切り株

大きな切り株を見つける。
聞くと桜の木らしい。
それはそれは立派な桜の木で
見事な花を咲かせだという。

伐られた理由は
隣接する建物が

桜の根によって
持ち上がってきたからだそうだ。

例えば

桜の木が先で、
後から建物を建てたなら
それは何とも酷い話だ。

 

いや、

建物が先で

後から桜を植えたとしても

他に方法は
なかったのだろうかと思う。

そもそもこれが桜の木ではなくて

花もつけない木ならば
管理人はここまで

腹を立てたのだろうか?

実に勝手で傲慢だ。

 

ただ桜が

特別な木となるのは

その花の美しさを知るものにとって

仕方ないことだと思うのだ。

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

気づき

苦手なことも

隙間時間の

ちびちび作戦で

なかなか良い感じになっていたのだけど

 

新たなる発見あり。

隙間時間も

夢中になると

ちびちびでなくなって

本気時間となってしまうということ。

 

ここまで!

なんていう言葉が通じない。

すっかり時間を忘れて

今やらなねばならないことが

後回しとは

本末転倒。

 

でも

やってみないと分からない。

次の気づき。

 

不完全な生き物は飽きなくていい。

あとからあとから

気づくことの多いこと。

 

結局元に戻ってしまったとしても

それもまた

気づきの学び。

 

管理人

まだまだ成長過程

これって楽しいかも(*^^*)

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

紫陽花

玄関を開けると

紫陽花の花が

今盛りと美しく咲き誇ります。

 

セラヴィに咲いている大きな紫陽花たちも

昔は本当に小さくて・・・

元は挿し木でしたから

ほんの1輪くらいの大きさで

随分と離れ点々と植えらた印象でした。

 

その当時

管理人には今のこの大きさになることが

とても想像できませんでした。

 

この子たちはチカちゃんのお家のお庭から

分けてもらった紫陽花です。

 

もうここに来てから

20年位になるのでしょうか?

 

紫陽花はその土地によって

色を変えます。

 

同じ紫陽花を植えても

土で花の色が変わります。

 

チカちゃんのお家から

お嫁入りした紫陽花たちも

すっかりセラヴィ色となり

立派育った根は

一本で何十もの花を見事に咲かせています。

 

紫陽花がきれいに咲くころ

思い出します。

 

ここ数年お会いしてませんが

お元気ですか?

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ちびちび作戦

不眠症だと思ってました。

眠れない。

そう思っていました。

 

でも気が付くと

いつも寝落ちしております。

ブログを書いた一行目くらいで

寝ております。

 

目覚めたころに

また書き足して

また寝落ちし

 

そして気が付くと

朝なんてよくあります。

 

不眠症と思っていたのですが

良く寝ているようです。

 

この現象

たぶん

気になるのでしょう。

 

録画したテレビも気が付くと

終わっていて

また巻き戻して観ると思いきや

寝落ちし

また巻き戻す。

そこまでして観るものでもないのですが

へんな癖になってます。

 

睡眠が絶対的に足りてないと思い込み

昼間も足し寝しておりました。

 

3時間おきのミルクと昼寝の

赤ちゃんです。

どうりで日ごとに大きくなってます。

 

時間の空いた時にゆっくり後で

なんて思っても

目の前のことで忙しくなる管理人は

結局タイムアップギリギリとなります。

 

面倒くさいと思うことから

先にやりましょう!

 

わかっちゃいるけど

後回し組の管理人です。

 

朝は忙しないし

昼も昼で

夕方も夕方で忙しい。

そして結局夜になるのです。

 

そこで良いこと思い出しました。

「ちびちび作戦」

隙間時間を使うという手です。

 

朝から始める隙間時間なら

沢山あります。

 

そう思うと楽で

意味なく気負って

手が出せない後回しのことが

隙間時間の「ちびちび作戦」で

出来そうです。

 

再開したブログ

だれの役にも立たないのだけど

管理人の役には立ってるみたいです。

 

先ずは朝からブログを初めて見ました。

そして今書き足しておわり。

 

他にも一つ「ちびちび作戦」のお陰で

いつかやらなきゃのものも出来ました(^^)/

ちびちび作戦恐るべし!

