頑固な鮎師の独り言!!

鮎竿、鮎仕掛け、鮎釣技、日進月歩の現在も、鮎ちゃんに見向きもされない頑固な鮎師の独り言!!&珍道中記。

狩野川鮎、水温低下と濁水で撤収

2020年10月20日 | 鮎友釣り

いよいよ鮎釣りも終盤。カウントダウンの狩野川 < 嵯峨沢おとりの家> へ。

東京では今期一番の冷え込みとか。こちらも涼しいと言うより寒い朝。

ゆっくり出掛けて午前10時スタート。水も+10cmになったので対岸に渡渉。

養殖を弱らないよう丹念に泳がすが、水温低下で追い鈍く1時間音沙汰無し。

2号養殖の出番。超浅瀬に入れて待つと待望のオトリサイズ。

野鮎に替わり少し深めの緩い流れに入ると23cm。オトリには少し大きいと思ったが、

荒瀬の脇に入れて暫く待つと同型がヒット。先日の増水でも下らなかった型鮎だよ。

その後流れの緩い浅瀬専用に狙って3匹追加。午後1時過ぎ水温14.5度。冷たい。。。

朝から思ったほど水温が上がらず活性低く、どの釣り人の竿もあまり曲がらなかったね。

遅い昼食を取っていると、先日同様あっという間に濁水状態。暫く待っても濁りは強くなるばかり。

午後1時半これからと言うときだが、仕方なく竿仕舞いしたよ。

鮎も少しサビが出始めたので、10月一杯で納竿するつもり。

お日様の出る日を選び、後何回行けるかな~。

本日の釣果: 16~23cm 6匹 (写真は横ちゃん含む)

……………………………………………………………………………………

最後までお付き合い有り難うです。ついでにバナーをポチン・・・更に有り難いな。

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  鮎釣りブログランキングに参加しています。

他にも鮎依存症候群鮎釣りサイト盛り沢山ですよ。

………………………………………………………………………………………


この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静岡限定、超人気のファミレス | トップ | 鮎は戦意消失だが、嬉しい贈... »
最新の画像もっと見る

鮎友釣り」カテゴリの最新記事