さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

マーティン・ポール博士:5Gの大規模な予測された影響

2020-05-04 20:39:56 | 5G・電磁波兵器
先の記事(論文)では5Gと「コロナ」との疫学的相関関係が示されたわけですが、そこではその機構については保留されていました。しかし本当はかなり解っています。

業界とそのスポンサーたちは聞く耳を持たなかったわけですが、その機構については、ずっと以前から、マーティン・ポール博士を嚆矢として、多くの生物系学者たちによって論じられてきたところです。

ここにご紹介するのは必読の記事です。5G推進者が、いかに馬鹿者であるか、あるいは悪意を持っているかがよくわかります。日本人は、情報遮断の中で、またもやばかげた道のりを歩まされようとしている。そこで、この記事をここに和訳します。今や、推進者はすでにして犯罪者といってよい存在だと理解されるでしょう。


マーティン・ポール名誉教授博士:5Gの大規模な予測された影響 Dec. 17, 2019
http://coeursdehs.fr/pr-martin-pall-massive-predicted-effects-of-5g-in-the-context-of-safety-guideline-failures/


Author:Martin L. Pall – Professor Emeritus of Biochemistry and Basic Medical Sciences, Washington State University

低強度EMF、特に脈動(パルス)に対する非常に高いレベルのVGCC感度

電位依存性カルシウムチャネル(VGCC)タンパク質分子 には、4つのドメイン構造が含まれており、各ドメインには、5つの正電荷を含むS4ヘリックスと呼ばれるα-ヘリックスが含まれている。 これらの4つの帯電したα-ヘリックスは、いわゆる電圧センサーとして機能する。これは、細胞膜を横切る電気的変化に応答してチャネルを開く構造である。

4つの異なるタイプのVGCCだけでなく、電圧依存性ナトリウムチャネル、カリウムチャネル、塩化物チャネルもすべて、さまざまな周波数の低強度EMFによって活性化され、それはEMFがその電圧センサーに作用することを意味している。

植物では、EMFは、TPCチャネルと呼ばれる他のいくつかのチャネルの活性化を介して機能する。TPCチャネルには、同様の電圧センサーも含まれている。

電圧センサーの構造と位置、および2つの物理法則(クーロンの法則とオームの法則)は、電圧センサーに加わるEMF力は驚くほど強力であり、細胞や体の水性部分にある単一に帯電したグループに加わる力の約720万倍であると予測する。

このことは、なぜ電圧センサーがEMFの主な直接ターゲットであるのかを説明している。 電位依存性のナトリウム、カリウム、および塩化物チャネルは、EMF効果の生成においてどうやら小さな役割を果たすだけであるため、第一近似として、効果は主にVGCCの活性化とその結果としての細胞内カルシウム[Ca2 +] iの増加によるものと説明できる。

これは、発生する可能性があるのは熱効果のみであるという業界の主張を誤ったものにする。

VGCCメカニズムは、私の最初の2013年のEMF論文(Google Scholar)の247回の引用と、このトピックに関する58回の招待された専門的講演で示されているように、科学界で広く受け入れられている。

多数の非熱的病態生理学的EMF効果は、下の図1に示す2つの異なる作用経路によって生成されるVGCC活性化の作用によって説明できる。

カルシウムシグナル伝達経路
ペルオキシナイトライト/フリーラジカル/酸化ストレス/炎症経路

これらは、9〜38の異なるレビューに示されているように、マイクロ波周波数の非熱効果から生成される9種類の効果を含んでいる。男性と女性の生殖能力の低下;神経学的/神経精神医学的影響の増加; 細胞DNAに対する3種類の影響; 内分泌(ホルモン)効果; アポトーシス(プログラムされた細胞死)の増加; 心臓の電気的制御に対する心臓効果; 酸化ストレス/フリーラジカルによる損傷; 過剰な[Ca2 +] i; 癌。



ICNIRP、EU、英国、およびその他の「安全ガイドライン」はすべて、6分間の平均強度に基づいており、許容暴露量は加熱の尺度であるSARによって設定されている。 これらの安全ガイドラインの予測は、8種類の高度に反復されるタイプの研究によってテストされており、これらの8項目のそれぞれは、安全ガイドラインが、大規模に失敗に失敗することを示している。 変調パルス、ナノ秒パルス、および同じ極性のペアのナノ秒パルスはそれぞれ、安全ガイドラインでは生成できないと主張する大きな効果を生み出す。

