騎手・中島八弥 東京サラブレットクラブ&シルクHC 一口馬主情報。

東京優駿
第80回 日本ダービー
祝出走
シルクホースクラブ所属
フラムドグロワール3歳牡馬
父母GI馬

府中駅 つけ麺『節』 東京競馬場の帰りにどうぞ。

2013年05月31日 | 食事、メガネ、携帯電話、住宅ローン、旅行

東京競馬場へ行く時、
新宿からであれば、
京王線で特急なりで東府中に臨時停車し、
府中競馬場正門前に行くと思いますが、
帰りはどうしても、東府中で乗り換えるも
東府中で乗れるのは各駅停車のみ。
調布へ行き、そこで急行とか特急に乗り換える。

なんで帰りは、接続が悪いのか。
京王線にはぜひ改善してもらいたい。

そこで府中が地元の友達に
府中駅まで歩く行き方を教わりました。
中山競馬場から、東中山駅、西船橋駅まで行くよりは近かった。

府中駅であれば、特急にも乗れますし、
府中駅前がラーメン激戦区になってました。
どの店も行列でした。

つけ麺『節』をセレクト。
ここのつけ麺は美味しかったです。
他には豚骨ラーメンもありました。

出来上がるのが遅かったですね。
普通ラーメン屋はすぐ出来上がりますが。
太麺だから湯で時間が長いのか?
でも旨かった。
コメント

シルクHC3歳牡馬 フラムドグロワール 北村宏 自在性があってどんな競馬でもできるタイプ ダービー

2013年05月26日 | 引退馬

シルクHC3歳牡馬 フラムドグロワール

(シルクプリマドンナ10)

母シルクプリマンナはオークス馬、

父ダイワメジャーで大物誕生の予感

父 : ダイワメジャー
母 : シルクプリマンナ(母の父 ブライアンズタイム)

TYPE : 牡・栗毛
BIRTHDAY : 2010.03.31
BREEDER : 安平町・ノーザンファーム

美浦・藤沢和雄厩舎
募集価格4000万円
中央獲得賞金6298万円
控除前回収率157%
収得賞金額1150万円
GI朝日杯FS 4着
GINHKマイルC 3着

2012/06/09、2歳新馬、東京芝1400m、1番人気1着、賞金700万円 雨 稍 横山典弘

2012/09/30、2歳OP芙蓉S、中山芝1600m、2番人気2着、賞金607.4万円 晴 良 横山典弘 

2012/10/20、2歳OPいちょうS、東京芝1800m、2番人気1着、賞金1535.7万円 晴 良 横山典弘

2012/12/16、2歳GI朝日杯FS、中山芝1600m、5番人気4着、賞金1100万円 晴 良 ウィリアムズ

2013/01/21、3歳GⅢ京成杯、中山芝2000m、1番人気10着、賞金0万円 晴 良 横山典弘

2013/05/05、3歳GINHKマイルC、東京芝1600m、8番人気3着、賞金2300万円 晴 良 横山典弘

6戦2勝【2-1-1-1-0-1(新馬勝ち、GI3着)】

 

【ダービー】こう乗る

 

【こう乗る】

(1)キズナ
 武豊 ディープインパクトの子供で出られるのはうれしい。一戦一戦成長して切れにも磨きがかかってきた。悔いのないレースを。

(2)コディーノ
 ウィリアムズ イメージした以上に折り合いはスムーズ。風格があるし、距離も問題なさそう。自在に運べそうで力を発揮したい。

(3)アポロソニック
 勝浦 切れる脚はないけど、長く持続する脚が持ち味。できれば逃げたい。仮に行けなくても、途中から自分のリズムで動きたい。

(4)クラウンレガーロ
 三浦 皐月賞で馬の力を再認識。初めての距離なので位置は決めず出たなりで。馬のリズムを崩さず、ロスなく立ち回る競馬を。

(5)メイケイペガスター
 木原師 場数を踏んでいる騎手だから乗り方は任せる。本人(藤田)は「構えたら駄目だね。出たなりで折り合いをつけたい」と言っていた。

(6)ラブリーデイ
 川田 自分のリズムで走れれば自然といい位置を取れると思う。初めての距離なので折り合いを大事にして乗りたい。

(7)ヒラボクディープ
 蛯名 前走は怒りながら走っていたので、今回は褒めながらいきたい。周りに馬がいた方がいいタイプ。力を出せるように頑張る。

(8)ロゴタイプ
 C・デムーロ どの位置でも折り合えるのは大きなアドバンテージ。作戦は他の騎手に知られたくないので言わないよ。

(9)エピファネイア
 福永 シンボリクリスエス産駒は気が勝っている馬が多いがうまくコントロールが利けば距離は大丈夫。最高の走りを見せたい。

(10)タマモベストプレイ
 和田 状態は言うことなし。皐月賞よりはスローになるだろうから、ついていける位置で体力を温存できれば距離はもつと思う。

(11)テイエムイナズマ
 幸 出たなりで位置にはこだわらず、前に壁をつくりたい。直線まで折り合いがついていれば、しまいは伸びるはず。

(12)サムソンズプライド
 田辺 2400メートルについて何ともいえないが、折り合いの心配はない馬。同型はいるし、ゲートにもよるけど、行ければ行きたい。

(13)マイネルホウオウ
 柴田大 前走は長くいい脚を使った。ダービーでもその脚が引き出したい。距離は問題ないと思うし、しっかり力を出し切りたい。

(14)アクションスター
 戸崎 初騎乗だがレースを見る限り癖はなさそう。ダービーに乗せてもらえるのは幸せ。100%のパフォーマンスを引き出したい。

(15)フラムドグロワール
 北村宏 自在性があってどんな競馬でもできるタイプ。初騎乗だが、調教で感触をつかんでいるし、血統的に距離が延びて楽しみ。

(16)ペプチドアマゾン
 藤岡康 追い切りの動きが良かったし状態はいい。切れるというタイプではないので持久力を生かす形に持ち込みたい。

(17)レッドレイヴン
 内田 昨年の東京スポーツ杯2歳Sは後ろからになったが、位置は決めたくはない。行けるところで運べれば。上積みはあるので。

(18)ミヤジタイガ
 松山 折り合いに問題がなく乗りやすいイメージ。初めてのダービーで緊張すると思うが、楽しんで乗りたい。

【ダービー】距離延長歓迎のフラムドグロワール

母はオークス馬

 フラムドグロワールは東京芝コースで【2010】の安定感。母はオークス馬シルクプリマドンナで、2400メートルへの距離延長はむしろ望むところ。同厩コディーノを目標に大仕事をやってのける。

