あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

クイーン+ポール・ロジャースのライヴ観戦記⑥

2005年10月30日 | 洋楽
ピアノの弾き語りから盛り上がって、バンドサウンド被ってからノリがテンポアップする「バッド・カンパニー」。
後半は、ノリノリで身体をウネらせるオレだったが。
周囲やアリーナの客は棒立ち・・・。

一気に空気は冷えている。まぁ、クイーン・ファンとP・ロジャースのファンは殆ど被らないから仕方ないけどね・・・。

両方ソコソコ聴いた私もクイーンの曲は知らないのあるし・・・と、気を取り直して一緒に歌うオレ。
周りは迷惑だろうが、知ったこっちゃ無いもんね~。



ここらで、各メンバーのソロ風味な展開に。
ドラマーのロジャー・テイラーがフロントに降りて、歌唱を聴かせる。
声は細いが、けっこう上手いなぁ。
ベースのジョン・ディーコンは不参加、ヴォーカルのフレディは とうの昔にエイズ死してて、1/2しか居ないクイーンであるが。

その2人がアコースティックで奏でる「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」にはオリジナル・クイーンの残り香が感じられ。
日本のファン向けに作られた「手をとりあって」(サビは日本語)で熱心なファンは感激。

私も70年代クイーンの一部が甦り、感慨深いモノを感じていたら、ここで(一旦引っ込んでた)ロジャース先生が再登場。サビを英語で歌い出す(笑)。



オイオイ。あんた、嫁は日本人だったろう!(もう別れてるけど)
一気に2000年代に逆戻りしたステージ、今度はブライアンの見せ場。
ギターインストが延々と続き、私は少し飽きてきた・・・。

――続く
コメント

クイーン+ポール・ロジャースのライヴ観戦記⑤

2005年10月30日 | 洋楽
3曲目は、コーラスも見事な(?)ファット・ボトム・ガールズ。
ロジャース先生、これまたワン・アンド・オンリーな節回しで歌いこなす。
少しモタって聴こるけど(笑)。
ホントは得意じゃない早口歌唱でサビを歌うロジャース先生。
なんか「夜もヒッパレ」を思い出す(笑)←敬愛するヴォーカリストに不謹慎な!



ただし、ここからの数曲は曲調がシンプルゆえにロジャース節が冴え渡り。
「地獄へ道づれ」では中低域の発声が会場に響き渡り。
ロカビリー風の「愛という名の欲望」では自らアコースティック・ギターでリズムを刻みながら絶妙な歌を聴かせ。
マジで、この辺は「ロジャース、元メンバーを従えてクイーン乗っ取り」な風情であった。

「英国ロック最強のヴォーカリスト」恐るべし!!
本気で私はそう思いましたが。

続く6曲目も大写しされたのはロジャース先生。おもむろに曲紹介を始める。

「暗い、夜明け前のような曲さ」とでも言ったような気がしないでもない。
ピアノの前に腰掛けるロジャース先生。鍵盤を叩き始めると、彼おなじみのサウンドが!

「バッド・カンパニー」テーマソングだああああああああ!!!

「イエ―――――――イ!!!!!」と奇声を上げて飛び跳ねるオレ。
しかし周辺は。一気に醒めておる(笑)。

「なに~?知らない~、この曲ぅ~」のノリだ・・・・。

――以下、続く
コメント

クイーン+ポール・ロジャースのライヴ観戦記④

2005年10月30日 | 洋楽
エミネムの声と赤い照明に出迎えられて、メンバーが出てきた!
なんで、エミネムの音楽が入場BGMかは、この際どうでもイイ。

場内は大歓声だ。
最前列でユニオンジャック振ってたメンツも狂喜しておる。
ロジャース先生の声が聞える。同時にオーロラ・ビジョンにメンバーの表情が!
イントロダクション代わりにロジャースが唸る「リーチング・アウト」へと続き。
ブライアン・メイがギターを掻き鳴らし、聴き憶えあるリフを披露する。



HRナンバー「タイ・ユア・マザー・ダウン」だあああああああ!!!!!

