牛込生活

荒木町・神楽坂の旨いもの食べ歩き。日々雑感。散財の記録と反省。というより、鈴木康太郎の備忘録代わりです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

PRONTO/プロント新宿小田急エース店 (新宿)

2007年05月31日 | 食べ歩き (新宿・大久保)
打合せの後は、公衆無線LANサービスの「HOTSPOT」に飛び込んで、メールで指示出しすることが多いのですが、新宿南口界隈には落ち着いて仕事ができるHOTSPOTが少なく、主にサザンテラスのFedEx Kinko'sを利用していました。

他に手ごろなサービスエリアがないものかと改めてiMODEで探したところ、西口地下街の新宿小田急エースにある「PRONTO/プロント」がサービスを提供していることを発見。早速、入ってみました。

HOTSPOTもカフェドクリエやモスバーガーだけでなく、最近はタリーズやプロントとの提携を深めたのでありがたいことです。

そのプロントですが、私が入店した17:30に、タイミングよくカフェタイムからバータイムに転換しました。ということで、おもわず「ザ・プレミアム・モルツ」の中ジョッキを注文。

大好きなプレモルが、得意先との打合せで毛羽立った心を鎮めてくれたことは、言うまでもありません。
コメント (2)

ぶらじる (浜松町)

2007年05月30日 | 食べ歩き (その他)
芝大門の交差点から金杉橋の方に向かっていたところ、愛嬌のある豚のイラストをあしらった「CUTLET RESTAURANT ぶらじる」という看板に目が留まったので、入ってみました。

何の由縁で「ぶらじる」なのかはわかりませんが、表にあるショーケースをみると、とんかつやしょうが焼き、から揚げなどボリュームのありそうなサンプルが並んでいました。
看板や店の様子から、庶民的な味を手軽に楽しめそうな、学生街やサラリーマンの多い街によくある店の雰囲気が漂っています。

その中から日替りサービス定食を注文。ひれかつと若どりから揚げのセットで750円です。
日替わりという割には10分近く待たされたので、恐らく揚げたてなのでしょう。何となく得したな、という気分で早速食べてみると少々びっくり。
ひれかつは揚げすぎで衣ががちがちになっており、若どりのから揚げも口の中を切りそうなほどバリバリでした。

素人でも温度調節できるフライヤーとタイマーさえあればもう少しまともなものになるだろうというできあがりに、ちょっぴり残念でした。
これを思えば早稲田界隈の店も、まともに感じましたね。
コメント (3)

支那そば 温洲軒 (荒木町)

2007年05月29日 | 食べ歩き (四谷・荒木町)
連休明けの5月8日に荒木町に開店した「支那そば 温洲軒」に行ってみました。

外苑東通り沿いで杉大門通りの入口あたりにあります。「らぁめん 赤道」の右隣で、道路の反対側から見ると、横断歩道を中心に建物がほぼシンメトリーになっていることがわかります。
それゆえ、店内が超狭小なのもらぁめん 赤道と同じで、カウンターが5席程度のコンパクトさです。

もともとは移転する前の文化放送のはす向かいの若葉にあった店で、550円の支那そばが中心。素朴で懐かしい味のスープ、シンプルな具材、かんすいが多めの黄色いコシのある細めの麺など、こころ落ち着く一杯でしたね。
コメント (4)

うなたま丼

2007年05月28日 | 趣味の手料理
「今夜のおかずを考えるのがめんどうなのでうなぎにでもするか」と考えながら近所のよしやに行ったところ、私の気持ちが通じたのかどうかはわかりませんが、蒲焼きが3串で980円で売っていました。

我が家で食べるうなぎのメニューだと、うなぎの混ぜずしうなぎと豆腐のいため煮がありますが、やはり一番、登場回数が多いのはうなたま丼です。

今回は、ほうれん草のおひたしと豆腐のすまし汁をあわせてみました。

材料を切り始めてから15分くらいで仕上がる手軽さなのですが、満足感の高いメニューでしたね。
コメント (2)

Fragrant Hainanese Chicken Rice Paste/PRIMA TASTE

2007年05月27日 | 趣味の手料理
シンガポールに出張した友人から、本を貸したお礼にと、現地の食品メーカーPRIMA TASTEの「海南鶏飯醤料/Fragrant Hainanese Chicken Rice Paste」をいただきました。

シンガポールの代表料理である海南チキンライスの素です。

ご飯に混ぜて炊飯器で炊くだけででき上がるのですが、それだけではつまらないので本物のチキンを添え、海南チキンライスを楽しんでみました。

鶏もも肉に塩としょうがで下味をつけた後、時間をかけて煮込んだだけなのですが、それなりに本物っぽく仕上がりました。
インディカ米(長米)で炊けばもっと本格的になったような気がしますが、それでも十二分に雰囲気を楽しむことができました。
炊き上がる直前の湯気からアジアンフード特有の香りがして、思わずプレモルを飲みたくなるほどでした。