【ダービー】最新ナマ情報

◆〔1〕キズナ輸送は順調、ロゴと「ワクワク」初対決

 毎日杯、京都新聞杯を連勝した(1)キズナは午後3時40分ごろ、東京競馬場に到着した。引き運動に出ると、飛び上がったりしてチャカついていたが、これはいつものこと。変に落ち着きがあるよりは普段どおりだけに、問題ない。「車内では微動だにしない馬だし、輸送は順調でした。体重的には前走と同じくらいで出られる」と田重田厩務員。皐月賞馬ロゴタイプについて聞かれると「あの馬は自在性があるからね」と言いながらも「未対決だし、今はワクワクする気持ちが強い」とレースが待ち遠しい様子だった。

◆万全の態勢〔8〕ロゴタイプ

 5連勝でダービー制覇を狙う皐月賞馬(8)ロゴタイプは美浦北の角馬場でダクとキャンターを行ってからBコースに出てさらにキャンターを1周半。ゆっくりとしたペースで気持ちよく周回して万全の態勢を整えた。「角馬場とBコースで計3200メートルぐらい乗った。リラックスしていたし、順調に来ているのが何よりです」と田中剛調教師と最終調整を終了してほっとした表情を見せた。

◆究極仕上げ〔9〕エピファネイア

 皐月賞2着の(9)エピファネイアは栗東トレセンから午後0時半ごろに東京競馬場入り。落ち着きがあっていい雰囲気だ。追い切り後にソエ気味であることが判明したが、「脚もとは大丈夫」と鈴木調教助手。「この中間はハミを噛んでも我慢できるように調教してきた。体(馬体重)は減っていても問題ない。今年2戦とも負けているんだし、同じことをしていてはね。今回はしっかり攻めてきた」。究極の仕上げで大一番に向かう。

◆存在感抜群〔2〕コディーノ

 藤沢和厩舎の3騎はダートコースで調整。「馬はみな落ち着いているし、元気だよ」と藤沢和調教師。(2)コディーノは所属の杉原騎手(実戦ではC・ウィリアムズ騎手)を背にキャンターで1周。馬体に張りがあり、存在感満点だ。「最初は緊張していたようだけど、だいぶ落ち着いてきた」とトレーナー。

 (15)フラムドグロワールは北村宏騎手を背にキャンターで周回。フットワークは鋭い。指揮官は「いいよ。京成杯がチグハグな競馬になってしまって、今年は実質、前走の1回しか競馬を使っていない」と、余力十分で臨める点を強調。(17)レッドレイヴンもキャンターで周回し、気合乗りはいい。「こちらも順調にきています」。

◆文句なしの状態〔3〕アポロソニック

 ケンタッキーダービー馬を父に持つ(3)アポロソニックは美浦南のWコースでキャンター調整。大型馬のわりに脚さばきは軽やかで気持ち良さそうに周回した。鈴木調教助手は「文句なしの状態で出せる。デビュー前から期待が大きかったし、米国ダート血統だけど芝の中距離が合うと思っていた。スタミナがあってバテないタイプ」と持ち前のしぶとさに期待を寄せる。

 

◆一発へ虎視眈々〔4〕クラウンレガーロ

 

 金曜日に東京に入厩した(4)クラウンレガーロは、装鞍所→ダートコース→パドックの順でスクーリング。「輸送自体は問題ありませんでしたし、いい状態で臨めます」と、日吉調教師。実戦に行ってしぶといタイプだけに、「道中の位置取りと仕掛けのタイミング次第では…」と、大舞台で一発を狙っている。

 

◆距離克服に自信〔10〕タマモベストプレイ

 

 金曜日入厩の(10)タマモベストプレイは、(4)クラウンレガーロとともに装鞍所→ダートコース→パドックの順でスクーリング。「落ち着いていました。ラチ沿いを回りましたが、物見もいっさいしなかった」と南井調教師。「皐月賞(5着)のレースぶりを見て、距離はもつなと感じました」と未知の距離だが準備は万端整っており、自信をもって大一番に臨む。

 

◆輸送後も食欲◎〔5〕メイケイペガスター

 

 東京で共同通信杯を勝っている(5)メイケイペガスターは午後3時52分に東京競馬場入り。「以前と違って到着後すぐにカイバを要求してきたのは、輸送になれてきた証拠」と檜垣調教助手は愛馬の成長に目を細め、「今回はがっつりと、これ以上ない状態に仕上げたつもり」と胸を張る。距離は未知数だが、道中しっかりと折り合えば侮れない。

 

◆体調面で急上昇〔6〕ラブリーデイ

 

 (6)ラブリーデイの気配が急上昇している。2週連続で栗東CWコースで抜群の動きを披露しており、「レース間隔が開いたぶん体調は上向き。ずいぶん良くなっていますよ。相手は強いですが、折り合いもつくようになっている」と森澤調教助手。オルフェーヴル(1着)、ワールドエース(4着)も担当している“腕利き”だけに、人気薄でも侮れない。

 

◆無事に最終調整〔7〕ヒラボクディープ

 

 青葉賞勝ちの(7)ヒラボクディープは美浦坂路からWコースで1ハロン17秒前後のキャンターを1周。グッと首を丸めて程良い気合を見せ、状態は最高潮に達しつつある。「いい感じに我慢も利いていたね。滞りなく無事に最終調整ができて良かった。ダービーは1回ぐらい勝っておかないと…」と国枝調教師はダービー2度目の挑戦で戴冠を狙う。

◆今までで一番!〔11〕テイエムイナズマ

 (11)テイエムイナズマは午後3時半すぎに到着。花田調教助手は「輸送は特に問題なかった。皐月賞(6着)は中2週でタイトなローテだったが、今回は間隔が開いていたのでしっかり疲労をとってから調整できた。今までで一番いい感じですね。距離も初めての2000メートルだった前走でも最後まで伸びていたし、こなせると思っています」と仕上がりに満足そうだった。

