running diary

マラソンやロードレースの大会記録や練習で感じたことを徒然なるままに記しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第9回池田猪名川マラソン

 | Weblog
 朝、妻と一緒に9時17分の日生発の能勢電に乗る。今日は第9回池田猪名川マラソン大会だ。10㎞のベストはこの大会の40’03”だ。昨年は帰りの向かい風にやられ、女子トップの野村さんにデッドヒートの末、負けてしまった。
 会場に着くとすぐにミヤーンさんと出会う。篠山で2時間50分を切り乗りに乗っている。うらやましい限りだ。ツキウサコさん親子にも出会う。こちらもフルのタイムが上がっている。
 ミヤーンさんと一緒にアップをしトイレに行き、ギリギリスタート地点へ。レースのシナリオを考える間もなくスタートだ。スタート間もなくツキウサコさんの娘コナッチャンを抜かす。最初の1㎞は3分台で通過。しかし、久々のレースで呼吸が苦しい。ダイヤモンドシティの折り返しまでは追い風だ。折り返しまででタイムを稼いでおかないとと思うがいっぱいいっぱいだ。走った距離は嘘をつかないことをあらためて実感する。
 折り返し付近で戻ってくるミヤーンさんとすれちがう。去年とほとんど同じだ。
 5㎞18’35”で折り返す。折り返して間もなくコナッチャンとすれちがう。近い!抜かれるかもしれない。急ぎたいが、向かい風が行く手を阻む。歩が進まない。
 6㎞地点でKARATEと背中にプリントされたT-シャツを着ている若者に抜かされる。しばらく風よけに使うもすぐについていけなくなる。7㎞ぐらいでもう一人30才台ぐらいの人に抜かされ少しついていくとKARATEのお兄さんに追いつく。このあと9㎞ぐらいでまた抜かされてしまう。この辺りで妻がカメラを構えていた。いっぱいいっぱいだが、笑顔をとりつくろう。
 そしてゴールへ。タイムは40’40”。40分は切られなかったが、昨年より1分は縮められたので良しとしよう。
コメント