自分に戻るコツ

目の前が山積みとなる

やることがいっぱい過ぎて

こころまで慌ただしい

 

そのうち自分に苛立って

「できない人間だなぁ~」

仕事の出来ない自分を責める

 

あらま

自己否定はよろしくないわ

 

自分くらい

良き理解者であり

最高の味方でないと

 

深呼吸

しんこきゅう

吐き出す吐き出す

いらないもの

 

少しだけ空いた場所を確保したら

 

悪いものが入らぬうちに

間髪入れず

好きなもので埋めてしまう

 

好きなもの達が呼んでる声が

聞こえれば上出来

もう大丈夫

 

それでは

一つ一つコツコツと

やっつけましょうか(^_-)-☆

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お弁当箱

急いで家を飛び出して

5分ほど走って

また戻る

 

勢いよく戻った車から

慌てて飛び出したと思ったら

また出かける

 

家の者は

「またかぁ~」とあきれていることだろう

 

そうまた・・・

わすれものです(-_-;)

 

今回はなんと

いつも愛用のバック

 

お財布

手帳

キャッシュカード

運転免許書

保険証券

ハンカチ

テッシュ

化粧ポーチ

等々

 

それがないと

かなり困るものが

全部入ってる最強バック

そのまま家出できそうです

 

そもそも問題は

なぜそんな大事なものを忘れたか?

ということ

 

1.いつものバックの代わりに

 お弁当箱の入ったバックを持ったから

 

2.充電中の携帯を忘れてぬようにと

 首からぶら下げたことで

 安心感を得たこと

 

要因は

この二つ

 

助手席の

それがないとかなり困るバックを見ながら思った

 

馬鹿だね

ホント

 

お弁当箱と

これがないとかなり困るバック

どっちが大事?!

 

その質問に

一人で大笑いしてしまった

 

それはね

 

例えば

お弁当箱と

財布やカードの詰まった

これがないとかなり困るバック

どっちが大事と聞かれて

 

言ってみたくなったの

 

言ってみたい

こんなにいい天気

真っ青な空に

絵にかいたような雲がいくつも浮かぶ

 

ウキウキする

 

言い放ってみたい

 

お弁当箱と

これがないとかなり困るバック

どっちが大事?

 

もちろん

「お弁当箱!!!」

 

これがなければ

こんな素敵な青空の下

ピクニックが台無しだもの(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一服いただきます

朝一番に

お茶を一服いただく

もう新茶です

 

急須に茶葉を入れる前に

捩った一本の茶葉を

一つ口に入れる

この歯ごたえ

ほろ苦さのなかの甘み

いい

 

これはちょっとした儀式のようなもの

 

茶葉を育て

ひと葉ひと葉摘み

蒸して揉んで干して

たくさんの工程が

食べた茶葉から

見えてくる気がするの

 

有難いね

だから余計に

大事にお茶をいれ

香りを楽しみながら

ゆっくり一服いただきます

 

そんなものが

たくさんあります

 

一つ一つ積み上げるように

一つ一つ編みこむように

魂を込め

丁寧に根気よく

 

手を抜かず

ブレず

諦めず

 

真面目に正直に

信じる道を黙々と進む

 

それが仕事というものだと思う

 

いい仕事したいね(#^.^#)

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

人生の年輪

 

「幼馴染は大事だよ!

だって人生の年輪の中心にあるんだもん」

 

 三歳児の保育園より短大まで

ずっと一緒だった幼馴染からのメールの一遍

 

そうだった

ずっと一緒だったことも忘れていた

 

数年に一度くらい

忘れたかけたころ

何かのきっかけで逢う

 

一年に一・二度

思い出したら

メールをやり取りする

そんな遠慮も無理もまったくない幼馴染

 

先日彼女のお母さんが亡くなった

大変お世話になったおばさん

小学校の頃は仲良し3人娘の

塾の送り迎えに車を出してもらっていた

 

3人娘のもう一人は

かなちゃん

3年前に天国に旅立った

 

おばさんはよく3人娘を連れて

秩父で一軒のフルーツパラーに

連れていってくれた

 

フルーツパラーは

まだそのまま その場所にあった

数日前に店の前を偶然歩き 驚いた

思い出しもしなかった昔を

懐かしんだところだった

 

コーヒー好きのおばさんは

喫茶店にも連れて行ってくれた

小学生の私たちは

特別感のあるウィンナーココアを飲みながら

大人のレディーになったように

とてもお行儀良くふるまった

おばさんは

美しく優雅でとてもエレガントだった

 

おばさんの葬儀の帰り

車で遠回りして

昔の我が家と彼女の家までの道を通った

こんな狭い道だったのかと驚く

こんなにも近かったのかと驚く

 

毎日のように通った道

小さな自分の後ろ姿が見える

 

車を降りて歩きたい衝動を抑え

仕事に戻った

 

「幼馴染は

人生の年輪の中心にある」

 

人生を重ねると

この年輪が愛おしくなったりする

 

いいもんだね

重ねた年月が確かにある

 

人生の年輪

なんだか自分まで愛おしくなってくる

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

これからの時間

介護が終えると

自分のことを

順番のように考える

 

いや、ちょっと待って

 

そんな心配は

まだまだ先にいたしましょう

 

老後の蓄えの

貯金のお話よりね

 

いま

この瞬間の

時間を貯めてゆきましょう

 

ただただ

使って失うだけの時間ではなく

 

丁寧に重ねた時間を

貯めてゆきたいものです

 

これからどんな生き方をしますか?