◆抜群の落ち着き〔12〕サムソンズプライド

 2006年の勝ち馬メイショウサムソン産駒の(12)サムソンズプライドは美浦の北Cコースでゆっくりとしたキャンターを2周。落ち着いた走りの引き続き雰囲気はいい。「落ち着いて走っていた。デビュー前から走るだろうという感触はあった。ここまで変わりなく来ているのが何よりだ」と杉浦調教師。

◆「好調をキープ」〔13〕マイネルホウオウ

 NHKマイルCの覇者(13)マイネルホウオウは馬場には入らず、美浦の厩舎周りの引き運動を行った。栗毛の馬体は光沢を放ち、歩様もしっかり。中2週でも、高いレベルで気配は安定している。「馬はすでにできており、疲れを残さないために約1時間の引き運動を行った。カイ食いも良くて、体の張りや毛ヅヤもいい。好調をキープしています」と菅田調教助手はデキの良さに自信を見せる。

◆初の東京がカギ〔14〕アクションスター

 (14)アクションスターは午後3時42分に到着。東京は初めてとあって、到着直後はいくぶんテンションは高め。「ダービーに出られるのは名誉なことなので、まずは無事に走り終えること。東京は初コースなので、その辺りもカギになるでしょう」と、井厩務員。

◆走る手応えあり〔16〕ペプチドアマゾン

 京都新聞杯2着の(16)ペプチドアマゾンは午後0時30分頃に到着。関東圏への輸送は初めてだが、小川調教助手は「輸送はまったく問題ないです」と落ち着いた様子に笑顔。「菊花賞に間に合えば、と思っていたが、予想以上に結果を出してくれています。良くなっているし、人気以上に走ってくれる手応えはありますよ」と小川助手は一発を狙う雰囲気だった。

◆弥生賞の再現だ〔18〕ミヤジタイガ

 皐月賞16着の(18)ミヤジタイガは午後0時30分頃に到着。「状態は前走も今回もいい。皐月賞は出していったぶん止まったが、一生懸命走る馬だから乗り方ひとつだと思う。弥生賞(2着)のようなレースができれば差はないと思うけど、大外枠がなあ…」と内田厩務員は枠順を気にしていた。

 

コメント

シルクHC3歳牡馬 フラムドグロワールパドックの見方 キビキビとリズム良く周回し、良く見せるタイプ

2013年05月25日 | 引退馬

シルクHC3歳牡馬 フラムドグロワール

(シルクプリマドンナ10)

母シルクプリマンナはオークス馬、

父ダイワメジャーで大物誕生の予感

父 : ダイワメジャー
母 : シルクプリマンナ(母の父 ブライアンズタイム)

TYPE : 牡・栗毛
BIRTHDAY : 2010.03.31
BREEDER : 安平町・ノーザンファーム

美浦・藤沢和雄厩舎
募集価格4000万円
中央獲得賞金6298万円
控除前回収率157%
収得賞金額1150万円
GI朝日杯FS 4着
GINHKマイルC 3着

2012/06/09、2歳新馬、東京芝1400m、1番人気1着、賞金700万円 雨 稍 横山典弘

2012/09/30、2歳OP芙蓉S、中山芝1600m、2番人気2着、賞金607.4万円 晴 良 横山典弘 

2012/10/20、2歳OPいちょうS、東京芝1800m、2番人気1着、賞金1535.7万円 晴 良 横山典弘

2012/12/16、2歳GI朝日杯FS、中山芝1600m、5番人気4着、賞金1100万円 晴 良 ウィリアムズ

2013/01/21、3歳GⅢ京成杯、中山芝2000m、1番人気10着、賞金0万円 晴 良 横山典弘

2013/05/05、3歳GINHKマイルC、東京芝1600m、8番人気3着、賞金2300万円 晴 良 横山典弘

6戦2勝【2-1-1-1-0-1(新馬勝ち、GI3着)】

 

【ダービー】フラムドグロワール元気いっぱい 

師は状態の良さ強調

 

 フラムドグロワールも東京ダートコースで軽めのキャンター調整。レースでも手綱を取る北村宏が騎乗し、1F18~20秒ほどのペースで軽く流した。藤沢和師は「これもいいな。京成杯(10着)が変な競馬になってしまい、まだ前走(NHKマイルC=3着)の1回しか走っていないので元気いっぱい」と状態の良さを強調していた。

【ダービー】急上昇フラムドグロワール 

初コンビ北村宏で集団調教

 フラムドグロワールは初コンビの北村宏を背に、ルルーシュなど古馬4頭と共に東京ダートコースで集団調教を行った。縦1列になってダクで1周。大江原助手は「前走(NHKマイルC3着)時と比べて状態はかなりアップしている。ジョッキー(北村宏)も“リラックスしている”と満足していた」と、急上昇ぶりを強調していた。

 

 

26日(日)東京競馬

【ダービー】パドックの見方

 

