微睡みの祝祭

スケッチブックとデジカメもって出かけよう

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

2019-01-15 | chinema(日本アニメ映画)

 

★交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

ロボットが「リフボード」に乗って展開する空中アクションシーンはなかなか面白い。
しかし今日的には、ちょっと新鮮味に欠けてしまう。

世界がちょっと難解SF。
レントンとエウレカの恋愛物語とみれば物語性は出てくるが、少し幼いような。
映像は鮮やかさ爆裂だけど、
ある種の爆発イメージから抜け出していないところがイメージの硬直化。
僕の再生装置がよくないためか
音響が悪く、言葉が聞き取りにくい状態だったのが惜しい。

キャラクターデザインは吉田健一。
90年代のジブリ作品の原画に参加している。
おもひでぽろぽろ (1991) 紅の豚 (1992) 海がきこえる (1993) 平成狸合戦ぽんぽこ (1994) 耳をすませば (1995) もののけ姫 (1997) などなど。
アニメーターはジブリでキャリアを磨いている。

コメント

コクリコ坂から

2018-03-16 | chinema(日本アニメ映画)

映画を観た。

★コクリコ坂から
監督: 宮崎吾朗
脚本: 宮崎 駿 / 丹羽圭子
原作: 高橋千鶴 / 佐山哲郎
音楽: 武部聡志
主題歌: 手嶌葵
キャスト(声の出演):長澤まさみ、岡田准一、竹下景子、石田ゆり子、風吹ジュン、内藤剛志、風間俊介、大森南朋、香川照之、他

1960年代の雰囲気がびしびしやってくる。
気持よく、物語の展開について行きながら、
《あれつ?、この雰囲気は懐かしいなー。》

《これはー・・・、ジブリが日活青春映画をパクった?》
《吉永小百合がアニメになった?》

一応、思ったこととですが、
この作品は、息子吾朗の作品を装っているが、実は駿パパの作品であること。
駿パパそのものである。
息子吾朗は自分の映画を作らなければならない。

背景の絵は実に細やかに時代を写している。
《はっ!》と驚く感情がこもっている時もある。
でも、その背景の細やかさと奥深さと執念深さに比べて、
人物が情けないくらい平板な印象を持つ。
どんな制作の仕方をしたのだろうか。
外注で事済ませてるのかな?

でも、やっぱりこのノスタルジーはいいなぁ。
お説教くさいアジもあるけど。
劇中、みんなで合唱する. 《白い花の咲く頃 》、懐かしさのあまりついホロリとしてしまった。

ちょっと気になるのが、この作品の持つ雰囲気は、若い鑑賞者のハートに響くのかな?
《60年代前半の恥らいと奥ゆかしさ》は今の若者のハートに届くのだろうか。

コメント

ルパン三世 カリオストロの城

2018-03-06 | chinema(日本アニメ映画)

映画を観た。

★ルパン三世 カリオストロの城
監督:宮崎駿
出演(声):山田康雄,小林清志,井上真樹夫,増山江威子,納谷悟朗,島本須美
1979/東宝/100min

今では、もはや古典名作アニメといっていいほど作品です。
ラストの銭形警部の名台詞は、アニメ史上にはっきりと刻まれる《キザな台詞》
《やつはとんでもないものを盗んで行きました。あなたの心です》

こうして振り返りながら観ていると、
宮崎駿さんの才能は、《冒頭のカーチェイス》によく表れているようです。
ほぼ完璧。素晴らしい絵ですね。
あのスピード感と躍動感と色彩の鮮やかさは特筆物です。
あの質感とエネルギーで最後まで押し通して表現して欲しかったというのがないものねだり。

当時を振り返れば、監督宮崎駿さんの名前はそんなにメジャーではなかったと思います。
駿さんの《ロリコン伯爵ぶり》がこの当時から見事に発揮されています。
以後立て続けに、ジブリ作品の名作を発表。
因みに僕の一番のお気に入りは、《千と千尋》です。