さぁ、歌唱が始まる。こ
っちゃ、Queen+P・Rodgersのサイトで視聴してるから手の内は分かっちょるんだが(←最新版のライヴCD買っとけよ!)。

フツ~に歌いこなすロジャース先生に感激。
しかも、完全にロジャース節(笑)。
いよいよサビだ。

♪タイ・ユア・マザー・ダウン♪タイ・ユア・マザー・ダウン!!!

あぁ、ヤバイ。
最初から両手振り上げてサビ絶叫してるよ、オレ(笑)。

――以下、続く。
コメント

クイーン+ポール・ロジャースのライヴ観戦記③

2005年10月30日 | 洋楽
しかし、ボクシング観戦時には暗かったから分からなんだが。
ホント「屋根つきスタジアム」な雰囲気なのね、さいたまスーパーアリーナ。

国立競技場を二回り(?)小さくして、上から蓋した感じか?
ザワザワと埋まっていく客席を見ながら、そんな事を考える。

会場スピーカーから流れるのはジミヘン。
初期ナンバーが次々と掛かっていく。ま、この辺はメンバーも敬愛するトコロだから納得。
こっちも、ついヒザがリズムを取る。
開演は押している。もう10分押しだ。

場内BGMが変わった。ビッグベンのような鐘の音が鳴り響く。



「おっ、始まり知らせる時報か?」なんて思って感心してたら、AC/DCの楽曲のSEでした(笑)。
まぁ、上手い演出だ。鐘の音聞いて、急いで席に着く客が増えた(みな「どうせ押すだろう」とノンビリ席に向かってるのよね。あと、トイレに行列作ってたり・・・)。

で、同バンドのHRが再度流れ終わり、F・マーキュリーみたいな声が場内に響く。

おお~、いよいよ始まりか!?・・・と思ってたら、なんか、ラップみたいな曲が流れ始め(笑)。
これ、いまi pod shaffleのCMで流れてる曲じゃん!「エミネム」じゃん!!!ちょっと爆笑してしまいました・・・。

――以下、続く
コメント

クイーン+ポール・ロジャースのライヴ観戦記②

2005年10月29日 | 洋楽
行って来ましたよ「ポール・ロジャース&ヒズ・フレンズ」。
因縁のさいたまスーパーアリーナ。

何と言ってもボクシング観戦で2度来ている会場(それなのに最寄駅の名前忘れてたオレ)。いずれも日本人惨敗。ズッシリ重い雰囲気を引き摺りながら、帰りの駅ホームで間隔長い電車を待つ時間の辛さよ・・・。
今回はどうなるのか・・・?
なんて思って入場した会場だったが。

まず、スタンド前列ってんで期待したのだが、縦長会場の真ん中あたり。
思いっきり椅子から斜め方向にミュージシャンが位置するパターン。スタンドといいつつ、アリーナとの標高差は殆んどなし。
まぁ、前が立ったら殆んど見えないアリーナよりはマシだが。
客席は、開演30分前で約6割の入りか?しかしデカイ会場だな。
フルで入れれば3万は入るとか言われてるらしいが。今回の席割りなら、満員で25000とか。
ホントに入るのか?少々疑心暗鬼になる。
客層は・・・微妙(笑)。オヤジ多いのは当然として。元追っかけ姉ちゃんがオバとなって、はちきれんばかりのグループTシャツ来て張り切ってる・・・なんて姿なし。
まぁ、前列に30~40代と思しき女性2人がいらしたが、まぁ素敵な年の重ね方されてる風であった。



クイーン好きだった同級生の女子達はどうしているであろうか・・・、そんなコト考えさせられてたもした。
まぁ、昔はベイシティローラーズと一緒に語られてましたからなぁ、クイーン。

で、オレらは「ケッ、ロックだったらパープル・ツェッペリンだよな!」と悪態をつきながら、実は影で聴いてたのでありました(笑)。
それでも、今回は軽く腕組みしながらの参戦。「キムタク主演のフジTVドラマ主題歌で再ブレイク」ってのが、なんだかなぁ~だし。

