ビデオ撮影 編集ブログ

ビデオカメラ HFG20 HFG10
編集機 ローランド DV-7G
     & 写真編集ソフト

車掌さんにエールを

2012年04月30日 | Weblog

お休みを利用して
gooネット”から興味深いものを
コピペしました

 

*「車掌さん特集より」*


 

○風流で親切系

「ただ今進行方向左側に虹が出ております」

「次は、御茶ノ水、御茶ノ水です。ただいま左側には桜が満開となっております。どうぞお楽しみ下さい」

 

○「真偽はわかりませんが、
車掌さんはホームで子どもが手を振っていた場合には、
サービスの一環として応えるようにと
言われているとか…
この私鉄の車掌さんは、八割方それをしてくださいますね

YouTubeで「車掌 手を振る」と
検索すると、
約125件もの動画がヒット。
車掌さんのサービス精神を垣間見ることができます

 

○思わず笑ってしまったアナウンス

一方、アナウンス中のハプニングやユニークな言い回しに関する情報も多数寄せられていました。

「『次は~ ○○~、次は~ ○○~』って流れたんですけど、
本当の次駅は××でした。

○○は、××の次だったんです。
で、××を発車した後に

『次も~ ○○~、次も~ ○○~』
って言ってました。

 

○「京王線千歳烏山駅で。


『まもなく各駅停車新宿行きが参ります。
なおこの電車、新型車両9000系での運転です。
どうぞご堪能ください』。

 

首都圏を直撃した、2011年9月の台風15号。


交通機関が麻痺し、多くの帰宅難民が主要駅で足止めとなりましたが、
そうした異常事態での車内・駅構内アナウンスにも注目が集まりました。

TwitterのTweetをまとめるサービス、Togetterの「車掌・駅員さんのアナウンスまとめ(おもに9/21の非常時)」には、こんな珍アナウンスがまとめられています。

「早くおうちに帰りたい気持ちはわかりまーす、
私も帰りたいでーす、でも押し合わないでくださーい、電車は逃げませーん」(東急東横線)

 

「この電車はまだ行き先が決まっていません」(京成線)


 

「行けるところまで、行きます!」(中央線)

 

「えー宇都宮線上野行き、只今147分遅れで発車となりました」(宇都宮線)

 

「皆さん申し訳ございません。私運転士はこの仕事を選んだプライドがございます。みなさまを無事送り届けるまで頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします」(小田急線)


世界で最も時間に正確といわれる日本の鉄道ですが、こうした事態にも誠実に対応をする駅員さんの姿勢に

「感動した」
「泣けた」
「ちょっと場が和んだ」

といった声が寄せられています。


○ある人の車掌時代の名文句

発言小町のトピック
「車掌さん あれこれ」には、
こんなエピソードが寄せられています。

紹介するのは、
若い頃に夜行列車の車掌を務めていた、ある人物のエピソード。

その車掌さんは
「寒冷前線が通過し、きれいな星空になりました」
というフレーズで
アナウンスを始めたそうですが、

この一言を「詩的であると同時に、
この先もう天候の崩れは予想されず、定刻で到着できるであろうという情報も含んだ名文句」
と絶賛し

「あの『天気晴朗ナレドモ、波高シ』に
匹敵する、名文と思います」と
コメントしています。

実はこの人物こそ、
後のJR東海の初代社長、須田寛さん

なのだとか。
さりげない気遣いのできるその人柄こそが、
リーダーの資質といえるのかもしれません。


毎日利用する交通機関ですが、
車掌さんの気の利いたアナウンスで、ますます愛着がわきそうです。

さて、
皆さんがほっと和んだ車内アナウンスは、どんな一言でしたか?

