騎手・中島八弥 東京サラブレットクラブ&シルクHC 一口馬主情報。

東京優駿
第80回 日本ダービー
祝出走
シルクホースクラブ所属
フラムドグロワール3歳牡馬
父母GI馬

東京TC 3歳牡馬 レッドリーガル 18日京都6Rに浜中騎手 新馬戦6着

2015年01月17日 | レッドリーガル

東京TC 3歳牡馬 レッドリーガル

(ショウダウン12)

OONAGH MACCOOL 10

父: ファルブラヴ
母: ショウダウン
母の父: Darshaan
TYPE: 牡・鹿毛
BIRTHDAY: 2012.03.04
BREEDER: ノーザンファーム

欧州の厳しい舞台で名を上げてきた

母系がいよいよ真価を発揮

欧州の強豪を多数輩出した母系が、

大物誕生の鍵となる

 英で競走馬デビューした母ショウダウンは、勝ち鞍をあげられないまま現役を引退し、繁殖牝
馬となりました。英で勝利を記録したフリーズ(父サドラーズウェルズ)、アバヤーン(父サドラーズ
ウェルズ)、米で1勝をマークしたビーフリー(父セルカーク)などを出産してから日本に導入。レッ
ドデュード(父アグネスタキオン)、現2歳馬ヴァネッサ(父ゼンノロブロイ)に続いて誕生したのが、
父にG1ジャパンC、などを制した世界的名馬ファルブラヴを迎えた牡駒ショウダウン12です。世
界を股にかけてG1戦を8勝した父の血と、G1仏ダービーを制した母の父ダルシャーンの血が相
乗効果を生めば、ショウダウン12のクラシック戦線での頑張りも、十二分に見えてくるはずです。
 母系は欧州の強豪を多数輩出している名門で、祖母ラストセカンドはG2ナッソーS、G2サン
チャリオットSの勝ち馬。ショウダウン12の叔父にあたるオージールールズはG1仏2000ギニー、G
1キーンランドターフマイルSなどに勝ち、現在は種牡馬として活躍中です。また、G1ロイヤル
オーク賞勝ちのアレグレット、G1英チャンピオンSを2回勝っているアルボラーダ、G1オイロパ賞馬
アルバノヴァ、G2愛ダービートライアルSに勝ち、G1愛ダービー、G1英セントレジャーでともに2着
したミダスタッチも、同じファミリーの出身となります。一族に伝わる大レース向きの優秀な底力と
持続力に富んだパワフルなスピードは、ショウダウン12にとっても強力な武器となってきます。

配合診断

 仏2000ギニー馬Aussie Rulesの甥にあたり、近親にも活躍馬が多数出ているMumtaz Mahalにさかのぼる名牝系。3代母AlruccabaはGrey Sovereign 4×3、母ショウダウンはMill ReefとSir Gaylordを通じるナスキロのクロスで、自身はNorthern Dancer 3×5、Bold Reason≒Never Bend 4×5、そしてSeattle SlewとMill Reefを通じるナスキロ+La Troienneのクロスもあります。全体としてはファルブラヴに欧州中距離血統の重厚な斬れ味を付与した配合、といえるでしょう。ファルブラヴ産駒といえばワンカラット、アイムユアーズ、エーシンヴァーゴウなど快速牝馬のイメージが強いですが、牡駒はトランスワープ、グローリーシーズ、タニノシュヴァリエなど父似の中距離型が多いのです。牝駒はFairy Kingに似るけれど、牡駒はファルブラヴに似るというイメージですね。芝向きの中距離馬で、母方の斬れ味が強く出れば東京や外回りでジワジワ差してくる脚質になる可能性もあります。

配合解説:望田 潤 / 栗山 求

ショウダウン12の馬体ポイント

    肩
    肩周囲の筋肉が細分化されている。
    首
    父と異なるストレートネック。
    臀部
    半腱様筋の幅が広く、股関節や膝が強い。
    下腿骨
    長趾伸筋の膨らみが大きく、キック力が強い。

馬体解説

父ファルブラヴは、異なる国で13勝のタフガイ。馬体面では筋肉の隆起が大きく恐竜のようにカーブのあるシルエットで、日本では快速牝馬を多く輩出しています。本馬は肩周囲に父同様の厚みがあり、この時期にしては筋肉の層が細分化されていますが、体高があり、首はストレートでやや長め。胴もゆったりして体型的にはスタミナ派の母父ダルシャーンの影響を感じさせます。臀部はまだ平面的ですが、臀筋群と協力して股関節を伸展させ、膝の支持にも働きかけている半腱様筋の幅が広いのが特徴です。下腿骨は長趾伸筋の膨らみが大きく、股関節に強度が加わってくれば強いキック力を発揮します。スピード系になるか、中距離系かは今後性格によって決まるはずです。

(馬体解説/関西競馬エイト 鈴木由希子) 

