地方の女たち

夜の街で出会った女達と男達

介護する人の責任

2016-02-29 14:51:11 | 自宅介護
明日(3/1)に最高裁判所の判断が示されます。

認知症の人が徘徊し、誤って鉄道事故になり、その賠償責任を監督者が負うかどうかの判断です。

事故の賠償責任については、その事故の原因と被害の状況などに、それぞれに関った人の立場など色々な要素が関係するので、その事情を詳しく調べなければ判断は難しい。

・・・で、、。

私は自分の経験から「親の介護をする人の立場」と言う一点から、からこの事件・裁判結果に注目しています。

当時は老老介護で91才の認知症の夫を妻(85才)が中心となって介護に当たり、息子の妻が両親の近くに転居して面倒を見ていた。

鉄道側は亡くなった老人(91)の遺族4人を相手に訴えた。

一審は妻と、介護の方針に対し主導権を持っていた息子に責任を認め、請求額・約700万円を認めた。

二審は息子は遠距離なので現場の責任は無いと、妻(85)だけの責任を認め請求額の約半分を認めた。

明日ある最高裁の判断は今後の基準となるので、介護に関る人達(家族・施設)は大いに関心があることなんですが。。。
私は息子の介護方針について考えるべき点が大いにあると思います。

私の家でも両親それぞれに介護が必要になり、その度にどのような方法を取るか何度も話し合った経緯がありました・・・なかなか結論は出ませんでした。

認知症の介護は身体能力が落ちた老人の介護と違って「徘徊」による事故を一番に考えなければならないと言う事は、その事に直面した人なら誰でも気がつきます。

徘徊による事故とは、当人の命に関る事故と他の人に迷惑をかける事故の両方です。

この息子さんの意見を聞くと
自分の妻を介護の為に転居までして老老介護の状態である両親を助け、自分も週末には介護の手助けをする為に帰っていた、、とか・・
一・二審の介護責任者の責任を認めた結果で、認知症の介護現場では萎縮が始まった、、とか・・
出入り口のセンサーは昔に不動産業をしていた時の来客用で、その音で認知症の老人が興奮するために利用していなかった、、とか・・
85才の妻(母親)は要介護1、その人に責任を負わすのは、、、とか・・
交通事故の場合は損害賠償の責任を負うと例が無い、、とか・・

そして、これ以上するべき事があれば具体的に教えて欲しいと言っている。


少し厳しいかも知れないが・・・
ハッキリしている事は認知症の父親に対しての最初の判断が間違っています。

物事、スタートで間違うと正しい所には行き着きません。
とは言っても正しいスタートを切るのは難しい。
ですから、日頃のチェックが必要で、間違いを修正して正しい道に戻る努力が必要なのです。

何が間違いか・・・
まず極論から言うと。。
自分の親の事を自分以外の人に任せた事です。

認知症の父親を自宅で介護すると判断したのなら、その介護現場は自分が中心で負うべきです。
仕事・・・・辞めれば良いんです。
辞めれば経済的な問題が・・・それじゃあ、プロに任せれば良いんです。
施設に入れるのは当人が可哀想・・・中途半端で危険な介護の方がもっと可哀想です。

自宅での介護は想像を絶する負担を覚悟しなくちゃ選択してはいけない。
もし選択たとしても、介護する人される人の両方に取り、現状が一番正しい事かを繰り返し考える事を怠ってはいけない。

自分の親の介護を自分以外の人に任せた事を間違いと最初に言いましたが、、、。

詳しく言うと、、、
自宅介護に対しての覚悟と認識が不足している人が自宅介護を選択するのは間違い。
片手間での介護は自分自身が親を見捨てていないと自己満足の為と言われても仕方ない。

