ザウルスの法則

真実は受け容れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け容れられない者には不快である。
ザウルスの法則

コロナ騒動:5GとCOVID-19の “因果関係メカニズム” :米医学界重鎮の論文

2020-04-15 06:44:26 | コロナ騒動

5GとCOVID-19の “因果関係メカニズム” :米医学界重鎮の論文

 

以下に紹介する論文は、米国ワシントン州立大学名誉教授のマーティン・ポール博士が先月公開したものを、Google の機械翻訳にかけてそのまま転載したものである。生化学、基礎医学の専門家の論文なので読みにくいかもしれない。

Martin Pall 博士は、アメリカでは以前から電磁放射線の危険性について警鐘を鳴らしてきた米医学界の重鎮である。良心的で高潔な人物であり、欧米では非常に影響力があり、米国内はもちろんヨーロッパにもしばしば招待され講演活動をしている。

なお、当ブログでは、以前に同博士の別の論文に言及している。デジタル教科書は児童虐待?(2)学校のWiFi をめぐる海外の動向

 

しかし、米国の経済界、特に携帯電話会社、通信会社、電力会社にとっては目の上のコブであり、天敵でもあり、常に目の敵にされ、今回も業界の回し者の科学者や評論家が、揚げ足取りをしようと、滑稽なくらいにやっきになっている。

 

要旨を先に列挙しておこう。

1) 5GがCOVID-19の症状を悪化させ、感染を拡大させていると考えるべき十分な証拠がある。(参照論文リスト)

2) 5GはCOVID-19の増殖を促進する。(参照論文リスト)

3) 5Gは免疫系を弱体化させる。(参照論文リスト)

4) 武漢での5Gアンテナの設置が進むにつれてCOVID-19の感染例が増加している。(参照論文リスト)

5) 中国に次いで、COV-19の感染者数の特に多い韓国、イタリアのミラノ、米国のシアトル、ニューヨークは、最先端の5G推進地である。

6) 5Gの安全性は誰も証明していない。

7) 5Gの安全性が証明されるまでは5Gの展開は差し止めるべきである。

(Martin Pall のポートレート以外の以下の写真はこの記事への転載に際して追加したもの)

=================================

https://electromagnetichealth.org/electromagnetic-health-blog/5g-covid-19-epidemic/

5Gの議論– COVID-19流行の因果関係メカニズムby Martin Pall、PhD

マーティンポール博士からの更新、2020年3月22日

[1]に転載された2つの文書はそれぞれ、5G放射線がコロナウイルス(COVID-19)の大流行を非常に刺激していると考える理由があると主張しているため、重要な公衆衛生対策は5Gアンテナ、特に小型家、学校、企業、礼拝所、病院のすぐ近くにあるセル5Gアンテナ。

 

Millerらによって発行されたこれらの文書の最初の文献[1]は、5G放射線が身体の免疫系に及ぼす影響に関係しており、5G放射線もウイルスの複製を増加させる可能性があることを示唆しています。 これらの両方の方法で、5G放射線はCOVID-19のパンデミックをさらに悪化させると予想されるかもしれません。

 

これらのドキュメントの2番目[1]は私自身のものであり、5G放射効果に関するより大きなドキュメント[2]から派生しています。 それは、COVID-19の流行の震源地である中国の武漢での5Gの歴史から始まります。 武漢は、中国初の5G「スマートシティ」であり、自動運転車のテストに5G放射が使用されている中国初の5G高速道路の場所です。 約10,000個の5Gアンテナが2019年に武漢に設置されて有効化され、そのうちの約75〜80%が1年の最後の2半か月に設置および有効化されました。 流行は最初にその2か月半の初めに検出され、2019年末までに症例数と死亡者数が非常に大幅に増加し、非常に深刻になりました。もちろん偶然かもしれません。 中国以外で最悪の流行地となった韓国は、全国に多数の5Gアンテナを備えています。 ヨーロッパで最悪の震源地であるイタリアのミラノ地区も5Gセンターです。
 
