またしても決勝で敗れた錦織圭だが

 日本時間の今朝行われた男子テニスのアルゼンチンOP決勝で、第1シードの錦織圭はアレキサンドル・ドルゴポロフに0-2のストレートで敗れ昨年2月のメンフィスOP以来の優勝を逃した。 1月に行われた全豪OPから次のグランドスラムである全仏OPまで間があるし全仏がクレーコートで行われる事から、クレーコートに慣れるために2月3日から行われたデビス杯や4連覇中だったメンフィスOPにも敢えて欠場し臨んでいた。 決勝までの間に第2&第3シード選手が敗れるなど錦織の優勝が確実視される中での完敗なので意外だし、マスコミは66位のドルゴボロフを格下と見なしていた事から‘格下相手に不覚’と書いて不安を煽っている。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

BSプレミアムのアニソンベスト100に ついて

一昨日の18:30からBSプレミアムでカウントダウンLIVEアニソンベスト100がOAされた。 今年は日本にアニメが生まれて100年目という事で視聴者からの人気投票で100位までを発表するというイベントだったが、1時間半というのは短い感じがした。 こういうイベントは20代前後あたりの年代が中心なので平成アニメが強いだろうと思っていたら、案の定ラブライブ! School idol projectのSnow halationと僕たちはひとつの光が1・2位を占め3位もTIGER & BUNNYのオリオンをなぞるだったわけで私が知っているのは5位のデジモンアドベンチャーのButter-Flyが最高だった。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

羽生結弦に強力なライバル出現も

 16日から平昌で開催されていたフィギュアスケート四大陸選手権が今日で終了し女子シングルスは昨日SPで4位だった三原舞依がフリーで逆転優勝したのに対し、男子シングルスはSP3位発進の羽生結弦がフリーで206点台を出したもののネイサン・チェンに逃げ切りを許し2位だった。 今大会は来年開催される平昌五輪の会場を使ったプレ大会という位置付けのため例年以上に注目を集めていたのだが、正直言って今シーズンに限って最も重要なのは3月に開催される世界選手権という事を忘れてはいけない。 五輪の前年に行われる世界選手権は、最大で3人という五輪出場枠がかかるので4年間でも最もプレッシャーのかかる大会になる。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

太宰府天満宮へ長男の合格祈願に行った

 今日は長男の志望校合格祈願という事で太宰府天満宮まで行って来た。 とりあえず私立校に合格した長男だが、あくまで予行演習であり入学予約金を振り込まなかったので滑り止めにすらなってないので3月8日に行われる公立校受験が唯一最大の大勝負になる。 ただ日曜という事もあって太宰府天満宮参拝は混雑を極めるのは確実だから早めに行く方がいいと判断し8:30前に出発しようとしたら、次男が夕食用の米とぎの米をこぼしてしまい後始末をするハメになったおかげで15分ほど出発時間をオーバーしてしまった。 我が家から太宰府天満宮までの所要時間は1時間少しで、行くのは結婚してから3度目になる。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

J1優勝とACLの‘二兎’を追うには

 今日J1&天皇杯王者・鹿島とJ1年間最高勝ち点の浦和が富士ゼロックス・スーパー杯で対戦し、国内サッカーシーズンが開幕した。 試合は38分に鹿島が遠藤のFKで先制すると43分にも2点目を挙げて2-0で前半を折り返すと、後半に浦和が興梠と武藤が立て続けに決めて追い付くが鹿島は83分に鈴木のゴールで勝ち越して逃げ切った。 今日の試合を皮切りに浦和、鹿島、川崎、G大阪の4チームが21日と22日に開幕するACLに出場した後25日にはJリーグが開幕するわけで、特に浦和と鹿島はシーズン初めから8日間で3試合を行なうハードスケジュールだ。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