【パドックの見方】

(1)キズナ
 デビュー当時はうるさかったが、最近は集中してキビキビと周回している。腹回りがコロンと見えるのは体形的なもので心配ない。

(2)コディーノ
 パドックはジワリと気合が乗る程度でも実戦では折り合いに苦労。できるだけ落ち着いていた方がいい。体は多少増えても大丈夫。

(3)アポロソニック
 筋肉質で幅もあり、非常にパワフルな体形。歩様が硬く見えても実戦では問題なく力を出せる。引き締まって見えれば上積み大だ。

(4)クラウンレガーロ
 胴長で細身の体形ということもあるが、皐月賞時はフワフワとして非力な印象を受けた。柔軟性が出て力強さアップなら前進可能。

(5)メイケイペガスター
 黒光りする青毛の効果もあるだろうが、均整の取れた好馬体で非常に良く見せる。ポイントは気性面。集中できていれば大駆けも。

(6)ラブリーデイ
 2戦続けて大敗しているが、パドック気配は悪くなかった。胴長で前後のバランスも良好。あえて課題を挙げれば力強さが欲しい。

(7)ヒラボクディープ
 まだ子供っぽさが残り、チョコチョコとした小さな完歩で周回するタイプ。馬場入場時に尻っぱねする癖があり、返し馬まで注意。

(8)ロゴタイプ
 軌道に乗ってからは体重が安定しており、大幅変動は減点。気合は表に出すタイプで、極端にうるさくならなければ能力を出せる。

(9)エピファネイア
 木曜計量が前走比4キロ減の482キロとあってマイナス体重が濃厚。前走のように馬場入場でテンションが上がらないかが鍵になる。

(10)タマモベストプレイ
 少し踏み込みが浅い感じの歩様だが、能力には影響ない様子。丸みを帯びた馬体がシャープに引き締まってくれば上積み見込める。

(11)テイエムイナズマ
 テンションの高さが目立つタイプ。距離が延びることを考えると少しでも落ち着きが欲しい。大柄でも体高があり、スラリと映る。

(12)サムソンズプライド
 4走前の小倉遠征を境に戦績が一変したが、パドックの雰囲気も躍動感が出て2歳時とは別馬のよう。張りを維持できれば好走も。

(13)マイネルホウオウ
 少し腹回りが寂しく映るシルエットでも、実戦では素晴らしい末脚を繰り出せる。細く映っても張りがあれば大丈夫と判断したい。

(14)アクションスター
 前走の12キロ増は2走前に減った分(14キロ)が戻ったもの。今回も同じくらいの体重を維持したいところ。丸みや肌の張りも欲しい。

(15)フラムドグロワール
 休み明けで10キロ減だった前走だが、好内容で3着。絞れたものと考えていい。キビキビとリズム良く周回し、良く見せるタイプだ。

(16)ペプチドアマゾン
 ややイレ込み気味になることが多く、歩様も硬め。あまり良く見せるタイプとは言えない。適度な気合で歩様も良化なら一発ある。

(17)レッドレイヴン
 5カ月余ぶりの前走は4キロ増という数字以上に緩んで見えた。馬体重より張りや筋肉の盛り上がりを要チェック。気合は表に出す。

(18)ミヤジタイガ
 非凡なバネを感じさせる歩様ながら、常にイレ込み気味。それでも実戦では頑張るが、距離が長くなることを考えると集中力必要。

場で行われる日本ダービー(GI)に出走する美浦・藤沢和雄厩舎の3頭、コディーノ・フラムドグロワール・レッドレイヴンの3頭が、23日朝に東京競馬場の芝コースで追い切りを行った。

フラムドグロワールについて、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●フラムドグロワールについて藤沢和雄調教師

「ついこの間、マイルの距離で激しいレースをしてきているし、それほど強い調教はいらないだろうということで、今朝は流す程度でした。

京成杯の時には雪で競馬が中止になってしまい、短期間に2回輸送をすることになってうまくいきませんでした。また、前走も東京競馬場に早めに入っていたし、今回も同じようにしました。

(馬の後ろに入れて我慢させるような形だったが?)
今回は2400m、一息で走るというわけにはいきませんから、乗り役のアドバイスもあってこのような調教になりました。

血統的にはお母さんがオークスを勝っていますし、デビューした頃から距離は大丈夫だと思っていて、ダービーを意識していましたからね。馬は見ての通り元気ですよ。体調はずいぶん上がっているように見えます」


●フラムドグロワールについて北村宏司騎手

「第一印象は、ずいぶんリラックスしていると感じました。ハミをとったり掛かったりする仕草はなかったので安心しました。この馬にはデビュー前に何度か跨って、その後は前走のレース後に1度乗りました。新馬の頃の印象はやんちゃでムキになったり若さがあったのですが、先日跨ったときにはずいぶんと大人びて、コントロールもしやすくなっていました。体調そのものも、前走からいい形で保っていると思います。

血統的にも距離はもつと思います。とにかく、スムーズに運べれば。普段の調教で走っているフォームと気持ちで走ってくれれば力を出せると思っています。せっかくもらったチャンスですから、しっかり結果を求めて頑張ります」

コメント

東京TC 3歳牡馬 レッドルーファス ダイワメジャー、ダイワスカーレットの妹スカーレットブーケと大激突

2013年05月25日 | 引退馬

東京TC 3歳牡馬 レッドルーファス

(ウーナマクール10)

OONAGH MACCOOL 10

父: アンブライドルズソング
母: ウーナマクール
母の父: Giant's Causeway
TYPE: 牡・栗毛
BIRTHDAY: 2010.04.29
BREEDER: アメリカ産

叔父、叔母に欧州G1馬が3頭、

強力な母系が大成への道を導く

母ウーナマクールは、英米で走り9戦5勝。G2ランパートH、G2ルイヴィルBCHと重賞を2勝したほか、G2フルールドリスHで2着するなど、一級品の競走成績を残しました。繁殖牝馬となってからは、2008年に初仔を出産。そして、父に米の一流種牡馬アンブライドルズソングを迎え、2010年に誕生した牡駒が、このウーナマクール10ということになります。父アンブライドルズソングは、2歳G1ブリーダーズCジュヴェナイルの勝ち馬。また、母の父ジャイアンツコーズウェイは、3歳夏から欧州G1戦5連勝を記録しているだけに、両馬が配合されたウーナマクール10には、仕上がりの早さと成長力を兼備した一流中距離馬となる期待が懸かります。
 母系は、現代欧州を代表する名門のひとつで、ウーナマクール10の叔父には、英G1サセックスSに勝ち、種牡馬入りを果たしたアリロイヤル、独G1オイロパ賞、伊G1ローマ賞を2回ずつ制し、やはり種牡馬となったタイパンがいます。さらに、G1英1000ギニーを勝ったクラシックホースであるスリーピータイムは、ウーナマクール10の叔母。このほかにも、英G3に勝ち、種牡馬となったジェントルマンズディールらが登場してきている母系は、大レース向きの底力とともに、スピード競馬への適応力にも優れています。まさに、素晴らしい血統背景の持ち主であるウーナマクール10。クラシック戦線で大仕事を達成する可能性も、十分にあるはずです。

美浦・藤沢和雄厩舎
0戦0勝【0-0-0-0-0-0】

ダイワメジャーの半妹、

ダイワスカーレットの全妹の

スカーレットブーケと対戦

でも、高齢出産なのでどうかな?

