豪栄道の初優勝は喜びたいが・・・

 14日目を迎えた大相撲秋場所は今場所ただ1人全勝の大関・豪栄道が玉鷲に勝って14戦全勝とし1敗力士がいないため初優勝を飾った。 今場所をカド番で迎えたの豪栄道だが初日から快調に飛ばして全勝をキープし7日目には2横綱3大関に勝って勢いに乗る隠岐の海にも勝つと8日目には嘉風に勝ってストレートでカド番を脱出し、10日目以降の上位対決でも今場所の綱取りを目指していた稀勢の里にも勝って更に鶴竜&日馬富士の両横綱にも勝ち昨日の時点では続くのは2敗の遠藤のみとなっていた。 もともと今場所は3場所連続で横綱を狙う稀勢の里の初優勝なるかというのが最大の焦点で、絶対王者の横綱・白鵬が初日から休場している事から初優勝=横綱昇進が期待されていた。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

藤子・F・不二雄氏が亡くなって20年

今から20年前の昨日96年9月23日にドラえもんやパーマンなどの作者:藤子・F・不二雄こと藤本弘氏が亡くなった日である。 ご存知のように藤子不二雄は藤本弘と安孫子素雄の共同ペンネームで安孫子素雄が怪物くんや魔太郎がくるなどブラックな作風だったのに対し、藤本弘はドラえもんやパーマンにキテレツ大百科のようなSFファンタジー色の強い作風だったようだ。 だから子供の頃に小学1年生など小学館の学年雑誌には氏の作品が必ず連載されており、特にドラえもんは私が小1の70年に連載が始まったわけだから必ず読んでいたし正直言って当時アニメ化されていたオバケのQ太郎よりも面白いと思っていたぐらい。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Bリーグの成功は日本のスポーツを進化させる

 昨日プロバスケットボールのBリーグが代々木第一体育館で開幕し、アルバルク東京が80-75で琉球に勝ち開幕戦を飾った。 企業チームのNBLとbjリーグに分裂していた国内リーグを1つに統合する形でスタートしたBリーグは、フジの地上波中継とBSでTV中継される中でスタートし会場も1万人近い観衆を集め熱気溢れる雰囲気の中でスタート。 昨年のNBL王者・トヨタの東京とbjリーグ最多優勝を誇る強豪・琉球との間で行なわれた開幕戦は地力に勝る東京がリードを奪うものの、第2Qに琉球が一旦逆転するなど健闘し最終Qも15点差を一時は3点差まで詰める猛反撃を見せるなど最後まで手に汗握る展開だったので見ていても十分楽しめた一戦だった。 . . . 本文を読む
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

ノスフェル編の孤門は挫折続き

 ウルトラマンネクサスのEP15悪夢・ナイトメアでTLT本部のフォートレスフリーダムがあるダムの敷地内に姫矢准が現れ、悩める孤門に自らの体験を話して‘過去は変えられないけど未来は変えられる’と励ます。 この頃から姫矢のプロフィールが かつての同僚・佐久田恵の口から語られているわけで、姫矢は戦場カメラマンという過去がありセラという少女を自分のせいで死なせてしまった事をトラウマにしていたがウルトラマンの光と巡り合う事で未来を変えられる事を身をもって知っていた。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

陽岱鋼がファイターズのマジックを点灯させた

 今年のパ・リーグ優勝の行方を左右するホークスとファイターズの2連戦が昨日から福岡で行われ、ファイターズが連勝してマジック6を点灯させた。 1回に2アウトから中村晃のHRで先制したホークスだがファイターズが直後の2回に2アウト満塁から西川遥輝の2点タイムリーで逆転して流れを掴むと、互いにランナーを出しながら追加点を奪えない中6回に1点づつ取り合って迎えた7回に1アウトからヒットで出塁した大谷翔平を1塁に置いて このシリーズでノーヒットだった中田翔が2ランを放ち勝負あり。  個人的に この2連戦で1勝1敗ならホークスに分があると思っていたし投手のマッチアップはG1が千賀滉大-大谷翔平、G2が武田翔太-有原航平だからホークスがG1を落としてもG2を取ればOKだと考えていた。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ドラえもんの あやうしライオン仮面は当時のウルトラを反映