協賛にフジ系のニッポン放送が名を連ねているのも如何にもで(ミュージカルをプッシュしてたのは日テレだったが。争奪戦でもあったのかなぁ・・・)。

空港の記者会見でも「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」を記者がリクエストしたりして。「再ブレイクのキカッケ曲」を推すムードがメンバーに圧し掛かってる感じであった。
まぁ、その曲は近年売れたベストアルバムにも収録ってんで。その辺を聴いただけの観客も多いだろうな~って雰囲気。
メンバーは「70年代、最初に自分達を認めてくれた」日本のファンに特別な感慨を持ってくれてるようだが。
そのファンと、今回の観客は微妙に違ってるんだけどな~と、空しい気持ちもあったのでした(当然、往年のファンもたくさん押し寄せてはいるだろうが・・・)

――以下、続く
コメント

クイーン+ポール・ロジャースのライヴ観戦記①

2005年10月27日 | 洋楽
いや~、結局。当日の判断で行って来ました「さいたまスーパーアリーナ」初日。

主催者発表は25,000でしたが、良くて20,000人ってトコでしょうか。
例によって「日記」と言いつつ昨日の話です(笑)。

良かったですよ、「ポール・ロジャース&ヒズ・バンド」のコンサート。



始めに、「2005/10/26(水)のセットリスト」など。

Reaching Out
カヴァー数曲
Bad Company
バックバンドの余興数曲
Feel Like Making Love
Guitar Solo
ジェフ・ベックみたいなギターインスト
バックバンドの余興カヴァー
Can't Get Enough
Wishing Well
~余興数曲
〈アンコール〉
All Right Now
その他、数曲

・・・2万5千人(主催者発表)を前に、スタジアム級の会場で熱唱するロジャース先生。
感無量でした。

・・・なんつって。
こんなコト書いてるとクイーンの熱狂的ファンから殺されるので、次回は真面目に書きます。――以下、続く
コメント

ミュージカル「TOMMY」来日決定

2005年10月26日 | 芸能
英国ロックバンド「THE WHO」が1969年に発表したロックオペラ「TOMMY」。
眼前で親の刃傷沙汰(?)が繰り広げられ、殺人の目撃者となった少年トミーが自閉状態に陥り、聾唖で盲目の三重苦からの解放、そして民衆の解放に至るも、再び地に落ちて一人の人間として再出発するストーリーが、不条理に綴られて行く・・・。

これまでも当人達がフルライヴやったり、映画化されたりして。
70年代後期のニューウェイヴ時代でもライヴで絶大な人気を誇った強力な「ロック出し物」なのですが。



'92年にはブロードウェイでミュージカル化され。
最高の栄誉とされる「トニー賞」を5部門も受賞。演出に関わったピート・タウンゼンドも授賞して、「選考サイドに元ヒッピーとか一杯いるんじゃないの~?」なんて言うヒネたロックファン以外を喜ばせたのも記憶に新しいが。
そのロックオペラが、来春ついに上陸するそうですよ。日本で、どれくらい理解されるか不安ですが。
つ~か、そういう私も理解できてるか怪しいが(笑)。

ま、映画版みてるから少しは分かってるとは思うが。
かなり凝った作りで、細部に渡ってThe Whoのファンを喜ばせる「こだわり」ありとか。
見てみたい気もするが、10,000円は高いしな~(ミュージカルなら普通の値段だろうが・・・)。

以下、日程
2006年
3/2(木)・3/3(金)・3/9(木)・3/10(金)・3/16(木)・3/17(金)19:00~
3/4(土)・3/18(土)13:00/18:00(2回公演)
3/5(日)・3/11(土)・3/12(日)・3/19(日)13:00
会場:東京厚生年金会館料金:S席10000円

・・・客入るかな~?まぁ、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」もソコソコ入ったみたいだし。劇団四季ででもヤってくれたらOKじゃないの?

P.S.
そういや、P・ロジャース+クイーンが成田空港に降り立ちましたな。
出待ちが300人ほど居て、メンバー御満悦だったそうな。
まぁ、フリーもクイーンも日本で人気あったバンドだし。
さっそく今回も、握手などしてファンとの交流を楽しんでいらっしゃった・・・と。
今日が初日か。チケット買ってないが、どうするかな~。
当日券あるかな~?

