騎手・中島八弥 東京サラブレットクラブ&シルクHC 一口馬主情報。

東京優駿
第80回 日本ダービー
祝出走
シルクホースクラブ所属
フラムドグロワール3歳牡馬
父母GI馬

東京TC 5歳牡馬 レッドルーファス 1番人気もいいところなく5着 

2015年04月27日 | 引退馬

東京TC 5歳牡馬 レッドルーファス

(ウーナマクール10)

OONAGH MACCOOL 10

父: アンブライドルズソング
母: ウーナマクール
母の父: Giant's Causeway
TYPE: 牡・栗毛
BIRTHDAY: 2010.04.29
BREEDER: アメリカ産

叔父、叔母に欧州G1馬が3頭、

強力な母系が大成への道を導く

母ウーナマクールは、英米で走り9戦5勝。G2ランパートH、G2ルイヴィルBCHと重賞を2勝したほか、G2フルールドリスHで2着するなど、一級品の競走成績を残しました。繁殖牝馬となってからは、 2008年に初仔を出産。そして、父に米の一流種牡馬アンブライドルズソングを迎え、2010年に誕生した牡駒が、このウーナマクール10ということになります。父アンブライドルズソングは、2歳G1ブリーダーズCジュヴェナイルの勝ち馬。また、母の父ジャイアンツコーズウェイは、3歳夏から欧州G1戦5 連勝を記録しているだけに、両馬が配合されたウーナマクール10には、仕上がりの早さと成長力を兼備した一流中距離馬となる期待が懸かります。
 母系は、現代欧州を代表する名門のひとつで、ウーナマクール10の叔父には、英G1サセックスSに勝ち、種牡馬入りを果たしたアリロイヤル、独G1オイロパ賞、伊G1ローマ賞を2回ずつ制し、やはり種牡馬となったタイパンがいます。さらに、G1英1000ギニーを勝ったクラシックホースであるスリーピータイムは、ウーナマクール10の叔母。このほかにも、英G3に勝ち、種牡馬となったジェントルマンズディールらが登場してきている母系は、大レース向きの底力とともに、スピード競馬への適応力にも優れています。まさに、素晴らしい血統背景の持ち主であるウーナマクール10。クラシック戦線で大仕事を達成する可能性も、十分にあるはずです。

美浦・藤沢和雄厩舎

募集価格5800万円
中央獲得賞金5072万円
控除前回収率87%
収得賞金額2400万円
2013/07/06、3歳未勝利、函館芝1800m、2番人気2着、賞金180万円 曇 稍 四位洋文
2013/08/04、3歳未勝利、函館芝2000m、1番人気1着、賞金460万円 曇 稍 四位洋文
2013/08/31、燕特別500万下、新潟芝2200m、2番人気4着、賞金150万円 晴 良 柴田善臣
2014/02/17、4歳上500万下、東京芝1800m、1番人気1着、賞金750万円 晴 不良 ブノワ
2014/02/24、大島特別1000万下、東京ダ1600m、4番人気1着、賞金1480万円 晴 良 ブノワ
2014/06/01、むらさき賞1600万下、東京芝1800m、4番人気1着、賞金1790万円 晴 良 北村宏
2015/04/26、府中S1600万下、東京芝2000m、1番人気5着、賞金182万円 晴 良 柴田善臣
GⅡセントライト記念 7着
10戦4勝【4-1-0-1-0-4

2015.04.26

4月26日レース後コメント(5着)
柴田騎手「今週の調教は力を抜いてスッと収まってくれたので、競馬でもこの感じならいいなと思っていたのですが、やはり競馬だと力むところがありますね。後ろでリラックスして走らせようとしましたが、ハミを噛むところもありました。その分なのか、まだトモが本当ではないのか、直線で追い出してもトモがバラつく感じで伸びてくれなかったです。そんな状態でも格好はつけてくれたように、やはり力はありますね。使ったことで少し力みも抜けるでしょうし、次はいいと思いますよ」

