花好き・旅好き女性のセカンドライフ

通院しつつ、半年間はガーデニングと家庭菜園で汗を流し、その合間に趣味の旅行などをするリタイヤ女性の生活日記

伯母と絵本を楽しんでいる

2016年10月12日 | 高齢期の生活
先日から思いついて、目が悪い伯母の元に図書館から借りた絵本を1冊ずつ持参して読み聞かせをしている。
最初に読んだのは新美南吉著「ごんぎつね」だった。
いたずら好きな山の狐が、いたずらで窮地に追い込まれた村人に詫びるために毎日栗を届ける。
しかし、村人は栗が狐からの贈り物だとは知らず、発見して鉄砲で撃ってしまう。
やっと最後に自分の心が通じた狐は、満足したように死んで行くという話だ。
この本を読んだ後、伯母は「良い話だね。私も昔、ゴンという犬を飼っていたんだよ。」と思い出して懐かしがっていた。

次の機会に読んだ本は「おばあちゃんのきおく」だ。
オーストラリア人の作家が書いた本で、認知症のお年寄りが生活するホームの傍で暮らす子どもが、「記憶って何?」とお年寄り達に聞きまわり、自分で集めた記憶に通じるものを仲の良いおばあちゃんの所に色々持ち込む。
するとおばあちゃんが、記憶を蘇らせてくれるという話だ。
伯母は、「自分が使っていた日用品のほとんどをケアハウスを出る時に処分してしまったから、思い出に繋がるものがもうほとんど無いのが残念だ。」と言っていた。
北欧の高齢者施設では、箪笥や写真の額、鏡台などの私物を持ち込めるというが、日本の施設の大半では部屋が狭く、私物の持込を認められない。やはり環境的に狭くて貧しいと言わずにはいられない。
(一部、グループホームでは少量の家具を持ち込めるらしいが)

 


次の機会に読んだのは、ポーランド人の作家が書き、絵を描いた「たからもの」だ。
貧しい男が同じ夢を3回見る。お城の橋の下に宝物が埋まっているという夢だ。3回も同じ夢を見たのだからとその男は長旅に出る。
山を越え、森を抜け、その大半を自分で歩き続けて、ようやくお城がある町に着く。
城の入り口にある橋は、衛兵に守られていたが、毎日そこへ通う。
その内、隊長から訳を聞かれて夢の話をすると、自分はその村人と同じ名前の男が住む田舎の家に宝物があるという夢を見たと言う。
男はまた何日も歩き通して家に帰り、かまどの下を掘ったら宝物が出て来た。
その場所に「祈りの家」を建てて、壁に「近くにあるものを見つけるために、遠くまで旅をしなければならないこともある」と紙に小さく書いて貼ったという話だ。
その本を読み終わってから、お互いの宝物について話をした。
私は「自分が生き生きとなれて生き甲斐を与えてくれている庭だよ。」と言った。
伯母は「自分は大切な宝石類など、みんな無くしてしまった。」と嘆くので、「伯父さんが生きていた頃は、伯父さんが宝物だったのでは? 」と言うと、「そうだね。」と答えてくれた。
    
毎日同じことの繰り返しで生活に変化が無い伯母と、絵本を仲立ちにした新しい話ができるので、これからも目が悪い伯母に、1回に1冊ずつ図書館から借りた絵本を読み聞かせたいと思っている。
読んだ本は翌々日に行く時まで置いて来る。
絵を見ながら物語を思い出したり、素晴らしい絵を見て心が刺激されたり、楽しくなったりするのではと思うからだ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧友と久々の会食 | トップ | 庭仕事 今 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読書の秋ですね~。 (ガチャピン)
2016-10-13 23:25:09
こんばんは。
最近は絵本の読み聞かせを高齢者の方の施設で
行うことが多いようですね。
絵本は“心の脳”を刺激すると言われているそうです。また、お話を通じてのコミュニケーションにもなるとか…ソナタさんも伯母さまとお話が弾んでいるようですね。
まだ、私の職場では実践したことがありませんが、いつか機会があれば、絵本の読み聞かせもしてみたいですね…
季節は秋、伯母さまとソナタさんには
“読書の秋”ですね!
ガチャピンさんへ (ソナタ)
2016-10-14 12:10:51
こんにちは♪♪
コメント有難うございました。

当地、今日は晴天です。
朝、シベリアから来た渡り鳥(オオハクチョウ)が100羽近く、カオカオと鳴き交わしながら上空を南下して行きました。季節は晩秋なんですね。

絵本も今は内容が良いのが沢山ありますね。
「蟹の床屋」や「飴玉」は、伯母が大笑いしていました。
一人で個室にいると、笑うことなどないので、その点でも絵本はいいなと思いますね。 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む