さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

フラッシュバック:現在進行中のコロナウイルスのパンデミックを助長しているのは、5Gだけでなく、電磁波病の流行もある by State of the Nation その3

2020-08-10 00:31:06 | 5G・電磁波兵器
その2より続く(最終です)





7. いわゆる「フルー」とマイクロウェーブ病は多くの同じ症状を共有する

「(現在は撤去されているが、自宅に無線ソーラーシステムを設置し、同時に「オプトアウト」のデジタルスマートメーターを設置したおかげで、)マイクロ波病の症状を直接経験した者として、私は上記の症状が急速に猛烈に現れ、人は自分に何が起こったかに気づかないうちに死に近づいてしまうことを裏付けすることができます。

ソーラーwifiモジュールとデジタル「オプトアウト」スマートメーターを我が家に設置してから1年以内に、家族の一人は重度の皮膚の発疹、脱毛、慢性的な口内炎を発症し、2度も呼吸不全に陥りました。

もう一人別の家族のメンバーは、急速に発症した記憶喪失、バランスの問題、慢性的な足と筋肉の痙攣、味と匂いの損失を含む嗅覚の変化、および甲状腺癌に苦しめられました。 私自身、「耳鳴り」、不眠症、心臓機能の異常、慢性的なめまいと吐き気、視力の問題、聴力の問題、一時的な嗅覚と味覚の喪失、激しい頭痛、頭の鋭い痛みと圧迫感、関節と筋肉の痛み、筋肉の痙攣、死が近いと感じるほどの極度の脱力感と疲労感、そして繰り返される激しい「フルー」の発作に悩まされていました。


ソース
https://www.birthofanewearth.com/1/paperback-release-the-dark-side-of-prenatal-ultrasound/


集合住宅ならこんなかんじですか



中国の疫病に関する私のシリーズ(アーカイブはこちら)の中で、「コロナウイルス」の重要な指標である肺炎は、他の多くの要因によって引き起こされる可能性があることを指摘してきた・・・そして、中国当局はもはやコロナウイルスの直接検査を要求していない。その代わりに、胸部のCTスキャンが採用されている。これらの検査で肺炎の兆候が見られた場合、「コロナウイルス疫病」というレッテルを貼られてしまうのである。

私はまた、歴史的に中国では肺炎が大きな病気であることも指摘してきた。「新型ヒトコロナウイルスの出現」よりもずっと前から、中国では年間約30万人が肺炎で亡くなっている。2020年にこの病気で亡くなる人々は、「致命的な伝染病」と偽って呼ばれるようになった。なんて便利なんだ。

まあ、アメリカの疾病管理センター(CDC)は、長い間、独自の肺炎詐欺を行ってきたことが判明した。

数年前、私がインフルエンザについて書いていた時、ピーター・ドシ[Peter Doshi]とマーティン・マロニー[Martin Maloney]からメールが届いた。彼らはCDCが作成した米国でのインフルエンザによる死亡者数の詳細なチャートのデータを私に教えてくれた。そして、彼らは嘘を指摘した。ドシは、雑誌BMJオンライン(2005年12月号)に分析を書いた。以下は彼の報告書からの重要な引用である:

「CDCの統計によると、2001年には「インフルエンザと肺炎」で62,034人の命が奪われ、そのうち61,777人は肺炎によるもので、257人はインフルエンザによるもので、インフルエンザウイルスが陽性に同定されたのはわずか18例であった。」

この文章をしばらく噛みしめてみてはいかがでしょうか。

おわかりのように、CDCは1つの総合的なカテゴリを作成した。それは、インフルエンザと肺炎の両方の死亡を組み合わせている。彼らはこのカテゴリを「フルー」と呼んでいる。なぜ彼らはこんなことをするのか?なぜ彼らは肺炎による死亡はインフルエンザに由来する合併症であると偽って主張するのか?インフルエンザの危険性を医師と国民に売り込みたいからです。」- ジョン・ラポポート

ソース
https://needtoknow.news/2020/02/china-coronavirus-hype-straight-out-of-the-cdc-flu-playbook/


8. 彼の本、『見えざる虹[The INVISIBLE RAINBOW]』の中で、アーサー・ファーステンバーグ[ARTHUR FIRSTENBERG]は、フルーが全くのウイルス性の病気ではなく、むしろ電気的に誘導された病気であると主張している!