◆10/25(後楽園ホール)の試合結果
○4R
エスパー・サトル TKO1R 古川稔蔵
鈴木滝太 KO1R 財田喝生
誠 士郎 判定 櫛田好充
星島一太 判定 斎藤真也
海老沢 徹 KO2R 菊地 学
堀越久人 KO2R 築瀬 亘
○6R
比留間洋平 判定 市原崇弘
木村文人 TKO2R 淵崎秀人
○8R
石垣 栄 判定 鈴木啓太
中森 宏 判定 篠崎哲也
コメント

「尾道ラーメン」って看板を・・・

2005年10月25日 | 生活
――「尿道ラーメン」って見まちがう。

そんな10月の下旬。
病院に見舞いに行く最中だったからであろう・・・。

しかし、某病院は入館管理ザルだな。
うっかり夜間入り口に迷い込んだオレもアホだが、
「正面ならココから入って、突き当たり左ですよ」
・・・とか言って入れてどうする!?

その通りに入ったら、エントランスのド真ん中を横断、正面入り口方面まで本来の導線から逆行して入館申し入れ。

「必要要項を記入してバッジ着用して下さい」
・・・ったって、もう1F横断してるよ!!

これじゃアウトだわ。
現に、通勤時エスカレーターでコケて、ここに担ぎ込まれた同僚は、病室で財布を盗まれておる。

つくづく不幸の似合うヤツ・・・。
一通りダベって、オレが帰るとき、表まで見送ってくれたが。

あいつ、オレが渡した「お見舞い」封筒、ちゃんと病室の金庫に しまったろうなぁ・・・?(アレまで盗られたら大アホだで)

◆10/24(後楽園ホール)の試合結果
○4R
安住修作 判定 関谷昌亮
馬場起也 判定 菅野 裕
内山卓也 TKO4R 竹内佑典
ラジェス・チャンドリー 引分 竹之内豊明
立山信生 判定 末岡崇司
長崎大之 KO1R 生田真敬
○6R
益山智行 判定 木村国治
○8R
河野公平 KO2R ペッチダム・シットサーイトーン
○10R
鳥海 純 TKO6R 高野 旭
コメント

快楽亭ブラック、心筋梗塞で緊急手術!

2005年10月25日 | 芸能
NOOOOOOOOOOOOOOO!!!!

多額の借金と放蕩生活がたたり、離婚の憂き目に逢い、立川流も除名された落語家・快楽亭ブラック。

この日記にも度々登場している怪ハーフ噺家が、21日の夜に心筋梗塞で倒れ、都内で緊急入院していたそうな!

ラジオ出演後に「胸が痛い」と訴え、救急車で病院に運ばれたようで。
幸いは軽度だったが、それでも3時間以上かかる手術を受けたと。

病状は安定しているものの、面会謝絶の状態で、予断は許さない状態・・・。
下ネタや風俗レポートで鳴らた快楽亭も50代となり、もともと太めの体格からして心臓への負担も大きかったろうし、心労も堪えてたろうなぁ。

オムニバス映画の監督やったりと、活動の幅も相変わらず広いトコロを見せていたのに、泣きっ面にハチ状態・・・。
古い日本映画に造詣が深かったり、歌舞伎にも精通する快楽亭だけに、アカデミックな方面での活躍も本来は可能なはず。

「色物」的な印象で、そっちの道は閉ざされていた感もあるが、年齢を重ねて「ウソ重厚さ」で誤魔化し効く可能性あるのに・・・。
しかし、オレが応援する方面って、ことごとくコケルよな。
または衰退に次ぐ衰退・・・。

このHP開設し「自分はボクシングファンです」って表明している時点で、疫病神状態なのかも・・・。
申し訳ない・・・。
ファンの声を聞かず、聞いてるように見えるジムも興行優先、独善的な選手育成、選手にも自己満足な競技感が蔓延、提灯記事連発のマスコミ・・・。
そんなボクシング界の疫病神として機能してしまうボク・・・。