上質なチキンスープがたくさんできたので、つけダレとスープにアレンジできました。特にスープは塩こしょうで味をととのえて、角切りのトマトを入れただけなのですが、とても美味しかったです。インスタントがベースとはいえ、ひと手間かければご馳走ができますね。

シンガポールには行ったことがないのですが、この海南チキンライスをきっかけに、以前より関心を持つようになりそうな気がします。
コメント (4)

東京らっきょブラザーズ (馬場下町)

2007年05月26日 | 食べ歩き (早稲田・高田馬場)
地下鉄早稲田駅前の交差点近くにあった札幌スープカレーの店「Vege~Ya/ベジーヤ」が、連休明けの頃、いつの間にか「東京らっきょブラザーズ」なる店に変わっていました。

同じ札幌スープカレーの店で、ほぼ居抜きで入ったようですが「Vege~Ya/ベジーヤ」との資本関係はなさそうです。

メニューも以前の店とほぼ同じですが、ハウス食品と「スープカレーの匠」というレトルトカレーを共同開発する位ですので、地元札幌ではそれなりの人気店なのでしょう。

いただいたのは、ブラザーズの野菜スープカレー。鶏ガラ、トンコツ、牛骨をベースにしたスープにトマトを加えたというスープカレーは、あっさりとしながらもスパイシーでコクがあり、風味豊かでとても美味しかったです。

東京店限定で月替わりのパイ包みカレーがあるようなので、是非、チャレンジしてみたいですね。
コメント (2)

LOHOTOI/ロウホウトイ (白金)

2007年05月25日 | 食べ歩き (その他)
白金と恵比寿との中間、恵比寿3丁目交差点近くにある「LOHOTOI/ロウホウトイ」で昼食をとりました。

予約がなかなか取れないことで有名な東京白金「中国料理ロンフウフォン」の姉妹店です。店名の「ロウホウトイ (老饕檯) 」とは食いしん坊のテーブルという意味。夜には何度か来たことがあるのですが、ランチは初めてでした。

ランチのメニューは、麺類が2~3種類に炒飯や丼もの点心類で、どれも800円から1200円です。頼んだのは、釜焼き叉焼とカリカリ豚のせご飯。
目の前に運ばれたときは肉が少ないのではと思ったのですが、ひと口食べて納得。
ご飯の上に載せられた3種類の肉はどれも至福の美味しさで、濃い目のつけダレに少しつけて食べると、ご飯が足りなくなるほどスプーンに加速度がつきました。

ランチタイムが充実すると、ストレスが何事もなかったように消え去る気がします。
コメント (2)

NIKE AIR MOC/ナイキ エアモック

2007年05月24日 | 散財日記
一部のマニアにはひそかな人気の「NIKE AIR MOC/ナイキ エアモック」1999年製デッドストックが安かったので、思わず買ってしまいました。

始めてAIR MOCを履いたのが、記憶によれば1996年ですから、もう10年以上同じモデルの靴ばかり愛用しています。

今回買ったのはカーキがかった茶のアッパーに黒のソール、素材はヌバックレザーです。

これでわが家にあるAIR MOCのストックが4足目になってしまいました。
履くのはいつになるのでしょうか。
コメント

とみや (広尾)

2007年05月23日 | 食べ歩き (その他)
広尾にある「とみや」に行きました。

地下鉄の広尾駅から商店街に入ってすぐのところ広尾プラザ明治屋のすぐ裏のビルの地下にある関西風お好み焼き&鉄板焼きの店です。

オープンキッチンを囲む大きなカウンターが中心の店で、お好み焼き屋というよりは日本料理屋のような雰囲気。シェフが鉄板で調理するのを見ながら静かに会話を楽しむ感じの店です。

塩豚やきそばとミックス天、野の幸盛り合わせの鉄板焼きをいただいたのですが、どれもお上品でした。

野の幸盛り合わせはれんこんと長芋とアスパラを鉄板で焼いただけなのですが、変に手をかけていない分、素材の味が活かされ、とても美味しかったです。
少し厚めに焼いたれんこんの食感が印象的でした。

切り方ひとつで食材の印象が変わるので、何か自分の料理にも取り入れてみたいですね。
コメント (3)

MBT - Masai Barefoot Technology

2007年05月22日 | 散財日記
以前から気になっていた「MBT 」というウォーキングシューズを試してみました。

腰痛に悩んでいたスイスのエンジニアが発明した靴で、草原や森の中の柔らかな地面を歩くのと同じ効果が得られる構造になっています。MBTとは「Masai Barefoot Technology」の略で、ケニアの草原で現在も素足の生活をしているマサイ族の名を冠したものです。

