あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

のんちゃんを応援するにあたり…

2018年06月18日 | 邦楽
やっぱり、朝ドラ「あまちゃん」の主役だった能年玲奈ちゃんが
名前を変えて活動している事を知らしめる必要があると思い直し
ているんですよ。



「やついフェス」や洋画「グレイテストショーマン」応援上映など
不特定多数イベントに彼女が登場した時の一般ツイートを見ると、
まだまだ「あまちゃんの能年玲奈が名前を変えて芸能活動している」
~と知らない人が多いんだなと感じる。

もっと拡散を続けないといかんと思ったのだ。



前の事務所との遣り取りで「独立前の仕事のことは語らない」と
されているようだが。

そんな事は我々ファンには関係ないのだ。
スポーツ紙や週刊誌で情報を得てない人には「能年玲奈=のん」の
繋がりが把握できないのだ。

SNSやってる若い人などに何かの機会で私のツイートなどが引っ掛
かってくれれば…それを願うばかりなのだ。



「あまちゃん」から5年目。繋がりの記憶も希薄になる、知る機会も
失われていく…。

去年の今ごろなんて「ワーハピ2017」出演が発表された頃。
しかも、何をやるか分からない状態で。

※アーチストとして絵を描くかもなんて言われてたんだから



音楽家宣言は、その後ですよ。
御本人は「前を見ていく」と語ってるし、その意思は素晴らしいが
以前の仕事も大字です。やっぱり繋げて紹介したいです。

そんなワケで、これまでツイッターでハッシュタグ「のん」としか
表していなかった私ですが、今後は積極的に「能年玲奈」のタグも
使っていくつもりで御座います。
コメント (2)

やついフェス2018の余韻

2018年06月17日 | 邦楽
いやぁ、思った以上に楽しかった。

正直「のん」ちゃん見るのが目的としては第一で・・・



そのうえ「クロマニヨンズ」「人間椅子」が見れれば
もうけもの・・・てな気持ちだったのですが。

いや~、開会式から最高で。
お笑い含め、すっかり楽しんでしまいましたよ。



顔嵌めパネルも数か所あり。

ぼっち参戦に負い目は無いが、こういう時は撮ってくれる
連れに居て欲しかったなぁ。



マキタスポーツの事務所ネタも、面白かった。

彼、オフィス北野に所属してたのね。
「歌合戦」の前それをネタに弄られ、逆ギレする様は最高
でした・・・。



イベントとしては分煙に努力して欲しいな。
館内の飲食コーナーに煙が流れてて結構参りましたよ・・・。

携帯電話用の充電スタンドがあったのには感心したけど。



まぁ私は自前の充電器持って行ってましたけどね。

※(無料とはいえ)充電スタンド使っても、その間は
 現場待機しなきゃいけないし・・・。



あとは、のんファンとして、一般フェス会場の雰囲気を
味わえた事が印象深かったな。

事務所独立から改名の流れ。それを知らない人も結構
いそうだな・・・と。



ネットやスポーツ紙、週刊誌に取り上げられてはいるが

「能年玲奈⇒のん」となって音楽活動している事を知ら
ない人も多そうだと改めて思ったものでした。
コメント

「やついフェスティバル2018」に行った⑧

2018年06月16日 | 邦楽
次はザ・クロマニヨンズ。

小腹が空いたので外のコンビニでジャイアントポークフランクを
買って食ってたら、O-eastは超満員になっていた。

※ああああ、不覚だー!!



場内の密度が凄い。ホントの超満員。
まず混んでてヒロトが見えない。階段の柱近くでやっとステージが
見えたが、マーシーの姿が少し見える程度のキビシイ状況。

しかし、それでもサウンドは強力だ。
バスドラを踏む振動が空気で伝わる。リズムの疾走が全面に飛び
出してくる。



1曲目は「ナンバーワン野郎」
さらに「エイトビート」など次々とエネルギッシュなチューンが
続いていく。

MCは殆どないが「DJみそしる気になってるのに来てくれて有り難う」
「オレも気になるよ」などと語るヒロト。

来てくれた人をサイコーのロックで迎えるのがクロマニヨンズ。
「ギリギリババンバン」サイコーの日々だ!

「時間8分押しだから、それで来て下さいって言われてたんだけど」
「のんさんが詰めてくれたんだよね。立派だよね」

※確かに狭い道に機材車が連なると混乱するし、準備だって裏の
 ガレージに楽器並べる感じだったもんな。進行も大変です。

オーディエンスも凄い。女子単独参戦って感じのコも居たが、ノリ
まくって素晴らしかった。カッケーよ!

3分ロックの畳み掛け。曲数も多い、凝縮されたステージだ。
熱気ムンムンの中、パフォーマンス終了!



※その後は牛歩の進みで出口に向かう…。

次はO-West(2F)で20:50から人間椅子!
ただし時間は開いている。…とはいえ合間に何か見る余裕は無い。

ここは「フェス協力飲食店」で食事としよう…と「はなの舞」へ。
O-WestとEast間の通りは、例によってラブホ街だから、そういう
飲食店とか無いんですよ。



そんで、道玄坂方面へ移動して「はなの舞」へ。
リストバンド見せて入場。
※あとで見せて会計時1割引なんだけど、見せたかったんです!