栗東・笹田和秀厩舎

募集価格2000万円
中央獲得賞金0万円
控除前回収率0%
収得賞金額0万円
1戦0勝【0-0-0-0-0-1
 

15.01.15

(笹田厩舎)
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 55.2-40.4-26.1-13.0 馬なり
 外エアマデレーン強めと併入
笹田調教師「今日の追い切りはレースで騎乗する浜中騎手に乗ってもらいました。予定時刻を過ぎてもなかなか坂路に入ってこないので、どうしたのかと思って確認すると坂路の入口のところでしばらくゴネていたようです。普段と違う人が乗ったのを馬が察知したのか・・・ファルブラヴの産駒ですので、気が入って難しいところが出てきているのかもしれません。でも、走り出してからはスムーズで浜中騎手も『今日のような馬場でも動きは悪くなかった』と話していました。調教でも素軽さが感じられるようになってきましたし、普段は素直で真面目に走るタイプの馬。本当に良くなるのはまだ先だと思いますが、初戦から頑張ってもらいたいです」
※今週18日(日)京都6レース・3歳新馬(芝1600m)に浜中騎手で出走が確定しています。

15.01.14

(笹田厩舎)
本日は坂路1本の後、ゲート練習を行いました。
坂路 63.8-47.4-31.5-15.8 馬なり
助手「この中間も順調に調整しています。最終追い切りは明日を予定していますので、今日はレースに向けてゲート練習を行いました。追い切りを重ねてだいぶ気持ちが入っているせいか、ゲートの中でも少しソワソワしている感じで、しっかり立っていられませんでしたね。それでもスタートの反応はまずまずでしたし、出負けするようなこともありませんでした。今日の感じなら競馬に行っても心配ないと思います」
※今週18日(日)京都6レース・3歳新馬(芝1600m)に浜中騎手で出走を予定しています。想定から除外の可能性があります。

 

☆京都6R 3歳新馬戦(芝1600m)

 レッドリーガルは、体質に弱い面がありデビューが遅れたが、ここにきてしっかりとしてきており、調教の動きもピリッとしてきた。好馬体と言うこともあり、デビュー戦から狙ってみたい。

◎(5)レッドリーガル
○(6)ネオアトラクション
▲(13)クレスコエルザ
△(12)ヘラルド
△(11)ラブエンジェル
△(4)ホーリーエンジェル

⇒前日オッズ、1番人気3.0倍

騎手選択も勝ちに来ていると思います。

なんとか結果がほしい。

 

15.01.18

2番人気で6着
1月18日レース後コメント
浜中騎手「落ち着いていましたし、ゲートも上手く出てくれました。直線に向いて仕掛けた時に一瞬グッと反応して良く伸びてはいましたが、そこからの息遣いがあまり良くありませんでした。まだ体に余裕があったので、その分だと思います。少し気性面で繊細なところがあるので、初戦は競馬を理解していない分落ち着いて臨めましたが、一度使った次走でテンションが上がり過ぎないといいですね。追い切りでもレースでも良い雰囲気は感じ取れましたし、体さえ締まってくれば走ってくると思います」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京TC 5歳牡馬 レッドルーファス 放牧に出してしっかり治すことにしました

2015年01月17日 | 引退馬

東京TC 5歳牡馬 レッドルーファス

(ウーナマクール10)

OONAGH MACCOOL 10

父: アンブライドルズソング
母: ウーナマクール
母の父: Giant's Causeway
TYPE: 牡・栗毛
BIRTHDAY: 2010.04.29
BREEDER: アメリカ産

叔父、叔母に欧州G1馬が3頭、

強力な母系が大成への道を導く

母ウーナマクールは、英米で走り9戦5勝。G2ランパートH、G2ルイヴィルBCHと重賞を2勝したほか、G2フルールドリスHで2着するなど、一級品の競走成績を残しました。繁殖牝馬となってからは、 2008年に初仔を出産。そして、父に米の一流種牡馬アンブライドルズソングを迎え、2010年に誕生した牡駒が、このウーナマクール10ということになります。父アンブライドルズソングは、2歳G1ブリーダーズCジュヴェナイルの勝ち馬。また、母の父ジャイアンツコーズウェイは、3歳夏から欧州G1戦5 連勝を記録しているだけに、両馬が配合されたウーナマクール10には、仕上がりの早さと成長力を兼備した一流中距離馬となる期待が懸かります。
 母系は、現代欧州を代表する名門のひとつで、ウーナマクール10の叔父には、英G1サセックスSに勝ち、種牡馬入りを果たしたアリロイヤル、独G1オイロパ賞、伊G1ローマ賞を2回ずつ制し、やはり種牡馬となったタイパンがいます。さらに、G1英1000ギニーを勝ったクラシックホースであるスリーピータイムは、ウーナマクール10の叔母。このほかにも、英G3に勝ち、種牡馬となったジェントルマンズディールらが登場してきている母系は、大レース向きの底力とともに、スピード競馬への適応力にも優れています。まさに、素晴らしい血統背景の持ち主であるウーナマクール10。クラシック戦線で大仕事を達成する可能性も、十分にあるはずです。