情報を伝達するのはパルスであるので、5Gは毎秒膨大な量の情報を伝達するために非常に高いパルスを発生するように設計されているため、これらの脈動効果は5Gとの関連性が高い。

その安全ガイドラインが生物学的影響を予測しないことを示す他のタイプの証拠には、低強度のEMF曝露が加熱ではなくVGCC活性化を通じて影響を与えることを示すカルシウムチャネルブロッカー研究が含まれる。

上記で議論された非熱的な健康への影響を示す多くのレビューと、最大の効果を生み出す被爆ウィンドウがあるが、より低いか高い強度の露出はずっと低い効果を生み出すという発見。

「安全ガイドライン」が生物学的影響、したがって安全性を予測できないことは、これらは安全ガイドラインではないことを意味する。 したがって、これらの「安全ガイドライン」に基づいて数兆ユーロの電気通信業界によって行われた安全性の主張は、単に詐欺的である。

「安全ガイドライン」のこれらの失敗は、科学的方法の中心にある原理の観点から熟慮されなければならない。 その原則は、我々がある科学的理論を持っていて、その理論の予測をテストし、その理論予測が誤っていることがわかった場合、その理論を捨てなければならないということである

したがって、「安全ガイドライン」が生物学的影響を予測せず、したがって安全を予測しないことを示す8つの高度に繰り返される発見がある場合、その「安全ガイドライン」を破棄することは科学的要件である。

ICNIRP、欧州委員会、およびさまざまな規制当局がその「安全ガイドライン」を破棄しなかったことは、彼らの行動が非科学的であり反科学的であることを明確に示している。


それでは、我々は5Gについて何を言うことが出来るのか?

5Gに使用されるミリ波は、VGCCの活性化によっても機能する。 5Gは、毎秒並外れて大量の情報を伝送するように設計されているため、並外れて高パルスである。 これらのミリ波の電場部分は建物にうまく浸透しないため、何百万もの5Gアンテナが私たちの家、学校、教会、企業などのすぐ近くに計画されており、曝露を回避することはほぼ不可能であろう。

5G放射線の脈動レベルが高いので、短時間の曝露でも深刻な生物学的影響が生じる可能性がある。 これに加えて、5Gシステムは、以前のシステムよりも30倍も高い出力電力を必要とすることが判明したため、我々は災害に対する強い論拠を有している(5GダウンリンクのRFフィールドへの人体曝露、Nasim、S Kim– arXiv preprint arXiv:1711.03683, 2017 – arxiv.org)。

5G放射と他のミリ波周波数のEMFの吸収故に、5Gは、体の外側のミリメートルでのみ影響を与えると業界は主張してきた。

5Gや他のミリ波の周波数が、大きな問題となる非常に強い表面効果を生み出す場合はそうである。 しかし、ミリ波は非常に浸透する効果を生み出し、人間の脳機能と脳波活動に影響を与え、動物の多くの内臓にもまた影響を与えることも示されている。 したがって、業界の主張は、他の多くの分野と同様に、これについて間違っている(邪悪である)。

どのようにしてそのような浸透効果を受けるのか?

EMFの磁場部分は非常に浸透性が高いため、細胞や体の水性部分の溶解イオンに力を加え、それらのイオンを移動させ、同じ周波数と脈動でEMFの電場部分を再生するが、強度ははるかに低くなる。 VGCC電圧センサーは、非常に弱いEMFの電気力に対してさえも途方もなく感度が高いため、それらはVGCCを活性化できる。 したがって、物理学は、そのシステムが主要な実際の生物学的ターゲットに対してどのように機能するかを我々に再度教えてくれる。

本格的な5G(常に4Gと連動する)の影響は、5Gをスイッチオンにした後の初期の影響よりもはるかに悪くなるだろう。なぜなら、最初は5Gと少ししか通信しないため、最初は脈動(パルス)がはるかに少ないからである。

私の6つの最悪の悪夢

私の6つの最悪の悪夢は、5Gがほとんどの場合、次のタイプの普遍的またはほぼ普遍的な影響を広範囲に生み出すだろうことである(そして、これらのそれぞれについて、入手可能な証拠に基づいて詳細に検討する必要がある)。