それ見て「ありがとーございまーす!」って威勢よく挨拶して
くれて嬉しかったですよ。

やっぱビール一杯飲みたくなったのでグラスで注文。
つまみ兼、食事って事でイクラとカニの海苔巻きも。

15分ほど掛かりますと伝えてくれて「大丈夫!」と返答。
実際、それほど掛からず出て来て、食事と飲みを楽しめた。

ホールの人が後で「大丈夫でしたか?直ぐ来ましたか」と気に
掛けてくれたのも嬉しかったね。



たんまり食って、少しツイッターやって会場へ戻る。
今度は、O-west。人間椅子はトリだ!

~つか、こちらも9割り以上の入。ほぼ満員だ!

少しセッティングしてまた袖に戻るメンバー。
そこにフェスイメージ曲が流れる。ジングルとも言える爽やか
ソングが実に似合わない!!(笑)

ステージに現れた3人、強力なハードロックを展開!
クロマニヨンズがロックンロールなら、人間椅子は圧巻の日本語
文芸ハードロック!

歌も音程外さない。演奏も上手い!リズムと音階の安定感が凄い!
それなのに荒々しさは失われていない。

音の厚みもトリオと思えぬ重厚さ!結成30周年とおもえぬパワー。
日本語なのにブリティッシュ!

凄い!凄いとは思っていたが想像よりもっと凄かった!



三島由紀夫原作のTVドラマのテーマ曲「命売ります」も目を剥いて
大熱演!

和服のフロントマン2人とマッチョなドラム。

白塗りスキンヘッドのベーシスト 鈴木研一。ディストーションの
掛かった重いドライビング・ベースが凄まじい。

ギターは文芸HR界の達人=和嶋慎治。
痩せた風貌はスティーヴ・ハウ的なギター仙人の面影あるが、まだ
まだ彼の刃は血を欲しているような…。

弟子が総掛かりで来ても、軽い動きで全員を転がしそうな体術の達人
的な雰囲気がある。
そんな和嶋慎治が「世界一白塗りが似合うベーシスト」と語るのが、
鈴木研一。

その鈴木研一が「学校の同級生。当時から最高にギター上手かった」
~と語るのが和嶋慎治。

全員歌えるのも強みだ。
ドラムのナカジマノブが歌う「悪夢の添乗員」もパワフルかつ中々
キャッチー。
サビ近くでオーディエンスと掛け合いを盛り込んでくるのが上手い。

そう、そもそも曲がイイんだ。リフがあってAメロあって、しっかり
サビを歌って…。ブリティッシュロックの様式美に日本の文芸。

ラスト付近で「人面疽」「針の山」が歌われ、なんと最後はファンが
アンコールを求めた。
※フェスでアンコールは珍しい!

ありがたい事…と現れた3人は、最後「なまはげ」を演奏。
強力にO-westのラストを飾ってみせた。

ファンも大満足です!!



~とはいえO-eastの「フィナーレ」も見たい私は、急ぎ足で移動。
やついDJが仕事を終え、いよいよステージには大人数が集まってた。

「フィアナーレ」も佳境。
やついも「みんな、ありがと~!」と感激の挨拶。最後は全員並んで
客席と記念撮影。

※エレキは当日深夜もラジオの仕事があるそうな…
 「みんな聴いてくれよ~、って言ってもどうせ寝るんだろうな」と
 自虐コメントも…。

最後も牛歩で1Fに降りると、アクションドローイング/ペイントの
イラストが出来上がっていた。



原田ちあきさんは今回のフェスグッズのデザインもやった人です。
さすがの個性ですねぇ。

なんだかんだで夜になってしまった。要所で休養を…と考えたが、
結局は予定通り見て回って、イベント終わったら疲れちまったよ。
※腰も痛いし…

でも、楽しかったね。笑ったし、ノッたし。
演者さん、スタッフさんに感謝です。

とっても楽しい「やついフェスティバル」。来年も6月中旬の土日
開催だそうです。

(あくまで参加メンバー次第だけど)次回も来たいな!!
コメント (2)

「やついフェスティバル2018」に行った⑦

2018年06月16日 | 邦楽
17:25から「大友良英スペシャルビッグバンド+のん」の
予定だが、8分ほど押している。



みな熱演しすぎだよ。とくにお笑い(笑)!

私はメインステージ正面の前から6番目程の位置で待機中。
ステージとは黒いカーテンで仕切られてるが、サウンドチェックの
音は聴こえる。



つか「アー、アー」って声がマイクに乗っているが、これって「のん」
ちゃんじゃないか?

単独ライヴなら、これだけでも大歓声、大盛り上がりなのだが、静かな
場内に少し不安がよぎる。

それから暫くして幕が上がると、「スペシャルビッグバンド」の名に
相応しい大人数のミュージシャンがステージに並んでいた。
※基本的に椅子に着席スタイルです。



最初は、ゆったりとしたメロディアスな曲から。
「潮騒のメモリー」をスローペースで弾いてらっしゃるのかな?
~と思ったら違うよ。

「悲しくてやりきれない」だよ!
「この世界の片隅に」のテーマになってるフォークルの曲だよ!



