running diary

マラソンやロードレースの大会記録や練習で感じたことを徒然なるままに記しております。

しあわせ健康駅伝大会

 | Weblog
朝、6時半起床。昨夜?今朝?午前3時に床に入ったばかりなので眠い。7時に洋輔の友だちH君の車と一緒に山本の山手台へ。7時半、tsukiusakoさん親子を拾って中国自動車道を通ってしあわせの村へ。快晴だがこの冬一番の冷え込みだ。
8時半現地到着。アップをして、トイレへを済まし、開会式に参加。
10時第一区スタート。トラックを一周して外周へ。この時点では洋輔は2番手につけている。まず外周を一周し、戻ってくるころには先頭とはかなり差がついていた。トラックに戻ってきたときには5番手。頑張っている。
2区はkonatsu-chanそのままキープして戻ってくる。
3区はM君。自分よりも速いが、2人に抜かれたそうだ。
そしていよいよ4区、私の出番だ!福知山から10キロしか走っていないのが不安だが、3キロ少々なので何とかなるだろうという甘い気持ちでスタート。外周へ出るとすぐに上り坂だ。少しオーバー気味に突っ込む。ピークを過ぎると今度は下りだ。3区のランナーを一人抜くと、50メートルぐらい前にピンクのゼッケン(4区)を発見!ロックオン!下りなので相手もそこそこ飛ばしているのかしばらく差は縮まらなかったが、平坦に入ると少し差が縮まってきた。一気に抜いていく。相手はついてこない様子だ。コースの南端まで行って北を向くと、ここからがなだらかではあるが、長い上りが続く。前にピンクのゼッケンは見当たらない。3区の選手を2人ぬかすが、少しスピードが落ちてきているのが分かる。トラックに入ってラストスパートをする力は残っていないが、もてる力を絞って5区のH君に襷を渡す。
このあと仕事があったので、結果を見ずに岐路に着く。あとでメールがきて9位入賞したことを知り、仕事場で小さくガッツポーズ!
コメント