1.主として、しかし男性のみに限定されるものではない、男性の生殖への影響に基づく、ゼロに近づく、人間の生殖における急速で不可逆的な崩壊。 (訳注:彼らのいつもの狙いですネ)

2.人間の脳の構造と機能に対する大規模な影響によって生み出される、総体的脳機能の急速な(ただし、1よりやや遅い)崩壊。 (訳注:これもいつもの)

3.非常に早い時期に発症するアルツハイマー型認知症もまた、2で見られた人間の脳への影響によって引き起こされる。

4. 主に周産期の4G / 5G曝露によって引き起こされる自閉症とADHD

5.ヒトの精子およびおそらくヒトの卵子のDNAへの影響によって引き起こされる、ヒトの遺伝子プールの大幅な悪化

6. EMFが心臓の洞房結節のペースメーカー細胞に影響を与えることにより引き起こされる、すべての年齢層での広範囲の突然心臓死。 (訳注:「コロナ」との関係の一つですが、了解されました? 大勢倒せます)

5Gから、冒頭に我々は何を実際に見ているか?

スイスでの人への影響に関する報告には、神経学的/神経精神医学的影響および心臓への影響に関する多くの報告が含まれていた。
https://www.illustre.ch/magazine/5g-sentons-cobayes?utm_source=facebook&fbclid=IwAR1kXKK1yWBDKoaZRVOQB7gRvC8o-1a3GyVbQHJPyPkAzzpl73iKYtaiA6Q
 
もちろん、EMFにさらされた後、上記のような、そのような影響を報告する多くのレビューがある。 シュトゥットガルトの医師たちは、5Gの展開後にこれらの同じ2種類の影響に加えて、大量の電磁過敏症(EHS)を報告した。
https://www.stuttgarter-nachrichten.de/inhalt.demo-am-staatsministerium-in-stuttgart-protest-gegen-5-g-in-weissen-arztkitteln.f964401b-85f9-4915-a236-4f3177597300.html
 
これら3つの影響はすべて、ラメク[Lamech]研究とコンラッド[Conrad]研究の両方で、スマートメーターにさらされた後に発生すると報告された;カール・ヘクト[Karl Hecht]名誉教授のレビューによると、これまでに行われた最大のEMF職業性曝露研究でもまた、これら3つすべてが発生したと報告されている。 違いは、職業曝露研究やスマートメーター研究とは対照的に、5G曝露の影響ははるかに深刻であるように見えることである。

私は南カリフォルニアでのさらに深刻で明らかな5G神経精神医学的影響を認識しているが、それらは現在までに公表されていない。 「物事のインターネット」と通信する完全な本格的な5Gシステムは、これらの最初の発見のどれよりもはるかに大きな影響を生み出すと我々が信じるあらゆる理由がある。

イギリスでは、救急車サービスが提供する病院と救急車の間で5G通信が使用されるだろうことが誇らしげに発表された。 最初のそのような救急車は、誇らしげに発表されたが、イギリスのウェストミッドランズ地域のコベントリで運用されることになった。

それで、その5G救急車が機能していたときに何が起こったか?

起こったのは、11日以内に3人の救急隊員が、明らかな自殺で、死亡したことである同じ「有毒な」救急車トラストのために働いている間に、3人のNHS労働者が突然死亡した。

5Gは関係があるか?

–アラン・セルビー・ミラー・サン、2019年11月24日02:23 UTC。
https://www.bbc.com/news/uk-england-suffolk-50522214 ;
https://www.itv.com/news/anglia/2019-11-22/concern-for-welfare-of-east-of-england-ambulance-staff-after-three-deaths-in-11-days/

彼らの死の直前に、内部告発者はイングランド東部の救急車サービスNHSトラストのボスに心理的虐待について不平を言った。 うつ病を含む低強度のEMF曝露によって生じる広範囲にわたる神経精神医学的影響がある。 うつ病は自殺を引き起こす可能性があり、そして、さまざまな神経精神医学的影響が虐待的行動につながる可能性がある。

オランダの北フリースラント地域での牧牛における2つの大きなパニックの発生は、5G試験曝露と相関していたhttps://www.melkvee.nl/artikel/191780-koeien-in-paniek-mogelijk-door-testen-5g-netwerk/

