ある産婦人科医のひとりごと

産婦人科医療全般、産婦人科医不足の問題、地域周産期医療の現状と未来、当医療圏の産科問題に対する取り組み。

ALSOプロバイダーコース(於:飯田市立病院)

2013年04月19日 | 周産期医学

セミナー開催情報: ALSOプロバイダーコース
主 催: 飯田市立病院(院長:金子源吾)
共 催: NPO法人周生期医療支援機構(OPPIC)
開催場所: 飯田市立病院(主会場:南棟3階 講義室)
 
 
日時: 平成25年6月29日(土)、30日(日)
 
募集定員: 25名
※申し込みは締め切りました

Imh
飯田市立病院

Minamitou
南棟(救命救急センターなど)

Static

http://health.yahoo.co.jp/hospital/map.html?latitude=35.499308158747&longitude=137.83602673536

****** ALSOとは?

Advanced Life Support in Obstetrics(ALSO)とは、医師やその他の医療プロバイダーが、周産期救急に効果的に対処できる知識や能力を発展・維持するための教育コースです。コース権利は米国家庭医学会(AAFP)によって認可され、現在全米のほとんどの分娩施設において、分娩に関わる医療プロバイダーがALSOの受講を義務づけられています。またALSOコースは世界的に普及活動が行われており、2009年までに50ヵ国以上でプロバイダーコースが開催され、10万人以上がALSOコースを修了しました。日本におけるALSO普及活動は、NPO法人周生期医療支援機構(本部:石川県金沢市)がALSO-Japan事業として運営を行なってます。

ALSOプロバイダーコースは2日間で行われます。コースの教材はシラバス(教科書)で、レクチャー、実地訓練のためのマネキンを使用したワークショップがあり、筆記試験とマネキンによる実技試験(メガデリバリー)がコースに含まれます。重要レクチャーは、妊娠初期の合併症、難産、妊娠の内科的合併症、妊娠後期の性器出血、分娩後大出血、早産、前期破水、妊婦の蘇生法、そしてマタニティケアにおける安全性の8つです。 少人数グループによる重要ワークショップは、肩甲難産、胎位・胎向異常、鉗子と吸引、分娩中の胎児監視、重要な症例の5つです。オプショナル・ワークショップは、会陰縫合、帝王切開、超音波検査、出産危機における両親への対処、そして新生児蘇生の5つです。 プロバイダーコースを完了した際、参加者は5年間有効の認証を受けることができます。【以上、ALSO-Japnのホームページより引用】

来る6月29日~30日に、全国各地の多くの講師の先生方に協力していただいて、最近竣工したばかりの飯田市立病院・南棟3階の講義室や会議室などを会場にして、ALSOプロバイダーコースを初開催する予定です。当院産婦人科医師団の構成メンバーは2~3年ごとにほぼ全員が総入れ替えになってますし、毎年多くの若い新人助産師が就職して来るので、当院産科チームとしての機能を今後も継続的に維持・発展させていくためには、院内の教育態勢を充実させることが非常に大切です。この4月1日付けで当院産婦人科医の2人が大学病院に転勤し、代わりに2人の産婦人科医が大学病院から当院に転勤して来ました。当院の産科チームはALSOマインドで一致協力して地域の産科医療に取り組んでますので、新たにこの産科チームに加わった2人の産婦人科医達にも今回のALSOプローバイダーコースを是非受講してもらいたいと思ってます。また、今後は当院の助産師達(約50名)や麻酔科、救命救急科の先生方や研修医などにも是非このALSOコースを順次受講してもらって、みんなで楽しくALSOを学び、チームで一丸となって地域の周産期医療に全力で取り組んでいきたいと考えてます。

コメント

上山獅子舞保存会

2013年04月14日 | 南信州観光名所めぐり

4月第2土日曜日は上山獅子舞保存会の奉納日(矢高諏訪神社)です。大きな山車に胴を乗せた大きな獅子が、早朝から地域の家々を練り歩いて勇壮な獅子舞を披露してくれてます。上山の獅子舞は、お囃子にあわせて勇壮に舞い、最後に家の玄関に勢いよく舞い込むのが特徴なんだそうです。本日は我が家の玄関前でも勇壮な舞を披露してくれました。

M1620006

M1620007

M1620013

M1620017

M1620014

****** リンク

上山獅子舞保存会

平成24年 矢高諏訪神社春季祭典 鼎上山獅子舞 石段前の舞 - YouTube

平成24年 矢高諏訪神社春季祭典 鼎上山獅子舞 神前奉納 - YouTube

コメント

南棟の竣工式

2013年04月10日 | 飯田下伊那地域の産科問題

4月8日に南棟(救命救急センターなど)の竣工式があり、内覧会、ドクターカーのお披露目などもありました。今週末に救命救急センター(1階)や医局(2階)などの引っ越しがあります。3階の新しい講義室の広さは今までの講義室の広さの約2倍となります。

その新しい講義室を主会場として、6月29~30日にALSOプロバイダーコースを開催する予定です。

周産期母子医療センターの入る北棟は年内には竣工する予定です。今年の年末には、産科病棟、分娩室、NICU、産婦人科外来などの周産期部門の引っ越しを、多忙な業務を中断することなく、円滑に完了する必要があります。周産期医療チームのみんなで力を合わせて、この困難な課題を無事に達成したいと思います。

市立病院の南棟が完成~救命救急の機能充実~(南信州新聞)

****** 新しい救命救急センター

M1610001

****** テープカット

M1610014

****** 市長挨拶

M1610020

****** 院長挨拶

M1610026_2

****** 内覧会

M1610034

M1610037_2

****** ドクターカーのお披露目

M1610043

M1610049

コメント