 先日ドラえもんの「あやうしライオン仮面」という話が話題になった。「あやうしライオン仮面」はのび太達の愛読書に連載されているマンガで、ある話で少女を救出したものの くらやみ団に取り囲まれ光線銃の一斉射撃を受けて‘次回へ続く’で終わる。 当然ながらライオン仮面大ピンチで どうなるのかとハラハラしたドラえもんが作者に続きを聞こうとするとネタ切れで難儀している状態だったため、タイムマシーンで次の月に行って連載されている雑誌を購入して読んでみるとライオン仮面の弟・おしし仮面が救出に来るものの くらやみ団の罠に嵌って吊り下げられて再び光線銃の一斉射撃を受けて‘次回へ続く’で終わる。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

怪獣大戦争マーチに ついて

 公開7週間を越えてもベスト10に残り続けているシン・ゴジラだが、この作品では音楽が新世紀エヴァンゲリオンの鷺巣詩郎ではあるものの以前も記したようにオリジナルのゴジラの音楽を担当した伊福部昭の曲が効果的に挿入されているのが特徴で実際にエンドロールは伊福部昭メドレーが流れていたからか誰1人席を立とうとしないのが印象的だった。 さてシン・ゴジラで最も燃える場面の1つがヤシオリ作戦で伊福部昭の宇宙大戦争マーチが使用されており、これが更なる燃える展開になっているのは間違いない。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

長男の義務教育最後の運動会終わる

 今日は18日から順延された中学の運動会が行われ午前中だけ営業を休んで見て来た。 日曜日に比べて保護者達の数は少ないため保護者用のテント張りに6:50から出かけるとグランドは月曜日まで降った雨のためトラック部分こそ まともな反面、保護者用のスペースは湿っており下手すると転倒の恐れがある部分も。 これでも昨日トラックで砂を入れたとの事で、いかに日曜日と月曜日に降り続いた雨が凄かったか分かる。 8:55に中学に戻ると開会式が始まるタイミングだったので選手入場から全部見られたわけだが、考えてみると今までの運動会は店休日以外開会式終了後に到着していたから今回が初めてである。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ようやくバレーボールもプロ化に向かう?

 日本バレーボールリーグ機構はバレーボールのプロ化を目指したスーパーリーグ構想を発表したとの事。 チーム名に地域名を入れユースチームを保有することも義務付けられるなど今月からスタートするバスケットボールのBリーグや、サッカーのJリーグ的な運営スタイルを目指しているようでバレーも本格的な強化へようやく重い腰を上げたと見られる。 思えば92バルセロナ五輪後に故・松平康孝氏がプロ化構想を発表し‘特に男子はプロ化しなければメダルはおろか五輪にすら出場できなくなる’と言っていたものの、企業や代表選手ですらプロ化に反対し骨抜きになった苦い経験があるので本格的にスタートするまで予断は許さないが特に男子は悲惨の一言に尽きる成績で今のままでは東京五輪が最後の出場になりかねないという危機感からの構想だろう。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

台風16号にハラハラし続けた今年の東京本部講師セミナー

 昨日は東京で行われたdhkの東京本部講師セミナーと創立60周年記念ヘアショーに出席した。 毎年5月に行われる本部講師セミナーが今年は創立60周年記念ヘアショーの見学も兼ねて行われたので9月になり本来なら前泊するため日曜の朝イチで出発するはずが、中学の運動会とキックベース大会が重なったため日曜の21:35発の飛行機で行く事になった。 朝の予報では20日未明に台風が鹿児島辺りに上陸との事だったので飛行機が飛ぶのか?と心配しつつ羽田に到着すると幸いにも定刻通りに出発でき、北九州空港に着いても思ったより風雨も大した事なく女房の運転する車で1:30過ぎに無事に帰宅できたのだった。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