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あみだくじ

どちらか迷ったら

自分が損をする方を取りなさい。

と父に言われていたけど

 

やっぱり

やってしまう

あみだくじ。

 

あー

なんと欲深いことでしょう。

 

いやいや

私あみだくじが大好きなのよ。

と天国の父に言い訳をしてみる。

 

そもそもね。

相手が得をするほうを

選びなさい。

って言ってくれれば

よかったのに。

 

同じ言葉でも

損より得に響いてしまう

欲張りで単純馬鹿なこころが

恨めしい。

 

こんどからは

これで行こう!

迷ったら

「相手が得する方」

 

意味なんか分かっていたはずなのに

なんだかとってもすっとしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

やっぱりね。

雨が止んだ。

 

空を見上げたら

どんよりした

重い雲が一面の

灰色の空

 

「やっぱりね」

っていいながら

どこかに期待してるもう一人の自分を知る。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

変わらない当たり前

当たり前だったことも

時とともに変わる。

 

時に流されない

変わらないものが

こんな時代

とても貴重に思える。

 

誰かにとって

いつも変わらない

いつまでも変わらない

そんな懐かしくも

暖かい。

あなたのとって

当たり前の場所であり続けたい。

 

 

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

やれる気

やってみないことには

可能性はゼロだ。

 

先ずは買わななきゃ当たらないの

宝くじみたいに。

 

少しの可能性を信じて

夢をみる。

 

これって

楽しいよね。

 

先のことは

神のぞ知る。

 

ならば素直に

夢が現実になる

想像する。

 

やれる気がしてきた。

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

おもわず

雨が上がり

差してきた日の光が

あんまりきれいで

おもわず

手が宙をまった。

 

ふっと我に返り

誰かがに見られたら恥ずかしい!

まるで阿波踊り。

キョロキョロと周りを確認します。

 

考える暇はない。

「おもわず」なのだから

 

思いが先に出て

それが行動になる。

 

管理人おもわずの失敗談も多い。

 

おもわず

くちばしってしまったこととか・・・。

 

何かから大切な人を守ろうと

とっさに動き

守りたいその人の足を踏んずけてるタイプ。

 

「痛い」と言われ

踏んずた足元をみて

飛んで驚き

ひたすら謝る。

そんなタイプ。

 

かなり

カッコ悪い。

 

誰かを守れるほどの技量もないのにね。

 

「おもわず」は

とても感覚的で

勘違いもたくさんあるが

ある種

ありのまま。

 

「おもわず」の中に潜む

わたしという生き物。

 

でもね。

だからいい!

 

「おもわず」

いいじゃないの(*^-^*)

 

管理人はそんな

「おもわず」に

これからも

もっと振り回されていたいなぁ~♪

って思います。

 

追伸:毎回足を踏まれ

  とばっちりを受ける周りの方々には大変申し訳ございません。

  広いお心で愛をお感じくださいませ。

 

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

笑顔(*^-^*)

取り柄は

笑顔と元気な声です!

 

難点は

調子づくところですが

こちらは大丈夫

直ぐに鼻を折られる定めです。

 

管理人

それで上出来だと思っているんです。

 

植物には太陽が必要なように

人には笑顔が必要です。

どちらも温かい方向に手を伸ばし育ってゆきます。

 

だから唯一の取り柄を大切にしたいと思います。

 

そんなことで

誰かを幸せにしているかもしれないから。

 

管理人はいま

お客様の笑顔で

暖かい言葉で

とっても大きな幸せもらっています。

 

感謝のこころが

また心を温めて

もっと笑顔にしてくれます。

 

管理人も大切な人の笑顔に向かって

まだまだ大きく成長しそうで

・・・少し危険です(^^;

 

 

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