また、米国で最悪の地域であるシアトル地域も主要な5Gエリアです。 レポートは、ニューヨーク市がまもなく米国で最大の震源地になると予測しているもう1つの5Gサイトです。 これらの中国以外の流行地域については、私の論文では取り上げていませんが、これらの調査結果は正確です。 繰り返しになりますが、これらの震源地の5Gエリアでの位置は偶然の一致である可能性があります。

高度にパルス化された、したがって非常に危険な5Gミリ波放射を含む電磁界は、電位依存性カルシウムチャネル(VGCC)の活性化を介して作用し、VGCCの活性化によって5つの異なる効果を生み出します。これらはそれぞれ、コロナウイルスの複製と拡散を刺激する役割を果たします。

 

1.過剰な細胞内カルシウム
2.酸化ストレス
3. NF-kappaBの標高
4.炎症
5.アポトーシス(プログラム細胞死)

COVID-19の流行における主な死因は肺炎であり、これらの5つの影響はそれぞれ肺炎にも関与しており、この流行により死亡する人の割合が大幅に増加すると予測されています。 5G放射線が伝染病の蔓延と感染者の死亡率を大幅に増加させていることは、もっともらしく思われます。

このすべてを、5Gの危険性や5Gの露出によって明らかに生じるその他の影響に関する広範な調査結果と併せて検討することをお勧めします[2]。

 

どのようにしてこの状態になったのですか? 私を含む多くの独立した科学者は、すべての危険な変調パルスによる本物の5G放射線の広範な生物学的安全性試験が行われるまで5Gの展開はすべきでないと主張しました。 しかし、業界は独立した5Gテストを受けることを拒否しており、FCCと他の規制当局はそのようなテストを要求することを拒否しています。
さらに、EMF放射線の健康への影響から私たちを保護することになっているEMFの「安全ガイドライン」は、8つの異なるタイプの高度に繰り返された研究に基づいて、生物学的影響を大規模に予測できないことが示されています。 したがって、安全性を予測することはできません[3]。
このことから、これらの「安全ガイドライン」に基づく安全性の保証はすべて不正であることがわかります。 したがって、5Gの安全性に関する証拠はまったくなく、安全性の欠如に関する多くの証拠もありません。

 

したがって、私の意見では、5G放射線はコロナウイルス(COVID-19)のパンデミックを大幅に刺激し、主要な死因である肺炎も刺激しているため、重要な公衆衛生対策は5Gアンテナ、特に小型私たちの家、学校、企業、礼拝所、病院のすぐ近くにあるセル5Gアンテナ。
 
引用に続いて、私の専門資格をいくつか挙げます。

 

マーティンL.ポール、ワシントン州立大学生化学および基礎医学科学名誉教授

 

VGCCの活性化メカニズムは、科学文献で驚くほどよく受け入れられています。
それに関する私の最初の(2013)論文は、2013年のトップ医学論文の1つとしてGlobal Medical Discovery Webサイトに掲載されました。その論文は、Google Scholarデータベースによると255回引用されています。 ほとんどの新しい科学パラダイムはゆっくりと受け入れられるだけであり、これは通常よりはるかに高速です。
 
私は15か国で、このテーマについて59の招待講演を行いました。 私は4月にもう1つの権威ある基調講演をする予定でした(COVID-19のために延期されました)。
私の論文のうち2つ、私の神経精神医学論文と私のWi-Fi論文は、出版ジャーナルによってそれぞれのジャーナルの歴史の中で最も頻繁にダウンロードされた論文であると説明されています-両方の論文に対する驚くべき科学的興味。
 
私の最近の講演は、クイーンズ大学工学および応用科学学部が主催し、もう1つはベルリンで開催された世界物理学会(私が認定証を授与されました)で主催されたもので、エンジニアと物理学者の両方が認識し始めていることを示していますこのメカニズムの重要性。

 

中国武漢のコロナウイルス流行における5Gの役割

–マーティンポール博士、ワシントン州立大学名誉教授

 