2015.04.23

(藤沢厩舎→東京競馬場)
今朝4時に東京競馬場へ移動しました。
助手「今日の早朝に東京競馬場へ移動しました。以前も早めに東京競馬場へ輸送していたので、馬運車の中でも非常に落ち着いていたとの報告を受けています。あとはレースまでテンションが高くなり過ぎないように調整して行きたいと思います。久々のレースになりますが、得意の東京コースで使えるのはプラスに働くはずなので、好レースを期待しています」

2015.04.22

(藤沢厩舎)
坂路下で運動後、芝コースにて単走で追い切り。
4/22(水) 芝 63.0-48.9-36.4-12.2 馬なり
柴田善騎手「今日は単走だったのもあってテンの入りからリラックスして走れていましたし、良い具合に折り合いもつけられましたね。良い意味で気持ちが抜けて来たと思います。先週よりトモの入りもしっくりして来ましたし、硬さも感じられませんでした。全体の雰囲気は良くなっていると思いますよ。久々のレースになりますが、力はある馬なので、当日は馬が力み過ぎないようにしっかりエスコートしてあげたいと思います」
藤沢調教師「ここまでジックリ進めて来ましたが、今日の追い切りでも動きは良かったですし、追い切りに騎乗した柴田善騎手も好感触を得たようなので、予定通り今週日曜の東京10R・府中S(芝 2000m)を柴田善騎手で使います。明日の早朝に東京競馬場へ向けて出発する予定です」

 

東京10Rの府中ステークス(4歳以上1600万下・芝2000m)は2番人気ダービーフィズ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒9(良)。半馬身差の2着に4番人気アトム、さらにクビ差の3着に6番人気マイネオーラムが入った。

ダービーフィズは美浦・小島太厩舎の5歳牡馬で、父ジャングルポケット、母マンハッタンフィズ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は23戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ダービーフィズ(蛯名正義騎手)
「ようやく形になってきました。馬自身も体力をつけていますし、難しい馬ですが、どう乗ればいいのかわかってきたような感じがします」

2着 アトム(内田博幸騎手)
「いい位置で理想的なレースでした。勝った馬の切れ味に屈しましたが、休み明けを考えればよくがんばっていると思います」

3着 マイネオーラム(柴田大知騎手)
「そう速くないペースの中、いい位置につけられました。これ以上追い出しを待っても、後ろに差されてしまいますし、追い出しのタイミングは悪くなかったと思います。馬自身の状態もよく、このメンバーを相手によく走っていると思います」

5着 レッドルーファス(柴田善臣騎手)
「休み明けで本来の脚を使えませんでした。叩けばよくなりそうです」

 

⇒善臣先生はもう乗らなくていいです。

勝ちに拘らない乗り方。

後ろにわざわざ下げた?

前に付けて、ちょい差しの馬、

そして、一戦一戦が勝負の馬だという認識なし。

叩けばよくなる?次の使えればな?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京TC 5歳牡馬 レッドルーファス次走は4/26(日)の東京10R・府中S(芝2000m)を柴田善騎手で予定

2015年04月19日 | 引退馬

東京TC 5歳牡馬 レッドルーファス

(ウーナマクール10)

OONAGH MACCOOL 10

父: アンブライドルズソング
母: ウーナマクール
母の父: Giant's Causeway
TYPE: 牡・栗毛
BIRTHDAY: 2010.04.29
BREEDER: アメリカ産

叔父、叔母に欧州G1馬が3頭、

強力な母系が大成への道を導く

母ウーナマクールは、英米で走り9戦5勝。G2ランパートH、G2ルイヴィルBCHと重賞を2勝したほか、G2フルールドリスHで2着するなど、一級品の競走成績を残しました。繁殖牝馬となってからは、 2008年に初仔を出産。そして、父に米の一流種牡馬アンブライドルズソングを迎え、2010年に誕生した牡駒が、このウーナマクール10ということになります。父アンブライドルズソングは、2歳G1ブリーダーズCジュヴェナイルの勝ち馬。また、母の父ジャイアンツコーズウェイは、3歳夏から欧州G1戦5 連勝を記録しているだけに、両馬が配合されたウーナマクール10には、仕上がりの早さと成長力を兼備した一流中距離馬となる期待が懸かります。
 母系は、現代欧州を代表する名門のひとつで、ウーナマクール10の叔父には、英G1サセックスSに勝ち、種牡馬入りを果たしたアリロイヤル、独G1オイロパ賞、伊G1ローマ賞を2回ずつ制し、やはり種牡馬となったタイパンがいます。さらに、G1英1000ギニーを勝ったクラシックホースであるスリーピータイムは、ウーナマクール10の叔母。このほかにも、英G3に勝ち、種牡馬となったジェントルマンズディールらが登場してきている母系は、大レース向きの底力とともに、スピード競馬への適応力にも優れています。まさに、素晴らしい血統背景の持ち主であるウーナマクール10。クラシック戦線で大仕事を達成する可能性も、十分にあるはずです。

