牛込生活

荒木町・神楽坂の旨いもの食べ歩き。日々雑感。散財の記録と反省。というより、鈴木康太郎の備忘録代わりです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ATE brake pads

2009年10月31日 | 散財日記
Yahoo! オークションをブラウジングしていたところ、自動車部品商社のハンズトレーディングが独ATE社のブレーキパッドを出品していたので、即落札しました。

恐らく輸入元が阿部商会に変更になったため在庫処分したのでしょうが、交換工賃より安い価格で購入することができました。

ATEのブレーキシステムは世界各国の自動車メーカーの純正部品として採用されていますが、今回購入したのはアフターマーケット向けのノンアスベストのものです。

ブレーキが温まるまではやや効きが甘いよううにも感じますが、許容の範囲ですし、何よりブレーキダストが格段に減ったのがうれしいところです。
コメント

桜さく (荒木町)

2009年10月30日 | 食べ歩き (四谷・荒木町)
荒木町でお昼でもいただこうと杉大門通りを歩いていたところ、外苑東通りに近いところで「馬肉専門店 桜さく」というひときわ目立つ看板が目についたので入ってみることにしました。

ビルの2階にあるのですが、階段の途中には「熊本で食べた馬肉はとても美味しかった… を東京で忠実に再現した」というポスターが貼ってありました。
「鮮度抜群の最高級馬肉」を使用していることで、いやがおうにも期待が高まります。

開店記念なのかランチのメニューはすべて半額で、店主のお勧めという日替わりランチの馬ロース焼肉野菜炒めをいただきました。
作っているときに数十センチもの高さのフランベをしていたので驚くと、肉をやわらかにする手法とのこと。

少々濃い目の味つけでしたが、野菜とともにとても美味しくいただきました。
惜しむらくはランチがすべて半額だったのに「桜馬肉にぎり」を注文しなかったこと。

機会があればチャレンジしてみたいですね。
コメント (1)

大阪ひとくち餃子 点天 (麻布十番)

2009年10月20日 | 食べ歩き (その他)
先日訪問した荒木町の「餃子専門 いっぴん」ですが、焼きすぎだったのか少々、納得がいきませんでした。

そこで、インスパイアを受けているであろう「大阪ひとくち餃子 点天」でオリジナルの味を確かめてみることにしました。

焼き餃子の他にスープに入った水餃子もいただいたのですが、皮そのもののモチっとした感覚が心地よかったですね。定番のひとくち餃子も、焼き具合がちょうど良かったのか、カリッとしながらもやわらかな食感が後を引くような美味しさでした。

ひいき目もあるのかもしれませんが、点天に一日の長を感じましたね。
コメント

フレッシュトマトのパスタ

2009年10月19日 | 趣味の手料理
生のトマトを使ってパスタを作ってみました。

タマネギのみじん切りとベーコンをオリーブオイルで炒め、刻んだトマトを入れてパスタのゆで汁で調整しただけの、きわめてシンプルなレシピです。

味つけは塩コショウとバジル、ローリエのみ。
タマネギとトマトの甘みを感じるマイルドな味に仕上がりました。

普段トマトソースのパスタを作るときは缶詰のホールトマトを使うのですが、こちらの方が酸味を感じずにダイレクトにトマトの味が楽しめるような気がします。

旬な味を楽しむのにいいかもしれませんね。
コメント (1)

Bluetooth対応ヘッドセット BSHSBE04

2009年10月18日 | 散財日記
久々にSkypeを使わなければならない用事ができたので、あわてて家にあるヘッドセットを試してみました。

わが家には古いLogitecのヘッドセットがあったのですが、買ったのは2005年のこと。
当然ワイヤードで使い勝手が悪かったので、Bluetoothのヘッドセットを購入しました。

何のあてもなくビックカメラで購入したのがBUFFALOのBluetooth2.1対応ヘッドセット「BSHSBE04」です。3,480円でしたが、溜まったポイントだけで購入することができました。

イヤホン型で耳に入れるだけなのですが、意外としっかりしており、つけたまま動き回っても問題ありませんでした。
また、Bluetoothは近距離用という印象があったのですが、狭い部屋の中であれば特に問題なさそうです。

