頑固な鮎師の独り言!!

鮎竿、鮎仕掛け、鮎釣技、日進月歩の現在も、鮎ちゃんに見向きもされない頑固な鮎師の独り言!!&珍道中記。

鮎逆バリについて

2008年02月26日 | 鮎友釣り

鮎逆バリ

渓流も間もなく全面解禁だね。それに続き鮎遡上の報も届く季節になってきたね。皆さんもそろそろ仕掛作りに精を出している頃かな。。。ボチホヂ自分もハナカン仕掛作りに取り掛かろうかと思っているよ。少なくとも100本は作らなければ・・・老眼が進んでいるので厳しいげどね~。

さて本題だけど、野鮎に直接触れる掛けバリについては、旧来より多々論議され尽くしているし、各メーカーから多種多様なハリが発売されているよね。しかし逆バリについては、掛けバリに比べどうも二の次になっている気がしてならないよ。

 上リード針3号・下回転フックとドッキング  

今回は自分が使用している逆バリの紹介と重要性について述べてみようかな。結論から先に言うと市販物では無いんだよ。ハリ巻き器を考案したY氏に特別に作って貰っているんだ。ハリはリードの3号・ハリス止めは回転式。ハリが大きすぎるって・・・違うだな!最近はオトリに負担になるからと小逆バリが好まれているようだが、自分は10cm以下のチビオトリにも3号のハリを使っているがなんの問題もないよ。  小さければ小さいほどチビレに刺さりにくく、何度もやり直すので結果オトリにダメージを与えてしまうよ。大は小を兼ねるんだな。。。

    フックが回転

このリード針の3号・・師匠が愛用、分けて貰い使ったところ、針先がスパッと切れて一発で刺さる優れ物。目から鱗で 以後市販物は用立たずでオサラバ。但し釣り具店で販売していない点が難点でね。昨シーズンは途中で品切れ・・・今年、師匠と釣り博でリードに替わるハリを探し回ったが、帯に短し・・・がまかつのアマゴ零釣法ハリで代用しようかと諦めていたところ、東作本店松本さんの尽力で取り寄せできることになったよ。これで一安心。

360度回転式フック部分は、鮎イカリ用針巻き器を考案したY氏のオリジナルなんだが、これも何処にもない優れ物。自分は4本イカリを多用しているが、1.2本針先が切れなくなると回転させ、切れる針先を下向きにすれば 針交換も従来より2.3倍伸びるだよ。こいつを使ってから針の消耗が驚くほど少なくなったな。 チラシ&ヤナギを使用する時など、元ハリを下向きにするのに苦労しない点も付け加えたいね。

掛けバリばかりに気をとられず、逆バリにも少々気を遣おうよ。選ぶ基準としては、大きさより針先が切れることが最大のポイントだからね。小逆バリ最良なんて事絶対に無いよ。最低でも2号以上を選ぶべしだね。

釣りブログ村ランキングへ参加中です!!

         ポチッ

見たよ~の証拠に、記事毎にポチンしてくれると嬉しいで~す。  


24日・愛馬出走結果

2008年02月25日 | 愛馬

 24日、愛馬3頭の結果 

京都競馬場・  ネルソンタッチ号・ 2R 3歳未勝利・ダート1600m 萩野琢騎手・▲53k

アテにならない予想・・・ダート替わり2戦目、減量騎手起用で何とか?△

パドック解説者もイチオシでネルソンを薦めていたが、経験の少ない若手騎手が3.4角で慌てて追ったため8着

 

京都競馬場・  ラホールフォート号・ 7R 4歳以上500万下・ダ1400m 川島騎手・57k、

アテにならない予想・・・中央へ再入厩しても2桁着順続き。展開の助けがないと? △ 

スタート地点の芝で行き脚付かず、後方から・・・差を詰めることが出来ず、指定席の2桁着順の12着 そろそろ引退の潮時だと思うが。

 

東京競馬場・  インテレット号・ 10R 4歳以上1600万下・アメジストS・芝2000m

アテにならない予想・・・鞍上強化。ここは希望も含めて強気に ◎

ゲートの出もスムーズ、好位で直線を向くが切れる脚を発揮できず7着 名手ペリエを迎えてもイマイチ・・・今後はダート転向で新境地を開拓して欲しいな。

愛馬のレースが終わったので、今年初のGⅠ・・フェブラリーS観戦してきたよ。嬉しいことがあってね。下の写真がそれなんだが、一番人気のヴァーミリアンの応援幕に愛馬<アロンの分まで>と書かれていたよ。多分ヴァーミリアンに出資している方が張り出したと思うが、なかなか出来ないことだな涙が出るくらい感動したよ。きっと心の広い方なんだろうな。。 勿論ヴァーミリアンの圧勝 オメデトウです。。。

釣りブログ村ランキングへ参加中です!!

