ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼、ワタクシ常に「一般人」




この問題のキーワードは「沖縄県道104号線越え実弾射撃訓練」

県庁サイトでは、北富士演習場における沖縄県道104号線越え米軍実弾射撃訓練の分散・実施について 更新日:2011年9月30日の記事でこのkeyword を知りました。「分散」とは、本土の各地で分散しているという意味で、沖縄県と分散して負担しているという意味では無いようです。
これは本土各地が引き受けた在日米軍の訓練なら、「沖縄県道104号線越え」という枕詞はもう外した方が分かりやすいのでは無いでしょうか。

北富士演習場使用協定 更新日:2010年9月29日 などを確認しましたが、「沖縄県道104号線越え実弾射撃訓練」引き受けに関する経緯は分かりません。

防衛省北海道の 沖縄県道104号線越え実弾射撃訓練の分散・実施について、これで理解できました

平成7(1995)年10月に日米間に設置された「実弾射撃訓練の移転に関する特別作業班」における調査・検討の結果などを踏まえ、本土5か所の演習場(矢臼別、王城寺原、東富士、北富士及び日出生台)において分散・実施が可能との技術的検討結果がとりまとめられました。
これを受けて防衛庁(当時)では、それぞれの現地を訪問して協力を要請するなど、移転先地元関係者との折衝を続けた結果、5か所すべての演習場の地元から、分散・実施についての理解が得られました。これにより、防衛施設庁(当時)、陸上自衛隊などによる訓練の円滑な実施と同訓練への地域住民の理解を深めることを主眼とした支援体制の下、平成9(1997)年度から訓練が実施されているものであります。

山梨県が拒否できないのは沖縄の負担を軽減する為でしょう、このことを全国に向けて発信する事は大切です、「おもてなしの山梨」のPRにもなるでしょう。

この訓練受入れによる対価を山梨県は受け取る必要はない、沖縄県の支援に回すべきですね、このあたり、現状はどうなっているのでしょうか。
2011年09月27日更新記事ですが、富士吉田市外ニヶ村恩賜県有財産保護組合(恩賜林組合)サイトで、北富士演習場における沖縄県道104号線越え米軍実弾射撃訓練について がありました。

在日米軍によるこの訓練は我が国の安全保障のためには必要なものなのかどうか、それを検討するのは国会議員の問題かと思います。

◇ 毎日新聞 2012年10月12日 北富士演習場現地連絡協:来月10~21日に米射撃訓練 「沖縄県道104号越え」受け入れ /山梨
◇ 防衛省 沖縄県道104号線越え実弾射撃訓練年間スケジュール 目次
◇ 防衛省 2012年8月17日 沖縄県道104号線越え実弾射撃訓練の分散・実施について(東富士演習場関連)
◇ 読売新聞 用語解説 沖縄米軍県道104号線越え実弾射撃訓練の移転問題とは(1997年3月3日(月)  全国 朝刊 の保存ページ)
◇ こんな記事もありました、2012年02月11日 米軍車両が155ミリりゅう弾砲をけん引し一般道を走行 大分、実弾射撃訓練後、おそらくどこかの掲示板投稿を編集したものと思いますが、兵器に詳しい人々も多い事が分かります。これを問題にするなら、米軍の北富士演習場との往復はどういう方法なのでしょうか。山梨県に軍用道路なんてあったかな?

射程距離を確認したかったので、Wikipedia で、榴弾砲とか、FH70 155mm榴弾砲などを参照してみたら、通常弾で24 km、ロケット補助推進弾で30 kmの射程でした。甲府連隊から砲撃して勝沼インターの破壊は容易かも。
◇ 山梨県庁サイトには、北富士演習場の概要(更新日:2009年2月23日)があります。概要図も縮尺表示が無いので距離がわかりませんが、155mm榴弾砲について十分な訓練が可能な距離があるのでしょうか、砲撃戦については戦争映画でしか知らない軍事素人の私です。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 震災がれき受... 原子力規制庁... »
 
コメント
 
 
 
北富士演習場における沖縄県道104号線越え米軍実弾... (ictkofu)
2012-10-23 16:12:00
北富士演習場における沖縄県道104号線越え米軍実弾射撃訓練の分散・実施について 更新日:2012年10月19日
http://www.pref.yamanashi.jp/kitafuji/104kunren.html
北富士演習場における実弾射撃訓練が、平成24年11月10日から11月21日までの日程で実施される予定です。
訓練の展開・撤収等の日程については、次のとおり予定されています。

11月上旬:訓練部隊 キャンプ富士到着
11月10日~11月21日:射撃訓練期間12日間(このうち、射撃日数は10日間)
11月下旬:訓練部隊 キャンプ富士出発
訓練規模、人員及び砲数等(支援部隊を含む)については、次のとおり予定されています。
 規模:中隊レベル
 人員:約200名
 車両:約60両
 砲数:6門
 
 
 
2012年11月10日毎日新聞山梨版記事によりますと、... (ictkofu)
2012-11-10 16:22:26
2012年11月10日毎日新聞山梨版記事によりますと、以下の通りです
http://mainichi.jp/area/yamanashi/news/20121110ddlk19010025000c.html
 射撃日数は10日間で午前7時~午後9時
 夜間射撃は地元への影響を最小限とする
 訓練中は部隊員は演習場に野営する。
 外出は訓練終了後の23、24の両日を予定し、午後11時~午前5時は外出禁止。外出時にはカードで行き先を確認するなど隊員の動向をチェックするとした。
 また北富士演習場に近い「キャンプ富士」(静岡県御殿場市)が新型輸送機「オスプレイ」の訓練拠点となっているが、ブラウン中佐は「オスプレイは使用しない」と述べた。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。