コメント

ももへの手紙

2018-02-28 | chinema(日本アニメ映画)

映画を観た。

★ももへの手紙
監督:沖浦啓之
声の出演:美山加恋、優香、西田敏行、山寺宏一、チョー、他
2012/日本アニメ

監督は『人狼 JIN-ROH』の沖浦啓之。
監督のルーツは交通の要所として栄えた広島の鞆の浦だそうです。
自分に繋がる地域の瀬戸内を舞台に物語を作りたかったようです。

「気がつけば、私、ひとりじゃなかった。」そんなかなりハートフルなファンタジーでしたが、アニメだからこその味わいがあり、十分楽しみました。あの辺りには何度も出かけていますので、雰囲気はよく解ります。穏やかな瀬戸内の風景、漁村の風景、街並が見事に描写され、いつもながら、アニメ絵画にはウットリさせられます。今回は妖怪たちも活躍しますので彼らの表情が生き生き。

物語は《日本的親子の情感たっぷり》で、アニメならの面白さも味わえるのですが、背景となる絵と動く絵との間に、ぎこちない違和感と平板さをも感じさせたのは、惜しい!アニメづくりは徹底的に細分化作業されてるんですね。もっともこれだけの作品を一つのスタジオだけで作り上げるのは、無理なんでしょうが、、、、。

舞台となった《汐島》は架空の島ですが、モデルとなったのは、広島県呉市の大崎下島(大長・御手洗)と言われています。御手洗地区は「重要伝統的建造物群保存地区」だそうです。物語では、建設途中となっている橋は尾道・今治を結ぶ本四架橋別名《しまなみ海道》でしょう。ということは、時代としては90年代後半の夏の物語。どこかのんびり感を感じさせてくれるはずです。《映画を見た後に実際に訪れたくなるような場所》として、沖浦監督が選んだそうですが、なるほど、《訪ねたく思いました》。いわゆる《聖地巡礼》というやつでしょうが、スケッチの旅にちょうど良さそうです。

コメント

スカイ・クロラThe Sky Crawlers

2018-02-09 | chinema(日本アニメ映画)

映画を観た。

★スカイ・クロラ
The Sky Crawlers
監督:押井 守
音楽:川井 憲次
声の出演:加藤浩次、テリー伊藤、菊地凛子、加瀬亮、谷原章介、他
2008/日本


原作「スカイ・クロラ」シリーズは、
地上の人間臭さやしがらみを嫌い、空を舞い、ただただ戦う瞬間に生を燃やす「キルドレ」たちの刹那感や焦燥感、そして爽快感が語られ、「生きる意味」を繰り返し繰り返し、謎のように問いかけている。地上での物語の説明はできるだけ簡潔にして、空での飛行戦に多くの文章を費やしている。

このメビウスの輪のような物語を、
監督押井さんは、1作目の「スカイ・クロラ」の物語をある程度忠実に追いかけながらも、かなり解り易く人間くさいドラマに仕上げた。誰でもが感情移入しやすい地上のドラマの部分を再編することによって、ちょっとメロドラマ風にしてしまった。脚本チームは行定勲さんチームである。

映画の物語展開はかなり原作を追いかけているが、ドラマの再編にあたっての方向は「人間臭さ」という情緒面の強化である。そのためのいくつかの作戦が実施された。

1・整備士の笹倉を女性にしたこと。これは意味がある。キルドレを見守る母性愛を演出し、情緒の強化。
2・主題の「愛と生と死」というコピーを全面に押し出し、メロドラマ仕立てにしてしまった。その結果、地上の物語の鬱具合が増した。原作とは逆の方向に向った。
3・カンナミ:加瀬亮、クサナギ:菊地凛子、トキノ:谷原章介はこの映画の物語にはドンピシャ。特に、クサナギの声に菊池凛子さんの声の表情がばっちり合い、人間臭くて情緒の濃いそしてどこか子供っぽいクサナギが生れた。
4・舞台をヨーロッパ北西部の海岸地帯に限定したことで、物語に潤いを与えた。ケルトの文様の石碑などが描かれていたので、アイルランドなどの湿気の多い海岸地帯だろうか?
5・戦闘の3Dと地上の物語の線画を上手く使い分け、世界観の均衡を保っている。3Dの部分はほんとに美しい映像であるが、線画の部分はもう一工夫あっても良かったのではという物足りなさを感じた。