         ポチッ

見たよ~の証拠に、記事毎にポチンしてくれると嬉しいで~す。

コメント (2)

今週の愛馬出走

2008年02月23日 | 愛馬

24日、愛馬3頭が出走

京都競馬場・  ネルソンタッチ号・ 2R 3歳未勝利・ダート1600m 萩野琢騎手・▲53k

アテにならない予想・・・ダート替わり2戦目、減量騎手起用で何とか?△

 

京都競馬場・  ラホールフォート号・ 7R 4歳以上500万下・ダ1400m 川島騎手・57k、

アテにならない予想・・・中央へ再入厩しても2桁着順続き。展開の助けがないと? △ 

 

東京競馬場・  インテレット号・ 10R 4歳以上1600万下・アメジストS・芝2000m

アテにならない予想・・・鞍上強化。ここは希望も含めて強気に ◎

インテレットの応援幕持参で府中に応援に行ってくるよ。彼の2年振り勝利に酔いたいが、果たして結果は如何にだよ。  

釣りブログ村ランキングへ参加中です!!

         ポチッ

見たよ~の証拠に、記事毎にポチンしてくれると嬉しいで~す。


22日・沖釣り(ハナダイ)爆釣?

2008年02月22日 | 沖釣り

茨城鹿嶋沖のハナダイ

ハナダイ絶好調の報を見て、Ayuさんと押っ取り刀で出掛けてみたよ。鹿島港・第三幸栄丸さんからの出船。前日は頭120枚超えだったので、今日は平日にも拘わらず釣り客ほぼ満席状態だよ。期待に胸膨らませ航程1時間弱のポイントに入って第1投。すぐさまアタリがあり、10年振りのハナダイ特有の3段引きで20cmが上がる。感動したよ。しかし昨日と違って長続きせず、その後はポツリポツリの始末。何度か場所替えして、帰港間際波も穏やかになり入れ食いの一時もあって、67枚の釣果だったが満足満足だよね。。船中の竿頭は86枚。一緒したAyuさんは予報では1.5mのウネリで有ったが、現実は3mのウネリで船酔い。。。苦しそうな顔で竿先のアタリに集中。。可愛そうだったな。それでもハナダイデビューにしては、クーラーに魚種多彩な獲物を納めることが出来たよ。まぁ~良しとするか。

ハナダイの外道に自己記録更新のホウボウが釣れたよ。リールのドラグを緩めておいたので何とかゲットすることが出来たがね。48.5cmの大物だったな。早速夕食で薄造りと刺身で食べたが、脂が乗って最高に旨かった~~。。

あっそれからね、混雑した釣り船では特に注意しなくてはならないのは、仕掛を降ろす時リールをサミングして道糸を送り出して欲しいよ。オマツリの原因になるよ。隣席に陣取った常連さんがサミングをしないので、自分の仕掛とオマツリばかり・・・・これにはマイッタよ。潮流れの速いときも同様にサミングが常識だからね。

釣りブログ村ランキングへ参加中です!!

         ポチッ

見たよ~の証拠に、記事毎にポチンしてくれると嬉しいで~す。

コメント (2)

山中湖ワカサギ釣り

2008年02月20日 | ワカサギ釣り

山中湖のワカサギ(ドーム船)

19日、ノウティーのお仲間Ayutarouさん、滝沢さんと山中湖へワカサギ釣りに行ってきたよ。アポロさんのドーム船を事前予約して有ったのだが、釣行前夜アポロさんの湖岸に氷が押し寄せて釣り不能との連絡が急遽入り、Ayuさんの尽力により、旭ケ丘観光のドーム船に変更

 

朝から晴天で気温は相変わらず極寒。。。でもドーム船の中はポカポカ陽気の春間近の趣。平日にもかかわらず満員の盛況 しかし平野地区でも氷が張り、氷を割ってぎりぎりどうにか出船の運び。朝間詰めのゴールデンタイム30分程は入れ食い状態。しかしその後は忘れた頃にポツリポツリで3時の納竿までに178匹。前回の釣行の三分の一。。。実績有るポイントには入れなかったので仕方ないよね。

ドーム船デビューの滝沢さん・・家族で食べる分はキッチリ勘定合わせする処など流石だったな。一方のAyuさんは食い渋る時間帯でも、カワハギの叩き釣り仕様で、一人気を吐いていた釣技には見とれてしまったよ。。

殆どの船宿で氷が接岸のため出船出来なかったらしいが、我らは運良く竿を出せただけでも良しと思うな。手配して貰ったAyuさんには感謝だよ。

釣りブログ村ランキングへ参加中です!!

