ビデオ撮影 編集ブログ

ビデオカメラ HFG20 HFG10
編集機 ローランド DV-7G
     & 写真編集ソフト

新年あけましておめでとうございます

2012年12月31日 | Weblog

本年もよろしく
お願いいたします 




「おせち料理」いただきました

阿倍野に日本一のビル
(家から50m位の所からズームで)

お正月三が日は
画像だけになると思います 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も一年、ありがとうございました

2012年12月31日 | Weblog

マニアとプロ
と言いましても
共にそれぞれに
レベルというものがありまして
「映像業務の会社」さんも「写真屋」さんも
個人のマニアさんも
レベルや個性は様々であると思います

わたしは
映像関係が好きなだけで
「マニア」とも思っていませんが
「充分オタクです」と言われてました

「おかしいなぁ~」

アマチュアの良いところは
どこまでも追求出来るところにありそうです
「セオリー無視、時間無視、こだわり無限」
「応用、発展、工夫」に際限はありません

そういう努力を感じさせずに
”さらり”と仕上げる

しかしまぁ~
「それが出来たら苦労はせん!」
これに尽きます、エヘヘ

締めくくりに
「絵の値打ち」の件に関連して

もうひとつの回答を紹介させて頂きます

芸術家は
自分の人生よりも
自分の生み出した作品が
評価されることを望むものです
生きてるいる間だろうと死んでからであろうと
自分の作品が評価されればそれが幸せなのです
そこに勝利や敗北といった通俗的な概念はありません

 

今年一年
誠にありがとうございました
心より御礼申し上げます
皆様よいお年を 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絵の価値って (後)

2012年12月30日 | Weblog

フランスの画家
フェルナン.コルモンは
(1845年12月24日 - 1924年3月20日)


生前から有名で
高く評価されていましたが

現在ではほとんど忘れ去られています

その逆に
ゴッホの絵は生前理解されず
死後現在のように評価されています
どちらが勝ったと言えるのでしょうか

との質問が
「知恵袋」にありまして

沢山の回答のなかで
なかなか感動させられた回答が
寄せられていましたので載せさせて頂きます


ある方の「回答」

勝った負けたで
評価すべき問題とは思いません
ゴッホはゴッホを生きただけです
コルモンのアトリエには
ロートレックやベルナールもいました

ゴッホを含め、
彼等はいささかも
コルモンのようになりたいとは
思わなかったはずです

彼等は
自分が生きることの意味を絵画に求め、
自らを燃焼させ尽くした、
自分に与えられた限られた時間を
力いっぱい生きた・・・・それだけです。

妥協無く自らを生き切った彼等は、
より高い次元での「勝利者」であったのだと思います。
たとえ死後において
その業績が埋もれてしまった場合であっても、
傷一つつけることは出来ない類のものだと思います。

以上が
ある方の回答でした


まぁ~わたしが”叫びたい”コトを
みな言ってくれています
わたしの場合
生前も死後も
「一本筋を通すつもりです」
「無名レベル」であったという点において

そんな事を考えながら
飾った額を見ていると
何やら
兄たちの声が聞こえたような気が、


「相変わらずオマエは・・・」
トボトボ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絵の価値って (前)

2012年12月29日 | Weblog

わたしたち兄弟三人が
並んで写っている写真が
1枚だけ残っていました

数年前
パソコンで拡大し
プリンターで印刷して
置いてありましたが
相応しい額縁がありませんでした

今回
少しばかり遠くでしたが
以前にも行ったことのある
小奇麗な額縁屋さんへ寄り
額縁を選んで購入しました

その際
数万円の油絵も
たくさん展示されてありましたので
世間話として
おばさんにお聞きしました

(わたし)
「有名な画家の絵とこういう風な
画家の絵の値打ちの違い分かりますか」

ー「分かりません 自分が良いと思ったら
それがイイ絵ではないでしょうか」
との話でした

そこで帰ってから
ネットでいろいろ調べてみました
すると
直接その答えではありませんが
なかなか有益な意見を
知る事が出来ました

つづきます 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言ったモン勝ち

2012年12月28日 | Weblog

この間
ひっくり返った場所デス

その日撮った景色です

さて先日
作品に使用するべく
昔のアルバムを引っ張り出し
ついでに
なつかしいのでつい見ていました

「え~っ」、の連続
今や
頑固おやじ的風貌になっているあの人
若い時はこんなに柔和な顔の青年だったのか
と「ビックリ仰天驚いた」ポテチン!
人生に何があったんでしょう

そんな感じを抱くほどに
いろんな方が
大きく変わっていました

であれば
個人的な作品で
「人の顔今昔」てな趣向で
昔と今の顔の変化を次々と
表現していくと面白いかも、と
ヒンシュクを買うようなコトを思っております

まぁ~わたしは全然変化無く
昔も今も「加山雄三」でしょうか

ーポン!だれが加山雄三やねん

エヘヘ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結婚式の撮影は

2012年12月27日 | Weblog

久しぶりに
今年の結婚式の作品を観ました

一応
落ち着いて撮っている様に
映っていますが
まさかビデオカメラに故障が
起こらないかと内心はハラハラです
(同一機種のをもう一台準備してありましたが)