EMF暴露が神経学的/神経精神医学的影響を引き起こすことを考えると、これは驚くべきことではない。 牛のパニックの発生には、2つの特定のメカニズムが関与している可能性がある。 過度のVGCC活動は、動物と人間に恐怖条件付けを引き起こす(Kabir et al、J Physiol 2016; 20:5823-5837)。 また、過度のVGCC活動を介して作用するEMFはまた、戦いまたは闘争のホルモン、ノルエピネフリンの放出を大幅に増加させる。 これらの2つはパニックを引き起こすために一緒に行動する可能性がある。 乳牛の乳生産に対するEMFの影響は、牛がEMFの影響に非常に敏感であるかもしれないことを示唆している。

ドイツでの牛や羊の奇妙で攻撃的な行動もいくつか発生しており、これらも5G放射線の影響に関連している可能性がある。
1. https://www.nordbuzz.de/niedersachsen/niedersachsen-ort29155/papenburg-oldenburg-niedersachsen-schock-schafe-brechen-attackieren-menschen-11833036.html

2. https://www.sueddeutsche.de/bayern/bayern-peiting-kuh-bauernhof-dach-1.4626878

3. https://www.bayerische-staatszeitung.de/staatszeitung/leben-in-bayern/detailansicht-leben-in-bayern/artikel/danger-die-kuh-das-wilde-wesen.html

4. https://www.tz.de/bayern/altoetting-bayern-tier-drama-kuh-buext-aus-stall-aus-sie-ueberlebt-ihren-ausflug-nicht-12189661.html

5. https://www.tz.de/welt/ice-strecke-kassel-wuerzburg-kuh-laeuft-in-tunnel-und-legt-bahnverkehr-lahm-zr-11832114.html

これらのそれぞれについて、5G放射線の役割について明確に調査する必要がある。これらの5番目は5Gに最も明確に関連している。なぜなら、上記の2番目の段落で述べたように、牛が5G放射線に曝されたノースフリースラント産の牛であるためである。

これらのそれぞれは、いかなる最終的な結論にせよ出す前に調査する必要がある。 ただし、「安全ガイドライン」は生物学的影響、したがって安全性を予測できないことが繰り返し示されており、これらの「安全ガイドライン」に基づく安全性のすべての保証は不正であり、またEMFへの曝露がこれらの影響を引き起こす大いに可能性のあるメカニズムが存在するため、明白にあり得る原因である5Gからの電磁界曝露および/または高アンテナ密度の4G放射を広範囲に調査することが重要である。


ドイツとフランスの両方で、一連の非常に珍しい人の先天性欠損症があり、それらは、異常な手や指の構造、さらには手足や腕の喪失など、異常な四肢の発達を伴った。
https://www.faz.net/aktuell/gesellschaft/menschen/gelsenkirchen-drei-saeuglinge-mit-handfehlbildungen-geboren-16382810.html ;
https://edition.cnn.com/2018/11/01/health/france-babies-missing-limbs-investigation-intl/index.html

これらの四肢の先天性欠損症に関する多くの論文は、5G EMFへの曝露へのリンクを示唆していないが、そのようなリンクを検討する必要がある。 その理由は、Bates et al、発達とがんにおけるイオンチャネル[Ion Channels in Development and Cancer]、Annu Rev Cell Dev Biol 2015; 31:231-247が、VGCC活動の上昇と他の電位依存性イオンチャネル両者の上昇が異常な四肢発達を引き起こす可能性があることを示したからである。 単一チャネルの過度の活動は、これらの最近のヒト先天性欠損症と同等の異常を生じないが、過度の電位依存性イオンチャネル活動の組み合わせは、そうする可能性がある。

特定のVGCCの過剰な活動が四肢の発達障害を引き起こすことを示す遺伝学的研究の中には、ティモシー症候群に関する研究がある。 ティモシー症候群の変異は、チャネルの閉鎖メカニズムに欠陥があるため、活性化されたチャネルが非常にゆっくりと閉じるようになり、その結果、VGCC活性がはるかに高くなって、非常に高い[Ca2 +] iを作り出す。

ティモシー症候群の変異は、四肢の発達異常だけでなく、重症の自閉症や心臓への影響も引き起こす。 ほとんどのティモシー症候群の個人は、約3〜7歳の年齢範囲で明らかな心臓突然死で死亡する。最年長の既知のティモシー症候群の個人は13歳で死亡した。