         ポチッ

見たよ~の証拠に、記事毎にポチンしてくれると嬉しいで~す。


美味鮎の条件

2008年02月18日 | 鮎友釣り

美味鮎の釣れる川の条件は?

美味しいな~  と感じる鮎の条件は、個々の味覚に左右される点が大きいけど、40年以上鮎友釣りに関わって、全国の鮎を食してみた結果、自分なりの好みとしては下記に上げる条件が備わった河川の鮎が旨いな~と思うのだが?。。。美味鮎の絶対条件としては、砂食い鮎だけは論外な点は皆さんも異論がないと思う。それから綺麗な川=旨い鮎とは限らない点も付け加えたいな。

・ 源流or上流部に落葉樹の森林があること。 (針葉樹林ばかりだと、保水力が無く雨水が土砂&砂を一気に流し、砂食い鮎の可能性大)

・ 源流or上流部に石灰岩の岩石があること。 (石灰を含んだ川水が石苔をアルカリ性にして、鮎の身orワタを上質にする)

・ 上流部に温泉街が無いこと。 (温泉水が悪さをするのではなく、温泉浴槽の洗剤に含まれる塩素が、石に付く苔をも死滅させる)

・ 上流部に人家が少ないこと。 (家庭洗剤に含まれる塩素が、石に付く苔をも死滅させる)

・ 雪代水が豊富に流れ込むこと等水温が低いこと。 (雪代水の低水温で、身が引き締まる)

・ 放流鮎よりも遡上鮎が圧倒的に多いこと。 (放流物は皮が固いが、遡上物は柔らかい)

以上6点ほど上げてみたが、まだまだ他にも梅雨明け直後の鮎、トロ場より瀬の鮎等々数え切れない美味鮎の条件があるが、その全てをクリアー出来る河川にはお目に掛かったことがないね。どなたか知っているよ~の方は教えて貰えると有り難いな。

特に上記条件の中では、石灰岩のアルカリ河川鮎が美味な気がするよ。漠然だがアルカリ性の川が良質の鮎を育てる気がしているので、今年は簡易ペーハー測定紙を持参して検証しようかと思っている。結果が裏付けられれば良いのだが。勿論この場で結果報告しますよ。。。。

釣りブログ村ランキングへ参加中です!!

         ポチッ

見たよ~の証拠に、記事毎にポチンしてくれると嬉しいで~す。

コメント (2)

沖釣り(ヤリイカ)

2008年02月16日 | 沖釣り

ヤリイカ時期尚早

15日、聡丸でヤリイカ狙い出船。早朝の一時・Fサビキ釣りでクロムツ他を狙う。1.2投はアタリ無く、3投目210m底近くで竿先がガクンガクン・・・・・海面間際まで竿を絞り込み取り込んだのはメダイ。こいつは刺身よりも西京漬けで食すると超美味。 その後も本命クロムツ他アジ・サバ・キンメと飽きない程度に釣れたよ。お土産確保なので、ヤリイカポイントに移動。しかし潮替わりなのか昨日はポツポツ乗ったらしいが、今日は  で小型2匹のみ。今度はスルメポイントへ再移動。こちらもご機嫌悪いのか乗らず終いで帰港。

どうもヤリイカの群れが小さく、鴨川・太海沖は時期尚早の感。3月末から4月の声を聞いてからかな~~。僅かに釣れた貴重なヤリイカを、スルメの肝合えで食べたが、これが旨かったなーー。

釣りブログ村ランキングへ参加中です!!

         ポチッ

見たよ~の証拠に、記事毎にポチンしてくれると嬉しいで~す。


鮎竿ロッドホルダー

2008年02月13日 | 雑記

車内搭載ロッドホルダー(鮎竿用に)

鮎釣りの解禁に間に合う様にと、車内搭載のロッドホルダーを愛用車に取り付けたよ。既にご存じor使っているよ・・・の方もいるかも知れないが紹介するね。鮎竿に限らず船竿、ルアー竿にリールを取り付けたままでもだよ。

ステーションワゴン・ワンボックスの車内天井に簡単に取り付けられる優れ物。。 

荷物室の床に置くと、うっかり竿の上に荷物を置いたり、クーラー・オトリ缶等が倒れて高価な竿破損。 そんな経験をした方にはお奨めだよ。荷室の天井に取り付け収納できるので、余分な神経を使わず破損の心配無用なんだ・・・・外車でも一部車種には取り付けられる様だよ。

 (株)カーメイトから発売されている商品名ロッドホルダーメーカーのHPにて適合車種orサイズも載っているので、愛用車に合わせチョイスしてみたら。又カー用品店オートバックス&一部の釣具店でも発売しているよ。 

釣りブログ村ランキングへ参加中です!!