などなどかな。

テーマを絞り、非常に解りやすい(感情移入しやすい)映画だった。
不特定多数の観客に訴えるようにした戦略は成功である。
劇場でも男女を問わず年代を問わず、いろんな層の人たちがいた。
外国人も数グループいた。
原作のシリーズを読んでいるので、物語の展開の先は読めている。
アニメをどのように仕上げたかというところに関心いくのは仕方がない。
観てから読むのか、読んでから観るのか。
映画を先に観るほうが、新鮮な驚き、感動が高くて愉しめそうな気がする。

一番美しい所は、白い線が微妙に揺れながら、飛行場に着陸する場面。
白い線と黄緑の原野の対比が美しく、緩やかな間が心地よかった。
穏やかな間。
生と死の穏やかな間。

コメント

ピアノの森

2017-12-11 | chinema(日本アニメ映画)

映画を観た。

★ピアノの森
監督:小島正幸
声の出演:上戸彩、神木隆之介、宮迫博之、川田裕美、他
2007/日本

このアニメ映画は魅力的です。マッドハウス制作、
主要なピアノはあのアシュケナージさんが参加
(酔っ払いながら彼のモーツァルトを聴くと、もう逝ってもいいかと本気で思う)
主人公海少年には上戸 彩さん。


予想どおり、音楽は抜群です。
上戸さんもばっちり生き生きとした少年。
アニメの作りも丁寧。
雨宮少年をもう少し魅力的にできなかったかと悔やむくらい。
クラシックファンなら充分楽しめます。
非常に臨場感が伝わり、純な気持ちで共感できる。



コメント

ゲド戦記

2017-11-30 | chinema(日本アニメ映画)

映画を観た。

★ゲド戦記
監督:宮崎吾朗
原作:アーシュラ・K.ル=グウィン
声の出演:岡田准一/手嶌葵/田中裕子/香川照之/菅原文太
2006/日本アニメ

アニメ映画《ゲド戦記》を見た。
2006年公開だから、ずいぶんと前の作品である。
当事はかなり酷評が続いて、さすがの僕も、「DVDでたら、レンタル作品」と決め込んでいた。しばらく忘れていたが、突然、あの《ゲド戦記》を思い出し、レンタル。

僕は原作を読んでないのであくまで想像での感想だが、
《原作者は、よく我慢したね》
《原作ファンは怒ったでしょうね》

アニメ線画の平板な表現からくる幼稚感、脚本の曖昧さ、そして一番大事な《テーマの未消化感》が伝わった。したがって、表現作品の醸しだす高揚感が希薄で、作品としては幼い。が、この竜との会話シーンの絵だけは印象に残る。挿入曲も耳に心地良く。

パパ宮崎は、引退宣言を撤回し、次回作に燃えているそうだ。
たのしみ。

コメント

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

2017-11-30 | chinema(日本アニメ映画)

映画を観た。

★ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
EVANGELION:2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE.
監督:庵野秀明(総監督)
声の出演者:緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、他
音楽:鷺巣詩郎
主題歌 :宇多田ヒカル「Beautiful World -PLANiTb Acoustica Mix-」
2009/日本アニメ

