ビデオ撮影 編集ブログ

ビデオカメラ HFG20 HFG10
編集機 ローランド DV-7G
     & 写真編集ソフト

「気合だー!」

2010年09月30日 | Weblog

DV-7SEで
アフレコをやりかけています

ある曲を5年ほど前パソコンに入力しました
今聴きなおすと、間奏部で1
小節(♪4つ分)
多いのが気になりました

DV-7でカット編集するのと同じ要領でカットしにかかりましたが、
なかなかピッタリ完璧にいきません

エ~イこうなったらアニマル浜口さん流の


「気合だー!」奏法です

曲を聴きながらその箇所に来た~!瞬間
マウスを押して「マーカー」(目印)を付けます
終わりの箇所も「マーカー」を狙い済まして付けました
「マーカー」を付けた2箇所をカットし
再生して聴いてみると”完璧ネンシス”

その勢いで2番(ツーコーラス)の後の
その部分を同じ要領でカット、カット

結果は
ほんの少し微妙にズレています

1コマでもズレると「チッ」と接続部で異音がします
映像で「カクッ」と揺れるのと同じです

慎重に1コマ2コマ調整したらOKでした

 

まぁ「気合だ-!」も
”ところ変われば品変わる”で、
以上のような使い方をしていますのだ、エヘヘ

コメント

気候よし

2010年09月29日 | Weblog

よい気候になりました


さて
共にオーディオテクニカ製です



新しい電池(LR44)

を入れ替えた小型の方がやや良さそうですが微妙です
小型のマイクに関して言えば
息の風を拾って雑音になるので
付属の フード?が必要です

 

 

昔々使っていた”ダイナミックマイク”はもっと感度が良かった気がします
技術の進歩から考えれば数十年経っている割におかしいなぁ~

まさにいろいろあって
度々言いますが「一難去って又一難」状態です

ただ私が乗り越えられる位なので
低いレベルですけど、

以前
甥の子の女の子が私の似顔絵を描いてくれました

髪の毛を描き忘れていますけど

トホホ・・・

 

コメント

今 そこにある危機

2010年09月28日 | Weblog

以下は

毎日拝見している経済アナリスト 木村佳子さんのブログより引用させていただきました 

 ******************************

 戦争はこうやって始まっていくんだろうな
武富士経営困難の報道。
困ったときに行く先がなくなった人々はどうするの?
就職氷河期に派遣で働き、リーマンショックで派遣先から切られて無職の人々。
資格を取るため大枚をはたいても資格で食えない。
それだけ「金儲けのための仕組みとしての資格商法」がはびこっている証左。
法科大学院の3回ルールでバッファされて怒る人々。
検察のチョンボが明らかになり驚く人々。
気がつくのが遅いのかもしれないよ。
日本は磐石だという思想は疑ってみる必要があるのかも。
すでに軽石国家になっているのかもと。

株は売られ、
ケンカまで売られている日本。

国内の食い詰めた人々がもし、自衛隊で食わせてやるとか自衛団で食えると言われたら?

軍隊はそうした社会的背景で組織されやすいのかもしれない。

仕組まれて日本は軍事国家になっていく、とも読める。
そのための仕掛けが1980年代後半にはじけたと私は思っています。
トリガーを引いている人がどこかにいると。
コントロールされている、誘導されていく先に何があるか見据えないと「龍馬伝」を観ている意味がないとも。
21年間も株価下落しっぱなしなんて異常事態です。怒れ! 投資家たち。

舐めてかかる国にどんぱちやってやれと言い出す人がきっと出てくる。
で、実際に衝突もするんでしょう。
ノーベル平和賞のオバマ氏は再選をあきらめていると聞きます。
2013年共和党からブッシュジュニアより「らしい」大統領が出てきたら?

日本は軽石だ、との認識の下、将来に備えておかないと、とんでもないことになると私は思っています。

コメント

2010年09月27日 | Weblog

DV-7でナーレションのかわりに
歌を入れてみました

音量が足らなくて、録音のあと
「設定」から
「オーディオ」を選んで
レベルを2段階上げたらマズマズでした

マイクの性能が弱い感じで
小型の良いほうを使おうとしたら
多分電池切れ?
(タイプLR44)