 

以上 
本日はネットよりお送りしました
バイナラ 

コメント

4K 波高し

2012年04月29日 | Weblog

エエお天気です

”こより”のようにまとまっていた葉が
やや開きかけてきました

 

さて 

わたしは
新しいモノ大好き人間ですが
以下の新「映像規格」変化は
どう 
考えていけば良いんでしょう???
われわれも企業も大変だと思います

映像の世界で
ビデオサロンでも「4K2K」とかの
特集をしています

簡単に言えば
「フルハイビジョンの4倍で
一層きれいに、
いやもっときれいに映ります」と言う事だと
思います

”4K2K”とは
現在のフルハイビジョン(1920×1080ドット)
それの約4倍(3840×2160ドット)(4096×2160ドット)の超高解像度映像とか

映像規格の変遷は

白黒
カラーテレビ
衛星放送
そして
今最新の規格ハイビジョン
と引き継がれてきています

仮に
「4K2K」が次にくる映像規格として
その次は
「8K4K」の「スーパーハイビジョン」とか

さあさあ
そうした流れの中で
わたしたちの映像資産は
どうして残してゆくんでしょう

♪ お~い船方さん

船方さ~んよ~ ♪

もう唄うしかありまへん エヘヘ 

コメント

アイデアの小技

2012年04月28日 | Weblog

わたしの編集作品の特徴は
「情緒感」と「アイデア」です

現在使っている編集ソフトは
4万円程のローランドDV-7Gで
初心者から中級者レベルと公表されています

使い始めた時は
初心者用のように思いましたが
使い込んでゆくにしたがい
このDV-7G
なかなかの”シロモノ”だと思ってきております

使い方によっては
より上のレベルの
作品つくりが出来ると思います

わたしの場合
その秘訣が

「情緒感」と「アイデア」

付け加えるならば「間(ま)」
この三つが必須の「隠し味」です

「アイデア」は語れますが
「情緒感」と「間」は
感性、感覚の領域なので
文章にするのは難しいように思います

では語れる「アイデア」を
ひとつ、ふたつ


まず「え~っと・・・なんだったかなぁ~」
ーポン!エエ加減にしなさい!

最近のモノで
ちょっとした「アイデア」を
思いつくままに

○静止画を動かすことの出来る「モーション」機能
静止画を一枚だけ、
あるいは数枚連続表示の時でも
「モーション」を使って微妙に動かす

6秒間表示されている間に
ほんの僅かに動いているかどうか位微妙に移動させます
(静止画に息吹をあたえる効果を狙う)