それよりも驚いたのは、Skypeの音質と感度のこと。
ほとんど固定の電話と同じ感覚で使うことができました。
これなら十二分に国際電話の代わりになるかもしれませんね。
コメント (2)

草の家 (麻布十番)

2009年10月17日 | 食べ歩き (その他)
麻布十番の「草の家」でお昼をいただきました。

二の橋よりやや一の橋に向かった右手で、「麻布シチュウ 庄兵衛」のちょうど向かいくらいにあります。

韓国料理の老舗で何度も訪れたことがあるのですが、今までずっと「草の家」は「くさのや」だと思っていましたが、「くさのいえ」と読むようです。

昼間から景気よく焼肉をいただきたかったのですが、食後の臭いが気になったので、カルビチム定食にしました。牛のスペアリブを野菜と一緒によく煮込んだものです。

メインのスペアリブはもちろんのこと、煮込まれた野菜がとても美味しかったですね。また、わかめスープも牛の出汁がとてもよく出ていて、ていねいな仕事ぶりがわかるような気がしました。

おかずがたくさんついてくるのは韓国料理ならではなのですが、これで1,000円を切るのですからありがたいことです。

周囲の客はほとんど韓国語で会話していました。
韓国大使館や韓国中央会館のすぐ近くという地の利があるのかもしれませんが、本場の方に愛されるということは確かな味だということなのでしょう。
コメント

手延べ でっかい餃子 曾さんの店 (代々木)

2009年10月16日 | 食べ歩き (その他)
代々木駅のすぐ近くにある「でっかい餃子 曾さんの店」でお昼をいただきました。

駅前から踏切の方向に歩いてすぐのところにあり、右隣にはつけめんの「ばんえい」が、左隣にはカレー屋がありどこにしようか迷ったのですが、看板の「生きてる餃子」というコピーにひかれて入ってみたわけです。

いただいたのは餃子セット、590円です。
饅頭のように大きい餃子が6つにスープ、ご飯とザーサイがセットになっていました。

作るところを見ていたのですが、ラーメンの麺をゆでる大鍋で水餃子のようにゆで上げた後で、フライパンで焼き目をつけていました。

そのためか、皮はモチモチした部分とパリパリした部分とか同居していて、今までにない感覚でした。
肉汁がジワっというわけには行かず、皮だけ残してあんがスルっと抜けてしまうのが残念でしたが、590円でそこそこの味とこのボリュームは、良心的だといえるでしょう。
コメント

T.G.I. FRIDAY'S (六本木)

2009年10月15日 | 食べ歩き (その他)
午後イチの打合せの前に多少時間があったので、六本木交差点の周辺でお昼をいただくことにしました。

特にあてもないまま、外苑東通りを「かれー麺 実之和」の方に歩いていたところ、スクエアービルに向かう路地に面したT.G.I. フライデーズ」の店頭サンプルに目がとまりました。

そこに飾ってあったのは「ポークカツレツチーズカレー」。
カレーの上にカツと温野菜がたくさん盛られています。
カロリーのことを考えると少々危険なカツカレーにさらにチーズ。問題が多いことがわかりながらも、大好物を見ると止められないのが私の弱いところでしょうか。

早速いただいたところ、サクサクとしたカツと中辛のルー、それにコクを深めるチーズはイメージ通りの味でした。
サンプルでは見逃したのですが、クリスピーなフライドオニオンまでのっていたのはうれしい誤算でした。

T.G.I. フライデーズといえばアメリカのカジュアルダイニングなので、本来ならばハンバーガーかタコスをいただくべきなのでしょうが、満足のひとときでしたね。
コメント

うまいぞお (恵比寿)

2009年10月14日 | 食べ歩き (その他)
先日は期せずして、麻布十番の名店「洋食屋 ミスターガーリック」が閉店していたことを知り、非常に残念な思いがしました。

なんとなくそのことが心にひっかかったままWebをブラウジングしていると、しょこたん☆ぶろぐのエントリーにたどり着きました。
それによると、今年の5月15日に惜しまれつつも閉店したとのこと。
また、ミスターガーリックのマスターは、恵比寿の「うまいぞお」なる店に活躍の場を移すようなことが書かれていたので、早速行ってみることにしました。
うまいぞお」といえば、料理が得意なタレントのグッチ裕三さんプロデュースの店。マスターの腕に惚れたグッチ裕三さんが活躍の場を提供したのでしょうか。