ピカソ、シャガールと結果残せてませんから。

レッドルーファスは初戦ということで、

自分自身の勝負となるでしょう。

でも、新聞の評価低いな。

とにかく頑張って欲しい。

ファンタストでタイキシャトル級と言われた

ころが懐かしい。

コメント

シルクHC3歳牡馬 フラムドグロワール 調教と同じフォームで走れればチャンス

2013年05月24日 | 引退馬

シルクHC3歳牡馬 フラムドグロワール

(シルクプリマドンナ10)

母シルクプリマンナはオークス馬、

父ダイワメジャーで大物誕生の予感

父 : ダイワメジャー
母 : シルクプリマンナ(母の父 ブライアンズタイム)

TYPE : 牡・栗毛
BIRTHDAY : 2010.03.31
BREEDER : 安平町・ノーザンファーム

美浦・藤沢和雄厩舎
募集価格4000万円
中央獲得賞金6298万円
控除前回収率157%
収得賞金額1150万円
GI朝日杯FS 4着
GINHKマイルC 3着

2012/06/09、2歳新馬、東京芝1400m、1番人気1着、賞金700万円 雨 稍 横山典弘

2012/09/30、2歳OP芙蓉S、中山芝1600m、2番人気2着、賞金607.4万円 晴 良 横山典弘 

2012/10/20、2歳OPいちょうS、東京芝1800m、2番人気1着、賞金1535.7万円 晴 良 横山典弘

2012/12/16、2歳GI朝日杯FS、中山芝1600m、5番人気4着、賞金1100万円 晴 良 ウィリアムズ

2013/01/21、3歳GⅢ京成杯、中山芝2000m、1番人気10着、賞金0万円 晴 良 横山典弘

2013/05/05、3歳GINHKマイルC、東京芝1600m、8番人気3着、賞金2300万円 晴 良 横山典弘

6戦2勝【2-1-1-1-0-1(新馬勝ち、GI3着)】

フラムドグロワール/東京10R 日本ダービー GⅠ (芝2,400m)
          18頭7枠15番 57kg 北村宏    発走15:40
久々となったNHKマイルCで3着と好走すると、その後はダービーに照準を
合わせ、水曜日に東京競馬場へ入厩して態勢を整えており、調教師は「マイル
から1,800mで成績を出している馬だけど、唯一負けた2,000mの京成杯は、開催
延期など悪条件が重なってのものですからね。デビュー時から、血統的にもダ
ービーを意識してきました。体を見ると前走時より更に良くなっていますし、
間違いなく状態は上向いています。マイル戦よりも今回の方が競馬はし易いと
思いますよ」と話し、北村宏司騎手は「23日の調教に跨りましたが、ずいぶん
リラックスしているなと思いました。デビュー前に何度か調教で乗った時は、
ムキになったりヤンチャな面もあったけど、精神的にも大人になっています。
走りにも余裕があって、バランス良く走れました。休み明けのレースを使って
からの雰囲気も良いですし、これぐらいリラックスしていれば、距離も心配な
いと思います。自在性のある馬なのであまり展開は気にしないけど、とにかく
スムーズに運びたいですね。せっかくもらったチャンスなので、結果を出した
いと思っていますし、調教と同じフォームで走れれば、それも可能だと思って
います」と話しています。

 

サムソンズプライド/東京10R 日本ダービー GⅠ (芝2,400m)
          18頭6枠12番 57kg 田辺     発走15:40
3連勝でプリンシパルSを制し、ダービーの優先出走権を獲得すると、中間も
疲れは見られず、大一番に備えており、調教師は「具合は変わりなく良いです
よ。いつもそんなにビシビシやっている訳ではないから、これだけ使っても反
動が出ないんでしょうね。ハナに行った方が折り合えると思いますが、今回は
同型馬もいるようですし、ハナに拘らなくても良いでしょう。ここ2戦はたま
たま行く馬がいなかっただけで、2,3番手でも競馬は出来る筈です。今回は
当然メンバーが強くなるし、距離も延びますから、そう簡単ではないでしょう
けど、自分の競馬をして、ここでどれだけ通用するか見てみたいですね」と話
しています。

 

 

レッドレイヴン

 

13.05.23

(東京競馬場)
乗り運動後、馬場に出てダクで半周。その後、芝コースでポールアックスの5馬身後ろを6ハロンから下ろす。
 41.4-13.3 馬なり
内田騎手「乗り替わって走り出すまではテンションが高めだったのですが、走り出してからは力も抜けて、良い走りが出来ていました。前走では初めて道中にガンと力むところがあったので、今日は前の馬の後ろでどれだけリラックスして走れるかを見てみたかったのですが、今日の感じなら大丈夫そうですね。トモの入りも前走より良い感じでしたし、噛み合っていなかった気持ちと体が、だいぶ合わさってきたようです。厩舎周りでの上がりの運動も見ていましたが、落ち着いていたので、早めの入厩も良い方向に出そうですね。前走は負けてしまいましたが、この馬に対する期待は変わっていませんし、気持ちよく走らせてあげることができれば巻き返せると思っていますよ」
藤沢調教師「内田騎手が、前の馬と並べないでどれだけ我慢できるかを確かめたいとのことだったので単走の形でやりましたが、リラックスして走れていましたし、良い調教だったと思います。終わった後もだいぶ落ち着きが戻ってきていて、これなら前走のようなことはなさそうです。体も一度使って良くなっているので、あとは当日余程入れ込んだりしなければ力は出せますね。元々、ダービーでという思いを持っていた馬ですし、何とか能力を出させてあげたいと思います。明日、明後日も馬場に出す予定にしていて、様子を見て土曜に時計を出すかもしれません。一番良い状態で競馬に送り出せるようにやっていきます」

 

13.05.22

(藤沢厩舎→東京競馬場)
5/19(日) ウッド 88.1-72.6-57.2-43.3-13.7 馬なり
東京競馬場へ移動。
藤沢調教師「今日の早朝に東京競馬場へ輸送して無事に到着しました。日曜や昨日の動きを見ても、だいぶスムーズに自分のリズムで走れるようになっていますし、ストライドも良くなってきていますよ。前走は久々もありましたが、レース前から少し気負っていた感じもあったので、早めの入厩が良い方へ出てくれると思っています。明日は内田騎手に乗ってもらって追い切る予定にしていますよ」

 

 

 