ここで我々は、5G曝露によって生み出される、あるいは恐らく生み出される、心臓への影響と四肢の先天性欠損症という2つの効果を有している。そして、5G曝露によって周産期に引き起こされる運命の第3番目、すなわち自閉症が提案されている。これらすべては、VGCCの活性化との因果関係にリンクしている。


ロッテルダムの近くの公園で5G試験を3日間行っている間に、見たところ突然の心臓死によって死亡した数百羽の鳥が存在している。
https://www.healthnutnews.com/hundreds-of-birds-dead-during-5g-experiment-in-the-hague-the-netherlands/

業界が5Gテストの実施を否定したこれらの鳥の死についての以前の記事が公開されてきたが、この記事の中で、労働者がそれらのテストについて嘘をつくように言われていたことが示された。 げっ歯類では、ミリ波曝露(非パルス)が心臓突然死を引き起こす可能性があることが示されている(Potekhina IL、Akoyev GN、Yenin LD、Oleyner 1992 白ラットの心臓血管系に対するミリメートル範囲の低強度電磁放射の影響)。 Fiziol Zh 78:35-41(ロシア語)は、これらの鳥の死が実際に5G曝露によって引き起こされたことを非常に説得力があるものにしている。

コベントリーで5G救急車が始動した直後、昨年の10月に、明らかな心臓死で、空から鳥たちが落下する2番目の明らかな大きな病気の流行が発生した(上記の議論を参照)。 10月には、コベントリーでスマート救急5Gワイヤレスシステムを有効にするために5Gアンテナがオンになった後、コベントリー病院の外の空から鳥が落ちたという報告がすでになされている。

昆虫は5G EMFの影響を大きく受けるだろう。 2000年と2001年に、ミリ波EMFを殺虫剤として使用するために2つの米国特許が発行された(特許番号6,073,365および6,192,598)。 これらは、非パルスのEMFを使用するためのものであり、異常にパルス化された、したがって危険な5G EMFではなかったのである。

5G EMFの植物への影響により、5Gは大規模な火災を引き起こす可能性がある。

EMFは、植物に細胞内カルシウムレベルを大幅に増加させるように影響を与える。これにより、揮発性が高く、可燃性の高いテルペンが大幅に増加する。 これにより、植物はガソリンの軽いスプレーで噴霧されたかのように燃焼する可能性がある。

我々は最初の5Gの火災を見たことがあるかもしれない。 世界で最も初期の5G展開が発生した韓国の東海岸沿いの5つの都市で、5Gシステムがオンになった– 2019年4月3日下旬のことである。これらの同じ都市で、5件の前例のない火災が発生した 2019年5月に。
https://www.thehindu.com/sci-tech/technology/s-korea-launches-5g-networks-early-to-secure-world-first/article26730605.ece ;
https://www.telegraph.co.uk/news/2019/04/05/thousands-flee-homes-wildfires-rip-south-korea/ ;
https://www.thesun.co.uk/news/8799140/south-korea-biggest-wildfire-near-olympic-city/

2019年には、I405高速道路沿いを含む5Gが導入された南カリフォルニアの地域で、他の5Gの火災が発生してきた可能性もある。

要約すると、我々は、複数の状況で発生した一連の5Gリンク事件を有しており、そこでは、5G放射が原因となる可能性のある機構を有しており、反論が、生物学的影響を予測できない、したがって、詐欺である「安全ガイドライン」に基づいていることがわかっている。

これらには以下が含まれる:

1.スイスとドイツのシュトゥットガルトの両方で報告された神経学的/神経精神医学的影響は、他のEMF曝露によって引き起こされた影響と似ているが、それよりも深刻である。