中国の湖北省の省都である武漢は、中国初の5G「スマートシティ」に選ばれ、中国初のスマート5Gハイウェイの場所に選ばれました。 武漢は恐ろしいコロナウイルスの流行の中心地でもあります。 これらの2つのイベントが関連する可能性については、2019年10月31日の記事「武漢は5Gが導入された地域であり、現在は致命的なウイルスの中心となっている」 https://5g-emf.com/wuhan- was-the-province-where-5g-was-rolled-out-now-the-center-of-deadly-virus /

 

ここで提起されている問題は、5Gがウイルスの原因であるかどうかではなく、VGCの活性化を介して作用する5G放射線がウイルスの複製または疾患の拡大または致死を悪化させるかどうかです。 これらの質問についていくつかの視点を得るために、武漢における5Gの最近の歴史を振り返って見てみましょう。 2019年2月12日付けのアジアタイムズの記事( https://www.asiatimes.com/2019/02/article/china-to-launch-first-5g-smart-highway )は、31の異なる5Gベースがあると述べました2018年末に武漢にあるステーション(つまりアンテナ)です。

2019年末に約10,000個の5Gアンテナが設置され、そのほとんどが5G LEDスマート街路灯に設置される計画が開発されました。 最初のそのようなスマート街路灯は、2019年5月14日に設置されましたが( www.china.org.cn/china/2019-05/14/content_74783676.htm )、多数の設置が開始されたのは2019年10月のみですこれらの調査結果は、5Gアンテナの数が異常に高くなるにつれて、コロナウイルスの流行の急速なペースが少なくとも大まかに発達したことを示しています。 したがって、中国で最初の5Gスマートシティとスマートハイウェイがこの流行の震源地であるというこの発見と、5Gアンテナの数が急増するにつれ、この流行は急速に深刻化するだけであるという発見があります。

これらの発見は偶然の一致ですか、それとも5Gはコロナウイルスの流行を悪化させる何らかの因果関係がありますか? その質問に答えるために、VGCCの活性化の下流効果がウイルス複製、ウイルス感染の影響、特にウイルスの拡散に役割を果たしているもの、およびこのコロナウイルスが死を引き起こすメカニズムを悪化させるかどうかを判断する必要があります。

 

したがって、ウイルスRNAの複製は酸化ストレスによって刺激されます。

 

J Mol Biol。 2008 11月28日; 383(5):1081-96。 コロナウイルス非構造タンパク質9の可変オリゴマー化モード。PonnusamyR、Moll R、Weimar T、Mesters JR、Hilgenfeld R.

 

ウイルスの拡散に関与するものを含むウイルス複製の他の側面は、細胞内カルシウム[Ca2 +] iの増加、酸化ストレス、NF-kappaBの上昇、炎症およびアポトーシスによって刺激されます。これらはそれぞれ、EMF暴露後に増加します。 以下の最初の引用は、コロナウイルス感染の刺激におけるVGCC活性化の重要な役割を示しています。

 

ウイルス学。 2020 1月2日; 539:38-48。 ブタデルタコロナウイルス(PDCoV)はカルシウム流入を調節してウイルス複製を促進します。 Bai D、et al。

J Virol。 2011 5月; 85(9):4234-45。 2つの異なる非ヒト霊長類種における明確な重症急性呼吸器症候群コロナウイルス誘発急性肺損傷経路。 Smits SL、et al。

細胞カルシウム。 2018 11月; 75:30-41。 NAADP依存性Ca2 +シグナル伝達は、エンドリソソーム系を介して中東呼吸器症候群コロナウイルス偽ウイルス転座を調節します。 グナラタンGS他

J Virol。 2011 5月; 85(9):4234-45。 2つの異なる非ヒト霊長類種における明確な重症急性呼吸器症候群コロナウイルス誘発急性肺損傷経路。 Smits SL、et al。

