地方の女たち

夜の街で出会った女達と男達

寒いのは苦手です

2015-11-30 17:33:19 | 日記
とうとう12月が来ます
これから3か月間は冬眠です。
全国的に見ると四国は暖かい方かも知れませんが、、、寒いもんは寒いんです

兄一族が北海道の札幌・千歳で暮らして数十年になるのですが、私は一度しか行った事が有りません。
もっぱら兄達がこちらに来る形になっています。
まぁ他の兄弟親戚が関西・四国に多いってのもあるのですけどネ

北海道の兄や親戚の人曰く・・・
室内は関西や四国より暖かいと言いますが、、、
あくまでも室内はという条件付の話で、引きこもりじゃない私にとっては生活環境として最悪ですネ。

一週間ほど前の写真です

雪は北陸地方より少なくサラサラしているしいけど、積もった雪を除けた後の路面が凍っている。
こんな状態じゃ骨折が多発して整形外科病院が儲かるだけです。

積雪の後、天気の良い日に少し溶けて下の方に水が・・・それが夜には凍って・・・
それの繰り返しで段々と氷の部分が厚くなるそうです。

ですから自転車などを外に置いておくとタイヤの半分は氷で固定されて春まで使えないらしい。
まぁ防犯には良いかもネ

冬の時期に旅行などで家を空けるときでも暖房は切らないんです。
もし切ってしまうと家の中の水道管も破裂の可能性があるらしい。

そんな寒い所に、、、、ほんま、よぉ~住んでるワとおもうのですけど・・・・。

冬場の家で一人生活は昨年に続いて2度目です
誰かが居てれば帰って来た時に暖かいのですが、誰も居ない家はホンマに寒いです。
それに・・・なんかケチ臭い話しですが暖房費が、仮に1万円だとしても一人じゃ高いなぁ~と感じたり。
三人なら一人当たり三千円だから良いかと感じるのに・・。
これは気温じゃなくて懐具合が影響してるのかな・・・

コメント

LEDが良いのは解るけど・・・

2015-11-28 22:22:39 | 日記
政府(経済産業省と環境省)が民間の集まりの「省エネあかりフォーラム」でLED照明の普及に努力して欲しいと。

良いのか悪いのかは将来に判断する事になると思いますが、今の政府は色々と民間に対して意見を言います。

労働組合や野党が言うような、労働者の賃金を上げろとか、最低賃金を時間で全国平均1000円をめざせとか、
携帯電話の料金を下げろとか・・・。

そして今回のLED照明の普及を急げと・・・。

国の民間に対しての口出しはいかがなモノか・・なんて、この程度では言いません、結果良ければそれで良しです

我が家のLED化はまだ三ヶ所で、、、遅れています。
白熱電球は切れればLEDに交換できますが、蛍光灯がまだまだ使えそうだし、交換するとなると工事も必要みたいで・・

新築の家なら良いけど、残念な事に家も住んでいる人間も寿命が短いのに長期間使えると言う事は魅力になりません。
値段が安いのなら別ですけど現実は逆で高いし・・・

白熱電球なんか一個100円~300円なのにLED電球だと600円以上で、高い物なら1000円以上しますもんね。

ちょっと話しが違うかも知れませんが、、、私は懐中電灯をよく使います。
若い時からの遊び癖で夜の街に出かけるものですから、当然帰宅は深夜です。

今住んでいる家は玄関が道路から奥まっていて暗いので、鍵穴にキーを差し込むのに懐中電灯は必需品なんです。
↓そこで携帯に便利な小型のモノを持っています


LEDで消費電力が少ないので、小さな電池で良い訳です。

ところが・・・・いくらLEDで長持ちすると言っても本体のスイッチが壊れてしまって、結局は短命でした。
30年以上前の懐中電灯は未だに健在なのにねぇ~
コメント

耳学問

2015-11-27 16:05:13 | 日記
最近は言わなくなってるけど・・床屋の耳学問
これって床屋(散髪屋)だけじゃなくて、夜の街で働く女の子達にも言えることなんです。

店に来る客は色々な世界の人がいてます。
もし、この仕事をしていなかったら、、、、一生話をすることなんか無い職業の人も大勢居ます。

その一つですが・・
国立大学の学長や学部長クラスの人達とか企業の研究者など「賢い人」の話は彼女達にとっては絶対的な話のネタになります。

その「賢い人達」の話は知っている事で自慢にもなるんです。

・・・確かにその通りだと思いますが、少し問題がある事を彼女達は知らない。

専門的な知識のある人が、、、酒の席で、しかも知識の無い女の子を相手にまともに話をしているかどうか・・・。

そんなのするわけが無いですよね、真剣に話をされたら女の子達に限らず、他の普通の人達にも解らない。

一例ですが・・
「〇〇を食べたらガンになる。」
そんな話しをその「賢い人達」がして、しかもその〇〇が一般的に食べられている物なら大変です。

来る客、来る客のみんなにその話しをする事になります。
仮にその「賢い人達」の話が本当だったとしても、話には何かの条件が抜けているのです。
※事実は長年にたわり、しかも通常では考えられないほど大量に食べれば、その可能性が上がると言う話だけの事。

酒の席ですもんね、そんなに現実的な話を細々としても面白くない。
専門知識を持つ人が酒の席で女の子相手に言う話は誇張も装飾もされている
・・・そんな事は私やってえ解ってる、、と言いますが
その誇張と装飾の度合いが「最大級」とは思っていないんですねぇ~。