な~んだ、悪いこっちゃないじゃん(笑)。
コメント

言っちゃいけないかも知れないけど言いたいシリーズ「ジェンキンス氏の本」

2005年10月23日 | 生活
電車のホームに目立つデカイ看板あり。
JRでも私鉄でも、少し大きな駅で最近、実に良く見かける。
どっかで見た老外人の顔がこちらを見つめている・・・。
書籍の広告だ。
「告白」――いま、すべての真実を語ろう――
著者は、チャールズ・R・ジェンキンス氏。
北朝鮮拉致被害者・曽我ひとみさんの旦那。
青空を背に佇むジェンキンス氏。
――正直、かなり鬱陶しい。

http://www.kadokawa.co.jp/sp/200509-02/
コメント

Mondo21、好調?②

2005年10月22日 | 生活
スカパーやケーブルTVで視聴出来るMondo21。
麻雀や自動車やパチンコに始まり、マニアネタやグラビアアイドル番組など、「男の楽しみ」を追求するモンドなチャンネル、それがMondo21。

まぁ、登場するアイドルもB級だったりして、微妙に視聴が遠ざかっていたのだが。
最近、番組表チェックしてて「おぉ!これは!」って番組あったんで録画して見ている次第で。
やっぱり、「出演者、夏目理緒」って乗ってるト弱いのよねぇ・・・。
まぁ、理緒ちゃん出てるのが「アイドルコロシアム2005」っていう、水着姿のグラビアアイドルたちが、リングの上でセクシーファイトを展開する「アイドル水着バトル」なのが気になるトコロだが。

つ~か、「関西仕事」じゃん!
何が悲しゅうて、(胸以外)細身の理緒ちゃんが女子プロの物真似してリング上で戦わなきゃいけないんだよ。
それ以前も深夜放送で「高飛び込み専用プールへダイヴ」なんて無茶苦茶な事やらされてたし・・・。
喋りがイケるタイプじゃないから、B級路線まっしぐらなのか?
まぁ、一応「アイドルコロシアム」では、メイン扱いで最初の挨拶などリング上から行っていたが・・・。
相変わらずナイスバディだったが、お顔がオカメさんなのがイケナイのか?(私はオカメ顔も好きなのだが)

結局。
新木場の1stRINGってトコロで行われてた「アイドルコロシアム2005~Road to Break!」の1回目は放送されたのだが。
「バトルヒロイン」たちが、リング上で歌やダンス、コスプレ姿などを披露し、まずは自己アピールして。

この後、リング上での戦いが始まるのだが、やたら強いのが居て、発言も女子プロ並だし、思わず引いてしまうワタクシ(笑)。

――で。
この後、夏目理緒ちゃん登場ってトコロでパート1終了。
まぁ、少し前のスポ紙で取り上げてたから、内容はだいたい分かってますが。

あんまり体育が得意そうじゃなく、負けん気も強そうじゃない理緒ちゃんが、女子プロまがいバトルやっても痛々しいだけなのだが。
事務所も大きく無いから厳しいのか・・・。

なにか良い路線はないものかなぁ。

◆10/16(大阪IMPホール)の試合結果
○4R
森本一春 判定 寺前 毅
佐々木勝之 KO2R 山口伸也
能任慎一 負傷判定4R 米田皇介
石井正人 引分 金光康之
矢野一馬 KO1R 前田憲孝
高橋秀鎮 KO2R 徳永隼人
○6R
松下泰士 判定 佐藤武夫
○10R
吉山博司 判定 原口清一
松本憲亮 判定 古川和広
○4R
株丹千秋 KO1R 寺前明彦
中川将平 引分 大林文範
ヒグチ祐人 引分 橋野祐太
橋本泰治 KO1R 般若寺顕任
○6R
小島宏寿 判定 早野吉男
○8R
橋 悟朗 判定 一ノ宮茂樹
星山善貴 負傷判定8R 荒川正光
○10R
堀川謙一 判定 飯田大介

◆10/16(久留米総合SC体育館)の試合結果
○10R
児玉卓郎 KO4R 岡本 裕

◆10/17(後楽園ホール)の試合結果
○4R
白石豊士 判定 桃井誉雄
石本良次 判定 嶋田匡浩
楢戸 洋 判定 荻野裕太
緒方 惇 判定 池田賢司紫
野薫平 引分 田中大樹
○6R
萩原裕樹 TKO5R 奥西章平
○8R
光永智博 TKO3R 笠木康人
○日本バンタム級タイトルマッチ10R
サーシャ・バクティン 判定 立木正祥
コメント