美浦・藤沢和雄厩舎

募集価格5800万円
中央獲得賞金4890万円
控除前回収率84%
収得賞金額2400万円
2013/07/06、3歳未勝利、函館芝1800m、2番人気2着、賞金180万円 曇 稍 四位洋文
2013/08/04、3歳未勝利、函館芝2000m、1番人気1着、賞金460万円 曇 稍 四位洋文
2013/08/31、燕特別500万下、新潟芝2200m、2番人気4着、賞金150万円 晴 良 柴田善臣
2014/02/17、4歳上500万下、東京芝1800m、1番人気1着、賞金750万円 晴 不良 ブノワ
2014/02/24、大島特別1000万下、東京ダ1600m、4番人気1着、賞金1480万円 晴 良 ブノワ
2014/06/01、むらさき賞1600万下、東京芝1800m、4番人気1着、賞金1790万円 晴 良 北村宏
GⅡセントライト記念 7着
9戦4勝【4-1-0-1-0-3
 

2015.01.16

(藤沢厩舎→ミホ分場)
本日、ミホ分場へ放牧に出ました。
藤沢調教師「球節は乗ると軽く熱を持つので、放牧に出してしっかり治すことにしました。良くなり次第すぐに戻す予定でいるので、まずはマシンで軽く動かしながらケアして行きます」

2015.01.15

(藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
1/15(木) 坂路 63.5-46.8-30.1-14.6 馬なり
助手「昨日の調教中に捻ったのか、馬房内で捻ったのかは分かりませんが、左前の球節が少し熱を持っていたので、今日は速いところはやらずに坂路を15秒くらいで上がりました。ひどく腫れたりということではないですし、歩様も問題ありませんが、少し様子を見たいですね。体調は良さそうですが、無理をしてひどくなってもいけないので、この後も様子を見ていきます」
藤沢調教師「このまま厩舎に置いて様子を見ながら進めるか、一度立て直すかは馬の感じを見て決めていきたいと思います。せっかく良くなってきたところで焦って進めたくないので、慎重に考えていきます」

2015.01.14

(藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
1/14(水) 坂路 58.3-43.7-29.5-14.7 馬なり
助手「今日は全休明けなので、坂路を15-15くらいで上がりました。今日は元気が良かったですね。このペースだと引っ掛かるくらいの手応えでした。この時期が良いのか、ここに来て調子も一段と上がってきている感じです。とはいえ、この馬の場合はあまり気持ちを乗せすぎるのも良くないと思うので、そのあたりはうまく落ち着かせながら進めていきたいですね」

⇒一進一退。

なかなか前に進まない。

もう5歳。止まってる暇はないのだが。

この馬、十分オープンでいけるのに。

まずは、準オープンを突破せねば。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シルクHC 5歳牡馬 フラムドグロワール 歩様・腫れともに若干は良化

2015年01月17日 | 引退馬

シルクHC 5歳牡馬 フラムドグロワール

(シルクプリマドンナ10)

母シルクプリマンナはオークス馬、

父ダイワメジャーで大物誕生の予感

父 : ダイワメジャー
母 : シルクプリマンナ(母の父 ブライアンズタイム)

TYPE : 牡・栗毛
BIRTHDAY : 2010.03.31
BREEDER : 安平町・ノーザンファーム

美浦・藤沢和雄厩舎
募集価格4000万円
中央獲得賞金7457万円
控除前回収率186%
収得賞金額1150万円
GI朝日杯FS 4着
GINHKマイルC 3着
GI東京優駿 10着
 
GⅢ京成杯 10着
GⅢラジオNIKKEI賞 4着

2012/06/09、2歳新馬、東京芝1400m、1番人気1着、賞金700万円 雨 稍 横山典弘

2012/09/30、2歳OP芙蓉S、中山芝1600m、2番人気2着、賞金607.4万円 晴 良 横山典弘 

2012/10/20、2歳OPいちょうS、東京芝1800m、2番人気1着、賞金1535.7万円 晴 良 横山典弘

2012/12/16、2歳GI朝日杯FS、中山芝1600m、5番人気4着、賞金1100万円 晴 良 ウィリアムズ

2013/01/21、3歳GⅢ京成杯、中山芝2000m、1番人気10着、賞金0万円 晴 良 横山典弘

2013/05/05、3歳GINHKマイルC、東京芝1600m、8番人気3着、賞金2354.6万円 晴 良 横山典弘

2013/06/30、3歳GⅢラジオNIKKEI賞、福島芝1800m、3番人気4着、賞金560万円 晴 良 田辺裕信

2014/06/21、相模湖特別1000万下、東京芝1400m、3番人気2着、賞金598.8万円 晴 良 北村宏

10戦2勝【2-2-1-2-0-3(新馬勝ち、GI 3着)】

 

所有馬情報

 

フラムドグロワール[父 ダイワメジャー : 母 シルクプリマドンナ]

 

フラムドグロワール

 

 

 

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

 

調教内容:ウォーキングマシン

 

次走予定:未定

 

 

 

担当者「この中間もマシンの運動のみの調整で患部の経過を見ています。水冷などのケアを行っており、歩様・腫れともに若干は良化していますが、大きな変化はない現状です。獣医からは、回復の具合を2ヶ月程度は見てみないと何とも言えないと話がありましたので、しばらくはこのまま様子を見ていくことになると思います。馬体重は542㎏です」