厚めでクッションの効いたソールは弓のように湾曲しており、普通に立っているだけで体が自然にバランスをとろうとして姿勢が良くなります。
意識しなくてもかかとから着地してつま先で地面を蹴り上げるように歩け、しばらく歩くうちにふくらはぎと腿の裏側に心地いい疲労感を感じました。

いくつかラインアップがあるのですが、選んだのは「Night」というタイプ。スーツにも合わせるため「Business」と迷ったのですが、「Night」の方が幅が広く、つま先に余裕があるので、よりリラックスして歩けるような気がしました。

さすがに得意先との商談に履いていくのには躊躇しますが、スーツにもカジュアルにも合わせられそうなので、時間をかけて歩くことが運動不足解消の私にとっては、ぴったりのトレーニングギアになりそうです。
コメント (2)

れんこんのきんぴら

2007年05月21日 | 趣味の手料理
れんこんが安かったので、きんぴらを作ってみました。

スライスしてあく抜きをしたれんこんとにんじん、こんにゃくを使ったのですが、しょう油、みりん、砂糖に加えてだし汁を使って煮込みました。

分量がよくわからなかったので、味をみながら砂糖と酒を加え、照りを出すように仕上げました。

シャキシャキとしたれんこんの食感と七味唐辛子の刺激がとても心地よく美味しかったですね。
コメント (2)

酒食三昧 紅梅 (西早稲田)

2007年05月20日 | 食べ歩き (早稲田・高田馬場)
西早稲田の「酒食三昧 紅梅」で昼食を取りました。

早稲田通り沿いで、「ラーメンジャンボ」よりやや穴八幡寄り。早稲田奉仕園に続く路地との角にあるこじんまりとした店です。

メニューを見るのも面倒だったので日替り定食を注文。内容を確認しなかったのですが、とんかつでした。
ご飯はやや小ぶりなものの、大きめのとんかつに讃岐うどん、小鉢がついて850円は、さすが早稲田ならではでしょう。

デザートにヤクルトがついていたのですが、そんな心遣いがこころを和ませてくれます。
コメント (2)

和定食 麦めし いとう (若松河田)

2007年05月19日 | 食べ歩き (牛込界隈)
東京女子医大の近くにある「和定食 麦めし いとう」に行きました。

河田町の交差点から女子医大に向かい、病院の建物の手前にあるミキ薬局の路地を左に入ったところにあります。

定番のおばんざいを手ごろな値段で食べさせてくれる家庭的な店で、看板料理の麦とろ定食やさばの塩焼き定食が小鉢がたくさんついて750円と、どのメニューもとてもリーズナブルです。

いただいたのは650円の肉じゃが冷奴定食。少し甘めに煮込んだじゃがいもがホクホクとしてとても美味しく、見も心もほっとするひとときでした。
コメント (6)

WILLCOM AX530IN

2007年05月18日 | 散財日記
外出先での通信用に使っているカード型PHSを機種交換しました。

外出先では公衆無線LANを使うことが多いのですが、NTTコミュニケーションズの「HOTSPOT」が近くに見つからないときや、電車やタクシーで移動中に作業するときにはPHSは必需品です。

新たに導入したのは、WILLCOMの最新機種「AX530IN」。
理論上の通信速度は最大512kbpsで、今まで使っていた「AX520N」の1.25倍速くなりました。

たった1.25倍とはいえ、2MB以上ある重いファイルをアップロードするときなど、遅いものの、以前のようにブラウザがフリーズすることもなくなりました。

たた、きょう体が大きすぎて、ノートブックのカードスロットに差し込んだときに4cm位はみ出すのはいかがなものかと思うのですが。

速さとのトレードオフなので仕方がないのかもしれませんね。
コメント (3)

ビートウォッシュ BW-D8GV

2007年05月17日 | 散財日記
13年ぶりに洗濯機を買い換えました。

もっと早く買い替えてもよかったのですが、日立製作所の白物家電は13年の酷使を経てもまったく壊れる気配はしなかったし、乾燥機は別に持っていたのでついつい買い換えそびれていました。

ただ、洗濯槽にこびりついた積年の汚れはいかんともし難かったので、買い替えに至ったわけです。

防水パンと置き場所の関係で候補は限られていたのですが、ビックカメラの店員の薦めもあって、結局、同じ日立製作所の洗濯乾燥機「ビートウォッシュ BW-D8GV」にしました。

以前のものと大きさはほぼ同じですが、洗える量は倍、消費電力は同じでした。
13年間の技術の進歩を感じたのは、機能があまりにも増えたこと。
携帯電話の着信音のような警告音、たくさんあって使いこなせそうもないボタンとディスプレイ。オーディオやパソコン、クルマ関係だったらマニュアルを見なくてもおおよそ使いこなせるのですが、思わず自分がフリーズしてしまいそうな多機能ぶりです。

とはいえ、普通の洗濯は何となくできてしまうのが、この手の家電の優れたところですね。
コメント   トラックバック (1)