キャノンHF-G10

それに
いつもどの結婚式でも
皆さん気を使って下さって
「食事をとれば」と言っていただきます

それも
本音で言えば
始まるまでは
「場なれ」と言う意味で
やや違和感を感じていますが
撮影していくうちに
結婚式の雰囲気に同化して
撮影モードに入りこみますので
撮り終えるまでは
ほうって置いて頂いて
結構なんですが。

しかし
いつぞやの結婚式では
「おっちゃん、食べんかったらこの肉貰うヨ」と
言われたり
一切ほったらかしでしたなぁ
それはそれで・・・妙に複雑な気持ちです

ーポン!アンタどっちやねん

エヘヘ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「汽車は出てゆく煙は残る」

2012年12月25日 | Weblog

年末年始に向けて
2台あるハードディスクデッキを
両方とも録画できるように調整しないと
いけません
普段は一台一番組のみ予約録画していますが
これから10日間ほどは
特集番組で秀作が
時間が重なり放送されることも
ありますので
その対応処置です

なんせ
大晦日31日にはボクシングの
世界タイトルマッチが5試合が
各局で行われますので
ファンとしては大変です

大変と言えば
自転車に乗りかけて
ひっくり返りました


トントントンと片足で
自転車を押し進めながら
ペダルに足を掛けようと思いましたが
足とペダルが合わず

「汽車は出てゆく煙は残る」ならぬ
「自転車は進む私は残る」てな感じで

ど派手に
「ひっくり返り納め」の一件でした

まぁ来年も
「無事がなにより」

皆様も
どうぞご注意くださいませ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリンターのインク

2012年12月25日 | Weblog

プリンターは
キャノンの複合機MP970を使用しています



最近の主な使い道は
DVDのラベル印刷です

このプリンターは
7つのインクリボンを

使用していまして
仕上がりは綺麗で
安価なプリンターのように
半年ほど経過したアトで
ラベルの色が”ダレる”事はありません

今回も
7色のインクリボンを
総取替え
しました

よく言われていますが
どのプリンターのインク代も
少し高くて困っています
もう少しお安く提供を
お願いいたします、お代官サマ


今回入れ替えて分かったのですが
差し込んでいるインクの場所が
何故か
2本ほど違っていました


いつどこでどう間違ったのか
ご存知の方はおられますか?
と言って

「ハ~イわかります」
と言われても困りますけどネ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスイブ

2012年12月24日 | Weblog

走る姿が美しいので興味を持っている
競馬ですが
今回の有馬記念のレースもゴールドシップが
見せてくれました
現在の日本競馬界は凄い馬が
揃いました

オルフェーヴル
ジェンティルドンナ
ゴールドシップ

群雄割拠で来年の対決が
待ち遠しくなりました

と楽しんでいたら
夜の番組で「日本国債」の危うさが
放送がされていまして
現実の厳しさに引き戻されました

日本が活力を取り戻すには
人口増加が必要とかでしたが
エライ時代になりました

これだけの人たちがいて
秀才もたくさん毎年輩出されている
この状況でも
解決は難しいものなんですネ


さてさて
本日はクリスマスイブですが

そういう世間の風潮に流されては
いけません
それを乗りこなさ”ナイト”  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボクシング

2012年12月23日 | Weblog

昨日は
ボクシングの長谷川選手の試合を
ネット(500円)で楽しみました
(関西では後日録画放送です)
ライブ(生中継)の
ハラハラドキドキ感を
期待してのコトです

試合は
ほぼ予想通りの長谷川選手の判定勝ち
4,5ポイント差でした
KOされる危険もあると思っていましたが
何とか乗り切りました
しかし前途多難
パンチの数が多すぎです

打つパンチが多いと
相手にもその分チャンスが多いので
打たれ強くない長谷川選手にとっては
良くない試合展開でした

以上”ヘボ”解説でした

さて
その試合放送の前に
「ネット視聴権」を購入したのですが

手続きがシンプルでなく
ウロウロしました
手続きのプログラムを改良した方が
よろしいようで

それを言うなら
パソコンのウィンドウズ7も
以前のXPに比べて使いにくいと思います
簡単に言えば
「親しみやすさ」や「愛嬌」がありません
クールに仕事だけこなしている感じです

論理的に正しくても
人徳の温かみがありません
夏に長い時間ONにしていると
熱くなりますが・・・

ウン?
これは意味が違いましたし
コンピューターは機械でした
しかし
いつかコンピューターに対する
異説を書いてみたいと
思います



まぁ~本筋には弱いですが
好き勝手な異説は
言ったモン勝ちです エヘヘ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加