プロテオームサイエンス。 2011 3月8日; 9:11。 鳥伝染性気管支炎コロナウイルスによる卵内感染後のニワトリ胚気管および腎臓組織のプロテオミクス分析。 曹Zなど

Res Vet Sci。 2015 6月; 100:12-7。 猫の感染性腹膜炎の猫における酸化ストレスの血清バイオマーカー。 Tecles F、et al。

J感染症。 2008年3月15日; 197(6):812-6。 グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ欠乏症は、ヒトコロナウイルス感染を促進します。 ウーYHら

J Virol。 1998 6月; 72(6):4918-24。 伝染性胃腸炎コロナウイルスは、カスパーゼ依存経路を介して感染細胞にプログラムされた細胞死を誘発します。 Eleouet JF、他

このコロナウイルスによる主な死因は肺炎です。 肺炎は、VGCCの活性化、過剰な細胞内カルシウム、酸化ストレス、NF-kappaBの上昇、炎症、アポトーシスの5つの下流効果のそれぞれによって大幅に悪化します。 以下に挙げた最初の引用は、EMF効果をブロックする同じタイプの薬物であるカルシウムチャネル遮断薬が肺炎の治療に役立つことを示しています。 これは、VGCC活性化を介して作用するEMFがますます重篤な肺炎を引き起こすため、5G放射線や他のタイプのEMFが肺炎による死亡を増加させる可能性があることを予測しています。

 

鄭ら。 肺炎による入院後のカルシウムチャネルブロッカーと転帰の2016年のPreadmissionの使用:遡及的傾向一致コホート研究。 Jサー 2017 1月/ 2月; 24(1):e30-e38。

ファング等。 2017ニューモリシン依存性カルパイン活性化とインターロイキン-1? Streptococcus pneumoniaeに感染したマクロファージにおける分泌。 感染免疫。 2017 8月18日; 85(9)。 pii:e00201-17。

フェッテルら 2019スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)は、5-リポキシゲナーゼ活性のS1P受容体4を介した抑制により、in vitroおよびin vivoで強力な抗炎症効果を誘発します。 FASEB J.2019 2月; 33(2):1711-1726。

 

劉と市。 2019カルシウム活性化塩化物チャネルレギュレーター1(CLCA1):塩化物輸送と粘液産生のレギュレーター以上のもの。 世界アレルギー臓器J.2019 11月29日; 12(11):100077。

医学(ボルチモア)。 2018年11月、97(45):e13087。 N-アセチルシステインは、市中感染肺炎患者の酸化ストレスと炎症反応を改善する:無作為化比較試験。 Zhang Q、et al。

Sci Rep.2018 10月18日; 8(1):15393。 サーファクタントプロテインDは、アポトーシス、炎症、NF-?Bシグナル伝達を調節することにより、肺炎誘発性敗血症における急性の肺と腎臓の損傷を軽減します。 デュJら

Curr Neurovasc Res。 2020年1月28日。MicroRNA(miR)-429は、新生児肺炎においてクルッペル様因子4(KLF4)を標的とすることにより、炎症性損傷を促進します。 Zhang L、et al。

ライフサイエンス。 2019 7月1日、228:189-197。 長い非コードRNA SNHG16は、miR-146a-5p / CCL5をターゲットにして、LPS誘発のWI-38細胞アポトーシスと急性肺炎の炎症を調節します。 周Zら

 

これらすべては、5G放射線がコロナウイルスの拡散を大幅に悪化させ、それによって引き起こされる感染の致死性を大幅に増加させる可能性が高い(highly probable)と主張しています。 良いニュースは、5G放射のない地域に住んでいて、可能な限り他のEMFを避けている私たちの人々は、おそらくこの将来の世界的パンデミックの影響の多くを免れる可能性が高いということです。 武漢市の流行を制御するために武漢ができる最善のことの1つは、4G / 5Gシステムをオフにすることです。

 

作って応援してください
税控除対象の寄付。
私たちは100%寄付ベースです
そしてあなたのサポートが必要です
教育、コミュニケーション、分析
この分野の重要な進展。
あなたの助けを本当にありがとう!
惜しみなくあげてください。
私たちはあなたに依存しています。

 

いかがであろうか?