自分の妻を親の近くに転居させ、自分も仕事が休みの日には遠い親元に帰って手助けするのが・・・片手間なのか、、、と反論したくなりますよね。

でも、、、、介護と言う世界では・・片手間です

親の介護が必要になる時期は突然やって来ます。
当然、こちらの状況を考えてくれません。

定年まであと少し、、、退職すれば、、、との思いは理解できます。

それまでは年老いた片方の親や自分の妻に何とか頑張ってもらう。。。

現実的にはこの様な事を選択することは良くあると思います。

そんな時はその時期が来るまでは施設に入れてプロに任せ、自宅介護は退職してからにする。

個人的には選択してはいけないと考えていますが、、、、
認知症の親をどうしても自宅介護でという人は、介護施設をやっている人や警備をやっている人に意見を求め、自宅を施設並みに改造する必要があります。

それをやらないで認知症の人を自宅で介護するなんて安易に選択はしてはいけない。

明日の裁判結果・・・
・85才で要介護1と言うのは普通の元気なお婆さんです。
・介護の方針を決めた息子は相続人でもあり全体の責任者です。

私は介護責任者、息子と妻の両方に責任を負う義務があると思います。
コメント

坊さんから請求書

2016-02-28 19:10:31 | 日記
お寺の建物に火災保険がかかってるんです、その負担は檀家と言うシステムで。。。

その保険金の分担金を求めてくるんです。
お寺の建物に檀家が負担して保険をかける、その事に対しての話しは別にして・・・

その請求の仕方なんです。。。


(写真が少し見にくいですが)
振込用紙が同封され、写真の様に檀家の支払い状況を実名入りで送ってきます。
つまり、誰々が支払い、誰がまだ支払っていないと言う事が他の檀家に知れるわけです。

用紙に書かれた差出人は「世話人」となっていますが、
封書にはハッキリとお寺の名前と住所が差出人として書かれています。

その金額はたいした額ではありませんが、このやり方がどうも・・私は嫌いです。

他の人が払っているかどうかを書類にして公表しているのは何かの意図を感じます。
振込用紙とその主旨を説明した文書だけで事は足ります。


寺とか神社との付き合いは私の様に無宗教の人間にとっては意味不明なことは多いです。

たちまち葬儀でお世話になっただけで、こちらの意識は無視状態で自動的に「檀家」として扱われます。
もちろん葬儀の時にはそれなりに高額な「代金」を支払います。

ところがそこにはトリックの様なものがあり、葬儀の時の代金だけでは済まない。
それが自動で檀家になってしまうと言う事です。

葬儀を頼む事によって
葬儀の代金プラス一生その寺を支える資金の提供を約束させられるのです。

日本人の人口減少が進んでいます。特に地方ではその減り方はひどく、寺・神社を支える人も自然と少なくなっている現実を踏まえ、寺・神社の維持が難しいと言うのであれば、
現状に見合うように統廃合すれば良い。

宗教家として寺・神社を廃止する事は出来ないのら、貧しくても我慢して頑張るしかない。

それにしても、、、
葬式・戒名・つき坊・初七日・四十九日・満中陰・初盆などなど・・・
一人が亡くなると、その家族は一年間に百万円は坊さんに支払う事になるわけで、、、。

しかも、坊主丸儲けと言うやつで、まともに税金を払わなくて良いって・・・。

色々な名前で税金を支払ってる零細企業の人達から見れば・・・納得できませんよネ




コメント

防水トビラ

2016-02-27 15:25:47 | 日記
海や川の水が溢れて家等が浸水しないように堤防があります。
しかし、海や川に行くために所々を開放して、その時はトビラを閉めるようになってます。

場所は徳島・末広町です。

海水浴なんかで海に行ったりすると、堤防の切れている所から出入りしたりしますよね。

写真も防水トビラで、写真で手前側が海・川です。



このトビラがある近くに住んでいた事があり、毎日の様に目にしていました。

しかし、チョット変でしょ

このトビラは反対側にもあり、両方のトビラが閉まって手前(海側)からの浸水を防ぐのです。
ところが良く見ると一般道路の上なんです。

道路がそこにあると言う事は手前側にも住民は大勢いてるんです。
私もその一人でした。

早い話が・・・
町の中心地からみて「ココから先の人達は水に浸かりなさい」って事になってるんです。

ほんで、県土整備局と言う庁舎もこの防水トビラの外側にあるんです。
そこの業務の中には「危機管理対策」と言うのが有るのですが、、、
浸水は最初にする場所なので、ここの人員や車両は危機の時には役に立ちませんネ