コディーノ(牡、藤沢和)とともに東京競馬場に入厩している他の藤沢2騎も、芝コースで追い切られた。ラヴェルソナタ(古馬1000万)を追走したフラムドグロワール(牡)は、最後まで前を抜くことなくフィニッシュ。4ハロン57秒2、ラスト13秒2と時計は遅いが、前に馬を置く形でも力む面はなく、実戦では初コンビとなる北村宏騎手は「以前に比べて大人になった。今朝も第一印象は非常に落ち着いている感じ。競馬でもスムーズに走れれば」と好感触だ。

 

 青葉賞11着からの巻き返しを狙うレッドレイヴン(牡)も、同じような最終追い。こちらはポールアックス(古馬1600万)を目標に、ゆったりとしたフットワークを披露した。ただ、全体的にまだ重苦しさが残る印象。内田騎手は「前走より力強く踏み込んでいた」とコメントしたが、どこまで変わってくるか注目だ。

 

 午後2時発表の枠順はフラムが7枠15番、レイヴンが8枠17番に入った。どちらも外枠だが、藤沢和師は「2頭ともスタートが上手な馬なので関係ない。ジョッキーが枠に応じた競馬をしてくれれば」と気にする雰囲気もなかった。

 

フラムドグロワールは、東京競馬場の芝コースで軽めの追い切り。終始、ラヴェルソナタ(5歳1000万)を前に見るような形で進み、4ハロン57秒2―40秒7―13秒2を馬なりでマークした。

 

 「我慢させる必要がないほど、かかっていく仕草が少なかったので安心しました。デビュー前に何度かまたがったんですけど、その時より大人びた感じで、コントロールしやすくなっていた」と北村宏。枠順は15番に決まり、藤沢和調教師は「スタートが上手な馬なので、問題ないでしょう」と話した。

 

NHKマイルC3着のフラムドグロワールは、東京競馬場の芝コースで僚馬ラヴェルソナタ(セン5、1000万下)を前に見て進んだが、追いつくことなく単走で3ハロン40秒0、1ハロン12秒8のフィニッシュ。騎乗した北村宏騎手は「ずいぶんとリラックスしていた。普段の調教で走っているフォームと気持ちでレースまでいければ」と好感触だった。

 藤沢和調教師も「マイルで激しい競馬をしたばかりなので強い調教はいらない。ずいぶん体調が上がってみえる」と手応えを示し、〔7〕枠(15)番には「外枠だが、スタートが上手なので大丈夫」と話した

 

コメント

東京TC 3歳牡馬 レッドルーファス 良い状態で競馬に行けそうなので初戦から期待しています

2013年05月24日 | 引退馬

東京TC 3歳牡馬 レッドルーファス

(ウーナマクール10)

OONAGH MACCOOL 10

父: アンブライドルズソング
母: ウーナマクール
母の父: Giant's Causeway
TYPE: 牡・栗毛
BIRTHDAY: 2010.04.29
BREEDER: アメリカ産

叔父、叔母に欧州G1馬が3頭、

強力な母系が大成への道を導く

母ウーナマクールは、英米で走り9戦5勝。G2ランパートH、G2ルイヴィルBCHと重賞を2勝したほか、G2フルールドリスHで2着するなど、一級品の競走成績を残しました。繁殖牝馬となってからは、2008年に初仔を出産。そして、父に米の一流種牡馬アンブライドルズソングを迎え、2010年に誕生した牡駒が、このウーナマクール10ということになります。父アンブライドルズソングは、2歳G1ブリーダーズCジュヴェナイルの勝ち馬。また、母の父ジャイアンツコーズウェイは、3歳夏から欧州G1戦5連勝を記録しているだけに、両馬が配合されたウーナマクール10には、仕上がりの早さと成長力を兼備した一流中距離馬となる期待が懸かります。
 母系は、現代欧州を代表する名門のひとつで、ウーナマクール10の叔父には、英G1サセックスSに勝ち、種牡馬入りを果たしたアリロイヤル、独G1オイロパ賞、伊G1ローマ賞を2回ずつ制し、やはり種牡馬となったタイパンがいます。さらに、G1英1000ギニーを勝ったクラシックホースであるスリーピータイムは、ウーナマクール10の叔母。このほかにも、英G3に勝ち、種牡馬となったジェントルマンズディールらが登場してきている母系は、大レース向きの底力とともに、スピード競馬への適応力にも優れています。まさに、素晴らしい血統背景の持ち主であるウーナマクール10。クラシック戦線で大仕事を達成する可能性も、十分にあるはずです。

美浦・藤沢和雄厩舎
0戦0勝【0-0-0-0-0-0】

 

13.05.23

(東京競馬場)
乗り運動後、馬場をダクで半周。その後、ダートコースで併せて追い切る。
レッドルーファス 38.7-12.5 馬なり
エスオンマイチェス 38.7-12.5 馬なり
柴山騎手「ダートコースで最初からエスオンマイチェスと併せて乗りました。もっとチャカチャカするイメージがあったのですが、走り出すまでは意外なほど落ち着いていましたよ。走り出してからは抑えるのが大変なくらいの行きっぷりでしたが、物見をするようなこともなかったです。最後まで良い手応えで来られましたし、仕上がりは良さそうですね。あとは競馬で行きたがったり、テンションが上がりすぎたりしなければ力は出せると思います」
藤沢調教師「ここに来てだいぶ落ち着きが出てきましたね。今日の調教では行きたがる感じもあったようですが、初めての場所ということを考えれば悪くなかったと思います。なかなか思い通りに行かず、デビューが延びてしまいましたが、今回こうしてスクーリングも出来て、良い状態で競馬に行けそうなので初戦から期待しています」

 

13.05.22

(藤沢厩舎→東京競馬場)
5/17(金) 坂路 56.7-41.6-27.8-13.8 馬なり
5/19(日) 坂路 51.6-37.5-24.6-12.5 馬なり
5/21(火) 坂路 59.4-44.5-29.3-14.5 馬なり
東京競馬場へ移動。
藤沢調教師「他の馬たちと一緒に今朝、東京競馬場へ移動しました。テンションが上がりやすい馬ですし、早めに移動したことで落ち着いて競馬に向かえると思います。少しでも環境に慣れてくれれば精神的にも違うでしょうしね。明日追い切って、良い状態で競馬に向かいたいと思います。今週土曜の東京・芝1800mを内田騎手で予定しています」