Mondo21、好調?「いいなり宣言!メイドおさわがせします。」

2005年10月22日 | 生活
――で、Mondo21番組表で私の目を引いたプログラムが。

「いいなり宣言!メイドおさわがせします。」
ご主人様の指令に従って、何でもヤらされるアイドルメイドたちが、ムチャクチャな指令でも、ご主人様のためならなんでもやる・・・ってのが番組コンセプト。
常にメイド姿のアイドルメイドたちが、色々お騒がせしてくれるそうな。

「常にメイド」ったって下着になってるシーンもあった気がするが(笑)。
まぁ、ブームに乗ってアイドルにメイドの格好させてみただけだろうが。
逆にメイドカフェの従業員がグループ組んでCDデビューするよりはOKかも知れない。
だって、あっちは素人だし。

Mondo21。「メイドお騒がせ・・」以外でも、「グラビアの美少女」系の番組がコンスタントに流れてるのが良し。
「原田桜怜」なんてミスヤンマガ2005の巨乳アイドルだし(樽ドルではあるが・・・)。水着は当然、Tシャツ姿でも分かるロケットのような お胸は強烈なのでした。

さらに、アイドル以外でも、山田五郎センセがマニアの方々と語り合うバラエティ番組もあるし、なかなか多種済々なプログラムを楽しめそうなMondo21。

以前は、干されていた爆笑問題にトーク(対談)番組を任せ再起のキッカケも(?)作ってるし。
その辺のチョイスの自由さが、CSやTVKさんの強みだし。
また、同様の「隠れた実力者」を発掘して欲しいね。
寒空はだかでもOKだし、快楽亭ブラックでも良し(笑)。

今後ますます発展なさろよう祈念して、Mondo21さんへのエールを送っておきましょう。
頑張れMondo21!

◆10/19(後楽園ホール)の試合結果
○4R
斎藤 明 TKO3R 山口秀紀
山中康輔 引分 丸山康弘
益山重人 判定 矢沢尚之
金田孝則 判定 市川亮太
越知俊光 KO1R 菅原康洋
石垣洋之 判定 森田伸泰
野中 晃 判定 井出仁勇
○6R
清水真吾 判定 関川陽介
○8R
マサ・バキロフ 判定 岩下勝也
清水智信 判定 久高寛之

◆10/20(後楽園ホール)の試合結果
○4R
根間裕人 TKO3R 山口琢磨
大久保雅史 TKO4R 稲葉鉄平
杉野学視 TKO4R 吉原広毅
佐藤剛史 TKO2R 鈴木嘉彦
鈴木裕輔 TKO2R 竹内則雄
○6R
李 冽理 TKO3R モンコイチャイ・サンデージム
○8R
小林生人 TKO6R 目次 誠
石井一太郎 KO2R シハラット・シットラームカムヘン

◆10/20(タイ バンブアトン)の試合結果
○ABCOスーパー・ウェルター級タイトルマッチ12R
クレイジー・キム KO1R ジャイペッチ・カイトゥムアンカン

◆10/21(後楽園ホール)の試合結果
○4R
田代 慎 KO1R 青野康弘
吉田 尚 判定 原間朋彦
永安慶太 TKO4R 安多良和
前田 弥 KO1R 大須賀智弘
水上勇太 KO2R 金子大輔
○6R
伊藤健剛 TKO1R 佐藤駿介
小林タカヤ 判定 小池洋介
○10R
塩谷 悠 TKO7R デンタクシン・シーンギラーノーイナイ
コメント

“IT長者”が宇宙旅行ってねぇ・・・

2005年10月19日 | 生活
元ライブドアの榎本大輔って人物が宇宙旅行・・・ってんで。

「IT系資産家が投じた資金が、民間宇宙旅行の開発に弾み」なんて好意的な取り上げられ方してますが。

さっそく、騒ぎにゃ乗らずにいられないホリエモンも「宇宙旅行事業に着手」とかでニュースになりたがり、「数十億で一般人が個人で宇宙旅行」が当たり前になってきたワケですなぁ。

しかし。
例によって何かスッキリしない話ではある。
結局はカネにあかせて先頭切りたいだけ、目立ちたいだけ・・・。

ロマンが無いねぇ。

「僕も乗りますが、やっぱり故手塚先生が先だと・・」とか言って遺骨や遺影を持ってこうって金持ちは居ねぇのか?