場所は恵比寿駅の西口から山手線に沿って目黒方面に上ったところ。
駅からはさほど遠くないのですが、周囲にはあまり飲食店がないので、なんとなく隠れ家っぽい雰囲気をかもし出しています。

店はビルの地下にあるのですが、入口の前に立ててあった看板に「老舗の洋食!伝説のヘンクツ親父が心をこめた本物の味」とありました。
メニューはシンプルにコロッケとハンバーグ、それに数量限定のチャーハンと丼ものが2種でした。

これはまさに「ミスターガーリック」の再来かと心踊り、以前の看板メニューだったコロッケを頼んでみました。

運ばれたコロッケは、まさに「ミスターガーリック」をほうふつとさせるもの。
とてもやわらかくジューシーでクリーミー、肉の旨みが何ともいえない美味しさでした。
うわさは本当だったのか、と帰りがけにキッチンをのぞいてみました。
奥にはマスターらしき人物が若手スタッフの動きを見ています。匠の味は、しっかりと技術伝承されるに違いありません。
コメント

大勝軒まるいち (新宿)

2009年10月13日 | 食べ歩き (新宿・大久保)
新宿駅の近くを歩いていたところ、靖国通りの歌舞伎町の交差点に面した雑居ビルの前で「大勝軒」の看板を見かけました。
ドンキホーテの靖国通りを隔てた斜め向かいで、ALTAの裏手になります。

どこに店があるのかとまわりを探したのですが、どこにも見当たりません。看板をよく見ると「このビルB1」とあります。
消費者金融やスナックの案内で隙間のない壁に囲まれた階段を地下に降りると、ビルの外観とは裏腹に比較的広めの店舗がありました。

大勝軒といえば「もりそば」なのでしょうが、この店は中華そばやつけ汁のバリエーションが豊富なようなので、みそつけ麺を頼んでみました。

大勝軒ならではの太目の自家製麺ゆえなのか、ゆで上がるまで15分くらいかかりました。つけ汁は、野菜や太めにカットされたチャーシューがたくさん入っており、濃厚な味噌味とあいまって、とても美味しかったですね。

太目の麺はのど越し食感ともにとても美味しく、350gをあっという間に平らげてしまいました。つけ麺は麺の美味しさが満足感を左右するものだと、改めて感じましたね。
コメント

お食事処 魚啓 (御殿場)

2009年10月12日 | 食べ歩き (その他)
河口湖の友人宅に行く道すがら、御殿場のお食事処「魚啓」でお昼をいただきました。

御殿場近辺で何か美味しいものはないかとWebをブラウジングしていたところ、たまたま見つけた店です。

御殿場のICから裾野市の方に向かってクルマを30分弱ほど走らせた不便なところにあるのですが、魚屋さんが経営している食堂とあって、沼津の魚河岸の新鮮な魚料理が東京では信じられないほどのお値打ちな値段で料金で楽しめるとのこと。
すべてのメニューがボリュームたっぷりで、しかも美味しいとなれば、チャレンジしてみないわけにはいきません。

いただいたのは名物料理の海鮮丼。写真だと迫力がいまひとつ伝わらないのですが、巨大などんぶりにあふれんばかりの新鮮な海鮮が盛り付けられ、何種類あるか数えられないほどです。
味噌汁の椀もどんぶりと同じくらいの大きさで、身がプリプリとしたアサリが10数個も入っていました。

最後まで食べきるのに苦労するほどでしたが、その満足感はとうてい言葉では言い表せないほどです。
これでたったの1,680円。御殿場のアウトレットに行った帰りに、是非再訪したいですね。
コメント (2)

らーめん たくみ (麻布十番)

2009年10月11日 | 食べ歩き (その他)
久々に麻布十番の洋食屋「ミスターガーリック」に行ったところ、まったく違う店になっていました。

詳しい事情はわかりませんが、手ごろな値段でまっとうな洋食を楽しめた名店だけにとても残念です。

失意のもとで他の店を探そうとしたら、同じビルの1階にラーメン屋が営業していたので入ってみることにしました。
「らーめん たくみ」という店で、ずいぶんと昔から営業していたそうなのですが、開店時間が20:00から翌朝の6:00と「飲んだ後ラーメン」の典型のような店なので気づかなかったようです。