今の時代、耳学問で知りえた知識もネットで簡単に確認する事が出来て、
ある程度は恥をかかない程度の知識として自分の物とする事は可能です。

しかし、その簡単な作業さえしない「夜の蝶」は多いんです

ある時、そんな女の子達に「なんでトルコがロシアの飛行機を攻撃するの
なんて聞かれたんです。

私もその事に対してたいした知識はありませんし、知っている範囲内で話をするにも広すぎます。
質問に出たトルコ・ロシア以外にシリアも欠かせないし、中東全体の事も欠かせない、民族・宗教も欠かせない。

シリアの反体制派とアメリカの関係も重要だし、例のイスラム国の事も飛ばして話は出来ない。

これらをまともに話し始めると一分も経たない内に女の子の頭は混雑してバラバラです。
そこで、、、、
私の答えは簡単です。
「トルコはロシアが嫌いなんじゃ

コメント

美人の効果???

2015-11-26 17:38:35 | 日記
夜の街で長年営業を続けているあるお店。
ママさんと女の子が8~9人と厨房が一人。
客が減る一方の夜の街では頑張ってる方だと・・・・。

その店に新しい女の子が久し振りに入店してきたんです。
それがなんと10年に一度と思われる美人さんなんですねぇ~ しかも若い

客はもちろん大喜び

さて、、、他の女の子達の反応は・・・

通常なら新しく入った女の子を自分の席に呼んだり、
アフターも一緒に行ったり、面倒見の良い女の子達が多い店なんです。
そして、自分の古いお客さん達には 
「新しく可愛い子が入ったから、(店に)見にきてね」と自分の営業にも新人を活用します。

その美人の新人さんが出勤する日(週に数日)と決まった最初の日。
その日に出勤予定の他の女の子は7名でした。

その7名が、、、、、
なんと
全員が客と同伴してきました。
これにはベテランママさんもビックリです
滅多に同伴しない女の子も同伴出勤してきたそうです。

お陰で開店直後に来た別のお客さんは一人で壁を相手に酒を呑む羽目になり
10分ほどして
「出直すワ」と言って店を出たそうです。

これは私だけじゃなくて、一緒に働く事になる女の子達も、その新人さんが美人だと認めているんでしょうネ

誰も辞めていない、、、
人を増やすほど客も増えては居ない、、、
そんな状況の時に強力な新人が入ってきたら・・・・・
女の子達は危機感が出るのでしょうかねぇ~

私達男の客にとっては助平顔丸出しで喜んでれば良いのだけど
余りにも外見が突出して美人さんだと仲間じゃなくてライバルになってしまうんですねぇ~。
コメント

しまなみ海道 因島

2015-11-25 22:48:55 | 日記
来島海峡大橋をわたり大島に、、、

伯方・大島大橋野伯方島大三島大橋、、、そして多々羅大橋を渡り生口島のサービスエリアに・・。

本州と四国をルートはこの「しまなみ海道」の他に・・

坂出(香川)と岡山、それに鳴門(徳島)と明石(兵庫)のルートです。
そして、その道中には大きなサービスエリアがあります。

しかし、この「しまなみ海道」はそんなに大きなエリアはありませんでした。
敷地が無いのか、島に下りて食事などをして欲しい為なのか解りませんがネ

その中でも比較的大きなのが生口島のサービスエリアです。
ここからは斜張橋の多々羅大橋が綺麗に見えます。

次の島、因島で降りる事に、、、高速を降りてすぐに因島水軍城があります。



写真はそのお城の天守閣から下を見た風景です・・ここは無料ですが写真の右側にある資料館??は有料でスルーしました。
この水軍と言うのは至る所に基地を持っていたようで、少し見方を変えれば海賊だったりして・・・

私達が行った時には大型の観光バスも来ていたのですが、城の前(ふもと)の店屋さんは休業(廃業)状態でした。
本州と四国が繋がった時は多くの観光客も訪れたのですが、もうそんな状態ではないみたいですネ

水軍城を出て、同じ因島の白滝山と五百羅漢に・・・
ここには700体の石仏があり、白滝山からの展望はすばらしいと聞いていたので・・

ところが「山」なのでソコソコ登ります。
アチコチ歩いた姉は途中で断念です
私は「若い」の頂上の展望台まで行きました。
そこからの眺めは360度可能です
白滝山は付近の島々より高く、島、海、島、海とグルッと見えるのはこのしまなみ海道ではたぶんここだけでしょう。

途中で待つ姉と駐車場の車の中に入って、、、、
さて、、、この後はどうするかで話し合い。
なにぶん私同様に姉達も暇人です、旅の計画がアバウトです。

しまなみ海道を折り返すのか、それとも尾道(本州)の方に行くのか決めずに出発したものですからねぇ~

広島に行ってお好み焼きを食べ、何処かで一泊して広島観光をしようかと言う案もでたのですが・・・
結局は遅くなっても帰ることに、そこで同じ道を通るのは面白くないし距離的にも同じくらいだったので
尾道(本州)に渡り、山陽道を通って岡山方面に行き、途中で瀬戸大橋の方に行く事にしました。

その道中にある与島のサービスエリアに寄って休憩です。
そこからは瀬戸大橋が綺麗に見えるはずなのですが・・・・夜になっていたので

神戸を出発して明石大橋・鳴門大橋を渡り徳島の姉を乗せ、しまなみ海道の橋を渡り、帰りは瀬戸大橋を渡り四国に
そして、再び淡路を通って姉は帰ります。

四国と本州を結ぶ3ルートを制覇です。 あ~ぁ、しんど・・・。
コメント