牛込生活

荒木町・神楽坂の旨いもの食べ歩き。日々雑感。散財の記録と反省。というより、鈴木康太郎の備忘録代わりです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京のおばんざい くらま (南山伏町)

2008年04月05日 | 食べ歩き (牛込界隈)
南山伏町にあるフレンチレストラン「L'HABITUDE/ラビチュード」の隣にできた「京のおばんざい くらま」でお昼をいただきました。

お昼のメニューは親子丼と焼き魚、からあげ、豚のしょうが焼きなどの定番メニュー。850円から880円のお値段です。

いただいたのはサバ定食。メインのサバの塩焼きに加えて、小さなおばんざいが3品ついています。
カウンター越しにながめていると、遠火でていねいに何回も裏返しながらサバを焼いていました。
お味噌汁も出汁の味がしっかりしており、とても美味しかったですね。

夜は四季折々のおばんざいが楽しめるとのこと。機会があれば訪れてみたいですね。
コメント (6)