美浦・藤沢和雄厩舎

募集価格5800万円
中央獲得賞金4890万円
控除前回収率84%
収得賞金額2400万円
2013/07/06、3歳未勝利、函館芝1800m、2番人気2着、賞金180万円 曇 稍 四位洋文
2013/08/04、3歳未勝利、函館芝2000m、1番人気1着、賞金460万円 曇 稍 四位洋文
2013/08/31、燕特別500万下、新潟芝2200m、2番人気4着、賞金150万円 晴 良 柴田善臣
2014/02/17、4歳上500万下、東京芝1800m、1番人気1着、賞金750万円 晴 不良 ブノワ
2014/02/24、大島特別1000万下、東京ダ1600m、4番人気1着、賞金1480万円 晴 良 ブノワ
2014/06/01、むらさき賞1600万下、東京芝1800m、4番人気1着、賞金1790万円 晴 良 北村宏
GⅡセントライト記念 7着
9戦4勝【4-1-0-1-0-3
 

2015.04.16

(藤沢厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「昨日追い切ったので、今日は北馬場で様子を見ながら軽く乗りました。昨日は馬場が重い中での追い切りでしたが、今日の感じではトモもしっかり入ってきていましたし、へこたれた感じもないですね。テンションも必要以上に上がっていることもないので、良い状態でここまで来ていると思います。連勝した時のような雰囲気まではもう少しかなといったところですが、しばらく使っていないですし、まだ来週までやれるので、少しでも状態を上げていきたいですね」

2015.04.15

(藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、本馬場で追い切り。
4/15(水) 芝
内レッドルーファス 65.5-50.4-36.4-11.5 馬なり
外エグゼビア 66.0-50.5-36.9-11.6 馬なり
柴田善騎手「今日は追走する形で、出し入れをしながら追い切りました。来週がレースですが、気合はもう十分に乗っているので、今日は折り合いや落ち着きを見る感じで乗りました。多少行きたがるところはあったものの、全体としてはこちらの指示に従ってくれましたし、動きも悪くなかったと思います。今日は馬場が悪かったのですが、最後の反応も問題なかったですよ。これで息も出来てくると思います。まだ走り方も含め、トモの力強さなど本当ではない感じもありますが、久々の分もあるでしょうし、だいぶ仕上がっては来ていますね。来週には使えるところまで行けると思いますよ」

2015.04.10

次走は4/26(日)の東京10R・府中S(芝2000m)を柴田善騎手で予定しています。

2015.04.09

(藤沢厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日もある程度のところをやろうかと思っていましたが、馬場が固そうなので軽く乗って調整しました。大人しいわけではないのですが、いつものこの馬のテンションといった感じで、入れ込んだりすることもなく来ていますよ。来週あたりに強めにやることになると思うので、そこでの動きで使うところもはっきり決まってくるかと思います。下半身やトモの感じも大丈夫そうですし、ここまでは順調に来ていますよ」

2015.04.08

(藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、芝コースで乗る。
4/8(水) 芝 39.5-12.3 馬なり
助手「今日は本馬場を単走で乗りました。雨でクッションも良かったようで、問題ない走りだったと思います。先週から下で乗って、道中なるべくリラックスして走ることを意識させていますが、今日は風も強くて少し行きたがるところがありましたね。そのあたりは今後も気を付けて進めていきたいと思っています。トモの感じや脚元は問題なく来ているので、このまま乗り込めると思いますよ。競馬も近づいてきているので、様子を見て明日も少し乗る予定でいます」