インフルエンザの移動速度と、そのランダムで同時多発的な広がり方は、何世紀にもわたって科学者を当惑させてきたが、広範囲に研究されているウイルスの存在が知られているにもかかわらず、大気中の電気が原因であると疑い続ける人がいる最も説得力のある理由となっている。ここでは、古今東西の意見の一部をご紹介。

おそらく、インフルエンザのように短期間でこれほど多くの人に影響を与える病気は、これまでになかったのではないだろうか。感染が広がると推定され得るよりもはるかに早く、数日のうちにほとんどの市区町村全体が影響を受けることになる。メルカトゥス[Mercatus]によると 1557年にスペインで流行した時 大部分の民が一日で捕まった。グラス博士によると、1729年にエクセターで流行したとき、一晩で2,000人が襲われたという。-シャドラック・リケッソン[Shadrach Ricketson], M.D. (1808), A Brief History of the Influenza.

「単純な事実は、この伝染病が一週間の間に地域全体に影響を及ぼすということであり、いや、北アメリカほどの大きさの大陸全体、西インド諸島も含めて、数週間の間に、これほど広大な国の住人が、これほど短い時間の経過の間には、何らのコミュニケーションや交流を持つことができなかったということである。この事実だけで、ある個人から別の個人への伝染によって伝播するという考えは、問題外とするには十分である。-アレクサンダー・ジョーンズ[Alexander Jones]医学博士(1827)、フィラデルフィア医学物理科学雑誌。

「コレラとは異なり、人と人との交わりの速さを凌駕している。」 -セオフィラス・トンプソン[Theophilus Thompson], M.D.(1852), Annals of Influenza or Epidemic Catarrhal Fever in Great Britain from 1510 to 1837.

「感染だけでは、広く離れた国で同時に、また、感染した場所や人との通信が問題外であった海上で、この病気が船の乗組員を攻撃することが知られている奇妙な方法での、この病気の突然の発生を説明するには不十分である。」-サー・モレル・マッケンジー[Sir Morrel Mackenzie]医学博士(1893年)、Fortnightly Review

「通常、インフルエンザは人間と同じ速度で移動するが、時として、それは明らかに地球上の広く分離された部分で同時に勃発する。」-ホルヘン・ビルケランド[Jorgeen Birkeland](1949)『微生物学と人間』。

ソース
http://www.thetruthseeker.co.uk/?p=205353


1918年の「スペイン風邪」の原因は何か?

ウイルスの大流行に関する恐怖が世界を席巻したのは、これが初めてではない。我々は以前、豚インフルエンザ、鳥インフルエンザ、SARS、MERS、西ナイルウイルス、ジカウイルス、エボラが何百万人もの人々を殺そうとしていたという予測を聞いたことがある。特筆すべきは、これらの恐怖はすべて、インターネットがコミュニケーションの主要な手段として人と人との接触に取って代わり、画面上の言葉や写真が現実に取って代わった後に起こったということである。今日では、人々は自分の周りで何が起こっているかに気づくよりも、世界をシャットダウンすることを厭わないほどになっている。すべてのヒステリーの背後にあるのは、1918年から1921年の「スペイン風邪」という大惨事が繰り返されるのではないかという恐れである。結局、1918年のインフルエンザは世界人口の3分の1を病み、推定5000万人の死者を出した。

しかし、1918年のインフルエンザについては、広く知られていない重要な事実がいくつかある。

・1918年のインフルエンザはウイルスによって引き起こされたものではなかった。
・1918年のインフルエンザは伝染性ではなく、人から人への直接の接触によって広まることもなかった。
1918年のインフルエンザは、兵士たちが無線通信の訓練を受けている米軍基地で始まった。そして、最先端の無線基地を備えた米海軍の1万隻の艦船で世界中に広がった。1918年9月、世界のほとんどの地域で受信できるほど強力な初の24時間体制の音声無線局がニュージャージー州ニューブランズウィックでアメリカの戦争活動のために放送を開始し、無線通信の近代的な時代が始まった。