⇒2か月で良化がなければ、即引退。

良化があれば、運動開始し、

再発があれば引退。

ここまで来ている。

こればっかりは見守るしかない。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シルクHC 4歳牡馬 グランドサッシュ 次走予定:2月1日の東京・2100ダート

2015年01月17日 | グランドサッシュ

シルクHC 4歳牡馬 グランドサッシュ

(レイサッシュ11)

母レイサッシュは3勝

父ハーツクライ

父 : ダイワメジャー
母 : シルクプリマンナ(母の父 ブライアンズタイム)

TYPE : 牡・黒鹿毛
BIRTHDAY : 2011.02.27
BREEDER:社台コーポレーション白老ファーム
首差しのしなりと力強さ、内面の健康度を表す丸みのある胴回り、やや短めの
繋や角度の浅い飛節、そして機能的なバランスに秀でたコンパクトなサイズ。本
馬の馬体に目を凝らすとサッシュ系の特長が随所に表れています。加えて全体
の滑らかなシルエットやキリっとした精悍な顔つきには独特の品格が備わり、手
先が軽くバネに優れた走りからも、いかにも切れ味勝負の芝コースを得意としそ
うです。芯の通った意志の強さは実戦において挫けぬ心となり、さらに一線級
で戦い続けるタフな精神力として長きに渡る活躍を約束しているかのようです。
美浦・武市康男厩舎
募集価格1800万円
中央獲得賞金1923万円
控除前回収率107%
収得賞金額900万円

2013/08/10、2歳新馬、函館ダ1700m、2番人気1着、賞金700万円 晴 重 津村明秀

2014/04/27、3歳500万下、東京芝1800m、6番人気2着、賞金290万円 晴 良 横山典弘

2014/06/15、3歳以上500万下、東京ダ1600m、3番人気3着、賞金190万円 晴 良 大野拓弥

2014/08/03、3歳以上500万下、新潟ダ1800m、3番人気5着、賞金73万円 晴 良 大野拓弥

2014/12/13、3歳以上500万下、中京ダ1800m、1番人気1着、賞金670万円 晴 良 津村明秀

11戦2勝【2-1-1-0-1-6(新馬勝ち・レコード勝ち)】

 

所有馬情報

 

グランドサッシュ[父 ハーツクライ : 母 レイサッシュ]

 

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄

 

調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回は坂路コースで13-13

 

次走予定:2月1日の東京・2100ダート

 

 

 

担当者「順調です。ここに来て体がしっかりしてきましたし、動きも上向いてきました。近々帰厩予定ですが、良い状態で送り出せると思います」馬体重469㎏

⇒ノーザンで仕上げて、厩舎には最短で帰厩。

調教師の存在意義ありますか?

調教師に選択肢はないのか?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シルクHC 3歳牡馬 オリエンタルダンス ノーザンファームしがらきに放牧

2015年01月17日 | 引退馬

シルクHC 3歳牡馬 オリエンタルダンス

(ダンスノワール12)
父 : キングカメハメハ
母 : ダンスノワール(母の父 SS)

TYPE : 牝・黒鹿毛
BIRTHDAY : 2012.01.14
BREEDER : 白老ファーム
英名:Oriental Dance
意味:東方舞踏
低重心のフレームは詰まりがよく、素早い動作を可能にする機動性
に優れています。さらに臀部と肩の筋肉量や、四肢の柔軟性にも恵
まれ、毎日の走りに隠しきれない弾力感が現れます。母系の鋭い悍
性と父の賢明さを兼備した気性が、競走馬としての資質をさらに高
め、非凡なスピードとセンスで主役の座を狙います。

美浦・佐々木晶三厩舎
募集価格2200万円
中央獲得賞金400万円
控除前回収率41%
収得賞金額900万円
2014/07/26、2歳未勝利、中京ダ1200m、3番人気2着、賞金200万円 晴 良 浜中俊
2014/12/06、2歳未勝利、阪神ダ1200m、1番人気2着、賞金200万円 晴 稍重 浜中俊
2014/12/20、2歳未勝利、阪神ダ1200m、1番人気1着、賞金500万円 晴 良 浜中俊

5戦1勝【1-2-0-0-0-2

 

レース結果

 

オリエンタルダンス

 

 1/10(土)京都6R 3歳500万下(牝)[D1,200m・11頭]6着[3人気]

 

 

 

スタートを決めて前に付け、押し出されてハナに立ちましたが、内から行かせて2番手を追走、3頭並ぶようにして直線に入ると、一旦は先頭に立ったものの、残り200m付近で後続に交わされ6着でゴールしています。

 

 

 

C.デムーロ騎手「内の馬が行こうとしていたので、それを見る形で競馬をしようと思いました。すると相手が控えようとしたので、こちらから仕掛けて行ったのですが、それに合わせて相手がまた行こうとしました。ペースが余計に上がってしまうといけないし、無理させずに内の馬に譲りました。中途半端なことをしているから外から違う馬も上がってきて、挟まれる形になってしまい、ストレスの掛かる競馬になってしまいました。今回はスムーズに走り切れなかったのが敗因なので、また乗る機会があれば挽回したいですね」

