思いました

具体的には
カット(没に)した映像をもう少し使って
作品全体の雰囲気をやわらかく出来たら
と思います

どこまで出来るか解りませんが
”モノは試し 夜はサバ寿司”

てな言葉は無かったですが
ボチボチやってみたいと思います 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私のパソコンのスペック

2011年11月22日 | Weblog

DV-7Gのソフトを入れている
私のパソコンの簡単なスペックが判明しました

一年前購入の
エプソンダイレクトMR4000で

ウィンドウズ7 32bit
Corei5 661 3.3GHz
メモリー 2G×2 4G

そして
作品を「保存」する時

mpeg1.Fieで

1440*808 の設定ではややもたつきます
1280*720  でも同様

よって
普段はスムースに事が運ぶように
1024*576 でやっております


レンダリング時間は

27分の作品ですと2時間ほど
大体4倍ほどかかります

このパソコンによる
ノンリニア編集の環境が良いのかどうか
やり方考え方が正しいのかどうか
解りませんが

ともかく
ぼちぼちと

「感動」

する作品を
めざして作り続けております

と「日記には書いておこう」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

修行不足の巻

2011年11月21日 | Weblog

先月の結婚式で使用したビデオカメラは
以前DVテープと共に画像を載せました
キャノン ivis HV-30でした

 


何度か今までにも撮影はしていましたが
本格的に使うのは初めてでした

感じた使用感は
手ぶれ補正が強力

コレに尽きます
比較したのはDV規格のビデオカメラVX2000です

狙った被写体を
フィックス(固定)で撮る限りにおいては
ほとんど安定した映像で撮影が出来ました

えらく、まともな事をまともに書きましたが
それでは
このブログらしくありません

この結婚式においても
キッチリ私らしい
失敗をしています
皆様も注意してください

実はですね
プロの写真のカメラマンさんがおられました

盛んに被写体の人に話しかけて
写真を撮っておりました

撮った直後
「ハイありがとうございました」
と撮影体勢をくずします

同じ被写体を
横でビデオに撮っていた私も
「ハイありがとうございました」
とのカメラマンさんの言葉につられて
ビデオ撮影の体勢を崩していたので
映像がブレて続かなくなっていました

まだまだ修行不足
まぁ~いろいろあるもんですわ トホホ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加