5GがCOVID-19の唯一の原因だと言っているのではない。

5Gは人体に悪影響を与え、結果としてCOVID-19をのさばらせ、拡散を助長すると言っている。

そして、とりあえず5Gの展開は差し止めるべきだという結論である。

かなり常識的な主張ではなかろうか?陰謀論でもないし、トンデモ説でもなかろう。

 

ひとつザウルスから付け加えるならば、5G推進地ではないから安心だということにはならないことだ。

“電磁波じたい” がすでに “免疫系を弱体化” させ、コロナウィルスをのさばらせてしまうことを忘れてはいけない。

4G や WiFi、つまり多くの日本人が毎日当たり前のように使っている  “スマホ” じたいが最も身近な “電磁波源” である。

基礎疾患を持っている高齢者を別とすると、毎日がほとんど “スマホライフ” の若者や中年の世代ほど、コロナウィルスにやられるリスクが高いと思っていいだろう。

当ブログの読者ならば、当ブログのカテゴリーの中でも 「電磁波」 関連の記事(29件)が多いことはご存じであろう。「スマートメーター」 関連の記事も17件あるが、これも 「電磁波」 なのである。合わせると電磁波関連記事は46件になる。個人のブログでこれほど電磁波の危険性について叫んでいるブログもあまりないだろう。

コロナに対する “脆弱性” は、人類の第2次劣化現象? その原因は?

5Gが “電磁波問題” として新聞記事に!ついにタブーを破った東京新聞!

5Gパンフレットの紹介: “5G” とは何か?

危険な5Gに突き進む日本:海外では安全性に疑問も
 
デジタル教科書は児童虐待?(3)あまりにもお粗末な、日本の “電磁波” 常識
 
 
 
この記事にはマーティン・ポール博士 が出てきます。↓
 
デジタル教科書は児童虐待?(2)学校のWiFi をめぐる海外の動向
 
ワシントン州立大学の生化学と基礎医学の名誉教授であるMartin Pall 博士は、電磁波の危険について警鐘を鳴らしている。同博士の「WiFiは人間の健康に重大な脅威」と題する論文は“Environmental Research”誌の2018年7月号に掲載された。https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0013935118300355

 

 
 
 
 
デジタル教科書は児童虐待?(1)マスコミにも見殺しにされている子供たち

電磁波問題とマスコミ (2) 「電磁波」 は日本のマスコミのタブーか?

電磁波問題とマスコミ (1) NEWSWEEK:スマホの電磁波でガンになる?

“銀歯” が電磁波のアンテナ?part2: 対策編 どうすればいいのか?

“銀歯” が電磁波のアンテナ?part 1: 日本で最悪の組み合わせが起きている!

あなたはスマホの “足” である

高圧線の電磁波測定: 現地調査 part 2 “悲劇の館” か、“恐怖の館” か?

高圧線の電磁波測定: ザウルスのフィールドワーク

高圧線の下でも平気で暮らしてる人々

電磁波、 うつ病、 自殺 の関係

YouTube 携帯基地局の電磁波ビームが見える! 可視化に成功!フランス

スマホゾンビー増殖中: 今日最重要の “グローバルな問題”

満員電車のスマホ族、 “電子レンジ通勤” で命を削る?

スマホ依存症、“国家的人体実験” 進行中! 10年後は廃人続出?

WiFi が赤ちゃんの突然死の原因? マイクロ波の世界的権威が警告!

WiFi はステルス兵器だった! 冷戦時代から今日までずっと軍事利用!

「iPhone は人体から5mm以上離して下さい」 はトリック? スマホユーザー必見!

危険なWiFi: 常に全身、電磁波浸けの生活? せめて子供は守ろう!

あなたの “電磁波環境” をチェックする : 今の状態はどれだけ危険か?

スマートメーターだけではない! “列島 WiFi 化” に突き進む日本?