1918年のインフルエンザの伝染性を証明するために、米国公衆衛生局のために働いていた医師たちの努力は英雄的なものだったが、結果は反響を呼び、何度も失敗を繰り返した。1918年11月と12月、1919年2月と3月には、健康なボランティア100人を対象に、以下の方法でインフルエンザを感染させようとした:

• 入院中のインフルエンザ患者の口、鼻、のど、気管支からの分泌物をボランティアの鼻、のど、目に入れた。
• 病気の患者の血液をボランティアに注入した。
• 病気の患者さんの粘液をろ過し、皮膚の下に注入した。
• ボランティアに病気の患者と握手をさせ、顔を近づけて話をさせ、5分間話しかけ、次に、患者に、2インチ離れたボランティアが息を吸っている間に、できるだけ強く息を吐かせ、次に、患者に、ボランティアの顔に直接咳を5回させた。

これらの実験のいずれにおいても、ボランティアの誰も、いかなる様式でも病気にならなかった。

 
インフルエンザにかかった馬の分泌物で健康な馬を感染させようとした同様の試みは、同じように反響の大きい失敗に終わった。

これらの実験や、1918年のインフルエンザやインフルエンザ全般についての他の事実は、私の著書『見えない虹:電気と生活の歴史』(AGB Press 2017、Chelsea Green 2020)の第7章、第8章、第9章で徹底的に議論され、文書化されている。

歴史的に見ても、インフルエンザは何の前触れもなく、予定もなく襲い掛かってきて、到着した時と同じように突然不思議な形で消えてしまい、何年も何十年も二度と姿を見せなくなる予測不可能な病気であった。1889年に現れた電灯や電力用の交流電力が世界的に配備される以前は、毎年の病気としてこの地球上には存在していなかった。1889年にインフルエンザに殺到された医師の多くは、それまで一度も症例を見たことがなかった。しかし、それ以来、インフルエンザはそれ以来、地球上のどこであれ、存在しないことがなくなった。

人々が手放すことが最も難しいのは、我々の社会に深く根付いている「病気はバクテリアやウイルスと同じだ」という考え方である。このような世界に対する考え方、世界を共同体ではなく戦いの場であるとして見ることは間違っている。そう、インフルエンザに関連した呼吸器系のウイルスは存在する。いいえ、ウイルスがその病気を引き起こしているわけではない。インフルエンザは、呼吸器症状の有無に関わらず、ほぼ全ての臓器に影響を及ぼす神経疾患である。それは、電気によって引き起こされている。- アーサー・ファーステンバーグ

(訳注:電気によって、免疫力が弱められ、また各種の生体組織も損傷を受け続けて、と考えるのがよいでしょうね。もちろん米兵に打たれていた各種病原体入りのワクチンについても触れなければなりません。すべてを電気だけで説明すると、それはまた別の嘘になるでしょう。)


9. ウイルスの話題に関する私の研究のすべては、それが免疫系の自然な部分であり、有害ではないことを示しています! それらは毒素を分解するのを助ける化学物質あるいは溶媒の何らかのタイプを放出し、身体がその毒素を除去することを容易にする。

ウイルスはDNAやRNAの断片で、他にもいくつかのタンパク質があります・・・それらは細胞が毒に侵された時に起こる 。何かの原因ではない・・・あなたの細胞が毒に侵されると 破片を排泄することで 自分自身を浄化しようとする、それを我々は、ウイルスと呼ぶ・・・

それで、1918年に何が起きたのでしょうか?巨大なパンデミックがありました - そして過去150年間のパンデミックの度に 地球の電化には飛躍的な飛躍がありました 1918年には 1917年の晩秋には 世界中に電波が導入されました

