chocolat et natto(チョコレートと納豆)

三十路女の「食うたら」日記

パンに関わる謎

2006-10-27 | すきなもの
自称シナモンロールウォッチャー(正しい表現??)のワタシとしては
この、いかにもあまそうなシナモンロールには挑戦しなければなりませんでした。
甘いんじゃないの~と言われても、ミスシナモンロールは
(これは適切な表現だ!ウムウム)黙っておられません。
で、やっぱり甘かったです。
砂糖の塊の厚さ1センチ近くあったかと思います。
だからパンをちぎるときにシュガーの部分が「分離」してしまい、
シナモンロールはシナモン入りのパンとシュガーを共に食べるのがよいのに
それが至難の業でした。わざわざ分離したシュガーをパンに改めてのっけたり
してなんとか。
甘かったのですけど、シナモンルール自体、元来とても砂糖の味を前面に
打ち出しているものですので、抵抗感は少なかったです。
アメリカですもの、こんなもんでしょ。と自然と甘いものの許容範囲が
広がっていたように思います。
そういえばスニッカーズのアイスも食べたのですが
これも結構いけました。これも許容範囲が拡大されたのが原因やも。

パンについては???がいくつかありました。

まずホテルの朝食で食べたスコーン。形は普通なのですが、
塩味なんですよ・・・・スコーンって、ほんのり甘いものですよね?
それがまた例によって味付け極端でかなりしょっぱい。
なんでスコーンが塩辛いのか?謎です。

逆においしかったのがマフィン。だいたいはずれナシでした。
特にちょっと茶色くて、表面に麦をちりばめたものが私は気に入りました。
あれは、黒砂糖でも入っているのかなあ。でも黒砂糖なんて栽培していなさそう
なのですが…あれは何味のマフィンだったのかな?複数のホテルでみたので
あれはメジャーなのかな?なかなかいけましたので、このマフィンについて
ご存知の方いましたらご一報いただけると嬉しいです
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« オホホホ。 | トップ | 他人のおかずは・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

すきなもの」カテゴリの最新記事