そもそも「あまちゃん」劇伴演奏のために集結したグループです。

「あまちゃん」→「この世界の片隅に」の主人公として輝きを放つ
能年玲奈=のんちゃんのために「悲しくてやりきれない」の演奏が
あっても、それは自然なことだと言えます。

インストの「悲しくてやりきれない」は朗々と演奏されて終了。
ステージ右に座る大友良英リーダー(g)が早々に立ち上がって挨拶。

紹介されたゲスト=マッツ・グスタフソン(Sax)が加わり、さっそく
拭き始める。



Saxでプロペラ音を再現。ヘリが高度を上げ下げするような音色も。
※ギタリストでは象の鳴き声を再現するエイドリアン・ブリューの
 ような人もいますから、そういうのも技量の一つって事ですね。

そのまま不穏なムードを醸しだしフリージャズへ。

※あとでセットリスト確認したら「ソング・フォー・チェ」という
 曲名だったそうで。
 キューバの革命家=エレネスト・チェ・ゲバラへ捧げられたモノ
 だったんですね。そりゃ戦場っぽい音になるわ。

大友リーダーは途中、センターに乗り出し、大きく手足を動かして
「指揮」。独特のスタイルが目についた。

フリージャズといいつつ要所ではユニゾン決める「まとめ」の美も
感じさせてくれました。
※しかし、渋さ知らズといい、カルメラといい。今日はジャズ系の
 バンドが多いな。カッコいいし実力ないと出来ないからイイけど。



そして、大友リーダーが「さっそく二人目のゲスト」として呼んだ
のが「のん」ちゃん!

ステージ右から現れたのんちゃんは青いワンピースで可憐に登場。
さすがに多くの観客から拍手と歓声が上がった。

「いや~、トロけちゃうね!」と身をクネらす大友リーダーは何を
今さらデレておるのだ…。

「マッツとのんちゃん…凄いゲストだね。寿司屋で天ぷら頼んで、
ステーキが出てきたみたいな…!!」

「じゃあ、のんちゃん登場という事で、曲はエリック・ドルフィーね」
~と、これまたフリージャズを炸裂させるリーダー。
※エエエエエエ~ッ!?



のんちゃんにギター弾きまくりを求めるが、カッティングやコード・
ストローク中心ののんちゃんにはキツイような…。

少し戸惑いながらもジャカジャカ弾いてる様子ののんちゃん。
私の位置から遠いせいかギターの音もオフ気味だ。

ノリノリの大友リーダーは各パートに見せ場を作り、サックスバトルや
キーボードソロなど演奏を伸ばした模様。
※しかしマッツのサックスは木管みたいな音も出せるのな…

4曲目…という時にMCで「長くやりすぎちゃった。一曲トバすね」と
説明したが、マッツには通じず、楽譜も日本語で書いてあるって事で
脇のメンバーがページを捲ってコミュニケーションを取っていた。

大友リーダーも慌てたのか『客に英語、マッツに日本語』で話し掛け、
「ああ逆だ」と自ら困惑。
そんな時のんちゃんは当然、横で天使の笑顔を浮かべておりました。

「じゃあ、一気に70年代で」とリーダーが語れれば『あの曲』ですよ。
「タイムマシンにお願い」!



ホーン陣が重厚な音を奏でる「タイムマシン」、なかなか強力。
リーダーは客席を煽り、サビの歌唱を誘導。(歌いましたよ!)

エンディングは指で残りを示し、ビシッと決めてくれました。
※盛り上がるねぇ

続いて大友リーダー作曲の「おやすみ」。
スローなバラードだが、「スーパーヒーローズ」のヴァージョンより
編成上やはり管楽器の響きが厚い。

~というか「あまちゃん」の劇中でゆったり流れる劇伴と合体したか
のようだ。

「見守られる側」として、「おやすみ」と言われてスヤスヤ眠ってた
天野アキちゃんが、「子を見守る」すずさんになって「おやすみ」って
言ってあげてるような…そんな優しい名曲だと思えました。

終盤の「ポロンポロン」音は、今回ホントに「おきあがりポロンちゃん」
揺らして鳴らしておりました。



イマイチ鳴りが自分の手の動きと連動せず、のんちゃん少し困惑気味に
見えましたが、最後はしっとりとエンディング。

そんで、次の曲も大友リーダーが関わった曲。
作曲は「あまちゃん」から組んでるSACHIKO Mさんで疾走感あるチューン
「RUN!!」

出てきた時は少しオドオド気味だったのんちゃんなれど、最後はノリノリ。
笑顔で元気に歌ってました。

大友リーダーもギターソロを決めて、曲を盛り上げてくれましたよ。



のんちゃんの音楽活動を紹介した大友リーダー
「のんちゃんのCD買った人?」…と問い掛けたが手を上げたのは私を含め
一部のみでガックシ。

「案外少ないな~!みんな買ったげてよ~!」と嘆いてましたよ。
※やっぱりドルフィー期待して集まった大友ファンが大半だったのか?

でも私の後方では若い女性客が「可愛い~」と溜め息ついてたし、能年玲奈
→のんで音楽活動やってる事を知らない人も居るだろうから。



こういった事を機会に色んな人に知って貰うのはイイ事だと思いましたよ。

大友リーダーは最後も「頼むね!応援したげてよ!」と客席にお願いされて
いましたから、少しでも広がることを期待したいです。

配信でもなんでもイイから聴いて下さい…と。

(続く)
コメント

「やついフェスティバル2018」に行った③

2018年06月16日 | 邦楽
続いては渋さ知らズオーケストラ。

やつい主宰に紹介されてメンバーがゾロゾロ登場する。
なにせ人数が多い!