混迷を深め、迷宮入りの「エヴァ」ですが。

「エヴァ」の物語は劇場版としてリニュルされて2作目にあたり、1作目からおよそ2年間の時間をかけている。早いか遅いかは意見の分かれる所だが、ボク自身の時間感覚からいえば、驚異的ともいえる短い時間であり、TVシリーズおさらい的だった「序」から一歩すすめ、起承転結でいう「承」の部分に当たる物語になっている。新たなファンを獲得したいという商業的狙いもあるだろうが、制作監督である庵野秀明さんの「エヴァ物語」の完結に向けての強いメッセージ性を感じた。予定通りの制作過程で、かなりの衝撃的迫力で物語の核心へと展開しつつあるような気がする。巷で話題?になってきた疑問点の核心に答えようとしているのである。人造ロボット「エヴァ」の最終機能は?「人類補完計画」とはいったいどんな計画? いよいよその方向性が見えはじめた。具体的に予想できる範囲に入り込んできたといえる。

セカンドインパクトからサードインパクトへ、物語は常に拡散傾向にあり、訳の分からぬ禅問答のような言葉で物語をひっぱり、キャラを面白く魅せる事で何とか凌いできたような物語。「ソフトパッケージ」などと言われるくらい商業的には大成功ですが、物語の将来をほとんど予測できないので、ひょっとしたら、制作者自身に物語を終局まで持ち込む力がないのかと、半信半疑な趣で観ていた。しかし、どうやら、新たなエネルギーで動かすようだ。

しかし、ボクらの期待にこたえてくれるだけの壮大なスケールを内在しているのだろうか。完結に向かわせたことによって、「エヴァ」本来の未完のエネルギーが逆に失われはしないか、予定調和的幼稚さをさらけだしはしないかと余計な不安を持つ。戦闘シーンでのあの曲の使い方では、ボクの期待感とは方向が少し違う。

映像は前作より一層鮮やかであり、キャラデザインも力強く、物語全体に視覚的エネルギーが強力になっている。生理的に残虐な映像も「エヴァ」の魅力でもあり、今回もかなり血を流した。

それぞれの人物の内面に切り込むようになった。特に綾波レイ、アスカの言葉がより人間的になり、フュイギアのような世界から、人間ドラマへとかわりつつある。大きな物語の変化が読み取れる。


「エヴァ」のキャラクターデザインは、貞本義行さん。メカデザインは山下いくとさん、そして、庵野秀明さん。他にもたくさん参加しているようですが、この3人の役割が今回の「エヴァ・破」ではどうなっているのか、まったくよくわからない。著作に関わる単なるクレジットなのか、制作には誰が直接深く関わっているのか。

 

コメント

エヴァンゲリヲン新劇場版:序

2017-11-29 | chinema(日本アニメ映画)

映画を観た。

★エヴァンゲリヲン新劇場版:序
EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE.
監督:庵野秀明(総監督)
声の出演者:緒方恵美、林原めぐみ、三石琴乃、他
音楽:鷺巣詩郎
主題歌:宇多田ヒカル「Beautiful World」

新しい物語にしようとする意欲はところどころに感じられる。
「エヴァ」定番のシーンを残しながら、圧倒的にビジュアルアップ。
「迫る迫力はさすがです。
物語にも少し変化が見られ、
この後の展開が予想不可能になった。

「残酷な天使のテーマ」の音楽が消えた。
あのテーマ曲は「エヴァ」の象徴だっただけに残念。
劇場で新しい「エヴァ」として聴きたかった。
宇多田ヒカルさんも悪くはないけど、
あの曲の「母性愛」と「宗教性」にはかなわない。

と。

コメント

図書館戦争 革命のつばさ

2017-11-24 | chinema(日本アニメ映画)

★図書館戦争 革命のつばさ
原作:有川浩
監督:浜名孝行
キャラクター原案:徒花スクモ
キャラクターデザイン:中村悟
アニメーション制作:プロダクション I.G
2012/日本アニメ

文庫本の《表紙の絵の鮮やかさ》に惹かれました。
そこでTVアニメをTSUTAYAでレンタル、全作観てみました。
アニメだからこそ描くことができる世界が面白く、
素直な躍動感ある絵にも好感が持てました。
メッセージ性があるようでないようで、その加減もなかなかいい調子。
ならば劇場アニメ版もということで。


