ビデオ撮影 編集ブログ

ビデオカメラ HFG20 HFG10
編集機 ローランド DV-7G
     & 写真編集ソフト

適曲適所

2009年08月31日 | Weblog

ビデオサロンの「選曲の達人」
二年程前に購入しています

今までに数曲使用していましたが
今回の編集において


第一集のDisk2に収められている
「4000年の時をたずねて」を使用
これが神社仏閣のシーンにどんぴしゃ!
映像を引き立たせた

今迄のところ「選曲の達人」から
使用出来た曲数は少ないが
今回に関して言えば
「やるぜビデオサロン!」という感じ、
「選曲の達人」を見直した
但し、これから沢山使える曲があるかどうかは不明ですで、旦那!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教訓

2009年08月29日 | Weblog

ビデオ編集の場合

「間違ってはいないけどチョット気になる」箇所

それがアトアト作品の「成熟度」において足を引っ張ります

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぶつぶつ

2009年08月20日 | Weblog

コンパクトでよく映り音声もよく拾う

キャノンHDV30+ビデオサロンお勧めのマイク

こんなビデオカメラが歳いくと好みになってきました。

 特別何処へ撮影に行くわけでもありませんが・・・

まぁ一年に一度位天王寺動物園に行ってチョット撮る位かなぁ

何故って?キリンが首をなが~くして待ってくれているもんで

”ナ~ンチャッテ”エヘヘ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生は感動だ1

2009年08月09日 | Weblog

チョー・ヨンピルさんの歌で有名になった「釜山港へかえれ」

ユーチューブで検索してみましたら,たくさんの歌手の歌唱映像があり超感激

キム・ヨンジャさんは力が入りすぎ

渥美二郎さんは日本的で歌い易い

青江美奈さんはそこそこ良い

美空ひばりさんは歌が上手すぎて歌の特徴をオーバー

チョー・ヨンピルさん一番好きな歌唱だったが・・・

今回それ以上に胸をえぐる歌手が現れた!何と森昌子さんだ

素直で無理なく歌唱と歌の捉え方が心にギューと入り込んで乱されたぜ http://www.youtube.com/watch?v=uXo8xPiHJps&feature=related

↑グーグルからの検索で入ると行きやすいと思います

まさに生きているとはこのような「感動」を言うのだ・・・久しぶりに生きた心地を感じた

そう今まで眠っていたんです、トホホ・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャノンivisHG10

2009年08月09日 | Weblog

最近オークションで購入したキャノンのHG10ハードディスク録画のAVCHD

ハイビジョン(HV)のビデオカメラですがDVとして使用しています

横長のハイビジョンビデオとして録画しています.

再生は4:3のテレビモードに変更してDV-7SEに取り込んでいますが、S端子はなくコンポジット出力ですが、思いの他、

期待以上にキレイな映りで色が豊潤、

しかし少し暗い映りでSEでプラス20位明るさ補正しています

まぁ、おおむね満足、

再生を4:3のテレビモードにするとSD画質で、上下に黒い帯がついたワイドスクリーンモードになります

この状態でDV-7に取り込んで編集します バッテリーの持ちも良さそうで付属のバッテリーでも1時間以上持つ感じ(良いと言えるレベルなのかどうか自信ありまへん)

まぁ”ボチボチ”とやりましょか

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑おます

2009年08月05日 | Weblog

DV-7Rを使っていた頃連日いろんな効果を使ったりして、この機器の50%位は使い込んだのではないか、と大いに錯覚して思っていましたが、

今スタジオエディション(SE)を使っていると一層奥が深くて引き出しも多く、未知なるノウハウは数知れずもの凄いモンスターマシーンに思えてきます

今の所、まだ数%位しか使えていません

たとえば「静止画のズームパン」機能

引き出しを開けていけば「ズ-ム」もあれば「回転」もありその動きが又たくさんの種類それぞれに用意されていて、試していくだけでも「大変だぁ~!」

 

はじめにタイトルを付けて映像の無駄をカットエンドマークを付けて完成なる作品は、超カンタンですがゆめゆめ、それを作品と呼び満足する気持ちは「私の辞書には在りません」

 「ではどんな作品を作っとるんじゃ?」と言われても”アレ”ですが、

「”アレ”」って何や

「アレです!わ」

平凡な映像の中にも人が動きその生活、旅行のひと時が映っている様を観ていれば、いろんな背景のなかに映る、何気無いしぐさ、動き、表情からその人その人の人生の一端を垣間見ることが出来てきます。

その映像空間に気持ちを同化させていけば自ずと哀歓、情緒に触れ合いを感じ、そうしていくうちに感動が生み出されてくるものです。

それをどう表現するかはDV-7SEのテクニックを使っての腕の見せ所ですが・・・

これが思い通り詰められない所がアンタ

「言うは易し行いは難し」フニャ、フニャ、フニャ~ッ

バイナラ・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加