「今回も呼んでもらって有難う御座いまーす」
「渋さ知らズでーす!」と挨拶もそこそこに演奏が始まる。



安定のアングラ土着フリージャズ。
しかもゴージャスな女性ダンサーもフロントにいる。

ホーンの人数も多く、フィドル、ギター、ベース、キーボード、
ドラム、打楽器や民族楽器が並ぶ様は圧巻。
※ギターも良い68年(?)フレーズ弾いてました!

そしてハッピと赤フンのヴォーカルが会場を煽る!
フリージャズや民族音楽、ラテン、ダンス、ロックの混ぜこぜ
音楽、それに合わせて全身白塗りの舞踊集団がウネウネと踊る。

バレエダンサーも白塗り(チュチュ着た山海塾…)、なんと
2mはあろうかという脚立の天板に立ってのパフォーマンス!
※取説には「立っちゃ駄目」って書いてあるのに!

ゴージャスダンサーは頭頂部盛り盛り睫毛バサバサ!
巨大バナナを持って踊る女性もいる(振り付けシンクロ!)

ステージは異次元の空間。
中央で指揮する高田渡さんみたいな男性は酔っぱらい丸出しで
タバコを吸い始める。



中心人物だそうです…。

そんで、途中から出てきた小島真由美さんの腰に手をやり、
頬に顔を近づけたり「やりたい放題」。

白/水色ワンピースの小島さん、すごくスタイルが良い!
歌の合間にちょっかい出されて「楽屋でね♪」とサラリ流す
姿が大人だ!(少し渋谷系に足突っ込んでた時期あり…との事)



さらにステージは盛り上がる。

赤ふんヴォーカリストが「一週間」の替え歌を歌う。
「月曜日は男だらけ~、火曜日は女だらけ~♪」
「ちゅらちゅらちゅらちゅらちゅらら~♪」これが加速してく!

「歌詞なんて間違えてもイイから、メロディも違ってイイから」
「いっしょに歌ってくれー!!」

うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!アツイぜ!

ジャズ・ロックから混沌のフリージャズへ。
でもキメはしっかりユニゾンで印象的なフレーズを決める!

こっちゃ雑葉も聴いてるから雑多もOKさ!

つか、ヤベエもう声枯れてる…。
(続く)
コメント

「やついフェスティバル2018」に行った②

2018年06月16日 | 邦楽
神谷明さん、まず歌う!

『バビル2世』・・・上手い!(私もつい歌う!)

そして『ゲッターロボ』!
うわぁぁぁぁぁ、もう「ガンガンガンガン!」と叫んでるわ俺!



さらに『ライディーン(おれは洸だ)』
ははははは、自らが主人公を演じた番組のチューン連発だ!

※あと『ダンガード』も歌われたかな?記憶が曖昧だ…

そして「キン肉マン」から2曲!
主題歌『キン肉マンGO FIGHT!』が盛り上がる!

「GO!GO!MUSCLE!!」
掛け声に応じる観客、なんと訓練されたオーディエンス!

「私は(ドジで)強い(つもり)、キン肉マ~ン」
「走る(すべる)見事に(コケる)」…って、キミら何歳だ!?

若い観客が盛り上がっているじゃないか!
私世代でドストライクなのに、凄いぞみんな!

そして、さすが神谷明さんは盛り上げが上手い!!



ダテに声優レジェンド枠に居ないぞ!
神谷浩史さんに尊敬されてるだけあるぞ!
「父親みたいな存在です」とか言われてるんだぞ!

歌い上げて終いににゃ「モッコリ!!」とシティハンター主人公
冴羽獠の声で叫ぶ神谷さん。観客は大歓声。

やつい主宰に促され、「開会宣言」。
バインダーを開き見事な声で読み上がると、再びフロアは大歓声。

DJブースから降りてきた、やつい主宰も興奮し「フェスを楽しむ
秘孔を押してやってください!」と依頼!

「分かりました」と構えた神谷さん、ケンシロウよろしく正拳を
伸ばし「ウワタタタタタタタタタタタ、アチャー!!!」と叫ぶ!

「オマエは、もう楽しんでいる」

場内、歓声と大拍手!
すげえ、初っ端から凄い盛り上がりだ!!