 

コメント

シルクHC3歳牡馬 フラムドグロワール 馬の後ろで我慢させる追い切りにしました。ダービー出走

2013年05月24日 | 引退馬

シルクHC3歳牡馬 フラムドグロワール

(シルクプリマドンナ10)

母シルクプリマンナはオークス馬、

父ダイワメジャーで大物誕生の予感

父 : ダイワメジャー
母 : シルクプリマンナ(母の父 ブライアンズタイム)

TYPE : 牡・栗毛
BIRTHDAY : 2010.03.31
BREEDER : 安平町・ノーザンファーム

美浦・藤沢和雄厩舎
募集価格4000万円
中央獲得賞金6298万円
控除前回収率157%
収得賞金額1150万円
GI朝日杯FS 4着
GINHKマイルC 3着

2012/06/09、2歳新馬、東京芝1400m、1番人気1着、賞金700万円 雨 稍 横山典弘

2012/09/30、2歳OP芙蓉S、中山芝1600m、2番人気2着、賞金607.4万円 晴 良 横山典弘 

2012/10/20、2歳OPいちょうS、東京芝1800m、2番人気1着、賞金1535.7万円 晴 良 横山典弘

2012/12/16、2歳GI朝日杯FS、中山芝1600m、5番人気4着、賞金1100万円 晴 良 ウィリアムズ

2013/01/21、3歳GⅢ京成杯、中山芝2000m、1番人気10着、賞金0万円 晴 良 横山典弘

2013/05/05、3歳GINHKマイルC、東京芝1600m、8番人気3着、賞金2300万円 晴 良 横山典弘

6戦2勝【2-1-1-1-0-1(新馬勝ち、GI3着)】

フラムドグロワール[父ダイワメジャー:母シルクプリマドンナ]
南Wコースでキャンターの調整で、19日に併せて時計を出しています。調教師
は「今朝早く、東京競馬場に無事到着しました。明日は本馬場で追い切る予定
です」と話しており、今週日曜日の東京・日本ダービーに出走を予定していま
す。

フラムドグロワール[父ダイワメジャー:母シルクプリマドンナ]
東京芝コースでキャンターの調整で、23日に時計を出しています。調教師は
「先週の日曜日にも少しやっていますし、前走が激しい内容のレースでしたか
ら、今日はそんなにやらなくて良いと思っていました。負けん気の強い馬です
し、一息では走れない距離ですから、馬の後ろで我慢させる追い切りにしまし
たが、元気さも感じられましたし、ずいぶん体調は上向いていると思います。
馬運車があまり良くない馬なので、早目に東京競馬場へ入厩させて、穏やかな
気持ちで追い切りをしたいと思っていましたが、狙い通りに出来たと思います
よ。明日の雰囲気を見て、もしかしたら土曜日にも時計になるところをやるか
も知れません」と話しており、今週日曜日の東京・日本ダービーに出走を予定
しています。

フラムドグロワール/東京10R 日本ダービー GⅠ[芝2,400m・18頭]57 北村宏

フラムドグロワール/北村宏23東芝良        57.2- 40.7- 13.2 馬なり余力

 

 

サムソンズプライド[父メイショウサムソン:母フェザーレイ]
南Pコースでキャンターの調整で、22日に時計を出しています。調教助手は
「単走だと動かないけど、使ってきている馬なので、これぐらいで丁度良いで
しょう。さすがに連戦の疲れか、プリンシパルSの追い切り時は少し硬さがあ
ったのですが、今日は硬さが取れて、状態はまた上がってきているようです。
今回は速い馬もいるようですが、ハナに拘らなくても良いですし、血統的には
距離も保つと思いたいですね」と話しており、今週日曜日の東京・日本ダービ
ーに出走を予定しています。

サムソンズプライド/東京10R 日本ダービー GⅠ[芝2,400m・18頭]57 田辺

コメント

シルクHC3歳牡馬 フラムドグロワール 厩舎期待の素質馬がVを目指す。

2013年05月20日 | 引退馬

シルクHC3歳牡馬フラムドグロワール

(シルクプリマドンナ10)

母シルクプリマンナはオークス馬、

父ダイワメジャーで大物誕生の予感

父 : ダイワメジャー
母 : シルクプリマンナ(母の父 ブライアンズタイム)

TYPE : 牡・栗毛
BIRTHDAY : 2010.03.31
BREEDER : 安平町・ノーザンファーム

美浦・藤沢和雄厩舎
募集価格4000万円
中央獲得賞金6298万円
控除前回収率157%
収得賞金額1150万円
GI朝日杯FS 4着
GINHKマイルC 3着

2012/06/09、2歳新馬、東京芝1400m、1番人気1着、賞金700万円 雨 稍 横山典弘

2012/09/30、2歳OP芙蓉S、中山芝1600m、2番人気2着、賞金607.4万円 晴 良 横山典弘 

2012/10/20、2歳OPいちょうS、東京芝1800m、2番人気1着、賞金1535.7万円 晴 良 横山典弘

2012/12/16、2歳GI朝日杯FS、中山芝1600m、5番人気4着、賞金1100万円 晴 良 ウィリアムズ

2013/01/21、3歳GⅢ京成杯、中山芝2000m、1番人気10着、賞金0万円 晴 良 横山典弘

2013/05/05、3歳GINHKマイルC、東京芝1600m、8番人気3着、賞金2300万円 晴 良 横山典弘

6戦2勝【2-1-1-1-0-1(新馬勝ち、GI3着)】

23日(日)に東京競馬場で行われる第80回日本ダービー(GI)に出走を予定している藤沢和雄厩舎の3頭(コディーノ・レッドレイヴン・フラムドグロワール)について、追い切り後の藤沢和雄調教師のコメントは以下の通り。