対策を考えて指令するだけなら、それこそ過疎地でも出来ます。

消費者庁の一部を徳島に移すのも良いけど、その手法で過疎地対策をするなら自分の所の庁舎も過疎地に移転する事を考えるのも筋と思いますネ


コメント

父親の暴行による死

2016-02-26 20:24:13 | 今日のニュースから
2013(H25)年に発生した事件。

父親が生後2ヶ月の長男に暴行して死なせてしまったとして、
傷害致死を問われていたのですが、その判決は無罪だったみたいですね。

この事件と良く似た事件があり、最初はその似た事件の事かと思っていました。
そのもう一方の事件は犯人の父親が「強く揺さぶった」と言うのが記憶に残っていました。

この二つの事件
発生は2014年と2013年
被害になったのは両方とも生後数ヶ月の男の子で長男
場所は両方とも自宅 
そして住所も両方とも大阪市住吉区

今回の判決では被疑者の父親じゃなくて、元妻の可能性が高いとして無罪判決なのです。
本当に父親の無罪を信じたい。
まぁ、こんな言い方が疑われた人を傷つけるのでしょうね。

親が小さな子供を殺してしまう。。。
こんな事がこの世にあること事態が異常です。

この無罪になった事件の事を言っているのじゃ有りませんが・・・

隔離された場所で行われた犯罪で被害者が抵抗できないような弱者・・・。
子供とか高齢者とか病気の人なんかが被害者になった事件の場合、
犯人を特定するのは非常に難しい。

当初は自供していても、この種の事件は状況証拠しか無い場合が多く、
裁判で否定するとややこしい事になります。

被害者が生後数ヶ月の乳児だと、
親が抱いて家を出るときに転倒して、子供を硬いタイルの上なんかに落とすと死ぬ可能性が有ります。

殺人と過失じゃ罰も社会的にも天地の差がでます。
一方はもちろん鬼畜にも劣る父親ですが、
過失の方は大事な子供を死なせて仕舞った悲劇の主人公です。

そんな事件か事故か判断しにくい事を判断しなければならない警察・検察・裁判所。
難しいのは素人の私にも解りますが、私達の多くはその判断が正しいと思うわけで・・・

特に最初に対処する警察の能力を高めないと、
最初に間違いからスタートすると、結果はとんでもない所に行ってしまいます。

世の中の大半の人は警察と関るのは交通違反ですだけです。
これはある程度はお金で済む問題で、腹立たしい事があっても忘れられますし、
後々の人生に大きく影響はしません。(だから適当で良いと言う話しじゃない)

今回の様に、父親が子供を殺してしまったと疑った時点で、、、、
それを立証する事ばかりを重視してしまい、今回の様な判決になる事を理解して欲しい。

無罪と判決が出ても、心の奥の一部で「もしかしたら・・・」と言うのが消えません。
それは当の父親が何々だからと言うのじゃなく、警察や検察に対して信頼が高いからなんです。

子供を亡くし、犯人扱いされた人の疑いは一生消えないでしょう。
この「犯罪」はどうやって誰が責任を取るのでしょう・・・。

コメント

刀の処分

2016-02-25 19:55:43 | 日記


父親が残した軍刀とサーベル。。。

刀を最初に見たときには「ゾクッ」としたのを覚えています。。。

兄弟も要らないと言うし、、、
手元に保管してるんだけど、子供のいない私が持っていても仕方ないと・・・。

最終的には何時か処分する様になるのだから、まぁ、良いかと自分に言い聞かせています。

もちろん許可証もあるので違法じゃありません。
ネットのオークションで売ってみようか、、、、なんて思ったりして

刀の銘を確認すると、、、銘は有るのですが、やっぱり軍刀でした。



サーベルはサビが出てるし、もしかすると指揮用かも知れません(切れません)

誰か近辺で買ってくれる人がいれば願ったりかなったりなんですが、、、
今の私の周りには  おらん

刀なんかに興味のある人は少ないですよねぇ~
もし心当たりがあれば教えて欲しいです。。。
コメント