(続く)
コメント

「やついフェスティバル2018」に行った①

2018年06月16日 | 邦楽
まず「やついフェス」とは。

お笑いコンビ「エレキコミック」のボケ担当で音楽DJでもある
やついいちろう主催の周遊型フェスの事なのだが



東京・渋谷のライブハウス『O-EAST』を中心とした12会場に、
やつい本人がオファーしたミュージシャン、芸人、アイドルなど
ジャンルを超えた約280組が集結し



二日間に渡り、それぞれパフォーマンスを行なうイベントなのだ。

昨年は八代亜紀という大物を登場させ、さらに薬物騒動明けの
「のりピー」まで引っ張り出したとして大きな話題となった。



今年は我らが「のん」ちゃんが大友良英さんのバンドにゲストと
して参加するという事で、(土曜のみ)チケット購入。

待望の当日を迎えました。



11時からリストバンド交換という事で、少し過ぎた時間で
交換場所の道玄坂SOUND MUSEUM VISIONへ。

※ユーロスペース脇のLOFT9でも当日券販売とリストバンド
 交換あり。



有難かったのがスタッフさんが細かく配置されてて色々と
対応してくれた事だな。

案内から何からお世話になりました。



チケット差し出してリストバンドを嵌めてもらう。
同時に600円支払ってドリンク・チケットを受け取る。



パンフも貰った。
折りたたまれた物ゆえ携行しやすくて有難い。

タイムテーブルも載っている。
※オッサンの私には字が小さかったが・・・



オープニング・イベントまで時間がある。
腹減ったので近場で昼食を摂ってようと考えた。

パンフを開くと「やついフェス協力飲食店」の地図が。



東急百貨店側にラーメン屋さんがあったので。そこで
味噌ラーメンを食べた。

「風来居」という店。味噌ラーメンに「きくらげ」が
乗っているのがユニーク。ゴマも掛かってて美味でした。



さて、いよいよ会場入りだ。

●O-EastメインStage(2F)
12:30~

やついDJが定番の三国志コスチュームで最初から
盛り上げていた。



噂の「やつい人形」も登場しておる。
操るメンバーもステージ登場。
客席は満員で拍手喝采。

DJやついも煽りつつ「撮影してイイぞ~!!」と叫ぶ。



あれ?「諸注意」には、いかねる場合でも撮影はNGと
書いてあった筈だが、主催者が言うんならイイか!・・・と
みなスマホ取り出して撮影。

※もちろん私も撮影しました。



12:50~
やついDJに呼ばれる形で声優の神谷明さん登場!

紹介の遣り取りで毎年「開会宣言」されていると知る。

じゃあ「宣誓!」と始まるのかなと思ったら曲のイントロが
流れ出した。

「バビル2世」じゃないかよ、自分で歌うのかよ!!(笑)

(続く)
コメント

いよいよ明日は「やついフェスティバル」!

2018年06月15日 | 邦楽
あああ、いよいよ「やついフェス」が間近に迫ってるというのに
ここ2日ほどコロシアム、テンペストばっかり聴いている!

※追悼ジョン・ハイズマン氏…



~とは言え、タイムテーブルも発表されて随分経ってるし、
やはり予定は立てないといけません。

15箇所で並行して催されるLIVEや演目の数々。
身体は一つしかないんですから、上手く移動しないとお目当てを
見失ってしまう可能性あるんですよね。



やついフェス 6/16(土)
【個人的タイムテーブル】

11時からリストバンド交換(下記2ヵ所のいずれかで)
●道玄坂SOUND MUSEUM VISION / ユーロスペース脇=LOFT9



以下、LIVE
●O-EastメインStage(2F)
12:50~13:00
神谷明
13:00~13:50
渋さ知らズオーケストラ



●O-EastサブStage
14:55~15:20
かもめんたる ナイツ 立川吉笑



●O-EastメインStage(2F)
15:35~16:45
「やついフェススペシャル歌合戦」
マキタスポーツ、やついいちろう、ナイツ埴 ぱいぱいでか美、
大槻ケンヂ、DJ KOO等



●O-EastメインStage(2F)
17:25~18:15
大友良英スペシャルビッグバンド+のん



●O-EastメインStage(2F)
19:00~19:40
ザ・クロマニヨンズ

●O-West(2F)
20:50~21:30
人間椅子



●O-EastメインStage(2F)
21:25~21:45 ※途中から参加
DJやついいちろう

21:45~22:00
フィナーレ



さぁ、予定通り見れるかな?