「コディーノはウッドコースで三頭による併せ馬でした。前走よりすごく良くなっているということはありませんが、順調です。調教のタイムは速くありませんが、ずっとレースを使ってきていますので調教量が足りないということはありません。一週前に古馬を相手に、三頭の中で折り合いも良く、きちんと追い切りが出来ました。三歳の5月にこれだけやれるのですからたいしたものです。東京コースに悪い印象はありませんし、距離も大丈夫です。今回はウィリアムズ騎手になりますが、騎手が変わっても馬は変わらないわけでウィリアムズ騎手もダービーを勝ちたいでしょう。(笑)皐月賞は時計が速かったが、そんなに負けたわけではなく、今度こそという気持ちです。
また他の二頭も順調です。レッドレイヴンはフラムドグロワールとウッドコースで併せました。前走の青葉賞は久々で2400メートルがこたえたようでした。使った上積みは当然あります。フラムドグロワールも久々でしたが、マイル戦のきつい競馬をよく頑張ったと思います。こちらも反動なく元気で、前走よりいい状態です。来週の最終追い切りは今日と同じぐらいの距離でやることになると思いますが、三頭一緒にやることはないでしょう。」

 

【ダービー】コディーノ、水曜に東京競馬場入り

 

 ダービー(5月26日、東京、GI、芝2400m)の有力馬コディーノ(美・藤沢和、牡3)が、22日の水曜日に東京競馬場入りすることが17日に決まった。東京でレースがある場合、関東馬は水曜か木曜に最終追い切りを行い、レース日に競馬場へ移動するのが一般的。だが、来週の追い日は雨予報で、状態のいい芝コースで追い切りたいため、同じくダービーに出走予定の僚馬フラムドグロワール(牡)、レッドレイヴン(牡)とともに移動し、23日の木曜日に最終追い切りを行う。

 なお、この日は美浦トレセンに初コンビを組むウィリアムズ騎手が駆けつけて調教に騎乗し、Wコースで5ハロン78秒4のキャンターを消化。「掛かることなく、気分良く走れていた。日程の調整がつけば木曜に東京で乗りたい」と話した。

 

<ダービー:日曜追い>

 

 3頭出しでダービー初制覇を狙う藤沢和勢が19日、美浦ウッドで日曜追いを行った。

 

 小気味いい蹄音がこだました。ルルーシュ(古馬オープン)を先頭にレッドレイヴン(牡)、フラムドグロワール(牡)が2馬身ずつ間隔をあけて続く。直線に向くと、3頭が馬体を併せるようにして同時にフィニッシュ。レッドレイヴンは6ハロン88秒1-13秒7、フラムドグロワールは87秒6-13秒5をマーク。抑えの効いた滑らかな加速を見せた。藤沢和師は「フラムドは使って良くなっているし、レイヴンはなんとか盛り返しているね」と再び軌道に乗ったことをアピールする。

 

 コディーノ(牡)には普段から調教にまたがる杉原騎手が駆け付けてキャンター。杉原は「落ち着いていますよ。折り合いもいい。1週前追い切りでもあんなに折り合ったことはなかったですから。大丈夫です」と話し、厩舎所属の若武者も全力バックアップで師の悲願達成を願った。

 

 03年以来10年ぶりとなる3頭出し。陣営が一丸となって迎える第80回目のダービーだ。師は「目標に向けていい調整はできている」と手応えを語る。これまで15頭を出走させ、02年シンボリクリスエスと03年ゼンノロブロイが記録した2度の2着が最高。今年こそ…、藤沢和三銃士がダービートレーナーの称号を届けるか。

 

「日本ダービー・G1」(26日、東京)

 

 19日の最終レース終了後に東京競馬場のパドックでイベントが行われ、皐月賞馬ロゴタイプの田中剛師、エピファネイアの角居師、コディーノ、フラムドグロワール、レッドレイヴンの3頭を送り出す藤沢和師が舌戦を繰り広げた。異例の東京水曜移動で挑む藤沢和師は「角居先生が来る前にゴール前を独占しておこうと思ってね」とニヤリ。その角居師は「返し馬で落ち着いていて、上手に走れればいい勝負になります」と応戦するのがやっと。初参戦の田中剛師は「初のダービーなので、よろしくお願いします」とたじたじだった。

フラムドグロワール(牡3・藤沢和雄)は、前走のNHKマイルCで勝ち馬のマイネルホウオウから0秒1差の3着に好走。前々走の京成杯では、1番人気に支持されながら、本来の実力を発揮できずに10着と大敗したが、これは、もともとの開催予定が降雪の影響で中止になり翌週にスライドしたことが大きかった。じっくりと立て直しを図られた前走では、あらためて能力の高さを披露。母シルクプリマドンナは、 2000年のオークス馬。血統背景を考慮すれば、距離延長は歓迎のはず。また、東京・芝コースは〔2・0・1・0〕の良績があり、コース適性が高い点も非常に魅力だ。母が輝きを放った東京・芝2400mの舞台で、厩舎期待の素質馬がVを目指す。

コメント

西濃運輸 荷物が届かない 配達店に3日間も放置された荷物! 

2013年05月19日 | 食事、メガネ、携帯電話、住宅ローン、旅行

西濃運輸 荷物が届かない 

配達店に3日間も留め置かれた荷物

画像を見ていただければわかるが、

なんと3日間留め置き。

というか放置。

 

荷物が届かないと思い、

問い合わせたところ、

荷物が多くて、人が少なくて

という宅配便業者として

最悪な答え。

 

絶対に、

『西濃運輸』の扱っている

ネットショッピングは使いません。

 

電話しなかったら、何日放置されていたんだろうか?

 

西濃運輸 荷物届かない で検索すると

なんて多いんだ。

 

 

 

コメント

au mamorino3 スマホへ機種変なら一括0円 小学生以下のお子さんいるならもっとおトク!

2013年05月19日 | 食事、メガネ、携帯電話、住宅ローン、旅行

au mamorino3 

スマホへ機種変なら一括0円 

小学生以下のお子さんいるなら

12ヶ月間だけプランEシンプル780円割引。

 

なので、

プランEシンプル780円(12ヶ月無料)

EZWIN315円、毎月割-315円で無料。(2年間)

安心ケータイサポート399円⇒これはすぐ解除。

(⁰︻⁰) ☝は、ショップで強制加入。

 

12ヶ月は3円で持てる?

 

家族でLTE使っているなら、

こどもの携帯をプランSSにすれば、

家族で無料通話分1050円を分け合い。

 

そして、一括0円なので、

2年縛りもなし。

マモリーノからスマホへの機種変もラクラク。

2年後のMNPも睨めます。

コメント