ホントに。手前が目立つ事しか考えられないのかね?

「僕がカネ出しますから、日本人初はゼヒ松本零士先生に!」・・・とか言う奴ぁよう!

おれが金持ちだったら言うけどな。
「ヤマトや999で夢を与えてくれた零士先生に!」ってな。

そんで
「地球に戻ってくる時、『なにもかも懐かしい』って逝って下さい」

――とか悪い事を言う・・・と(笑)。

ホントにねぇ。
ファンド村上さんもホリエモンさんも、スッパマンみたいな顔した首相も、皆「お笑い」の顔なんだから。

もっとシャレの利いた事を言って下さい!!
コメント

メイドカフェに風俗営業指定

2005年10月16日 | 生活
メイド姿の女のコが、雑談に応じてくれたり、コーヒーに砂糖やミルクを入れたり、紅茶を注いでくれたりするメイドカフェ。

新しい形態として話題になり今や、かなり定着。“オタクの聖地”と呼ばれる東京・秋葉原の店舗が有名なワケだが。

なんと、福岡県警が「従業員の行為が『接待』に当たる」として福岡市の2店舗に対し風俗営業の許可を得るよう指導したんだそうな。

普通の喫茶店は、従業員が「接客」しているだけってんで風営法の許可は不要だそうで。

結局は、スナックなどと同様に風営法に規定する「客の接待をして客に遊興または飲食をさせる営業」と見なされた・・・と。

福岡市のメイドカフェでは、客の来店と共にメイド姿の女のコが「ご主人さま、お帰りなさいませ~☆」と出迎え。注文聞く時には、ひざまずくなどのサービスあり。

まぁ、当然オムライスにケチャップで絵を描くとか、ゲームを一緒にヤるとかのサービスもあっただろうな。

しかし、注文聞く時ひざまずくなんて、ありがたいサービスじゃないか!!

オレが行ったメイドカフェなんて、棒立ちで「何にするすっか~?」のノリだったぞ!!!

つ~か、あそここそ「ボッタクリ」の風俗店じゃねぇか!!!

警視庁は、あそここそ摘発しろ!!!

しかし、「第3のビール課税」に続き、庶民のささやかな楽しみの水を差す行為。

当局は良くもまぁ、次々とヤらかしてくれるもんだわい。
風俗営業法認可・・・なんつって、また金吸い上げる気マンマンだろうよ。
そんで、その煽りは我々に覆い被さるワケですよ!

「刺客」だの「クールビズ」だの、どうでもイイんじゃい!!
そんなのが「流行語大賞」ったって関係ないんじゃい!!

我らが、ささやかな希望、メイドカフェの世界に土足で踏み込まないでくでぇぇぇぇぇぇ!!!(←オマエ、まだちゃんとしたトコ行ってないだろっ!)

◆10/15(後楽園ホール)の試合結果
○4R
人見斉光 TKO2R 岩城さとし
山辺正博 判定 李 豪哲
大原康明 判定 臼井祐介
山崎祐樹 判定 岡本憲将
○6R
青田義隆 判定 牧島洋介
日高慎一 TKO5R 日下研也
○8R
五十嵐 圭 判定 中根 修
○10R
真鍋圭太 KO3R 朴 賛烈
コメント

多分みんな思ってるけど誰も言わない事シリーズ 村上ファンド・村上氏

2005年10月15日 | 生活
阪神電鉄の筆頭株主になった村上ファンドの村上世彰氏って。

あきらかにコメディアン系の顔だよねぇ。

はっきりと欽ちゃん似だし。

目は快楽亭ブラックと同じだ(なのに快楽亭は破産状態・・・・・)。

だから「阪神に関して、球団の上場にこだわっているわけではない。一つの選択肢だと思っている云々・・・」と、もっともらしい事を話されても『なんのコントですか?』

――としか受け取れない。
コメント