2015.04.02

(藤沢厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「昨日はウッドで少し乗りましたが、下半身の感じも大丈夫そうですね。相変わらず落ち着きのないところは見せますが、この馬の性格ですし問題ないと思いますよ。今週の時点での馬体重は522キロと、まだ多少体に余裕はありますが、気性的にもやり出せばすぐに締まってきますし、今はこのくらいでちょうどいいところですね。まだ弱いところもある馬なので、様子を見ながらしっかり乗り込んでいきます」

2015.04.01

(藤沢厩舎)
乗り運動、ダク、ハッキングの後、ウッドコースで乗る。
4/1(水) ウッド 55.6-41.5-14.3 馬なり
助手「今日はウッドコースに入れてみました。坂路なら抑えも利くのですが、コースだと馬も元気一杯で抑えるのが大変なくらいですね。遅い時計だったので終始余裕のある動きでしたし、下半身も含めて馬体に問題はなさそうです。まだ良い時に比べると息遣いはもうひとつといったところですが、まだそれほど攻めてもいないですからね。これから乗り込んで行けば良くなって来ると思いますよ。一応、東京開催の1週目あたりを予定しているので、そこに合わせて仕上げて行きますが、今の感じだとギリギリ間に合うかというところなので、馬の状態とも相談しながら進めて行きます」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シルクHC 3歳牝馬 オリエンタルダンス残り200m手前で脚が上がって後退し、後方に敗れています

2015年04月15日 | 引退馬

シルクHC 3オリエンタルダンス

(ダンスノワール12)
父 : キングカメハメハ
母 : ダンスノワール(母の父 SS)

TYPE : 牝・黒鹿毛
BIRTHDAY : 2012.01.14
BREEDER : 白老ファーム
英名:Oriental Dance
意味:東方舞踏
低重心のフレームは詰まりがよく、素早い動作を可能にする機動性
に優れています。さらに臀部と肩の筋肉量や、四肢の柔軟性にも恵
まれ、毎日の走りに隠しきれない弾力感が現れます。母系の鋭い悍
性と父の賢明さを兼備した気性が、競走馬としての資質をさらに高
め、非凡なスピードとセンスで主役の座を狙います。

美浦・佐々木晶三厩舎
募集価格2200万円
中央獲得賞金400万円
控除前回収率41%
収得賞金額900万円
2014/07/26、2歳未勝利、中京ダ1200m、3番人気2着、賞金200万円 晴 良 浜中俊
2014/12/06、2歳未勝利、阪神ダ1200m、1番人気2着、賞金200万円 晴 稍重 浜中俊
2014/12/20、2歳未勝利、阪神ダ1200m、1番人気1着、賞金500万円 晴 良 浜中俊
GⅢチューリップ賞 17着

7戦1勝【1-2-0-0-0-4

 

調教タイム

 

オリエンタルダンス

 

 助 手 29栗坂良 59.0- 44.1- 29.1- 14.6 馬なり余力

 

調教タイム

 

オリエンタルダンス

 

 助 手 2栗坂良 54.8- 39.6- 25.4- 12.7 馬なり余力

所有馬情報

オリエンタルダンス[父 キングカメハメハ : 母 ダンスノワール]

        オリエンタルダンス

在厩場所:栗東トレセン

調教内容:坂路でキャンター 2日に坂路で追い切り 2日に坂路で追い切り

次走予定:阪神4月11日 ダート1200m[城戸義政]

 

助手「特に大きく状態が上向いた感じはありませんが、少しずつ良化していると思います。今朝、坂路で追い切りを行いましたが、雨の影響で馬場が重たかったこともあるので、そこまで無理はさせませんでしたが動きは悪くなかったですよ。次走はダートに戻るので巻き返したいですね」

調教タイム

オリエンタルダンス

 助 手 5栗坂重 58.5- 43.7- 29.1- 14.5 馬なり余力

調教タイム

オリエンタルダンス

 助 手 8栗坂不 56.1- 40.7- 26.3- 13.4 馬なり余力

  スカイグラフィティ(古500万)一杯を0.1秒追走同入

所有馬情報

オリエンタルダンス[父 キングカメハメハ : 母 ダンスノワール]