 

 

 

助手「行く馬が揃っていたので、ハイペースには巻き込まれないように指示を出していましたが、内で走っていた新人騎手の馬が行くのか行かないのか、中途半端な競馬をした為に、こちらもつられてしまったようです。それを考えれば良く辛抱した方だと思うし、スムーズならもっと際どい競馬になっていたでしょうね。調教師が中山競馬場に出張の為、栗東に戻ってから今後の予定を話し合いたいと思います」

 

 

最新情報

オリエンタルダンス

 再調整の目的で14日(水)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。

 

所有馬情報

オリエンタルダンス[父 キングカメハメハ : 母 ダンスノワール]

        オリエンタルダンス

在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき 14日に放牧

調教内容:軽め調整

次走予定:未定

 

佐々木晶師「今朝、ノーザンファームしがらきに放牧に出しました。特にレース後も変わりありませんが、一旦これまでの疲れを取ってあげようと思います。前走はチグハグな競馬になってしまったので、この馬の良さを出すことが出来ませんでしたが、まだまだこれからの馬ですし、成長を促しながら使っていきたいと思います。状態を見て次走を検討します」

所有馬情報

オリエンタルダンス[父 キングカメハメハ : 母 ダンスノワール]

        オリエンタルダンス

在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき

調教内容:ウォーキングマシン調整

次走予定:未定

 

厩舎長「14日にこちらに到着しました。レース後でもありますし、今週一杯はウォーキングマシンで調整して、状態を見て進め具合を決めたいと思います。馬体重は436kgです」

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

セゾンRH 4歳牡馬 ドリームカイザー内なる闘志に火がつかず思うような結果が出ていません

2015年01月17日 | 引退馬

セゾンRH 4歳牡馬 ドリームカイザー

(サルガソシー11)

父 : キングカメハメハ
母 : サルガソシー(母の父 Affirmed)

TYPE : 牡・栗毛
BIRTHDAY : 2011.02.14
BREEDER : 日高・浦新徳司

栗東・飯田雄三厩舎
募集価格2600万円
中央獲得賞金2135万円
控除前回収率82%
2013/06/15、2歳新馬、阪神ダ1200m、4番人気4着、賞金110万円 雨 良 幸英明
2013/07/21、2歳未勝利、中京ダ1200m、3番人気2着、賞金200万円 晴 良 幸英明
2013/08/10、2歳未勝利、小倉ダ1000m、1番人気3着、賞金130万円 晴 良 幸英明
2013/09/07、2歳未勝利、阪神ダ1400m、3番人気4着、賞金75万円 曇 稍 幸英明
2013/12/14、2歳未勝利、中京ダ1200m、2番人気1着、賞金500万円 晴 良 幸英明
2014/01/13、3歳500万、京都ダ1200m、3番人気2着、賞金290万円 晴 良 幸英明
2014/02/02、3歳500万、京都ダ1200m、1番人気4着、賞金110万円 曇 良 藤田伸
2014/06/01、3歳500万、京都ダ1400m、4番人気1着、賞金720万円 曇 良 池添謙
GⅢユニコーンS 15着
収得賞金額900万円
12戦2勝【2-2-1-3-0-4
2015/01/15

栗東トレセンで調整中。ウッドチップコース中心に乗り込まれています。現時点においては前走での反動もなく調整されています。飯田調教師は「本日調教を行って出走の判断をする予定でしたが、雨の影響で馬場が悪く調子の判断が付きにくいので今回は出走を取りやめました。次走はダート1800mあたりを視野に入れています」とコメントしていました。内なる闘志に火がつかず思うような結果が出ていませんが、ここはなんとか踏ん張ってもらいたいところです。今後は引き続き同馬の状態を確認しながら、現時点において次走に関しては1月下旬から2月初旬の京都開催並びに2月小倉開催を視野に入れています。
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シルクHC 2歳牡馬 オリエンタルダンス 牝馬限定戦 ダート1200m 6着

2015年01月10日 | 引退馬

シルクHC 3歳牡馬 オリエンタルダンス

(ダンスノワール12)
父 : キングカメハメハ
母 : ダンスノワール(母の父 SS)

TYPE : 牝・黒鹿毛
BIRTHDAY : 2012.01.14
BREEDER : 白老ファーム
英名:Oriental Dance
意味:東方舞踏
低重心のフレームは詰まりがよく、素早い動作を可能にする機動性
に優れています。さらに臀部と肩の筋肉量や、四肢の柔軟性にも恵
まれ、毎日の走りに隠しきれない弾力感が現れます。母系の鋭い悍
性と父の賢明さを兼備した気性が、競走馬としての資質をさらに高
め、非凡なスピードとセンスで主役の座を狙います。