あなたが新しい電磁場に任意の生物学的システムを曝すたびに、あなたはそれを毒し、あなたはいくつかを殺し、残りの部分は、仮死状態のアニメーションのようなものになるので、興味深いことに、彼らは少し長く生きています-そしてより病気。

そして、次のパンデミックが、第二次世界大戦で始まります。

地球上にレーダー機器が導入されたことで、地球全体がレーダーフィールドで覆われ、人類がそれに近づいたのは初めてのことでした。


1968年には香港インフルがありましたが、そして、地球が、太陽と地球からの宇宙場と月や木星などから宇宙場を本質的に統合し、それを統合して、本質的に地球の生物に分配しているヴァンアレン帯の中に保護用の層をもつのは初めてのことでした。 

我々はヴァン・アレン帯に、放射性の衛星を設置した。半年以内に ウイルス性パンデミックを有した。なぜウイルス性?人々が毒に侵されているからだ。それらは毒素を排泄する。それらは、ウイルスのように見える。人々はそれがインフルエンザの流行だと思っている・・・

最後に、私が指摘しておきたいのは、この半年間に地球の電化で劇的で量子的な飛躍がありました。皆さんもご存知だと思いますが、それは「5G」と呼ばれています。現在、2万個の放射線を発する衛星があります。あなたのポケットの中や手首にある放射線を発するものと同じです。

それは健康とは相容れない。-トーマス・コーワン 医学博士

ソース
https://www.youtube.com/watch?v=zFN5LUaqxOA&feature=emb_title
https://www.bitchute.com/video/mWcUoESRO0c5/


「あなたの体は、実際に自浄作用の一環として、これらの粒子(すなわちウイルス)を作り出しているという、非常に説得力のある証拠があります。 つまり、外から攻撃して細胞からDNAを奪い、細胞を破壊するウイルスではないのです。 いいえ、あなたの体はこれらの粒子を作ります・・・隣の細胞を病気にする前に、傷ついた細胞を分解するために・・・つまり、私たちが病気になるウイルスと言われてきたものは、実際にはあなたの体があなたを健康にするために作る粒子なのです。」

ソ-ス
https://www.youtube.com/watch?v=73J17PVw_-8


様々なウイルスがこれまでに単離され、存在が証明され、病気を引き起こしていることが証明されたことがあるかどうかについては、非常に深刻な疑問があります。独立した研究者を含む研究者の間で、オープンで、長く、進行中の、公表された議論が行われる必要があります。」

ソース
https://blog.nomorefakenews.com/2020/02/04/the-chinese-virus-hiv-and-a-stranger-on-a-train/

「この線に沿ってもっと議論することがあります・・・それは質問をすることを含んでいます。「研究者は実際にどのようにして新しいウイルスを分離し、それを特定するのか?」「特定の細菌が特定の病気を引き起こすことを証明するための正しい基準は何か?」これらの質問をし、その答えを追求するとき、あなたは自分自身が沼の中に腰まで浸かっていることに気づくでしょう。あなたの周りに浮かんでいるゴミは手ごわいものです。」-ジョン・ラッポポート

ソース
https://canadafreepress.com/article/new-china-virus-swine-flu-hoax-history-matters


ウイルスは基本的には遺伝情報の断片であり、常に私たちの体内で生産されていると言ってもいいと思います。細胞間での遺伝情報の伝達など、様々な理由で配備されています。

• ジャニーン・ロバーツ著「見えないものの恐怖」

• 多くの場合、ストレスやマイクロ波、化学物質などに反応して産生されます。
• ウイルスは体内の正常な細胞の数十億分の一の大きさです そしてそれは「生きている」わけではありません 繁殖や何かをするための代謝を持っていません。
• ウイルスの「突然変異」という考え方は正確ではありません。ウイルスは常に変化しているのです。なぜなら、異なる課題や状況に対応して、私たちによって生産されているからです。
―パトリック・G


ジョー・インブリアーノは、ウイルスは身体の清掃クルーであるという考えを持っています。彼は、 それらが単にいつもそこに見いだされるという理由だけでウイルスを非難するのは、交通事故の救助隊を非難するようなものだと言います。