        オリエンタルダンス

在厩場所:栗東トレセン

調教内容:坂路でキャンター 8日に坂路で追い切り

次走予定:阪神4月11日 ダート1200m[城戸義政]

 

佐々木晶師「今朝、坂路で追い切りました。前走後少し硬さが出ていたので、無理せずにここまで時間を掛けましたが、いい頃の状態に戻ってきましたね。ダートなら走りも違ってくるので巻き返しに期待したいですね。阪神4月11日のダート1200mを減量騎手の城戸騎手にお願いしました」

出走情報

オリエンタルダンス

 4/11(土)阪神5R 3歳500万下(混)[D1,200m・16頭7枠14番]51 城戸義政 発走12:20

 

助手「8日の追い切りでは、古馬を追いかける形で行いましたが、持ったままで併走することが出来ました。ビッシリやっていれば楽に付き抜けていたぐらいの手応えだったので、動きに関しては文句ないですね。前走の反動から歩様の硬さが残っていた分、良化するのがスローでしたが、何とか前走時と同じぐらいの状態で出走出来そうです。ダートなら楽に好位で競馬をすることが出来ますし、今回は減量騎手を起用するので、最後までしぶとく粘ってくれるのではないかと思っています」

 

 

レース結果

 

オリエンタルダンス

 

 4/11(土)阪神5R 3歳500万下(混)[D1,200m・16頭]12着[11人気]

 

 

 

スタートを決めて先行し、逃げ馬を行かせて道中は2番手を追走、残り600m付近から追い出して3頭並ぶような形で直線に入りましたが、残り200m手前で脚が上がって後退し、後方に敗れています。なおゴール入線後に放馬しましたが、人馬ともに異状はありませんでした。

 

 

 

城戸義政騎手「外枠だったので、内に速い馬がいれば競り掛けない程度に追走するよう指示が出ていました。スッと好位に取り付くことが来ましたし、勝負処まで折り合いも付いていましたが、いざ追い出しに掛かると直線の坂が堪えたのか、反応が一息で脚が上がってしまいました。ゴールを過ぎて1コーナー手前で急に躓いてしまい、自分が耐え切れずに落馬してしまいました。せっかく機会を与えていただいたのに、このような結果になってしまい、本当に申し訳ありませんでした」

 

 

 

佐々木晶三調教師「前日の調教を見ていても、かなり気合いが乗って状態の良さが伝わって来ていたので、いい状態で競馬に向かうことが出来たと思います。前回テンに競り過ぎてオーバーペースになってしまった経緯があったので、城戸騎手には速い馬がいれば控える様に指示を出していましたが、その通り乗ってくれたと思います。結果的に後ろで競馬をした馬の展開になってしまいましたが、展開次第でチャンスは出てくるでしょう。この後は一旦ノーザンファームしがらきに放牧に出してリフレッシュさせようと思います」

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シルクHC 4歳牡馬 グランドサッシュ中京11R 名鉄杯[芝2,200m・11頭]3着

2015年04月06日 | グランドサッシュ

シルクHC 4歳牡馬 グランドサッシュ

(レイサッシュ11)

母レイサッシュは3勝

父ハーツクライ

父 : ダイワメジャー
母 : シルクプリマンナ(母の父 ブライアンズタイム)

TYPE : 牡・黒鹿毛
BIRTHDAY : 2011.02.27
BREEDER:社台コーポレーション白老ファーム
首差しのしなりと力強さ、内面の健康度を表す丸みのある胴回り、やや短めの
繋や角度の浅い飛節、そして機能的なバランスに秀でたコンパクトなサイズ。本
馬の馬体に目を凝らすとサッシュ系の特長が随所に表れています。加えて全体
の滑らかなシルエットやキリっとした精悍な顔つきには独特の品格が備わり、手
先が軽くバネに優れた走りからも、いかにも切れ味勝負の芝コースを得意としそ
うです。芯の通った意志の強さは実戦において挫けぬ心となり、さらに一線級
で戦い続けるタフな精神力として長きに渡る活躍を約束しているかのようです。
美浦・武市康男厩舎
募集価格1800万円
中央獲得賞金2517万円
控除前回収率140%
収得賞金額900万円