のんちゃんだけはハズさないぞ!!
コメント

そして中村雅俊の秋コンサートが決定

2018年06月11日 | 邦楽
小椋佳さん作曲の「俺たちの旅」「ただお前がいい」を
歌い、大ヒットさせた中村雅俊。

※私にとっては永遠に「カースケ」で「ソーリ」だから
 彼に関しては敬称略で御許しいただきたい。



そのマサトシのコンサートツアーが秋から行われます。
「次は中村雅俊の公演に行きたい」なんて思ってたら
発表されてました。

タイトルは
中村雅俊コンサートツアー2018「ON and ON」Vol.2



以下、日程と会場です。

9/26(水)18:30~
日本特殊陶業市民会館ビレッジホール(愛知)
全席指定¥7,000

9/29(土)17:00~
かつしかシンフォニーヒルズ・モーツァルトホール(東京)
S席¥6,500

10/6(土)16:00~
摂津市民文化ホール・くすのきホール〜Acoustic Unit〜(大阪)
全席指定¥5,000

10/7(日)16:00~
丸亀市綾歌総合文化会館・アイレックス〜Acoustic Unit〜(香川)
全席指定¥6,000



10/13(土)16:00~
相模女子大学グリーンホール〜Acoustic Unit〜 (神奈川)
全席指定¥6,500

11/17(土)16:00~
クラギ文化ホール(三重)
全席指定¥6,500

11/24(土)15:30~
森町文化会館〜Acoustic Unit〜 (静岡)
全席指定¥6,000



11/25(日)16:00~
美濃加茂市文化会館〜Acoustic Unit〜 (岐阜)
全席指定¥5,500

12/9(日)17:00~
二本松市民会館〜Acoustic Unit〜 (福島)
全席指定¥3,000

・・・行くなら葛飾か。チケット取ろうかな。
コメント

小椋佳「歌談の会」に行った②

2018年06月10日 | 邦楽
小椋さん、さすがにスツールに座っての歌唱。
「4曲ほど歌って・・・疲れちゃいました(笑)」

「昔は歌って疲れるなんて思いもしなかったけど」
・・・そう言って観客を笑わせる。

おしゃべりが多いのも、案外ペース配分されてるのかな。
※「今年は入退院繰り返して」なんてホントに心配になる
 コメントもあったが、結局は中休憩とか無かった。



その分、色々と興味深い話が聞けました。

自身の作曲に関しては音楽的な教育は受けてないし、
バックグラウンドが無かったとか。
※それであんな美メロが浮かんだの・・・!?

これまで小椋さんに関しては「詩」「日本語の復権」など
中心に語られてたが、今回は歌唱スタイルの事が語られた。

「自分の呟くような歌い方で良いのかなと疑問に思った」



「しかし留学先の米国でレナード・コーエンのような
 ミュージシャンが人気だったから、これでイイのかな」
・・・と考えたそうです。

※フランスのジョルジュ・ムスタキという人にも傾倒された
 そうな・・・

こういった話が聞けたのも大きな収穫で御座いました。

そして、いよいよ小椋さん(のみ)休憩タイム。
ウクライナ出身で日本で活動している女性歌手ナターシャ・
グジーさんを紹介して舞台袖へ。



バンドゥーラという50以上の(!)弦を張った楽器を演奏し、
美しい声で美しく歌う美しい音楽家ナターシャさん。

小椋さん作曲の「命はいつも生きようとしてる」を弾き語り。
そして小椋さんは意外と早く戻ってきた。
※休憩になりましたか??

“歌綴り” 音楽劇へ。
小椋さんがナレーションを務め演奏メンバーが台詞を担当し
「かぞく劇」が進んでいく・・・。

なお、その際に「もっと前にメンバー紹介する筈だったが、
段取りを忘れてしまいました」というMCあり。
「色々と忘れっぽくなってしまいまして・・・」とも語って
ファンの笑いを誘った。
※ご同輩といえる年齢層ですから・・・



劇中で歌われる、「愛燦燦」などの名曲群。
※布施明さんも同様の公演内で一人舞台やっていらしたな

コンサートは緞帳が降りて終了したが、終わらぬ拍手に
再度上がって小椋さん登場。

「70過ぎてアンコールは辛い」とファンを笑わせる。

そして曲紹介。
劇団・東京キッドブラザーズに提供した「次の街へ」。

大拍手に「じゃあ調子に乗って」と2曲続けた。
「この汽車は」、最後は「サヨナラ」。

歌い終わって手を上げて「さよなら!」と去って行った
小椋さん、毎回お別れのつもりで歌ってらっしゃるのか?

声に関しては時に高音を苦し気に歌われる事もあったし
途切れた事もあったが、後半は声の出も良くなっていた。

レコード会社の勧めで「LASTAlbum」という新曲集を吹き
込んだそうで、発表予定もあるとか。



健康の事もあるので無理は言えませんが、マイペースでの
コンサートを続け、名曲をファンに届けて欲しいと思った
大宮公演でした。
コメント

小椋佳「歌談の会」に行った

2018年06月10日 | 邦楽
6月10日はデモとコンサートのハシゴです。

ウンヶ月前からチケット購入してますから…
デモも最後までは参加できませんでした。

会場は2,500人収容の大宮ソニックホール。



小椋佳さんといえば、マセた小学生の私が深夜放送で聴いて
一気に好きになったシンガーソングライターです。

美しい歌を作り歌う人です。

しかし、生歌は聴いた事がない。現在74才の小椋さんは
大病もなさっている。

少し前は布施明さんを見に行った。昭和の名唱を聴きたいと
思ったのです。

会場はほぼ満員。お客さんの層は…私よりセンパイな男女。
コンサートの題名が『歌談の会』。
きままに語り、歌うという趣旨との事。



1曲めは「さらば青春」。ああ、染みます。

トークも軽妙。
「天気に関わらずお足元の悪い中お越しいただいて…」と
高齢ネタをサラリ。

2曲めは「学生演劇」に提供した曲。
※荒れた学校をミュージカルで立て直した先生がいたとの事。

「少しは私に愛をください」
東大出で勧業銀行に入社したがシカゴに海外留学をして、
3日遅れで届く日経新聞で「第一銀行と日本勧業銀行合併」
という記事が目が入り、「私に断りもなく…!」と愕然とし、
(新人なのに)その思いを込めたものだったという。

※バラは勧銀のマーク

映画にも使われたこの歌は、恋愛がテーマと認知されてるが
実は別の思いがあったとの事。

ちなみに留学時にデビュー作(アルバム)が発売されたので
今でもピンと来ていないとか。

けっこう売れたのでレコード会社から「書き溜めといてくれ」
~と依頼されたそうな。



そして提供曲の話。「自分だけで歌うとは何事か」みたいな
風潮があり、他の歌手に曲を書くことを求められたが当初は
断っていた。しかし業界のプレッシャーは凄まじく(笑)、
とうとう書くことになった。