したいですか?

 

どこで暮らしますか?

どんな風に暮らしましょうか?

 

自然に呼吸のできるところがいいわ

 

空気が美味しくてね

緑が沢山あって

山があって

川があって

自然の中でのびのびと

 

・・・・

あらまあ

ここ

この場所だわ

 

それなら

先ずは

実のなる木を植えましょう

ずっと前から植えたいと思いながら

何十年も経ってしまいました

 

実が付くまで

これから何年かかるのかしら

 

大きくなったら

収穫した実で

ジャムでも作りましょうか

朝一番にしぼりたてのジュースなんていうのも

素敵です(#^.^#)

 

年の数に合わせて

ゆっくり

ゆっくり丁寧に

 

楽しく働き

美味しく食べて

時々夜更かししながらも

心地いい寝床で

すてきな夢をみる

 

そして朝

太陽と共に

気持ちよく目覚めるの

 

当たり前の日々を

大切な人と重ねられたら

それだけで

とても豊かな人生だと思います

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

丁寧に

丁寧に暮らす

そんなことがとても

素敵に見える

 

「家は暮らしの宝石箱でなくてはいけない」

建築家ル・コルビュジエの言葉


風の通る

気持ちの良い家

 

テーブルにさりげなく置かれる

野の花一輪

 

丁寧に仕上げた

お食事

大地の恵みを

ゆっくりと

いただく

 

誰にでも叶う

シンプルな暮らし

 

けっして贅沢でなくていい

こころ豊かでありたいの

 

どうでもいいものではなくてね

好きなものに囲まれ

暮らしたい

 

少しずつ

少しずつ

そちらに向いてゆきましょう

 

きょう梅酒をつけました

天草の焼酎漬けと

ヘネシーのブランデー漬け

2種類の梅酒です

どちらも凄く美味しいのです(#^.^#)

 

それから採りたての

ラッキョウ

きれいに掃除して

塩でもみました

こちらは明後日にはもう

浅漬けでシャリシャリと食べられます

 

それにしても

待つことが

なんと楽しいことでしょう

こころが膨らんでいるのが分かります

 

これが豊かということかしら(#^.^#)

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お花にお水を(#^.^#)

こころの一角に放置されたままの

見ないふりのもの

 

元気のなくなった

植木鉢の花のよう

 

きょう忙しいの

あしたね

 

いま忙しいの

あとでね

 

あの時

あの時も

ずっと意識の中にあって

 

あの時きちんと

見ていれば

 

そんな何度もの

あの時を思い出す

 

視界にいれないけど

感じていたの

見ないふりの

先延ばし

 

たった一回の

見ないふりが

単純なことを

面倒くさいに変え

遠ざける

 

もう限界ですよ

きちんとお花を見てください!

あんなにうなだれて

枯れてしまいますぅ

早くお水を上げましょう

 

さあ今すぐ!

 

そしたら

思い出すでしょう

こんなにも自然で

愛おしかったこと

 

花の元気はね

あなたの元気でもあるのです(#^.^#)

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

瞬発力

その瞬間が大事

だから

迷わず動く

 

その瞬発力が

かなめ

 

「いま」なんだよ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

たのしいこと

楽しいこと

きょうはいくつできた?

 

ひとつも見つからなかったら

危ないぞ

 

明日の朝は  

とりあえず

好きなことから

始めよう

 

だって

あなたは

すきなこと

あと派みたいだからね

 

一日って

あっという間に

終わっちゃうものね 

 

1日に追い越されなように

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

へこたれてる貴方へ

正しいこと

間違っていること

ジャッチしたがる人がいる

 

人はそれぞれ

多種多様

誰かさんの目線だけとは限らない

 

まん丸なものなら 

いいけどね

いびつなものは

大変だわ

 

上から見る人

下から見る人

横から

前から

斜めから

 

一回りして全部見る人

 

色々

いろいろ

 

管理人はめんどくさがり屋だから

目の前しか見ない人

よく言うと直感派

 

そんな「感」程度の人間

もちろん人をジャッチする資格はない

 

なので違う意見は

「そうなんだ。そんな見方もあるんだ」

って受け入れることにしている

 

あっち側の景色教えてもらい

へ~と新鮮に思う

 

ジャッチする人って

少なくとも一周はして頂きたい

 

でも意外と

上と下を見たくらいの

上下人間が

他人をジャッチするものだ

 

そんな人のジャッチは

いびつな正義感が加わって

少しずつズレてゆく

 

自分の価値観を相手にぶつけているうちに

判断は相手の批判にかわったりする

 

批判となるともう

上下人間の問題だと思うの

 

貴方がみた

目の前の色

それも

確かな一つ

 

その色

その形はも

それはそれで

一つの見方

 

それでいいんじゃないかな

 

管理人はあなたの味方です

 

みかた繋がりで座布団一枚(^^)V

 

 

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