2.最初の5G救急隊員が、それぞれ11日以内に3人自殺

3.心臓への影響もスイスとドイツのシュトゥットガルトの両方で報告されており、それらは、動物実験でと同様、他のEMF暴露後の人間にも見られる影響に類似している。

4.大規模でほぼ瞬時の5Gによるトリの心臓突然死の2つの事例。1つはオランダで、もう1つはイギリスで発生。

5.我々は、牧牛の大量パニックのほか、牛と羊のその他の神経学的/神経精神医学的影響の事例を有している。

6.フランスとドイツでは、人間の四肢の先天性欠損症の複数の事例がある。

7.韓国と南カリフォルニアで5G火災が複数発生しているように見える

8.ドイツのシュトゥットガルトでは、見たところ電磁過敏症(EHS)が大幅に増加している。 これは単一の例だが、私の知る限り、よりゆっくりではあるがEHSの同様の例が、職業的EMF暴露研究と2つのスマートメーター研究で発生することが示されている。 事例はシュトゥットガルトの例にのみ基づいているため、ここではより弱いかもしれないが、それでも実質的である。

上述のように、これらの各事例では、我々は、5G EMF曝露によってそれらそれぞれが生み出され得る、あり得る機構を有している。そして、そこでは「安全ガイドライン」に基づくすべての反対の主張が単に詐欺行為である。 これらの影響の最初の7つでは、我々は、5Gとの因果関係について明白な事例を有している。

また、5G放射の最初の「展開」で見られるいかなる影響も、「物事のインターネット」と相互作用する成熟した5Gシステムによって予測される影響のごく一部であるだろうことを繰り返しておきたい。 なぜなら、いかなる初期の5Gシステムも初期の展開時には通信することがほとんどないため、そのような成熟したシステムの高パルスのEMF効果のごく一部しか生成しないためである。変調パルスと非変調パルスの影響が非常に大きいとは、5G放射での、これらのパルスが1秒あたり膨大な量の情報を伝達しながらの非常に高いレベルの変調パルスであることを意味し、そして、5G放射は、以前に経験した曝露よりもはるかに危険であることを意味している。そして、これらの以前の曝露はすでに我々や他の生物たちに大きな影響を与えている。


上記の8つの明らかな5G効果には、5G放射線のその他の予測された大量の影響は含まれていない。そこでは、我々は、証拠は持たないし、それらが起こるか起こらないかわからない。

これらには以下が含まれる:

1.男性の生殖への大きな影響。5G放射線は、男性の生殖においてゼロに近い非常に急速な崩壊を引き起こす可能性がある。

2.普遍的またはほぼ普遍的なごく初期のアルツハイマー型認知症(AD)。 ここで我々は、ラットモデルで普遍的またはほぼ普遍的な非常に早発性のADを生成するために必要なのは、1日および1秒間でさえ一連のEMFパルスを与えることであると知っている。 もし毎日パルスを与えると、生後6か月のラット(ほぼ12歳の子供と同等の年齢)を普遍的またはほぼ普遍的なADにできる。

3.普遍的またはほぼ普遍的な自閉症。 遺伝的研究から、人間の自閉症は過度のVGCC活動によって引き起こされることがわかっている。そして、これは5Gのミリ波EMFを含むEMFの主要な作用メカニズムであるため、非常に高いパルスの5Gが普遍的またはほぼ普遍的な自閉症を引き起こす可能性が非常に高くなる。

4. VGCCの活性化を介して作用する5G放射線がヒトの精子のDNAとヒトの卵母細胞のDNAに及ぼす影響によって引き起こされる、非常に高レベルの生殖細胞変異。これが主張しているのは、人間の生殖で#1の影響を生き延びたものが少なくても、非常に高レベルの生体内変異によって大きく影響を受ける可能性があるということである。


5G放射線によるこれらそれぞれの考えられる因果関係は、5G展開の前に、動物モデル研究によってテストすることが出来るだろう。 そのようなテストが何も行われてきていないことは、ほとんど信じられないほどの残虐行為であると私は考えている。

このすべては、5Gが、我々がこれまでに見たことのない種類の脅威、つまり私たちの生存に対する複数の差し迫った実存の脅威を出現させていると異議を唱えている。

Martin L. Pall Professor Emeritus of Biochemistry and Basic Medical Sciences
Washington State University (US) 503 – 232 – 3883 martin_pall@wsu.edu

++
もはや、残り時間はわずかです。

主として5G攻撃のなか、PCR検査をしてくれ、抗体検査をしてくれ、封鎖をしろ、汚いから近づくな、免疫パスポートがほしい? なんて状態のあなた? いい加減に気付いて闘いましょう! いや、そういう人は、ここにはこないか、、じゃあ、周辺のマトリックス中の人の目を覚まさせてあげましょう。それも、危険を伴うかもしれませんが、藁。