いただいたのは基本の醤油らーめん、600円です。具なしのらーめんを500円で供しているところをみると、飲んだ後のニーズをたくみに捉え、ラーメンそのものの品質に自信があるあらわれでしょうか。

運ばれたラーメンを見るとうっすらと背脂らしきものが浮いているのですが、全体にあっさりとした、屋台のラーメンを上品に仕上げたようなスープでした。
作っているところをみると2種類のスープをブレンドしていたので、豚骨系と鰹節系のものをブレンドしているのでしょうか。

麺はスープがよく絡む細いもの、全体にさっぱりとしていて旨みがあるので、不覚にもスープまで飲み干してしまいそうでした。

ミスターガーリックの閉店は残念ですが、意外な穴場を見つけることができたので、よしといたしましょうか。
コメント (2)   トラックバック (1)

ゆらりダイニング Ryuku/リューク (高輪)

2009年10月10日 | 食べ歩き (その他)
魚籃坂下にある「ゆらりダイニング Ryuku」でお昼をいただきました。

MAISON KAYSER/メゾンカイザー」高輪本店の左隣の以前はカフェがあったところで、「沖縄そば」と書かれたのぼりが立っているので、いつも気になっていました。

いただいたのはソーキそば、ぶたのあばら肉が入ったものです。
少し歯ごたえのあるそばと和風のだしが、とても美味しかったですね。

この店に限ったことではないのですが、沖縄料理の店は不思議とゆったりした空気が流れているような気がします。
オーナーに共通する個性ゆえなのでしょうか。

いずれにしても、しばし仕事を忘れてリラックスするには、とてもよい場所のような気がしますね。
コメント (2)

餃子専門 いっぴん (荒木町)

2009年10月09日 | 食べ歩き (四谷・荒木町)
荒木町の杉大門通りの中ほどに8月に開店した「餃子専門 いっぴん」に行ってみました。

カウンター中心で奥のテーブル合わせても17席と、比較的小さな店です。

看板メニューの餃子には、ベースとなるいっぴん餃子に加え、シソ餃子、海老餃子、チーズ餃子などのバリエーションがありました。
シソ餃子が気になるところだったのですが、まずは基本のいっぴん餃子の中を注文。18個で900円でした。
ちなみに並だと12個で600円、大だと24個で1,200円とすべて6個で300円換算です。

パリパリひとくち餃子ということなので、博多の鉄鍋餃子のようなタイプのものを想像していたのですが、運ばれた餃子は大阪北新地の「ひとくち餃子 点天」と瓜二つのものでした。
違いといえば、やや焼きすぎの感があってパリパリというよりバリバリだったことでしょうか。

何だか本物の「大阪ひとくち餃子 点天」が恋しくなってきました。
コメント

TUMI TSA Accepted Combination Lock

2009年10月08日 | 散財日記
愛用のTUMIのキャスター付きピギーバッグのコンビネーションロックが壊れてしまいました。

修理して使うようなものでもないので、部品として新しい鍵を購入することにしましたが、最新のものは同じ数字合わせのコンビネーションロックとはいえ、ずいぶんと洗練されたものに様変わりしていました。
それももっともなことで、このバッグを購入したのは6年も前のこと。月日が経つのは早いものです。

最新の鍵は、昨今の情勢を反映してか、アメリカ国土安全保障省の運輸保安庁 (Transportation Security Administration) より認定を受けたもの。
デザインも未来的で洗練されており、色も同じ黒ですがつや消しのALPHA BLACKです。

TUMIのバッグは基本のラインナップはデザインに古さを感じさせませんし、部品は古いモデルにも使えるのがうれしいところです。

今回はオンラインショップを利用したのですが、送料を含めても定価より3割以上も安く買えました。
以前、ポートランドでTUMIを購入したときは、定価でも日本の価格より4割も安かった記憶があります。インポーターの戦略はわかるのですが、逆に並行輸入業者を儲けさせることにつながって、本末転倒にならないかと心配ですね。
コメント (1)