“好き”から逃げない。
ポジなキャッチコピーで、これはしっかり《恋愛物語アニメ》ですが、
なかなかどうして、かなり骨太で意味深いメーッセージをも含んでいる。
《表現の自由を守る戦い》であり、そのための《図書館戦争》ですから。
ところがそれほど《重要な問題》であるにもかかわらず、一般国民は笑ってしまうくらいの《無感覚》。
《自分たちでは決められない》
《そうだ、外圧頼みだ》
何やら、日本の現在状況を描いているかのような不気味感さえ感じてしまいます。

《原発危機》の作者である当麻蔵人が《良化特務機関》に狙われる。
其の逃亡劇に《恋愛物語》を挿入しながら、劇場アニメは進行。
《キャラ読み》ならぬ《キャラ観》すれば、当麻蔵人がこの《今回の劇場アニメの全て》のような気もしました。所々で発する彼の言葉がジーンときます。
この人何処かで観たような風貌だなと思っていましたが、彼が大阪へ逃亡する下りから、《あつ、司馬遼太郎ダァー》と決めつけてしまいました。

途中ちょっと立ち止まって考えさせられた言葉。
《正義を守るために武器を持つ。しかし、武器を使った途端、正義は無くなる》
観た後もずっと気になりました。
キーワードとして時々出てきます。
スパイス効いていますよ。

コメント

伏 鉄砲娘の捕物帳

2017-11-23 | chinema(日本アニメ映画)

★伏 鉄砲娘の捕物帳
原作:桜庭一樹
監督:宮地昌幸
声の出演者:寿美菜子、宮野真守、桂歌丸、竹中直人、劇団ひとり、他
2012/日本アニメ

桜庭一樹が、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」に新たな解釈を加えて発表した小説「伏 贋作・里見八犬伝」(文藝春秋社刊)を長編アニメーション映画化。

《火事と喧嘩は江戸の花、、、、》といえばカッコイイが、ようするに混乱と喧騒の街であったということでしょうか。そのはちきれんような賑わいの様子が《極彩色の架空の水都江戸》として描かれています。活力のある賑わいの絵。これは観るだけで愉しい。

しかし、物語としてはどうも解りにくい。魅力的キャラが続々登場、お話はあちこち飛び回り、躍動感はあるんですが、しかしいかにも突如としたコミック的展開。《つながり》《希望》がテーマなのに、お話の方はなかなかスムーズにつながらない妙なぎこち感。惜しい、惜しいいなぁ。これ、じっくり練りこんだらいい作品になるのにね。イメージがぶくぶく湧きながらも、うまくつながらない。お陰で、人物の《想い》がほとんど描けない、イメージ先行。こういう物語、設定、登場キャラ、みんな好きなだけに、ああ、惜しい、惜しい。

ところで、桜庭一樹読んだことなし。
なにか読んでみよう。
滝沢馬琴、中学時代に原文で読みました。
訳わからんけど興奮したこと覚えています。

 

コメント

鉄コン筋クリート

2017-07-30 | chinema(日本アニメ映画)

アニメ映画を観た。

★鉄コン筋クリート
監督:マイケル・アリアス
出演(声):二宮和也、蒼井優、伊勢谷友介、宮藤官九郎、他
2006/日本アニメ

MACで「鉄コン筋クリート」を見る。
義理と人情の架空の街“宝町”で自由に飛びまわる2人の少年クロとシロの冒険をダイナミックに描く。監督はマイケル・アリアス。制作はスタジオ4℃が担当。スピード感溢れる映像、アニメならではの物語展開。

街の絵がいいねぇ。
人の息遣いが聞こえてきそうな不思議な街。

 

コメント

パプリカ

2017-07-27 | chinema(日本アニメ映画)