とにかく、5Gの電磁パルスの生物への影響は凄まじいのです。



関連

5Gの危険:5Gワイヤレステクノロジーが人類にとって大惨事になるだろう13の理由 By Makia Freeman
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/30547fa9a3a07208d63cb4fe6cd9a0e4

この項目2.、3.、4.などのところなどで、マーティン・ポール博士の主張が紹介されていますが、今回は、もっと本格的な当人による警鐘記事を訳しました。細胞の分子生物学のような本を読んでいないと、わかりにくいかもしれませんが、とにかくカルシウムチャネルがかってに開いて、細胞内カルシウムイオン濃度が異常に高まってしまうことは、生物にとっては致命的な脅威なのです。 脳がポーン、心臓がポーンなんて、当たり前ですよ。 

さらに、ペルオキシナイトライト経路は制御が効かないと、血管などをズタボロに傷つけていくでしょう。どこかで、聞いたことがありませんか?

例えば

英国で子どもの奇病続出、新型コロナと関連か 4/29(水) 7:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00080003-chosun-kr

・・ 英メディアが報道したNHSの通知によると、原因不明の症状が出ている子どもたちは風邪に似た症状もあるが、体のあちこちに同時多発的な炎症が現れているという。高熱、低血圧、発疹、呼吸困難などの症状が同時に現れ、重度の痛みを伴っているとのことだ。

・・ケンブリッジ大学医学部のナジマ・パサン博士は「似たような症状の子どもたちがイタリアとスペインでも報告された。正確な原因が分かるには時間がかかるだろう」と語った。(引用注:暴走を許せば、そのうち日本の学校の子供たちにも起こるでしょう)


この話がわかる(普通わかる)専門家は、ちゃんと声をあげてください!


そして体内を酸欠にする効果も! 5G電磁波で暴れ出した酸素分子を介して、酸素を体内各所に運搬するヘモグロビンや、生体エネルギー通貨ATPを作り出すミトコンドリア内電子伝達系中のチトクロームなどが壊れてしまうと思います。その結果は?

5G:控えめに言って、恐怖すべき専門バカ (狂ったサルのマッド・エンジニアリング)
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/ac68c316f2d0337363cf86a312d912f3

5Gとコロナとの関係をインサイダーが暴露
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/e51aca3354b75a03efec149ececa5651





ほか



<パンデミック>の大嘘:軍の生物兵器と5Gで殺している。「W.A.州で14歳の少年、犬の散歩中に突然死」は電磁波兵器 5Gの仕業?似非報道?  同時多発テロはヤラセだよ!  Wednesday, April 8, 2020
https://insidejobjp.blogspot.com/2020/04/5gwa14-5g.html#more

++
これも、心臓ポーンでしょうか?

「5Gで20億人が死亡する」カナダ海軍大佐、「自宅で何百万人もの人々が殺される」元英海軍物理学者! 5Gの脅威を強い言葉で伝える! TOCANA 2020.03.30
https://tocana.jp/2020/03/post_149429_entry.html

「第二次世界大戦に存在した死の収容所は必要なくなった。5Gによって家にいながらにして何百万人もの人々が殺される

 そう警告するイギリスの物理学者バリエ・トゥロワー博士は、マイクロ波兵器の専門家であり、電子戦のエキスパートでもある。彼は、人々にWi-Fiや他の人工のマイクロ波/無線周波放射の真の危険性を伝えている。



https://twitter.com/nukasih/status/1257115680681279489
shima@nukasih 1:11 AM · May 4, 2020
杉並区の善福寺公園で、空からたくさんの鳥が落ちて死んでいるのが発見された。

そこで発見された鳩を三羽、回収して解剖したところ、三羽とも肺が破裂して死んでいたのだという。その獣医師は「これまでに見たことがない現象だ」と話している。

原因はNTTの5G実験だった

オーストリアなどでも「突然、鳥が空から降ってくる」という同様の現象が報告されている。
https://t.co/qHJCcr4ok8?amp=1


https://twitter.com/akimi_two/status/1257242780339892224
aki3Two@akimi_two 9:36 AM · May 4, 2020
Replying to @nukasih
これですね。
地域がマッチしますね。


https://t.co/Sc9vYtQD4O?amp=1


https://twitter.com/akiopro3/status/1257331516272566272
akiopro3@akiopro3 3:29 PM · May 4, 2020
Replying to @nukasih
武漢、イタリア、ロンドン、そして3/28から東京が5爺スタート。
確かに567感染爆発と一致していますね!