○タイトルのロール時
文字が下から上に動いてゆく「ロール」の場合
それだけでは常識的で面白くありません
そこで隠し味ならぬ「隠し技」

例えば
上に動いてゆく文字が
中央付近で
静止文字として残り
ロールしている文字はそのまま上に・・・

画面中央には
すでに上に通過して行った文字が残っています

これは
視覚的になかなか面白い効果があります

やり方は”超カンタン”
難しいとわたしが解らないんです エヘヘ

①文字が上に移動してゆきます
②希望の位置へ来た時(希望の位置で)
③別のタイトル欄に
同じ「文字タイトル」をピッタリ重ねて
「タイトル固定」で置けばよい

「固定タイトル」はそこへ留まり表示を続け
ロールしている「タイトル文字」は上に消えてゆきます

以上

 
まぁこんなのやら
あんなのやら
次々アイデアを出してゆけば
より楽しく
ちょっと変化をつけた作品が
出来るのでは
ないでしょうか

新しくローランドから発売された
プロ、業務用編集機DV-7HDが

豊富な材料を一杯使って
最新の調理器で料理を作り上げていく
と推測していますが

対してDV-7Gソフトを使用しての
わたしのやり方は
冷蔵庫の余りモノを利用して
美味しい料理に仕上げるのに
似ているのではないでしょうか

共に喜ばれるモノを作れたら
よいですね


という所で

♪ 「ちょうど時間となりました」 ♪

コメント

ビデオクラブ&サークル作品コンクール

2012年04月27日 | Weblog

わたしたち
アマチュアの映像コンクールが
行われています

個人の制作による作品が多いと思います
日本には
多くのビデオクラブやサークルがあるのですから
「ビデオクラブ対抗作品コンクール」
みたいなのを

開催してみたらどうなんでしょう

クラブやサークルの会員が力を合わせて代表作品を一本作る

めいめいの
得技を生かして

日本全国から
ビデオクラブチャンピオンの名誉をめざすコンクール


こういうのがあって良いのでは
ないでしょうか

シナリオ
タイトル 
撮影
編集
BGM
ラベル

それぞれに得意な分野を受け持って
作品を構築してゆく

なかなか充実した
レベルの高い作品が出来るのでは
と思いますが

それとも
「船頭多くして船 山へ登る」になるのでしょうか

登るなら登ってみよう何処までも

「if」の世界でいえば
ビデオクラブの一員として
わたしのふさわしい
受け持ち担当を占えば

・・・「連絡係」
こんなん出ましたけど 

 

コメント

思い出は星降る如く

2012年04月26日 | Weblog

、映像は年月とともに
値打ちが出てくるものですね

1964年頃に
ベルハウェルの撮影機で

 



残した8mmフィルムの映像を
10年ほど前に
ローランドのDV-7R

で再編集致しました

これは
さかのぼること7,8年前に
渡していたVHSテープの映像が
薄くなったので
「もう一度作り直してくれないか」と
依頼を受けましたので
再編集したのでした

2年ほど前でしたか
その方とゆっくりと話をする機会が
ありました

その折
その方が言われたことは
「前に作ってもらったDVDを
田舎の集会の時映したら
集まった皆さん、口々に
よく50年ほど昔の景色や情景を
このような映像としてが残してあったものだ」

場内感心しきり、だったとの事で
「よく撮ってくれ残してくれた」と
感謝の言葉を頂きました

この作品に関しては
いっぱい思い出もありますが
機会があれば又ゆっくりと

とまぁ~本日は
画像にしろ映像にしろ
それらは
歳月とともに計りしれない
重みを持って存在してくるものです
という
ひとつの事例をお話いたしましたで
ございますでございます

では、さらばでございまする 

コメント

ネコちゃん お断り

2012年04月25日 | Weblog

ステンレスの門戸の下の隙間に
樹脂製の網を付けました

ここへ数日「鉄棒」を置いていたら
ネコが入れなくなって
来なくなったようなので
網を取り付けた次第です

鉄棒は人が”つまづく”んです
”つまづいた”のは
わたしですけど エヘヘ

屋根へ上らないように
こういう風に樹脂製の網を置いてありますし

これで何とか落ち着きそうです???

 

蒙古襲来ではありませんが
ニャンコ襲来を防ぐべく
攻防を繰り返しているその庭では
椿の新しい葉っぱが開花を待って

固く折りたたまれて筒状になっています

新しい葉が出ましたら
又画像をupしますので
見て下さい

 

 

 

コメント

DV-7Gもいいですよ、の巻

2012年04月24日 | Weblog

「ボーカロイド」はどうなっているか
ぼちぼちやっています
100%思い通り、思惑通りには
進んではおりませんが
それは「ガッテン承知のすけ」

パソコンのソフトを使う上においては
もうトラブルは昔々から当たり前

例えば
ゲームソフトでよく言われる”バグ”とか
ビジネスソフトにおいては
使いにくい、解りにくい、よく固まる

これらを少しづつ「改善、修正」しながら
数十年で
やっとパソコンの世界もここまで来ている訳です

考えれば結果的にですが
パソコンがまだ
「海のモノとも山のモノとも」

わからない?時代から
パソコンのソフトの弱弱しさは
今でもいろんなソフトで感じられます

そう考えると
現在使っていて感じる
ローランドの編集ソフト
DV-7Gのしっかりした創りは
ありがたい限りです

コメント

良い○○ありますけど

2012年04月23日 | Weblog

先週の日曜日とは様変わりです

雨が降る日は天気が悪い
とはよく言ったものです

小雨の中を傘を差して
少し離れたスーパーへ散歩がてら
テクテクと歩いて行きました

スーパーの店内を
奥まで行ったところで
傘を差したままなのに気が付きました
店内で傘を差していたのは
わたし一人でした 当たり前か
いろんな人が傘差していたら
オモシロかったんですけど・・・