アニメ映画を観た。

★パプリカ
監督:今敏
原作:筒井康隆
2006/日本アニメ

「筒井ワールドをアニメ化すると、こんなにも楽しくエキサイティングになるよ。」という映画です。筒井さんの世界はとにかくはちゃめちゃですから、その世界を表現するには、アニメが一番効果的手段だと改めて実感しました。今敏さん「したやったり」の思いでしょう。

映像はすばらしく新鮮で、刺激的で、パワフルで、ケレン味たっぷりです。つい引きこまれ「えい、馬鹿馬鹿しいけど、付き合うよ」と本気にさせてくれました。そこが筒井ワールドの罠です。

スタッフも強力です。監督は今敏さん。キャラクターデザインは「もののけ姫」「「千と千尋の神隠し」の安藤雅司さんです。そして、パプリカのヴォイスはあの「エヴァンゲリオンの綾波レイ」の林原めぐみさん、音楽は平沢進さん、などなど。制作マッドハウス。

「夢が犯されていく」刺激的なコピーだけど、他人と共有できたら楽しいでしょうね。私は最近は、夢と現実の狭間で生きているような気がしています。行ったり来たりしながらそれなりに楽しんでいます。そのうち境界線が無くなってしまうのでしょう。

コメント

百日紅~Miss HOKUSAI~

2017-04-24 | chinema(日本アニメ映画)

映画を観た。

★百日紅~Miss HOKUSAI~

物語の主人公はお栄(葛飾応為)、葛飾北斎の三女。
北斎の影の絵師をつとめるなど、才能を高く評価されたらしい。
映画は、彼女の視点から、
父北斎の創作をめぐる逸話
オンボロ長屋での風変わりな共同生活
お栄自身の不器用な恋
などなどが語られるが、
中心になっているのは、北斎一家の家族のお話である。
特に、北斎の盲目の末娘・お猶の存在が、この映画のテーマと深く関わってくる。
北斎の絵は知っているつもりだが、
彼の家族については知らなかった。
そういうことだったのか。

《生と死》、
芸術はこの問題に対していかにアプローチするか。
それが全てである。

淡々とドラマは進行するが、
それだけにいかんともしがたい人の生業をおもった。

江戸の言葉が美しいと思った。
あの浮世絵のイメージがだぶる。
百日紅をみていつもちょっぴり哀しみに似た匂いを感じ取っていたが、
北斎の名前を聞く度に、これからはこのドラマをちょこっと思い出しそうです。

映画の出来具合について評価の分かれそう。
ちょっと曖昧さが気になったが
僕はそういう事にはあまり関心がない。
出来がいいにこしたことはないが、
内容に興味が湧くからみるんです。

江戸の人の賑わいと生きる事の悦びと哀しみが伝わっただけでいい。
アニメだからの良さもあるでしょうが、
実写化しても面白そうなドラマです。

 

コメント

言の葉の庭

2016-11-09 | chinema(日本アニメ映画)

映画を観た。

★言の葉の庭
監督:新海 誠
製作国:日本(2013)

《君の名は。》は観てない。
実は、封切りの時に観にいこうと思っていたが、時間が合わず。
《そのうちにね。》と思っていた。
ところが、あっという間に、老若男女問わず、超人気作品に。
《これは、これは、、、。熱が冷めた頃に、そのうちにね。》


それならばということで、《絵が美しい!》と評判だった
前作《言の葉の庭》のDVDを借りてきた。

《雨の新宿御苑》は素晴らしい。
アニメでここまで美しい《緑の世界》を描くとは。
現実描写(写生)だからこそできた。

風景画は凄いけど、人物画は何処か稚拙。
人物描写になると、急に陳腐なアニメにかわる。

物語の設定に、無理がある。
《愛よりも昔、弧悲のものがたり》???
高1男子と27歳の古文の女教師の物語は、
《ちょっときもい》でしょう。

次の物語への前奏曲。
この作品は、《都会の緑》を観るアニメ。

コメント