「ドイツ人は発表する準備をしていました-そして、彼らは証明寸前でした-ウイルスは誤った表現をされていましたが、実際には電磁的な性質を持っている・・・ウイルスは電磁的な吸血鬼と言った方が良いかもしれません。」-ジェームズ・リー

ソース
https://www.youtube.com/watch?v=oG9qx7uPYJ0


1933年から現在に至るまで、ウイルス学者はインフルエンザが人と人との正常な接触によって感染することを証明する実験的研究を発表することができませんでした。その試みはすべて失敗に終わっています。-アーサー・ファーステンバーグ 


そう、衝撃的なことに、いわゆる(訳注:米国での)エイズウイルスも大きなデマなのです。エイズはもちろん実在しますが、特定のウイルスが原因ではありません。むしろ、エイズの原因は、乱暴なセックスを強化するためのレクリエーション・ドラッグ、多すぎる抗生物質やその他の合法的なドラッグ、特に多くのパートナーとの長期にわたる男色者/乱暴なセックスによる性病、そして一般的な貧しい食生活による免疫システムの極端な弱体化にあるのです。そして、エイズウイルスに感染していると思われる人を治療するための薬もかなり致命的で、特に何年も前にエイズを治療するために使われていたAZTのような化学療法薬もそうです。-J.シュミット[JSchmitt] (訳注:ワクチン中のナガラーゼ、除草剤、界面活性剤、各種のガンウイルスなどについても言及が必要ですね)


米国だけでHIVを伴わないエイズの症例が何千件も[ある]。ピーター・デウスバーグは文献に記録された4,621例を発見し、そのうち1,691例がこの国に存在している。-科学者チャールズ・トーマス[Charles Thomas]、カレン・ミュリス[Karen Mullis]、フィリップ・ジョンソン[Phillip Johnson] (訳注:これがファウチ・ロックフェラー陰謀団の欧米での仕事なわけですね。儲けながら、できれば死んでもらう)

HIV/AIDS仮説を裏付けるウイルス学的、疫学的な、証拠はない・・・そのウイルスは生化学的に不活性で無害だ。[AIDSの本当の原因は、]AZT、化学療法、放射線、放射線治療、ポッパーやMDMAなどのストリートドラッグ、免疫システムを破壊する抗生物質、アフリカで見られるような栄養失調や飢餓などである。「これらがエイズの原因であり、エイズは性感染ではなく、そしてHIVは存在しないのです。」- ピーター・デウスバーグ博士 (訳注:ここまで言うと、ロックフェラー・WHO陰謀団Bチームという気がしてくるわけです。アフリカ人やブラジル人に言えるのかな?)


しかし、世界的な犯罪や陰謀が存在するだけでなく、実際には歴史を形成する主要な原動力の一つであるという不幸な結論に達している人にとっては、HIVやエイズが存在しない可能性を考えると、恐ろしいほどショックではありませんし、すべての詐欺は、実際には詐欺的な薬を販売し、何百万人もの死の真の原因を隠すための世界的な策略であると考えてもいいでしょう。 -ルイ・ジェームズ

ソ-ス
http://www.examiner.com/article/hiv-aids-the-biggest-lie-the-cdc-ever-told


ジム・ストーンによる 鋭い観察です。

私の当初の評価では、コロナウイルスは基本的に無害なウイルスで、人々に鼻づまりを与えるものだと考えていました。今、クルーズ船は550人以上の感染者を出し、死亡者はゼロになったが、そのどれもが本物であったとは思えない・・・明日、日本はクルーズ船に乗っていた人を全員解放する。一人も死んでいないし、重い病気になった人もいない。どこかに動機のあるデマがある。-ジム・ストーン  (訳注:これはなかなか鋭い。ダイヤモンド・プリンセス号関連は、33祭りだったしネ)

ソース
http://82.221.129.208/.vr6.html


ウイルスとは何か、なぜウイルスを捕まえたり広めたりすることができないのかを説明した短い動画です。
https://www.brighteon.com/7134f098-46f8-4dd2-bf5a-653b251046f1