操を失った気がした(笑)。
一度失うと節操なくなるもんで次々書いた。

ヒットメーカーと言われたが、どれが当たるかなんて分らず
今でも確証はない。

そして大ヒットしたのが布施明さんに提供した曲だ。
しかし、その「シクラメンのかおり」だけじゃなく同時期に
提供したものがある。
ちょっとしたきっかけでそちらが選ばれてヒットしたかも
知れない。どうか続けて歌うので聞いて欲しい。

「傾いた道標」そして「シクラメンのかおり」。
どちらも良い曲だ。

ただし、やや不安感ある「傾いた…」、高揚感の「シクラメン」
…結果はやはり高揚感に軍配が挙がった気がします。



感激したのは、やっぱり「俺たちの旅」。

ドラマの大ファンだった私には特別な曲です。
※あのカースケが朝ドラでオジイちゃん役だもんなぁ…

(続く)
コメント

「やついフェス」チケット発券

2018年06月08日 | 邦楽
予約していた土曜日のチケット、発券しました!!

「大友良英スペシャルビッグバンド」が「のん」と
「Mats Gustafsson」を迎て、 6/16(土)17:25~
O-Eastに出演!



「あまちゃん」の劇伴を録音するために結成された同
グループが、どんなパフォーマンスを見せてくれるか
注目です!  

2日通し券もあったけど、計12,000円超えるし…。
のんちゃんの出演は土曜だけなので初日だけ購入。



タイムテーブルを見たが、土曜日の個人的な注目は、
昼から神谷明さん、渋さ知らズ、 ナイツ。

スペシャル歌合戦(マキタスポーツ、やついいちろう、
ぱいぱいでか美、大槻ケンヂ他)

夕方からが、大友SPビッグバンド+のん、クロマニヨンズ、
夜から人間椅子…だな!



目新しい注目枠は、Shggjy Jr.だが クロマニヨンと一部
時間が被ってる…。

歌詞が面白いモモールルギャバンも、大友良英バンドと
一部時間が被ってる。

フェスの悩ましいトコロだねぇ…。
コメント

「やついフェス2018」出演アーティスト第6弾発表

2018年05月25日 | 邦楽
6月16、17日に東京渋谷エリアで行われる、やついいちろう主催
イベント「YATSUI FESTIVAL! 2018」の出演アーティスト第6弾が
発表された。



今回ラインナップに加わったのは
打首獄門同好会、大槻ケンヂ、踊Foot Works、ORESAMA、
Sunrise In My Attache Case、ぜんぶ君のせいだ。、
DJ KOO、2、藤田恵名、predia…ら、62組。



この発表をもって全320組の出演アーティストが出揃い、
チケットもイープラスおよびTSUTAYA O-EAST店頭では販売開始
されている。

注目の「のん」ちゃんは6月16日に大友良英スペシャルビッグ
バンド参加で出演が決まってるから、これは絶対外せない。



そこへ持ってオーケン参加です。初日には人間椅子の名前も
あります。

さらに、ザ・クロマニヨンズ、渋さ知らズオーケストラ、
神谷明、梅垣義明、ぱいぱいでか美、マキタスポーツ(solo)
…などなど、多くの注目出演者が登場されるのです。



※我ながら、お笑いを多く取り上げてしまうのはなぜ?

のんシガレッツの初単独ライヴにゲストで出た大友さんは
「場所や時間は各自で調べてね~」と言っていたが。



たしかに初日のタイムテーブルを確認せんと分かりませんわ。
時間も色々、会場も渋谷界隈の数箇所って感じだから。

大友氏が共演するもう一人のプレイヤーはMats Gustafsson
=マッツ・グスタフソン。

ソニック・ユース/サーストン・ムーアとの共演等でフリー
ジャズ・フィールドに留まらない人気を得ているサックス奏者
だそうです。



でも、大友さんと組んだらフリージャズ/ノイズ炸裂になるん
だろうな。

そもそも大友良英スペシャルビッグバンドWithのん+マッツ・
グスタフソンで全員ステージになるのか?

それとも、のんちゃんとグフタフソンは別登場なのか?
なかなか読めないトコロがあるワケで…

その辺も当日のお楽しみですな!
コメント

ヒデキ死去

2018年05月18日 | 邦楽
ショックだ!まだ63歳。

「YOUNG MAN」や「傷だらけのローラ」などのヒット曲で
知られる西城秀樹さんが亡くなった。

2度の脳梗塞から復帰し、活動を再開していたものの
往年のエネルギッシュなステージを期待するのは難しい状況では
あったが、まさか急死されてしまうとは…!

