地方の女たち

夜の街で出会った女達と男達

やっちまった

2015-07-31 15:54:14 | 日記
不動産の仕事をするのに必要な取引主任者と言う資格が必要なんです
たいていの資格には更新がありますが、この資格も5年に一度の更新が有ります。

現実には殆ど不動産の仕事はやっていないんですが、昔に友人と2人でブローカーじゃだめだと言う事で、
正規に業者登録を自治体にして認可してもらっているので、この取引主任者証の更新が必要なんです。
(資格試験に合格した資格者は必要ありません、仕事をする時に必要なのです)

友人と続けるかどうかで話し合っていたので、更新の手続き期限が切れそうになり、あわてて今日する事に・・・

取りあえず証明写真を撮りに行ったんです。
量販店とかの入り口付近に設置されているヤツです。

箱の中に入りモニターを見ると必要なサイズの選択の表示が・・・
必要なのは車の免許証と同じサイズなので、それを選択。

次に枚数の表示・・・・必要なのは3枚なので、、、3枚を押す。
次はカラーか白黒か、、、、カラーを押す。

料金表示がありました・・・・2400円。
高いなぁ~と思ったのですが、高くても必要なのだから仕方ないと・・・・OKボタンを押して次に進みました。

撮影の位置など色々と画面の指示に従い完了。
少しして機会の下の方から出来上がった写真が出てきたので、それを取り出して外に出て
出来上がった写真を見ると・・・・領収書が添付されていたのに気がつき、そこに目が行ってビックリ。

なんと領収書の額が800円。
おかしいでしょ、、、2400円を支払ったのに・・・・。

そこでやっと気が付いた。
サンプル表示されていたものを3枚と押してしまったのです。


その箱に戻って写真の取り出し口を確認すると、人相の悪いオッサンの写真が斜めになって放置されていた。

急いでいたのはあるが、これは解りにくいと腹が立ってきた。
注意不足なんでしょうかねぇ~。

年のせい   クッソォー
コメント

石川遼の活躍に期待・・

2015-07-31 13:06:02 | 日記
久し振りにゴルフの話題で石川遼があがりました・・・嬉しいですね。

遼くんが知られるように成ったのは2007年のマンシングウェアオープンで、アマチュアで16才と言う少年がプロゴルファーをやっつけてしまった事からです。

その偉業もさることながら、マスコミなどに対しての受け答えが世のオジサンゴルファーの心を鷲掴みでした。
そしてゴルフに興味の無かった人達までも遼くんフアンは広がり、、、、久し振りのスターの出現を期待したものです。

一時は我々へぼゴルファーもゴルフ場では遼くん気分で、プレーの最中もお昼の食事の時も遼くんの話題ばかり。
それは私達だけじゃなくて、周りでも同じ様に遼くんの話題でゴルフ場のレストランは花が咲きました。

今はアメリカで頑張っていますが、日本でいたときの様になかなか良い結果がでません。
国内では人気だけじゃなくて、短期間に10勝もしてるんですヨ
プロゴルファーで生涯10勝するのも大変な事なのに、アッという間に10勝ですから、それなりの力はあるんです。

アメリカに行って活躍できない遼くんのゴルフを素人オヤジ達が、あ~だ、こ~だと言う人は山ほどいてます。
それだけ皆さん気になっているんでしょう。

私もそういうオヤジの一人なんですれどネ。

ここから素人オヤジの意見になりますが・・・

遼くんの周りのスタッフが日本人のゴルフを勧めて欲しい。
遼くんは普通に世界で一流の選手になる事を目指して頑張ってるのは良く理解できるし、私もそうあって欲しいと願っていた。

しかし、それは遼くんが10代の時の話で、もう遼くんは20代半ばになり現在以上の体格にはなりません。
ゴルフの世界も競技からスポーツの世界に入っています。
競技とはワザを競うものですが、スポーツはパワーとテクニックの両輪の世界です。

他のスポーツでも同じなんですが、技量が突出していればかなり良い結果がでたり。
もう一方のパワーが抜きん出ていたら良い結果が出る。
そんな状態のスポーツはマイナーな物が多く、底辺が広がりレベルが高くなると技量だけとか体力だけじゃ成り立たなくなる。

ゴルフの本場と言えるアメリカじゃ、ゴルフは完全なスポーツです。

身長も180~200cm 体重も90~100kgの選手が技術を磨いて勝ち残った人達が大勢いる世界なんです。
彼等は試合の時にはパワーを押さえてスリークォーター(3/4)で打っている人が多いんです。
それでも日本人のパワー全開よりも強い力がでるんですねぇ~(羨ましい)

残している1/4のパワーが正確さを生むんです。
ですから彼等は条件の違う場所でプレーをしても、彼らの持ってる力をそのコースにアジャスト(対応)できるんです。

不器用なゴリラを相手に勝負をするならば、我々チンパンジーの日本人でも勝チャンスはありますが
世界のスポーツ界には選ばれた「器用なゴリラ」が大勢いてるんです。

パワーとテクニックの世界で、その一方が完全に劣るのに活躍できる方法はあるのだろうか・・・・。
のこる可能性は・・・・脳ミソだけです。

考え方・判断力、、、、そしてマイナス思考の実行力。
マイナス思考の実行力とは、、、、、我慢する力です。

初日に良いスタートをした遼くん、、、、頼むから崩れないで




コメント

美人ママ

2015-07-30 23:17:05 | 日記
徳島の夜の街は大きく分けて4地区
鷹匠町・栄町・秋田町と三列に並んだ地区と、
その地区と広い幅の道路(阿波踊りの桟敷にもなります)をはさんで富田町。