久しぶりにルパン三世第1シリーズを見た

 先週の金曜ロードショー枠で鈴木亮平主演の銭形警部がOAされ、その続編がWOWOWでもOAされるのを記念してルパン三世の劇場版や71年版の第1シリーズ全23話がOAされた。 実はWOWOWのルパン三世特集は今回は2度目になるわけで、前回はビデオテープに全話を収録して保存版にしていたわけだが今回はデジタル版に保存できるので全話収録する事にした。 すると前回はオープニングが全話同じ最初のバージョンだったのに対し今回はオリジナルと同じく3パターンのオープニングでOAされたので大いにありがたかったし、子供達に話していたオープニングが違う話を証明できたのだった。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ホークス、工藤体制で懸念される事

 先月ホークスの工藤公康監督が19年まで契約延長というニュースがあった。 一昨年90勝を挙げて日本一となり昨年もファイターズから大逆転されたとはいえ83勝を挙げ、投手陣も武田翔太や千賀晃大らの若手投手を一本立ちさせたという評価からで個人的にも妥当だとは思うものの1つだけ気になる事がある。 それは工藤監督-佐藤義則コーチのラインが投手陣について先発の方がブルペンより上という価値観を持っている事だ。 というのも2人が昨シーズン先発ローテの6番手を‘リリーフで結果を残している投手のために空けている’という話を聞いた時に、リリーフは先発できない投手のポジションという考えを持っているのかと感じたわけである。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ガルベロス編で明らかになる溝呂木と凪の関係

 ウルトラマンネクサスのEP17&18で描かれるガルベロス編は姫矢准のカメラマン時代の話や、溝呂木眞也がナイトレーダー副隊長時代からダーク・メフィストになるまでや西条凪との関係までが語られている。 溝呂木はコンビを組む凪に対し合い通じるものを見出したようだし、両親を殺害したスペースビーストへの憎しみをモチベーションにしている凪にとって大いなる力を得る事が両親の仇を取る事になるので大いなる力を持つ溝呂木に対する憧れのようなものがあっただろう。 だからこそ溝呂木が闇の力に魅せられ行方をくらました時には大いに動揺しただろうし、闇の力を得て戻ってきた時の困惑ぶりは十分理解できる。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

トラック付き競技場でのサッカーは時代遅れ

 先日小倉北区に完成したミクニワールドスタジアム北九州が公開されたという記事が載っていた。 JR小倉駅の北側に建設された収容人員1万3000人ほどのフットボール専用スタジアムで、観客席の最前列からタッチラインまで約8mという距離の近さが特徴でJ3ギラヴァンツ北九州の本拠地になるとの事。 これで福岡のJリーグチームはアビスパ福岡の本拠地であるレベルファイブスタジアムと共にフットボール専用スタジアムでプレーできる事になったわけで、残念ながらチームは弱いものの誇っていい話ではないか。 日本ではサッカーやラグビーの地位が低く、これらの競技は陸上競技場のフィールドで行なえばいいという考えが根強かったのが実情で02日韓W杯決勝の会場になった横浜総合競技場などがその典型だろう。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

後姿だが…筑豊版に載っていた餅つき

 昨日は商店街のイベントで、お客さんへの ふるまいに出す餅用の餅つきの手伝いに営業の合間を縫って参加してきた。 例年2月15日に行われており商店街のメンバーの1人が長男の友人の父親という関係で時間があれば参加しており、昨年は月曜休みでフルに参加できたのに対し今回は営業日だけに考えていたが昨日は午前中は冷え込んだので思い切って1時間ほど参加したのだった。 昨年あたりから母校の西田川の生徒も手伝いに来ているので必要ないのかな?と思っていたが、手本役が必要だったらしく参加してよかった。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