自動車は “走る電子レンジ” (1) 日本経済最大級のタブー

人類の第2次低脳化現象 (2) あなたも今リアルタイムで “低脳化” している?

 

 

 

 

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« コロナ騒動:“感染者発生の予... | トップ | コロナに対する “脆弱性” ... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2020-04-15 19:02:41
偉い学者さんなんだろうけど、素人には分かりにくいね。ザウルスさんの解説でだいたいわかった。(笑)
素人 さま (ザウルス)
2020-04-15 19:17:23
アカデミズムの世界で戦うためには、データの量や、根拠とする論文の数などをそろえなくてはならないので、どうしてもこうしたかたちになります。分かりやすさは二の次の世界です。

マーチン・ポール博士による電磁波についての問題提起は、科学的、専門的な裏づけがあるために簡単に否定できないので、電話通信(テレコム)業界にとっては頭痛の種です。

日本でもこういった科学者や医学の専門家が出てくれることを期待したいですね。
日本の感染症専門家 (ザウルス)
2020-05-16 17:22:23
この専門家の主張は傾聴に値すると思います。

「コロナ騒動:日本の一感染症専門家の視点:「新型コロナウィルスは存在しない」」                    https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/e156b2fd167d304955567b247768ed97?st=0#comment-form    
ロイズ保険の判断 (蜜)
2020-07-19 07:11:38
2010年、英国の保険会社ロイズ社が驚くべき報告書をまとめた。それは無線通信技術とアスベストを比較したもの。すでに今から9年も前に出されたものだが、さすが世界最大の保険会社である。同社のリスク分析チームは5Gのもたらす危険性について当時から注目していたというわけだ。その結果、ロイズは大手の通信事業会社から5G導入に関連する保険の引き受けを要請されたのだが、すべて拒否したのである。5Gのもたらす健康被害額が膨大になり、とても保険事業としては採算が合わないとの判断が下されたのである。実に冷静な対応であったと思われる。
蜜 さま (ザウルス)
2020-07-19 09:00:02
貴重な情報をありがとうございます。
5Gは集団訴訟が起きる公算が大きいと判断したということですね。冷徹な計算に基づく予測です。
しかし、電磁波の危険はすでに蓄積され、5G以前にすでにわれわれは耳の付け根まで電磁波漬けになっています。滑稽なことに、5Gの阻止を訴えている大半のひとたちの自宅は WiFi なんですよね。5Gだけをやり玉に挙げて安心しているんでしょうかね、家族を犠牲にしながら。電磁波は目に見えませんから。

「5Gの電磁波を遮るものなど何かございましたら、ご提案をお願いしたいのですが。」               https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/3c1105bb4049b0ec7c9f408d901344e1   
Unknown (Unknown)
2020-07-27 09:28:06
自然現象に見せかけた→人為的テロ

の形で。思考が整理された気がします。

論理破綻ウイルスのせいにした→電磁波5Gテロ(初期)
論理破綻ウイルスのせいにした→経済テロ(現在)
論理破綻ウイルスのせいにした→ワクチンテロ(将来)

思考の種を頂き感謝です。
思考の種 さま (ザウルス)
2020-07-27 12:49:22
ご指摘のように、一連の計画に沿って展開されていますね。
日本でも今現在、マスクをしている人たちの大半はワクチンを大歓迎し、我先に接種し、子供にも接種させることでしょう。ビルゲイツの狙い通りに。

1年や1年半でできるワクチンは治験の期間も範囲も限定的であり、副作用の危険が計り知れません。あのSARS や MERS のワクチンですら未だに出来ていないのにどうして同じコロナウィルスの COVID-19 がそんなに早くできるのでしょうか?
ワクチンという名目で実は別のものを植え込む計画であっても暴くことは難しいです。ワクチン業者は企業秘密として詳細な内容を開示しません。
電磁波 (bemsj)
2020-10-25 18:01:09
私もこの5Gを追いかけています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コロナ騒動」カテゴリの最新記事