         ポチッ

見たよ~の証拠に、記事毎にポチンしてくれると嬉しいで~す。


沖釣り(アマダイ)

2008年02月11日 | 沖釣り

アマダイ釣り(撃沈)

10日、行きつけの外房太海 『聡丸』 へAyutarouさんと行って来たよ。道中の外房有料道路・・前々回の雪が残り、まるで雪山ドライブだっよ。  長年通っているが房総でこんな景色見るのは記憶にないな~。朝晩凍結するので気を付けた方が良いよ。

さて久しぶりに午後船乗船。前日に関東南岸を通過した低気圧の関係と北西の風で、うねりが少々残っていたが釣りには問題なし。正午河岸払い航程15分程の近場でオキアミコマセの第一投。

今年から使い始めたシマノ・バットジョイントシステム竿のマルイカ165・・・ライトタックル竿。マルイカに限らずイサキ、アマダイ、マダイにも使える胴調子竿。波が荒い時、船の上下動を吸収してくれるので最高。竿頼りにコマセを振り、底近くを根気よく狙うがアマダイ特有のコツコツツーーンのアタリ無し。潮も速く濁り気味。条件としては芳しく無い。

そんな中コマセ釣りデビューのAyuさんは  トモに陣取り、マルイカ竿を大きく曲げて、外道だが大型ホウボウ他、旨い魚ちゃんを順調にゲット。 さすがカワハギ釣りで腕を磨いただけあり、コマセ釣りも難なくマスター。。。恐れ入りました。 こちらは全く反応無しでムシガレイとカサゴ各1匹のみ。竿は良いのだが腕がイマイチだからもっと勉強しなければ。。。。

本命アマダイ・・お顔拝見出来ずの撃沈で、 灘寄りのポイントへ移動しマダイ狙いに変更。これが功を奏し沖上がり間際、どうにか小型マダイ1匹ゲット。それにひきかえAyuさんは、移動後も快調に数を伸ばしマダイ3匹ゲット。魚種多彩の5目釣り達成・・・勿論今日の竿頭。 満面の笑みが印象深かった一日であった。外房は波が荒く船酔いするのでイヤイヤしてた彼だが、今日は船酔いもせずバッチリ。誘った甲斐があって良かった良かった。

釣りブログ村ランキングへ参加中です!!

         ポチッ

見たよ~の証拠に、記事毎にポチンしてくれると嬉しいで~す。

コメント (2)

釣り博・グットな2008年鮎竿は

2008年02月09日 | 鮎友釣り

釣り博・鮎竿発見!!

9日(土)、横浜のつり博に行って来たよ。 ダイワ&がまかつには興味がないので  素通り。。シマノブースで久しぶりに小倉兄弟とも会って話し込んでしまったよ。それにしても大混雑でジックリ見る時間もなかったが鮎竿を紹介したいと思う。

興味があったのは高級鮎竿ではリミプロ・FW NE (定価336000~347000)が気に入ったよ。 小倉吉弘ちゃんのイチオシ・・・ 四万十川専用にH2.75が合いそうな感じがするな。別売りで新ソリッドも有るので、その効果を試したいがなにせ高額なのが???悩むところ。 でも欲しいな~~~。

もう一本は、スペシャル エステート NX かな。。堅さはH2.6-2.75の3本ラインアップだが、自重が210~235g・・この軽量に魅力を感じるな。重たい竿はゴメンなんでね。しかしこちらも(定価291000~309000)うぅーん悩んでしまうよ。

最後にイチオシは安価な竿で、 ナイアードNK (定価60000~67800)中でもH2.5 85NK 8.5m 230g 61100円・・・・  こいつはバランスも良くて自分好みの竿だよ。昨年購入した小太刀より胴に乗るので気に入ったな。持ち重りも少なく、特に女性&高齢者にはピッタシカンカン。 香燐支流モデルより数段出来が良いよ。関東の中小河川では9m竿なんて必要なし。この長さがあれば充分だよ。自分用と婆さん用or今年デビューのに、併せて3本購入即決するよ。 

なんだかメーカーの謳い文句に踊らされている気もするけど。実釣で使ってみないと何とも云えないけどね。

アトラクションで、釣り好きのタレント・有名人対象にした第3回クール・アンドアングラーガ・アワードに森下千里さんが表彰されたんで写真撮ってきたよ。

 釣りブログ村ランキングへ参加中です!!

         ポチッ

見たよ~の証拠に、記事毎にポチンしてくれると嬉しいで~す。