高梨沙羅、複雑な2シーズン連続W杯総合優勝決定

 今日スキージャンプW杯第17戦平昌大会が行われ1回目2位の伊藤有希が2本目に101、5mを飛んで、1回目1位の高梨沙羅に逆転勝ちし今シーズン4勝目を挙げ2位の高梨は2シーズン連続W杯総合優勝となった。 来年行われる平昌五輪のジャンプ台を使ったW杯17戦&18戦ではあるものの、20日からラハティで開幕する世界選手権への調整のためダニエル・イラシュコシュトルツやカリーナ・フォクトらランキング上位選手不在のため今日の試合で5位以内に入れば高梨の総合優勝が決まるという一戦。 また現在の高梨はW杯通算52勝を挙げており男子のトーマス・モルゲンシュテルンが持つ通算53勝目に今日勝てば並ぶという興味もあった。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

銭形警部のスピンオフはアニメでやって欲しかった

 先日 金曜ロードショー枠で鈴木亮平演じる銭形警部がOAされたのを見たのだが、頑固一徹で正義感が強く人情味に溢れる銭形警部の普段の様子が巧く描かれておりよくできていた。 最近はローグ・ワン/スター・ウォーズ物語をはじめとしたスピンオフ版が多く作られており、今回の銭形警部も日本テレビとHuluにWOWOWが組むという大がかりな企画である。 銭形警部といえばルパン三世に登場する宿敵でルパンを追い詰めながら最後は逃げられたり酷い目に遭うという、どちらかといえばドジなキャラとして描かれているが優秀でなければICPOにも抜擢されないわけだしスピンオフ版として取り上げるには最適なキャラだろう。 ただし個人的にはスピンオフ版として銭形を作るなら、アニメの方でなければと思ってしまう。  . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

新世紀エヴァンゲリオンと謎の円盤UFO

 9月からBSプレミアムで始まった新世紀エヴァンゲリオンも、先週で21話を終えて残りは5話となっている。 エヴァを見ているとロボットアニメなのにエヴァと使徒との戦闘場面が異常に少なく子供の頃に見ていたら絶対に物足りないだろうと思われるわけだが、ウィキなどを見ていると特務機関・ネルフの碇ゲンドウ司令官や冬月コウゾウ副司令官ら首脳コンビのモデルは謎の円盤UFOに登場する地球防衛組織SHADOOのエド・ストレーカー最高司令官とアレック・フリーマン大佐との事で妙に納得している。 そういえば謎の円盤UFOもSHADOOとUFOの戦闘シーンは僅かで、人間ドラマの部分の方が断然長くSHADOOメンバー同士の言い争いというシーンの方が印象深い。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バレンタインチョコは手作りより板チョコ

 今日はバレンタインデーという事で、ありがたい事に女房と娘からチョコのプレゼントをもらった。 もっとも1ヵ月後のホワイトデーではしっかり お返しをしないといけないわけで束の間の喜びという事にはなるものの、やはり貰えるのは嬉しいものである。 娘も今年で10歳になるからか1月下旬あたりから学校で、友達とチョコの話をしており学校でのチョコのやり取りは禁じられている事からブツブツ言ったりと賑やかな事だ。 最近は‘本命’や‘義理’以外にも友チョコというのがあり仲のいい友達同士でチョコをやり取りするようで、そのチョコを手作りにするのかなどと言い合っていたのだが今日は放課後に友達とチョコ交換に行ったりしていた。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

いつまでも葛西紀明に頼ってはいけないのだが

 一昨日と昨日スキージャンプのW杯札幌大会が行われたのだが、日本勢は葛西紀明が2日続けて2回目に進めず昨日の伊東大貴が8位に入ったのが最高という低調な結果に終わった。 高梨沙羅と伊藤有希がW杯総合1位と2位を占める女子に比べて今シーズンの男子は苦戦続きで、シード権を持った選手が1人もいないという惨状だ。 マスコミは好調な競技のみを報道するしNHKのBSも女子は毎試合中継しているのに対し男子の方は札幌大会しか中継がないため今シーズンのレベル差は今一つ分からなかったが、11日の第18戦を見たところ葛西紀明が語っていたように世界とのレベル差が広がってしまったと実感する。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