日本‘ギャンブル’に勝ちWグループに残留

大阪の靭テニスセンターで開催されているデビス杯Wグループ・プレーオフのウクライナ戦は2日目の昨日ダブルスが行われ前日のシングルスで連勝しWグループ残留まで残り1勝としていた日本は、錦織圭&杉田祐一ペアがアルテム・スミルノフ&セルジー・スタホフスキーペアに6-3・6-0・6-3のストレート勝ちして3連勝となりWグループ残留を決めた。 昨年のプレーオフではコロンビアに乗り込んで3勝2敗での残留だった事を考えると3連勝での残留は意外だったし、特に日本が苦手なダブルスでストレート勝ちするとは思わなかったから驚いた。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

中学の運動会とキックベース大会は雨のため順延

今日は中学の運動会とキックベースの筑豊大会が行われる予定だっが昨夕から今朝方までの雨の影響で中止になり、運動会は21日の水曜日にキックベース大会は25日の日曜日に延期になった。 例年キックベースの筑豊大会は9月の第1日曜で運動会は第2日曜日だったのだが、今年はキックベースの市の大会が21日と遅かったので第1日曜は厳しいし先述したように第2日曜日は中学の運動会という事から第3日曜日にしていたら中学の運動会まで第3日曜になっていたのだから驚いた。 実は昨年も筑豊大会は雨で1週間順延されたため中学の運動会と被り、筑豊大会でベスト4に残った事から運動会は見られなかった。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

野茂英雄、クァーズフィールドでの快挙(ノーヒッター)から20年

 今から20年前の今日デンバーのクアーズフィールドで行なわれたロッキーズvsドジャース戦でドジャースの野茂英雄が、この球場で史上初のノーヒットノーランを達成した。 雨のため開始時間が2時間遅れて始まった一戦はドジャースが2回にラウル・モンデシーとティム・ウォラックの長短打で先制すると、更にグレッグ・ギャグニーにもタイムリーが出て2点を先行。 一方の野茂は1回に1アウトからマクラッケンを歩かせて盗塁され2アウト3塁のピンチを招くと、2回にも先頭のアンドレアス・ガララーガが四球で出塁し盗塁でノーアウト2塁のピンチを招くのだが後続を三振に討ち取って得点を与えない。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新世紀エヴァンゲリオン再放送が始まり

昨日深夜からBSプレミアムで新世紀エヴァンゲリオンの再放送が始まったのでタイマー録画して先ほど見ていたら、やはりというべきか長男もやって来て一緒に見始めたのだ。 エヴァンゲリオンのOPを見ていると製作がタツノコプロだったので最初に見た時は大いに驚いたのだが、長男も私同様に驚いていたし科学忍者隊ガッチャマンやタイムボカンシリーズを作っていた会社がこういうのを作るのか?と意外に思ったわけだし更に音楽を担当する鷺巣詩郎はマグマ大使や宇宙猿人ゴリを作ったピープロの社長・うしおそうじ氏の息子だから当初からいろんな作品の要素が混じっているのだと思った。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

長谷川穂積&山中慎介、日本の誇るサウスポーが共に激戦を制す

 今日大阪のエディオンアリーナで行われたWBCバンタム級&Sバンタム級ダブルタイトルマッチでバンタム級の山中慎介は7RTKO勝ちで11度目の防衛に成功し、Sバンタム級の5位・長谷川穂積は王者のウーゴ・ルイスに9R終了TKO勝ちして3階級制覇に成功した。 残念ながら長谷川の試合は生中継がなく先に山中の試合から見たのだが、前回2-1の際どい判定で辛勝した山中がアンセルモ・モレノ相手に左ストレートをいかに当てられるかというのがカギだと思っていた。 長谷川が勝つとしたら判定でと思っていただけにKOでの奪取は予想外だったし、結果的に9Rに左アッパーを被弾して効かされた直後の打ち合いでキコ・マルチネス戦の悪夢を思い出したのだが逆に打ち勝ち最終的に棄権に追い込んだわけだ。 2試合とも日本人選手がKOという形で勝ったのだが、共に強敵だったのは間違いなく喜びもひとしおで世界戦はこうでなければと実感するものだった。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