以前、富田町は芸者の集会所とでも言うんでしょうか検番と言うのがあって、
芸者さんたちが踊りや鳴り物の練習をしてました。
格子戸から見える風景や漏れてくる三味線の音など風情があったのを覚えています。
今はその検番も雑居ビルになり色々な店が営業してます。

鷹匠町も以前は高級料亭が数軒有り、徳島の「お偉いさん達」で賑っていました。
そのなごりで鷹匠町は公用車で来る人達などの為に、他の歓楽街は車が通れないにもかかわらず
この町だけは車の通行がOKです。
今はソープと駐車場ですけどね

今の徳島の水商売の中心は秋田町と栄町です。
栄町の方が先に歓楽街として賑ったので、現在あるビルは少し古くて高さも低いビルが多く。
昔ながらの小さな木造の表面だけをキンキラキンにしてる店も数多く残っています。

秋田町は90年代に細高いビルが立ち並び、最近では空き店舗も多く見られますが、
やっぱり夜の徳島はこの地区が中心地でしょうね。

今夜は栄町の入り口にある「たけだ」という店に行きました。

実は今日の夕方にスーパーでママさんと偶然会ったんです。
私が一人でスーパーで買い物をしてるのを見つけて、不思議そうな顔をしながら「こんにちわ」

ママさん「どうしたんですか
私 「今は一人で自炊なんだ・・・たまにね。」
するとママさんは「いゃあ~私も一人なんよ」

文章にするとなんか変ですけど、ママさんは母親と2人で長年暮らしているのです。
その母親の体調が悪くて入院してるらしい。

お互いに買い物籠を覗いて 「今日の夕食はコレ」

私の癖でこう言う時は挨拶の様に何かを誘うんです。
買い物のタイミングですから 「一人なら一緒に食う
ママさん 「はい、また今度おねがい」・・・・軽くあしらわれた

まぁ夕方にそんな事があったのでチョット店によってみた。
今更ですが、この「たけだ」のママさんはけっこうな和服の美人さんなんです。
その顔に似合わず気さくなんですけどね。

秋田町のメモリアルと栄町のたけだ、この両店ともに人気店なので客も多く、
水商売は氷河期みたいな中で安定して活躍してる店です。

料金も安心会計なので阿波踊りなどで徳島に来た県外の人達にもお薦めです
コメント

86.83歳 世界一

2015-07-30 17:35:25 | 今日のニュースから
日本人女性の平均寿命が3年連続世界一で 86.83才だって・・・・フゥ~。
しかも103才以上は統計から除いてるし、事故死なども含まれるので

アッチが痛い、コッチが痛い。この間、入院してた。
そんな事を言ってる人達に限れば、この数字より大幅に長く生きるんでしょうね。

それでなんでしょうか・・・・
夜の街で働く女性が高齢化してしるし、男の遊び場だったはずの夜の歓楽街が女性に占拠されてる。
私のような昭和の男にとっては時代の流れでは片付けられないんです。

それだけじゃないんです。
夜の街のアウトローの女たち・・・ソープやデリヘルで性を売る人達の年齢が下がってる。
昔はおもいっきり若い自称でしたが、最近は本当に若い女の子がその種の事をやってるんです。

その人達の感覚はどうなってんでしょ、、、、。
世の男達は大喜びかもしれませんけど・・・。

私ですかぁ~   ・・・・・・・・。

売春の話になると女の人は「男は良い・・・」なんて言います。
これは逆の売春があれば私も行くと言う事じゃないと信じたい(甘いかな)

しかし、日本人の女の人は男より6年余りも長く生きられるのですから、これに勝る特典はないと思いますヨ
六年間も余分にあれば色々な事が出来ますネ

出来る事なら20代30代が6年長ければなんて欲張らない
それはチト無理でも、少し気をつければ40代50代60代くらいなら、他人より実質的に長い40代を送れるかもネ

コメント

夜の街の収穫時期(笑)

2015-07-30 12:36:28 | 日記
昨夜は久し振りに夜の街に出かけました。
フラフラして最後の店は何時もの店になる、やはり落ち着くのか・・・。



徳島の夜の歓楽街・秋田町にあるアトラスビルⅠ。
このビルは徳島の夜の街では1㎡あたりの家賃が一番高く、各階に一店舗だからそれぞれの店はソコソコの家賃を払ってる。
アレッ・・・それを払ってるのは誰

それでも今の時代に空き店舗が無いのですから、、、みなさん繁盛してるんでしょうね

いつもの様に最上階のメモリアルに、、、、
この店とは私がまだ大阪で生活している時からですから付き合いもかなり長い。

ママさんや女の子は私の両親の告別式にも出席してくれた。
これをやられると・・・・嬉しいんですが、、、、店であまりハメを外せなくなります。
してやられたって感じです(笑)

長期結婚適齢期の女の子と話していると、なんか最近は結婚をあせるようになったらしい。
(心の中で・・あせる年は過ぎてるんじゃない???)

話を聞くと、、、あるお客さんに結婚をせまられていると言うんです。
そんな事はこの商売してたらたまにある事だし今更って感じなのですが、やはり女心と言うのはタイミングが大きく左右するんですね。
そんな話しがあっても何も感じない時もあれば、別のタイミングだと同じ人でも心に強く響くのでしょうネ。

これって、、、、女の子の心理
それとも、、、長く店に通って口説けばチャンスはあるよって言う営業



コメント