11. この疑惑のコロナウイルスのイメージは、SARS、MERSウイルスおよび他の連想される「COV」ウイルスを説明するために使用されたイメージと全く同じです。それは、ここでは何も新しいものはないということを示しています。

私は、電子顕微鏡からであると主張されたコロナウイルスの画像を見つけましたし、それらは同一であり、実際には、過去のSARSとMERSウイルス詐欺のために使用された同じ正確な画像です。それらは正確に同じ画像だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

Source: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/genomes/SARS/SARS.html
(訳注:世界各地にもとからあった一般コロナを追いかければ、いろいろなシーケンスが報告されてもなんら不思議ではない。武漢型が変異したと呆導で誤魔化しているが、武漢型をはじめとして、それらが、強毒性であるとはまったく示されていない。簡単に実行できる詐欺である。)

Source: https://newyork.cbslocal.com/2014/05/19/experts-mers-virus-still-poses-low-risk-to-general-public/
Source: https://en.wikipedia.org/wiki/Coronavirus
Source: https://ufospotlight.wordpress.com/2020/02/13/chinese-intelligence-officer-reveals-true-magnitude-of-chinas-coronavirus-crisis/
https://www.youtube.com/watch?v=S-CkBVqFjh0&feature=youtu.be


12. コロナウイルスのこの完全な恐怖は、詐欺であり、現在、私達を取り巻いているワイヤレスグリッドは、その真の目的が我々を破壊することである、よく設計された兵器システムの一部です!



「マイクロ波兵器は、末梢神経系を刺激することで、体を温め、てんかんのような発作を誘発したり、心停止を引き起こすことができます。低周波放射線は脳の電気的活動に影響を与え、インフルエンザのような症状や吐き気を引き起こす可能性がある。」

ソ-ス
https://ssi.armywarcollege.edu/pubs/parameters/articles/98spring/thomas.htm





「彼らは人を殺そうとしています・・・インフルエンザのような症状を与えて、肺に体液がたまり肺炎を引き起こします・・・その後、体は痙攣を起こし始め、動悸がします。そして、心臓はただただギブアウトしてしまうのです。」 (訳注:この辺は間違いない。心臓その他の神経はパルス波攻撃に弱いからである)

ソ-ス
https://youtu.be/9V1U_hnxEjo


13. この邪悪な武器の中心にある六芒星に注目して、これが偶然ではないことを知ってください。 イスラエルは、実際には、このような致命的な技術の創造の中心にある。

ソ-ス
https://www.youtube.com/watch?v=Y97afV9CNQI


14. このビデオは、私たちに解決策を示しています。 携帯電話の接続が最終的になくなったときに、人々は最終的に平和を経験することに注目。 また、海の上に浮かぶクルーズ船(捏造しても無駄だ!)、およびこのカップルがワイヤレスの世界に戻ってこないという事実にも注目!
https://www.youtube.com/watch?v=XToHkp3mVZ8&feature=youtu.be&t=109


結論

武漢で起きていることは、放射線被曝への反応である可能性が高い。 しかし、メディアや医療機関は、病気はウイルスのせいだと主張し、このウイルスは彼らの神経毒性のワクチンで予防できると主張して、このことについて嘘をついている。

ワクチンは絶対に受けてはいけない!

そうではなく、すべてのワイヤレスデバイスを処分して、それらを有線デバイスに置き換え、家のための遮蔽物を取得し遮蔽用の布を購入し、ワイヤレスおよび超音波放射から自分自身と家族を保護するためにできることをすべて行う。


より多くの人々がこのことを知れば知るほど、私たちはすぐにメディアや医療施設の嘘を暴くことができる。

医療機関はその策略を続けており、非常に毒性が強く[i] [ii]非常に危険で[iii] [iv]全く役に立たない[v] [vi]インフルエンザワクチンを宣伝しているが、ほとんどの人々が苦しんでいる病気はインフルエンザとは全く関係がなく、むしろマイクロ波放射中毒の症状であることに言及することをなぜか怠っている[vii]。