美浦・佐々木晶三厩舎
募集価格2200万円
中央獲得賞金400万円
控除前回収率41%
収得賞金額900万円
2014/07/26、2歳未勝利、中京ダ1200m、3番人気2着、賞金200万円 晴 良 浜中俊
2014/12/06、2歳未勝利、阪神ダ1200m、1番人気2着、賞金200万円 晴 稍重 浜中俊
2014/12/20、2歳未勝利、阪神ダ1200m、1番人気1着、賞金500万円 晴 良 浜中俊

5戦1勝【1-2-0-0-0-2

 

調教タイム

 

オリエンタルダンス

 

 助 手 31栗坂良 55.3- 41.4- 27.5- 13.9 馬なり余力

調教タイム

オリエンタルダンス

 助 手 5栗坂不 55.4- 40.1- 25.7- 12.5 一杯に追う

所有馬情報

オリエンタルダンス[父 キングカメハメハ : 母 ダンスノワール]

        オリエンタルダンス

在厩場所:栗東トレセン

調教内容:角馬場でハッキング、坂路でキャンター 5日に坂路で追い切り

次走予定:京都1月10日 牝馬限定戦・ダート1200m[C・デムーロ]

 

佐々木晶師「追い切りは5日に坂路でびっしりやっているので、今週は大きめに乗って調整しています。前走後もすこぶる順調ですし、クラスが上がってもいい競馬をしてくれると思います。浜中騎手で予定していましたが、どうしても乗ってほしいと違う厩舎から騎乗依頼があったらしく、断りの連絡がありました。丁度同じタイミングでC・デムーロ騎手からオファーがあったのでお願いすることにしました。京都1月10日の牝馬限定戦・ダート1200mをC・デムーロ騎手で投票します」

出走情報

オリエンタルダンス

 1/10(土)京都6R 3歳500万下(牝)[D1,200m・11頭7枠9番]54 C.デムーロ 発走13:00

 

佐々木晶師「今回は変則日程の為に、5日に坂路で追い切りを行いました。その方が競馬までじっくり調整も行えますし、自厩舎でもそれが上手く嵌っているので、良い方に向いてくれるでしょう。ひと叩きした前走は終いの粘りも増していましたし、相手なりの競馬が出来る馬だと思うので、クラスが上がっても良い競馬をしてくれるはずです」

 

オリエンタルダンス
京都6R 3歳500万下・牝馬限定戦 ダート1200m 6着

C・デムーロ騎手は「内の馬が行こうとしていたので、それを見る形で競馬をしようと思いました。すると相手が控えようとしていたので、こちらから仕掛けて行ったのですが、それに合わせてまた行こうとしました。ペースが余計に上がってしまうといけないし、無理させずに内の馬に譲りました。中途半端なことをしているから外から違う馬も上がってきて、挟まれる形になってしまい、ストレスの掛かる競馬になってしまいました。今回はスムーズに走り切れなかったのが敗因なので、また乗る機会があれば挽回したいですね」と話していました。

⇒浜中に逃げられた時点で勝ちはなかったのかも

しれない。C・デムーロ、君に次はない。

桜花賞?笑っちゃうね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シルクHC 3歳牡馬 グランドサッシュ 東京1週目の2100ダートから行ける状態です

2015年01月10日 | グランドサッシュ

シルクHC 4歳牡馬 グランドサッシュ

(レイサッシュ11)

母レイサッシュは3勝

父ハーツクライ

父 : ダイワメジャー
母 : シルクプリマンナ(母の父 ブライアンズタイム)

TYPE : 牡・黒鹿毛
BIRTHDAY : 2011.02.27
BREEDER:社台コーポレーション白老ファーム
首差しのしなりと力強さ、内面の健康度を表す丸みのある胴回り、やや短めの
繋や角度の浅い飛節、そして機能的なバランスに秀でたコンパクトなサイズ。本
馬の馬体に目を凝らすとサッシュ系の特長が随所に表れています。加えて全体
の滑らかなシルエットやキリっとした精悍な顔つきには独特の品格が備わり、手
先が軽くバネに優れた走りからも、いかにも切れ味勝負の芝コースを得意としそ
うです。芯の通った意志の強さは実戦において挫けぬ心となり、さらに一線級
で戦い続けるタフな精神力として長きに渡る活躍を約束しているかのようです。
美浦・武市康男厩舎
募集価格1800万円
中央獲得賞金1923万円
控除前回収率107%
収得賞金額900万円

2013/08/10、2歳新馬、函館ダ1700m、2番人気1着、賞金700万円 晴 重 津村明秀

2014/04/27、3歳500万下、東京芝1800m、6番人気2着、賞金290万円 晴 良 横山典弘

2014/06/15、3歳以上500万下、東京ダ1600m、3番人気3着、賞金190万円 晴 良 大野拓弥

2014/08/03、3歳以上500万下、新潟ダ1800m、3番人気5着、賞金73万円 晴 良 大野拓弥

2014/12/13、3歳以上500万下、中京ダ1800m、1番人気1着、賞金670万円 晴 良 津村明秀

11戦2勝【2-1-1-0-1-6(新馬勝ち・レコード勝ち)】

 

所有馬情報

 

グランドサッシュ[父 ハーツクライ : 母 レイサッシュ]

 

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄

 

調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回は坂路コースで14-13

 