亡くなったのは5月16日の夜。原因は急性心不全との事。

ヒデキの経歴は今更説明の必要もないでしょう。
歌謡界のスターで、誰もが知るアイドルでした。

女子がキャーキャーいうと「ケッ」と思うのが男子の常なのだが
ヒデキに関しては男っぽさが魅力でしたし、芸能人水泳大会でも
体毛を隠さない潔さが憧れの対象でありました。



そして洋楽ロックの影響を受けたシャウト、マイクスタンド捌き。

ロッド・スチュワートの来日公演を見たヒデキは、重いはずの
スタンドを楽々振り回すロッドに驚き「あの素材は何!?」と
チェック。
アルミ製を知るや早々に入手してアクションに取り入れたそう。

※みうらじゅん氏との対談より。

 P・ロジャースからの影響も認めておいででした。
 それ以前にJBの影響もあったというから筋金入り。
 ちょっとゴリ顔(失礼)なのも凄みがありましたよ。



さらにライブでの洋楽カバーの多さも「ロックファン」秀樹の
面目躍如で、その歌いっぷりもサスガでした。

※カタカナ英語の歌唱なんだけど、変にモゴモゴせず自分の
 歌い方に寄せたモノなのよね。逆に凄さを感じましたわ。

ロッドの歌唱で知られる「セイリング」のカバーや、あの
「エピタフ」(キング・クリムゾン)を歌ってたのも知って
ましたが、GFRの「ハートブレイカー」なんてHRも歌ってた
なんて驚きでありました。

さらにフォガットやドゥービー、レインボー、エイジア…と
枚挙に暇なし。

ホーンセクション入りのHRなんて逆に新鮮でした。
キャリア初期にカバーした「ハートブレイカー」はバンド
編成でHRしてて、これも痛快でありました。

「ハートブレイカー」は、ヒデキが兄と慕った布施明さんも
ライブでカバーされてますが(凄まじい歌唱と演奏!!)

良いミュージシャンを固定のバンドメンバーとして活動する
ように、布施さんからアドバイスあったのかも知れませんね。

そんな激しい歌唱とアクションで知られたヒデキが身体の
自由を失い、リハビリに耐える姿は辛いものがあったが…。

「同じ病気の人たちに勇気を与えるためにも、今の自分を
ありのまま見せようと思った」とコメント。

「完全に元に戻るのは無理だけど、少しでも良くなるように
前を向いて頑張っていきたい」と話してたというから立派だ。



気の毒なのはお子様が小さいという事だなぁ。
半年ほど前にウチの親戚の葬儀があったけど、小さい子供が
遺族席に座ってて、それ見ただけで私ゃボロボロ泣いちゃい
ましたよ…。

ヒデキは先月25日、ご家族と一緒にいるときに急に意識を
失って入院、家族に看取られながら5月16日に横浜市の病院で
亡くなったとの事。

TVでも大きく取り上げられ、改めてその存在の大きさを感じ
させてくれました。

寂しいなぁ。

西城秀樹さんの御冥福を心よりお祈り申し上げます。
コメント

日比谷野外音楽堂

2018年05月16日 | 邦楽
のんシガレッツ5大都市公演のオーラス会場として
注目を集めている日比谷野外音楽堂=通称・野音。



日比谷野音の名で親しまれている、この大音楽堂は
野外音楽堂の代名詞的存在と言われている。

客席数は椅子席2,664、立見450、車椅子対応5席。
東京都千代田区日比谷公園内にあり、最寄り駅は
地下鉄霞ケ関。



官庁街のど真ん中です。

過去ここを訪れようとして警官の職質に遭ったのは
1度や2度じゃなかった気がします(苦笑)。



さまざまなアーティストのコンサートに使われるが
周囲への騒音等を考慮し、コンサートは土曜・休日
のみ可能で、しかも20時半以降の音響装置使用は
禁止されてた記憶あり。



実はすごく歴史ある音楽堂で、改修を経て今年は
95周年!!

90年の時も「みんなの野音の思い出を」と募集
されており。
色んな方々の思い入れが感じられました。



当時の私は「プログレ・フェス」で聴いたVDGGの
『マン・アーグ』(ピーター・ハミルの叫び!!)
「ブルース・フェス」でのジョニー・ウィンターの
プレイへの感激が記憶に新しく。



「スカ・イベント」での熱い演奏を印象く思い出し、
つつ、やっぱり「絶望放送」関連のイベントに思い
入れを感じたものです・・・。

アニメ化された漫画「さよなら絶望先生」関連の
イベントで御座いました。



オーケンも叫び歌ったし、声優さんも登場したし。

スターチャイルド&シャフトのイベントでは、神聖
かまってちゃんの演奏も見ることが出来た。
※『電波女と青春男』のOPカップリング曲など2曲
 熱演してくれましたよ。



※画像はその時に購入したTシャツ。
 素敵なイラストは久保ミツロウさんです。

なお、日比谷野音では降雨時も傘の使用は禁止で、
みなさん天気予報によって合羽を持ってくるのは
定番みたいです。



のんちゃんは「ピーカンっ子」ですが、逆に奇跡の
雨ウーマンと言われたのが声優の新谷良子さん。

快晴なのにリョーコちゃんの出番だけパラパラと
雨が降った時には会場の皆が「オゥ!レジェンド・
オブ・アメ・ウーマン」と肯いたものです。



※こちらは「絶望送会」で映し出された意匠…

ちなみに個々の席はベンチ型で固いです。
クッション持参でもイイと思います。

客席は当然禁煙。飲食は可能で、後方のエリアで飲物
やアルコールも販売される。
夏のスカ・イベントではビールとツマミが良く出ます。



物販も客席後方を上っていった位置となる。
トイレも同様だが、あまり綺麗じゃない印象あり。
※直ったのかなぁ…

「プログレ・フェス」では8月下旬で相当暑かった記憶
ありますが、さてさて9月の最終日はどうでしょう?

残暑となるか、秋の肌寒さが到来してるか、はたまた
台風襲来となってるか。

いまから天気が気になります!
コメント