ソース
https://www.birthofanewearth.com/1/paperback-release-the-dark-side-of-prenatal-ultrasound/

[i] Gary Null PhD and Richard Gale, The Toxic Science of Flu Vaccines, GreenMedInfo.com, Nov 2, 2016.
http://www.greenmedinfo.com/blog/toxic-science-flu-vaccines

[ii] W. Myers, Flu Vaccines are Toxic, MyersDetox.com,
https://myersdetox.com/flu-vaccines-are-toxic/

[iii] Brian Shilhavy, Get Your Flu Shot? DOJ Report From Vaccine Court Reveals Flu Shot is Most Dangerous Vaccine in U.S., HealthImpactNews.com, Sep 7, 2018.
http://healthimpactnews.com/2018/get-your-flu-shot-doj-report-from-vaccine-court-reveals-flu-shot-is-most-dangerous-vaccine-in-u-s/

[iv] Paul Fassa, If You Know Anyone Considering a Flu Shot This Year, Show Them This, RealFarmacy.com.
https://realfarmacy.com/ditch-flu-shot-instead/

[v] C. Del Mar and P. Collingnon, The Flu Vaccine Is Up To 99 Per Cent Ineffective, LifeHacker.com, Jun 8. 2018.
https://www.lifehacker.com.au/2018/06/the-flu-vaccine-is-99-per-cent-ineffective/

[vi] Mike Stobbe, Flu vaccine ineffective for people 65 and older last winter, DenverPost.com, Jun 21, 2017
https://www.denverpost.com/2017/06/21/flu-vaccine-elderly-ineffective/

[vii] Arthur Firstenberg, Transcript ~ The Hidden Dangers Of Wireless & CellPhone Radiation ~ Audio Interview ~ Part 2,
https://multerland.files.wordpress.com/2019/01/2-the-hidden-dangers-of-wireless-and-cell-phone-radiation.pdf.
Video: 2/4 ~ The Hidden Dangers of Wireless & Cell Phone Radiation ~ Arthur Firstenberg ~ English subtitles, Multerland Youtube channel, Feb 3, 2019,
https://youtu.be/yqxQZZM1K7I
___
http://www.radiationdangers.com/5g/is-the-coronavirus-actually-microwave-illness/

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.


関連

5Gの危険:5Gワイヤレステクノロジーが人類にとって大惨事になるだろう13の理由 By Makia Freeman
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/30547fa9a3a07208d63cb4fe6cd9a0e4

マーティン・ポール博士:5Gの大規模な予測された影響
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/30d27d671a0a124553bf103de34e36e4

など





日本のスマートメーターの例
犯罪国家は、全力で推進中



スマートな電磁波で、赤血球は壊れかかり、凝集に向かっている



Wi-Fiは電気ガス水道に次ぐ第4のインフラ 国内普及率70%
https://www.news-postseven.com/archives/20200709_1575115.html?DETAIL

・・そんなWi-Fiはコロナ禍で自宅で過ごす時間が増えてより重要性を増している。関連機器を販売するバッファローの広報・浜岡航平氏も「自粛期間中に販売数は増加した」と話す。

「総務省の調査によるとインターネット利用率は昨今、増加傾向にあります。国民全体のネット利用率は89.8%、国内のWi-Fi普及率は70%程度とみています

++
このアホン記事は、導入を推奨している



私がほとんどカゼをひかないのは、こういったものを自宅に置いていないことも大きいと思います。ワクチンを打たれなければ長生きタイプでしょうね。彼らには嫌われるようですが

アホン国という名称は正しそうです。Wifi率は、着々とマスク率に近づいている

そして、次には、これを推奨してくるわけですが



もちろんこれを導入する人は急速に死んでいくと思います。おかしいなあ。何でだろうって?




25歳


30歳



で、がボーンズ・サイン




コメント   この記事についてブログを書く
« フラッシュバック:現在進行... | トップ | 今時流行のコロナ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

5G・電磁波兵器」カテゴリの最新記事