夜スーパーへ買いに行くと
売り切れ

ボチボチ
まぁ、こんなところですわ

コメント

ぼちぼち

2010年09月27日 | Weblog

最近は音楽の整理にてんやわんや
カセットテープ MD パソコンに収めてある曲の情報を取り出して・・・と
てんてこ舞いですが
「一難去って又一難」状態です

メーカーにも尋ねないといけませんし
どうなるのかなぁ~

コメント

当然しごく

2010年09月18日 | Weblog

現在
DV-7DLSEで
作品作りをしていますが

前身のDV-7Rで作った作品は
スタジオエディションで作った作品とも
それ程変わりません


        DV-7R 


作品のほとんど95%位は基本編集ですので
7Rで充分良い作品に仕上がると思います


ただ
イザちゅう時にSEの機能の必要性が出てきます

DV-7DLSEとはその名のとおり
SE=スタジオエディション
近藤さんの指導DVDを観ても多種多様なことが出来る性能を持っていますが


結婚式を彩るいくつかの「特殊効果」(センターイメージとかeyc)
写真などを「静止画ズームパン」機能で
動く作品に仕上げるとか
まさにイザちゅう時にSEの底力が発揮されます

ともかく
根本はあくまで丁寧な基本編集が大切だとおもいます

 

結局
この文章を書いたのは
DV-7Rを使って作った初期の作品を久しぶりに観返していましたら

SEで作っている現在の作品と遜色なく仕上がっているなぁ~と
思ったのがキッカケな訳です

と言うところで本日はオシマイでござる

コメント

誰も知らない

2010年09月16日 | Weblog

人間国宝 桂米朝さんがラジオ生出演しておりました
声を聞くだけで容貌が推察できるほど
御歳を召されました

40年以上前
SF作家小松左京氏とのラジオ放送など面白く聞いていました
米朝さんが投稿ハガキを読みます
「60分もかけて登校する人は5分やそこら
短縮出来るけど、

もう5分早く来いと言われても
学校まで5分の所に住んでいる自分にとっては
どう5分縮めたら良いやら・・・

米朝=おもろいやっちゃなぁ~これは
とか小松左京さんと丁々発止
語り笑い合っていたのがこの間のような気がしますが・・・

「光陰矢のごとし」

もっと前
米朝さんが司会で”大喜利”やっていた時
ざぶとんもって出てきた少年を
「朝丸ゆうて16歳ですわ」と紹介していましたが
時の朝丸さん



その後「動物いじめ」ネタとか「世間の事件番組」で知られるようになり
今はざこば師匠へと立派に出世されました
昭和の時代をどっぷりまとって過ごしてきた我々

どこへ流れ流されて最後の日にたどりつくのか
誰も知らない解からない

ナンマイダ ナンマイダ

コメント

体調にご用心

2010年09月15日 | Weblog

先日かかりつけのお医者さんへ
月一度の薬を貰いに行きました

血圧を測ると160程ありまして
この所普通の値だったのですが・・・

先生=家で測ったらどうですか?
私=血圧計壊れて最近測ってません

先生=買って測ってくださいよ

と言うわけで
近くのコジマへ買いに行きました

手ごろな血圧計に手首を通して
BGMの元で出た数値は
「220」
「ギャーッ!」と急いでそれを買って
帰りました

帰って測ると
「170」
「150」
「130」


だんだん低くなっていきまして安心しました

この様なことは日常的なのですが
何にしろ血圧はすぐ変わるので安心できまヘンけど

皆様も体調に御用ちょうちんご用心

 
小型ビデオカメラより
一回り小型のビクターのビデオカメラ、デザインはよい

コメント

原点 基本はこの別冊本

2010年09月14日 | Weblog

ビデオサロン2001年12月号の
別冊付録「DV-7Rハンドブック」


この「ガイドブック」を何度も見ながら
ノンリニア編集機「DV-7」を購入するかどうか
使いこなせるのかどうか
大分考えました

「直感編集」・・・

これがキーポイントで出来そうに思えてきました

今も時々見返しては基本に戻っていますが
はじめは”チンプンカンプン”で
使いこなせるのか不安でした
しかし
直感編集マシンの由来どうり
感覚的に使えるのが私に合っていたので
なんとかここまで来ました

DV-7の能力8
私の能力2
の割合で作品が仕上がっています
感謝 感謝


ビデオサロン2004年7月号の
別冊付録「DV-7DLパーフェクトガイド」
 

「DV-7DLパーフェクトガイド」にある
「静止画ズームパン」機能に対して
特に関心がありました

この機能を主に使って作った作品はひとつだけですが、
高級な三脚の粘着感が良く表現されていて
ありがたい限りです

コメント

ほのぼの

2010年09月12日 | Weblog

 

私が毎日見ているある人のブログに載っていました

映写機も登場する作品

 

遥か

 

 

 

コメント