次走予定:1回東京開催

 

 

 

担当者「引き続き順調です。時計も出していますが、動きは良いですよ。しっかりとした足取りで、坂路をまっすぐに駆け上がっています。まだ武市先生とは打ち合わせていませんが、東京1週目の2100ダートから行ける状態です」馬体重469㎏

⇒武市先生というのはこれまでの言動からも、

自分の信念とかない。騎手、ノーザンのいいなり。

いつまでも三流なわけだ。

武市に相談もなく、ノーザン側が勝手に決めてしまうん

だからね。

それだけ、ノーザンから格下に見られてるんだろうな。

こんな厩舎には二度と預けたくないな。

武市って、吉永厩舎から引き継いだ

エスケーカントリーという馬はOP勝ってるけど、

自分で純粋に2歳から預かった馬は

最高が1000万下。こりゃダメだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シルクHC 4歳牡馬 フラムドグロワール 現時点ではまだ診断が難しいとのことです

2015年01月10日 | 引退馬

シルクHC 5歳牡馬 フラムドグロワール

(シルクプリマドンナ10)

母シルクプリマンナはオークス馬、

父ダイワメジャーで大物誕生の予感

父 : ダイワメジャー
母 : シルクプリマンナ(母の父 ブライアンズタイム)

TYPE : 牡・栗毛
BIRTHDAY : 2010.03.31
BREEDER : 安平町・ノーザンファーム

美浦・藤沢和雄厩舎
募集価格4000万円
中央獲得賞金7457万円
控除前回収率186%
収得賞金額1150万円
GI朝日杯FS 4着
GINHKマイルC 3着
GI東京優駿 10着
 
GⅢ京成杯 10着
GⅢラジオNIKKEI賞 4着

2012/06/09、2歳新馬、東京芝1400m、1番人気1着、賞金700万円 雨 稍 横山典弘

2012/09/30、2歳OP芙蓉S、中山芝1600m、2番人気2着、賞金607.4万円 晴 良 横山典弘 

2012/10/20、2歳OPいちょうS、東京芝1800m、2番人気1着、賞金1535.7万円 晴 良 横山典弘

2012/12/16、2歳GI朝日杯FS、中山芝1600m、5番人気4着、賞金1100万円 晴 良 ウィリアムズ

2013/01/21、3歳GⅢ京成杯、中山芝2000m、1番人気10着、賞金0万円 晴 良 横山典弘

2013/05/05、3歳GINHKマイルC、東京芝1600m、8番人気3着、賞金2354.6万円 晴 良 横山典弘

2013/06/30、3歳GⅢラジオNIKKEI賞、福島芝1800m、3番人気4着、賞金560万円 晴 良 田辺裕信

2014/06/21、相模湖特別1000万下、東京芝1400m、3番人気2着、賞金598.8万円 晴 良 北村宏

10戦2勝【2-2-1-2-0-3(新馬勝ち、GI 3着)】

 

所有馬情報

 

フラムドグロワール[父 ダイワメジャー : 母 シルクプリマドンナ]

 

フラムドグロワール

 

 

 

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

 

調教内容:ウォーキングマシン

 

次走予定:未定

 

 

 

担当者「引き続き経過を見ていますが、まだ腫れが残っており、歩様も気にしている感じです。獣医によると、症例が非常に少ないので、現時点ではまだ診断が難しいとのことです。もう少し様子を見て、腫れが引いたらショックウェーブ治療などを施し、その経過も見てから診断ということになると思います」

⇒もう5歳。半年から1年かかりそうな感じ。

今1000万下だから、復帰できれば、

1000万下、1600万下の2勝を見込んでの

判断だと思う。いい方に向かえばいいのだが。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京TC 2歳牡馬 レッドリーガル デビュー戦の鞍上は浜中騎手の予定です

2015年01月10日 | レッドリーガル

東京TC 3歳牡馬 レッドリーガル

(ショウダウン12)

OONAGH MACCOOL 10

父: ファルブラヴ
母: ショウダウン
母の父: Darshaan
TYPE: 牡・鹿毛
BIRTHDAY: 2012.03.04
BREEDER: ノーザンファーム