https://twitter.com/onezero1to3/status/1257335049420247042
onezero@onezero1to3
Replying to @nukasih
文部省お墨付きで全国の学校に基地局が



追記

ここでもマーティン・ポール博士が紹介されていました

コロナ騒動:5GとCOVID-19の “因果関係メカニズム” :米医学界重鎮の論文 ザウルスでござる 2020-04-15 06:44:26  (他の講演会での話らしいです)
https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/93613695082398b06e8011133d2c988b



Coronavirus lockdown: German lawyer (Beate Bahner) detained for opposition by Alex Thomson, Eastern Approaches Tuesday, 14th April 2020
https://www.ukcolumn.org/article/coronavirus-lockdown-german-lawyer-detained-opposition

おまけ

新型コロナウイルス:テレビに映し出された集団幻想 COVID: The Projection of a Mass Illusion 【The Waking Times】ジョン・ラポポート寄稿
https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12594122515.html

こんなところに載せたくもないのですが、、、





パンデミックから全体主義への7つのステップ・・・By Rosemary Frei
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/65245970aa7e47a873101962e0ef180e

「ニューノーマル」:我々はこのすべてについて言うことがある By Brett Jordan
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/05ede6a6f2e88c3fab0075fe35ca77d8

++
「元に戻れない」のは誰かな?


https://twitter.com/kikuchi_8/status/1257759958839394304

菊池@kikuchi_8 7:51 PM · May 5, 2020

「価値観をアップデート」しようがしまいが、「人体にチップを埋め込んで支配する」という発想が気持ち悪い事に変わりはない。どんな思考誘導も跳ねのけ、NWOを受け入れない。異常な支配欲、不当な侵略・支配、覇道が道理と同義に反する事は古今を通じて変わらない。「アップデート」などあり得ぬ。


ニック・ロックフェラーは「全住民にマイクロチップを埋め込むのが最終目標だ」と言った 同時多発テロはヤラセだよ!  Sunday, March 14, 2010
https://insidejobjp.blogspot.com/2010/03/blog-post_14.html

++
何度でも載せますが、サイコパス一族っていうのは、こんなのですから


最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
5G電磁波は危険 (Unknown)
2020-05-05 02:00:21
只今日本、いや世界中がコロナ禍一色ですが、この日本の自治体の中には、今や岩手の謎解きが始まっている頃合いだと小生は思います。その岩手にはなんと5G電磁波塔が建設されていないと云われているが事実だろうか?確かに5G電磁波は人類には最悪の害毒です。このコロナ禍が始まった中国武漢は5G電磁波塔を林立させたのが原因でコロナ禍が世界中に拡散した起因だと思う。その中国武漢からイタリア、スペイン、アメリカ等とコロナ禍が拡大してしまった原因が5G電磁波塔絡みだと断定された報道が世界中に発信されました。我が国日本ではこの5G電磁波塔を残念ながら建設されて今に至っていますが、現安倍自民党政権はこのコロナ禍を悪利用して日本人の人口を削減する政策を現在採っている最中で、然もこのコロナ禍で日本経済を崩壊させ崩壊後の安価になった日本企業を外国に売り飛ばす計画だと知りました。このコロナ禍により日本人の多くが疲弊しました。端なる疲弊ならいざ知らず我々日本民族の滅亡を企む安倍自民党以外在日与野党国会議員のせいで我々日本人の暮らしが、明日の糊口を凌ぐのをどうしたら良いのかと嘆く有り様だ。こんなにもふざけた政策をして日本国を滅亡に追いやる在日政府を断じて許してはなりません。今はコロナ騒乱で悲嘆する日本民族ですが、我々日本民族の事実の敵は日本国内に存在している事を知るべきです。昨夜は千葉県辺りで地震が起こりました。コロナ禍で難行苦行中の日本で次なる災害事件計画ありと報じるブログもあります。コロナ禍に乗じた敵勢力の計画は日本経済破綻と日本人残滅を目的化した大災害事件勃発だろうか。昨夜の地震は次の災害計画の予行演習だったのかも知れないです。

コメントを投稿