微睡みの祝祭

夢か現か、微睡みの中を彷徨う。
観たもの、想ったことをただただ漠然と書きとめています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2015-04-20 | book

本を読んだ。

★猫
・著者:有馬頼義/猪熊弦一郎/井伏鱒二/大佛次郎/小高京子/
 坂西志保/瀧井孝作/谷崎潤一郎/壷井栄/寺田寅彦/柳田邦男/
 クラフト・エヴィング商會
・出版社:中央公論新社

僕はがちがちのネコ派です。
猫の姿を観るだけで幸せなります。
猫に触るだけで体調が良くなります。
外で野良に声をかけると、たいてい彼らの方から寄ってきます。
どうやら仲間だなと感じるようです。

さて、今日の本、
猫好き作家の愛情たっぷり文章が味わえます。
作家のそれぞれの個性があり、
それぞれの時代があるんですが、
それぞれの猫に対する滋味あふれる心情が綴られています。

中でも、
猫を異常なほど溺愛していると思われたのが、
文豪、谷崎潤一郎でした。
ただならぬ愛で方です。

まず、文章を紹介。

ねこ
動物の中で一番のきりょう好しは猫族類でせうね。猫、豹、虎、獅子、みんな美しい。美しいがどれが一番いいかといえば猫ですね。第一眼がいい、それから鼻の格好が素的だ。獅子や虎や豹は、鼻筋が顔面に比べて長過ぎます。だから間がのびてきりつとしたところがない。そこへいくと猫の鼻は理想的です、長からず短からず、ほどよき調和を保って、眼と眼の間から、口もとスーッと伸びる線の美しさは何とも言えない。中でもペルシャ猫のが一等よろしい。あんなにキリッと引き締まったいい顔をした動物が他にあるでしょうか。

と、まず顔の賛美からはじまり、
猫の媚態の限りを尽くした甘え方まで見事に表現している。

猫ちゃんの美しさを的確にとらえています。
さすが文豪と唸ります。

コメント

追風に帆を上げよ(上、下)クリフトン年代記 第4部

2015-04-02 | book

本を読んだ。

★追風に帆を上げよ(上、下)クリフトン年代記 第4部
著者:ジェフリー・アーチャー
翻訳: 戸田 裕之
出版社: 新潮社 (2015/3/28)

最新刊の上陸です。
とうとう第4部まできました。
どこまで話が広がるのか
ただただ唖然と読み進めます。
チャンスとピンチが交互に訪れ、
まったく話のネタがつきません。

実際の歴史上の人物がふんだんに物語にでてきます。
そのタイミングの良さに引き込まれ、
リアルとフィクションの境界線が曖昧になってしまいます。
ソニーの盛田さんの活躍にもびっくりでした。

(えっ、ここで続き?)
絶妙の《つづく》です。
まるでテレビドラマ。

第5部の上陸をまちます。

コメント

善き人のためのソナタ 

2015-04-02 | chinema(欧米系映画)

映画を観た。

かって「ベルリン」は芸術の都といわれ、ヨーロッパの中心でもあったが、
第二次世界大戦で連合国によって徹底的に破壊された街である。
日本の街と同じ運命であったが、
違うのは、街が東西二つの国に分離され、
東側は国家体制というか組織体制維持のため。
人も心もずたずたに分離され徹底的管理された。
全体主義体制の恐怖は理解しているつもりではあったが、改めて、この映画によって思い知らされる。

かって「ベルリン」は芸術の都といわれ、ヨーロッパの中心でもあったが、
第二次世界大戦で連合国によって徹底的に破壊された街である。
日本の街と同じ運命であったが、
違うのは、街が東西二つの国に分離され、東側は国家体制というか組織体制維持のため。
人も心もずたずたに分離され徹底的管理された。
全体主義体制の恐怖は理解しているつもりではあったが、
改めて、この映画によって思い知らされる。

1989年ベルリンの壁は破壊された。
あの時の歓喜は忘れられない。
ドイツという国にはやはり敬意を払う。
戦時下のナチス体制を徹底的に総括し、統一に際する困難と真摯に向き合った。
その国から人間の有りようを問うこんなにも素晴らしく美くしい映画が生まれた。
監督脚本は何と34歳という若いドナースマルクさん。
しかも長編映画が初作品とういうではないか。
素晴らしい才能を持った監督であり、今後の作品が楽しみ。

コメント