欧州の厳しい舞台で名を上げてきた

母系がいよいよ真価を発揮

欧州の強豪を多数輩出した母系が、

大物誕生の鍵となる

 英で競走馬デビューした母ショウダウンは、勝ち鞍をあげられないまま現役を引退し、繁殖牝
馬となりました。英で勝利を記録したフリーズ(父サドラーズウェルズ)、アバヤーン(父サドラーズ
ウェルズ)、米で1勝をマークしたビーフリー(父セルカーク)などを出産してから日本に導入。レッ
ドデュード(父アグネスタキオン)、現2歳馬ヴァネッサ(父ゼンノロブロイ)に続いて誕生したのが、
父にG1ジャパンC、などを制した世界的名馬ファルブラヴを迎えた牡駒ショウダウン12です。世
界を股にかけてG1戦を8勝した父の血と、G1仏ダービーを制した母の父ダルシャーンの血が相
乗効果を生めば、ショウダウン12のクラシック戦線での頑張りも、十二分に見えてくるはずです。
 母系は欧州の強豪を多数輩出している名門で、祖母ラストセカンドはG2ナッソーS、G2サン
チャリオットSの勝ち馬。ショウダウン12の叔父にあたるオージールールズはG1仏2000ギニー、G
1キーンランドターフマイルSなどに勝ち、現在は種牡馬として活躍中です。また、G1ロイヤル
オーク賞勝ちのアレグレット、G1英チャンピオンSを2回勝っているアルボラーダ、G1オイロパ賞馬
アルバノヴァ、G2愛ダービートライアルSに勝ち、G1愛ダービー、G1英セントレジャーでともに2着
したミダスタッチも、同じファミリーの出身となります。一族に伝わる大レース向きの優秀な底力と
持続力に富んだパワフルなスピードは、ショウダウン12にとっても強力な武器となってきます。

配合診断

 仏2000ギニー馬Aussie Rulesの甥にあたり、近親にも活躍馬が多数出ているMumtaz Mahalにさかのぼる名牝系。3代母AlruccabaはGrey Sovereign 4×3、母ショウダウンはMill ReefとSir Gaylordを通じるナスキロのクロスで、自身はNorthern Dancer 3×5、Bold Reason≒Never Bend 4×5、そしてSeattle SlewとMill Reefを通じるナスキロ+La Troienneのクロスもあります。全体としてはファルブラヴに欧州中距離血統の重厚な斬れ味を付与した配合、といえるでしょう。ファルブラヴ産駒といえばワンカラット、アイムユアーズ、エーシンヴァーゴウなど快速牝馬のイメージが強いですが、牡駒はトランスワープ、グローリーシーズ、タニノシュヴァリエなど父似の中距離型が多いのです。牝駒はFairy Kingに似るけれど、牡駒はファルブラヴに似るというイメージですね。芝向きの中距離馬で、母方の斬れ味が強く出れば東京や外回りでジワジワ差してくる脚質になる可能性もあります。

配合解説:望田 潤 / 栗山 求

ショウダウン12の馬体ポイント

    肩
    肩周囲の筋肉が細分化されている。
    首
    父と異なるストレートネック。
    臀部
    半腱様筋の幅が広く、股関節や膝が強い。
    下腿骨
    長趾伸筋の膨らみが大きく、キック力が強い。

馬体解説

父ファルブラヴは、異なる国で13勝のタフガイ。馬体面では筋肉の隆起が大きく恐竜のようにカーブのあるシルエットで、日本では快速牝馬を多く輩出しています。本馬は肩周囲に父同様の厚みがあり、この時期にしては筋肉の層が細分化されていますが、体高があり、首はストレートでやや長め。胴もゆったりして体型的にはスタミナ派の母父ダルシャーンの影響を感じさせます。臀部はまだ平面的ですが、臀筋群と協力して股関節を伸展させ、膝の支持にも働きかけている半腱様筋の幅が広いのが特徴です。下腿骨は長趾伸筋の膨らみが大きく、股関節に強度が加わってくれば強いキック力を発揮します。スピード系になるか、中距離系かは今後性格によって決まるはずです。

(馬体解説/関西競馬エイト 鈴木由希子) 

栗東・笹田和秀厩舎

募集価格2000万円
中央獲得賞金0万円
控除前回収率0%
収得賞金額0万円
0戦0勝【0-0-0-0-0-0
 

15.01.08

(笹田厩舎)
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 53.9-39.6-25.8-12.9 一杯
外デビル仕掛けに0.1秒先着 
助手「1馬身ほど追いかけて、最後はきっちり先着。イメージしていたしまい重点の追い切りとはいきませんでしたけど・・・。追い切りの時間帯が後半で馬場が悪かった中、残り1Fで苦しくなっても、リーガル自身前に進もうという気は切らさずに走っていました。さすがに回転が上がりませんでしたけど、最後までパッタリとは止まっていませんからね。追い切りを積んできているので、さすがに疲れも出てくる頃でしょうし、レースまで出来る限りのケアをして進めていきます」
※デビュー戦の鞍上は浜中騎手の予定です。

⇒いい騎手に依頼というのは非常に好感がもてます。

勝負とみていいでしょう。

 

15.01.07

(笹田厩舎)
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 66.1-49.2-32.3-16.2 馬なり 
助手「この中間も順調です。明日の追い切りに備えて今日は軽めの調整でした。一昨日(月)坂路で時計を出しましたが、しまいの1Fが12.0だったことを知ってほんとに驚きました。あまり前につっこみ過ぎないようバランスを取りながら進めたので、入りは15半-15。その後は肩ムチや見せムチなどでいつでも反応できる態勢を整え、残り1Fでハミをかけて走らせました。めちゃめちゃ走りやすい馬場というわけでもない中でこの時計ですから、ステップアップしてきていると言っていいのではないでしょうか。あくまで気持ちを乗せることを重点にした追い切りで、オーバーワークにもなっていませんし、ここまでは予定通り。デビューまでしっかり調整していきます」

⇒調教がいいみたいです。

新馬戦が楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加