2013/08/10、2歳新馬、函館ダ1700m、2番人気1着、賞金700万円 晴 重 津村明秀

2014/04/27、3歳500万下、東京芝1800m、6番人気2着、賞金290万円 晴 良 横山典弘

2014/06/15、3歳以上500万下、東京ダ1600m、3番人気3着、賞金190万円 晴 良 大野拓弥

2014/08/03、3歳以上500万下、新潟ダ1800m、3番人気5着、賞金73万円 晴 良 大野拓弥

2014/12/13、3歳以上500万下、中京ダ1800m、1番人気1着、賞金670万円 晴 良 津村明秀

2015/02/01、4歳以上1000万下、東京ダ2100m、9番人気3着、賞金260万円 晴 重 津村明秀 

2015/03/28、名鉄杯(1000万下)、中京芝2200m、7番人気3着、賞金330万円 晴 良 松田大作 

14戦2勝【2-1-3-0-1-7(新馬勝ち・レコード勝ち)】

 

中京11Rの名鉄杯(4歳以上1000万下・芝2200m)は、11番人気ブランクヴァース(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分18秒1。アタマ差の2着に2番人気アウォーディーが、1馬身1/4差の3着に7番人気グランドサッシュがそれぞれ入線。

ブランクヴァースは美浦・田中清隆厩舎の6歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母クイーンソネット(母の父ノーザンテースト)。通算成績は20戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ブランクヴァース(丸山元気騎手)
「道中ずっとペースが遅かったのですが、逆にそれがよかったのだと思います」

2着 アウォーディー(菱田裕二騎手)
「直線で狭くなるところがあり、また寄られたりもしました。スムーズなら違ったと思います。聞いていたような気難しさは感じず、乗りやすかったです。集中して走ってくれました」

3着 グランドサッシュ(松田大作騎手)
「3~4コーナーでまくってきた馬の影響で、ブレーキを踏んでしまいました。最後はよく差を詰めてくれているのですが......」

 

レース結果

 

グランドサッシュ

 

 3/28(土)中京11R 名鉄杯 1000万下(混)[芝2,200m・11頭]3着[7人気]

 

 

 

まずまずのスタートから中団に付け、道中は7番手あたりを追走、3コーナー過ぎから徐々に進出すると、4コーナー手前で進路が狭くなる場面もありましたが、直線では外目から良い脚を見せて追い上げ、3着でゴールしています。

 

 

 

松田大作騎手「勝負処で外から被せられて、一旦引く形になってしまったのが痛かったですね。挟まれても直線でまた盛り返してくれたように、馬の気持ちは切れていなかったですし、本当に勿体ない競馬となってしまいました。調教師からは『勝負処で気を抜く面がある』と聞いていたので、プレッシャーを少しかけながら走らせたのですが、ずっと集中して走ってくれましたし、芝のこのクラスでも十分勝負になりますね」

 

 

 

武市康男調教師「今回は厩舎に戻ってきてからの飼い葉食いが今ひとつでしたし、ソフトな仕上げでレースへ臨もうと思っていたのですが、トモの嵌りが良くなってこなかったので、水曜日にビシッと調教をやった分、体重が戻りきらないままレースになってしまいました。それでもしっかりと調教をした甲斐もあって、トモはしっかりとしましたし、結果的にはやって良かったと思います。レース後の回復状態にもよりますが、権利を取ったからと言って無理はさせずに、一旦放牧に出して少し余裕を持たせてあげるのもいいかなと思います」

 

最新情報

グランドサッシュ

 再調整の目的で31(火)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。

 

所有馬情報

グランドサッシュ[父 ハーツクライ : 母 レイサッシュ]

在厩場所:3月31日に福島県・ノーザンファーム天栄に放牧

調教内容:

次走予定:5月2日の東京・陣馬特別か5月10日の東京・2000芝

 

調教師「4コーナーでスムーズさを欠きながらも直線では良く伸びていますし、芝でもやれることは分かりました。松田騎手もハミ受けは良いし、反応も良いし、乗りやすかったと言ってくれたので、ホッとしています。今回はマイナス18㎏での出走となったので、一旦牧場に戻し東京開催を目標にします」

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加