わたしもイヨイヨ”きたか”
いや
傘くらいでは
まだまだ大丈夫
もっと凄いパフォーマンスで店内を
歩きだしたりしたらチョット・・・

その時は又報告しますので、

報告されても困るでしょうけど

 

困ると言えば
もう過去のお話しなんですが

営業で
あるお客さんの所へ
行った時の事です

「何か儲かる話ありませんかねぇ~」
と単に愛想で言ったら
普段は温厚な方なのに
目つきが変わって

「あんた本当に儲けたいんであれば」
と言うので
ニコニコ笑っていると

パンフレットを見せて
「これは良い○○で人に勧めると
いい収入になる」

一言聞いただけで
”マルチ商法”と思えるような事を
言っていた
小さな家内工業の
若主人がいました

その数年後
○○のマルチ商法が

テレビで問題になっていたので
あの人はどうしているのかなぁ~と
思い出す時がありますが
困ったもんです

ところで
ここだけの話ですが

「良い○○ありますけど」・・・な~んちゃって

エヘヘ 

コメント

感想「バトルシップ」

2012年04月22日 | Weblog

誘われて
映画「バトルシップ」を
観に行きました

CGは良かったとして
ま~ぁストーリーとかは
お気軽な「ご都合主義」
な映画でした

もう少し良質なSF映画が
作れなかったのか、と
真面目なのが好きな
わたしは思いました


お正月だったか
テレビ放送で観た

「アバター」も思っていた以上に
通俗的な内容のように思いました

一般世俗的には
娯楽作品として
許容範囲なのかも知れません

先日わたしが
ハワイでの作品を「編集」した時に
テロップも付けた
オアフ島の「真珠湾記念館」から
戦艦ミズーリが
老体にムチ打って出陣して

宇宙艦相手に
巨砲をぶっぱなして大活躍するなど
「痛快」なシーンも盛り沢山あり
ホンマたまりまへんナ~・・・

ーちょっとアンタ、どっちやねんな

まぁ何やらワカランけど
そう言う感想ですわ 

何せ宇宙から来た物体相手の映画だけに
話が”チュウ(宙)”に舞っております

おアトがよろしいようで 

コメント

DV-7HD発売迫る

2012年04月21日 | Weblog

いよいよ待望の
DV-7HDが25日
ローランドから発売されます
新しい編集の世界が展開されそうです

わたしの場合
当分の間DV-7HDは様子見です
それには
以下のような明確な理由からです

○映像編集を商売としていません

○ここ半年くらいで
大きなイベントの編集をすべてし終えました

詳しく言いますと
3つの結婚式の作品
(それぞれ2部作3部作2部作)をメインに

いくつかの映像を作品に
そして

デジカメ写真の思い出を5作品ほど
映像作品に仕上げました

○映像編集というのは基本的に
①カット
②オーバーラップ
③ワイプ
④「タイトル」と「BGM」

で完結します

となると
今までDV-7Gソフトを使用し
アイデアを駆使して
十分感動に値する
作品に作り上げる事が出来たと思います

そうであるなら
これからの

日常の作品の編集には
DV-7Gソフトの機能で
必要かつ充分ではないかと思います

ただ
「クロマキー」などの特殊効果を使う場合
オーサリングソフトや
別のソフトで間に合うのかどうか

調べてみる必要がありますが

余裕のある方はDV-7HDを使用して
一層バラエティに富む作品にチャレンジしてください
正直心から応援しております 

コメント