湖南オヤジのlast stand

50代オヤジのささやかなチャレンジ記録です。

能郷白山 能郷谷 山スキー 2017年 早出早着できず(大反省)

2017-03-20 11:20:08 | 山スキー

(注意:以下は登山の参考にしてはいけない素人の失敗事例です.。(-.-))

さて、先週の赤兎山の敗退に懲りずに体力づくりと滑りの両立を・・となかなか踏み出せずにいた登山口まで遠い冬の能郷白山に出撃することにする。

 

天気予報だと3連休の中日は好天。

日曜の赤兎の林道移動が相当体力を奪ったようで今一つ元気がでない週だったので土曜は休養、月曜はの能郷白山の翌日ということで全面休養という計画。

赤兎山の反省でスタート時間が遅いとか、プチラッセルが延々と続いたこともあって遅かったと思っていたが翌日以降の体のだるさを考えて、はたと気がつく。

大汗をかきすぎて体のミネラル分をかなり失い、脱水症でばてていたのでは?

二週間前の姫路城マラソンの疲れが残っていたのもある。

 

そこで、標高があがり、汗冷えするまではウィンドストッパーのジャケットで登高していくことにする。

計画は5時半出発、18:00には駐車場に戻り。

滑走は地形図睨めっこして、前山から能郷谷上流の堰堤始まりまでドロップして林道でトラバースして登山口に降りてくるルートをとる。

昼食時間は摂らずにエナジージェル5パックとエナジバーを数本。

菓子パンを非常食に持参。

・・・・

3月19日。

3時には自宅を出る予定が・・出発は5時か~~とむにゃむにゃ。え、!

結局、家を5時に出発。

 

薄墨の里に入っていき、「落ちたら死ぬ」看板で有名なR157の温水峠のほうに登らずに

分岐を左に。

能郷の猿楽堂の横の

 

バス停に登山届。あるとは思わなかった。家に出してあるのでパス。 

 

進んで、

どこまで車で進めるか不明なので

土木工事会社の駐車場に停車。

 

既に3名のベテランさんが山スキーの準備して出発。

がっつり食べて

 

8:10出発。

スタート遅れたのでリスケ。日没は18:00。

登頂 15:00

登山口戻り 17:00

林道を滑って19:00には車に戻り。18:30にはヘッドライトがいるな・・

 

待っててください。能郷白山。

まだ、前山しか見えませんが・・・遠い~~。

 うん?轍が・・まだ進めるのか・・

 サファリならいけるか・・・

杉林を突っ切ると 

根尾川に沿ってずっと進んでく・・ ふみ跡がしっかりしているので、シール歩行はやめて

ザックに板を結わえて歩いていく。

 

 このあたりから斜面からの流れで雪がつながらない箇所がちょこちょこ出てくる。

・・・帰りはスキーを脱いだり履いたり。一気に戻れないのか・・・

8:57 ゲートを過ぎると 

大きな堰堤群が始まる 

 

流れに目を落とすと・・・ 

春の活動が・・・

雪が切れたり

繋がったり・・お、テント泊。昨日休みだしな・・これなら4時出発も可能だな・・

 ベテランさんたちに追いついた。私も相当遅い時間の行動だが・・どこまで行くのかしら?

9:57根尾川を渡って

左岸を進む

 林道を進んで巻いていくと突然スキーヤが降りてくる。どこから??

地図を見ると川の上流の右俣から続く堰堤の林道から降りてきたみたい・・

そうこうして、堰堤を渡って

 渡渉ポイント

 ポイントの下に渡り易そうなところがあったので渡ってみると

 あ、沢からの流れで分断・・・渡れるから渡渉ポイントになるんだよな~~

渡渉ポイントに戻るとちゃんとトラロープも張ってある。

水量は多くないのでバックル絞めてサクサクずぶずぶ渡る。

 ベテランさんたち、地図観て思案中。ここで戻るそうです。スキーハイキングだったのかしら。

10:59 ハイクアップ開始。駐車場から2時間50分。ちょっとのんびりしすぎ。

急登のグサグサ雪。板をザックに結わえたままキックステップで登っていく。 

 800m地点で傾斜が緩んだのでここからシール登高。

ザラメ。 

 ところが雪がグサグサでグリップ悪く

800m地点でシール登高やめる。 

歩く!! 

 11:50 P928

尾根に乗ったので

シール歩行再開。 

げ、まだ4.3kmもある!! 

 今日の滑走エリアを下見しながら登っていく。まだよくわからない・・

 

少し見えてきた。滑走はできそうに見えるが・・この尾根に戻ってくる林道が見えない。 

 ぐさぐさザクザク登っていく。

途中のブナ林になんとイグルー・・・溶けかけてますが・・これもありだな・・テント担がなくていいし。

だいぶ前山の吊り尾根の全貌が見えてきた。

やは右に見える雪庇下の斜面は急なので不可。そもそも雪庇崩れが怖い。

予定通り雪庇発達手前の左斜面からドロップして堰堤上部の沢筋の左俣に下って左斜面を分断する林道に進むことにする。

ただ・・・左俣最後の合流点上部の狭隘箇所が気になる・・

 

よっこらしょと上がると林道との合流点。滑走後こにに戻ってくる予定。林道が雪崩でどれだけ埋まっているか気になるが・・・ 

再び登っていく。 

 急です。

登山道横の谷の斜面も面白そう・・ 

ぜーぜー 。

 1160mあたりからうねうね進むことになる・・

やっぱり右俣は無理。左俣も真ん中へんから急勾配。下部の狭隘部分が気になる・・ 

 うねうね前山を目指す・・

途中、バラバラバラ・・と重低音の音が響いてきた・・

何だろう?ヘリは飛んでない?

 

13:10。この辺りからどんどん下山するパーティーやソロの方々とすれ違う。

どう見ても登山部の雰囲気がある方にスキーを結わえているので「どこまで?」と聞かれ、「とりあえず頂上目指します!」と答えると

「泊まるんですか?頂上はとんでもない強風ですよ・・」

「(普通はそう思うよな・・)いや、タッチしたらさっさと滑って降ります。

「え、速いですね!」

「雪はどうでしたか?」

「アイスバーンではないですかクラストしてます。ぎりぎり滑れるかな・・お気をつけて!」

「ありがとうございます」

・・・こんな時間にこの山の登っているということは雪洞でも掘るんだな・・と思うのが普通なんですね。

汗;

道具一式はあるがシュラフを持ってきてないので下山しかない。

振り返る。お~~~。 

今度は雪洞。これもありだな・・・ 

 もう少し・・

え、まだ2.7kmもあるの~~ 

もう少し・・・ 

 白谷の稜線・・神々しいですね。

 ここも風が強くなってきた。時たま突風が吹いてザックの板を煽る

 左端の斜面からドロップすることに決定!問題は雪質。

決めたドロップポイントの更に左側は積雪が薄そう・・滑ったら雪割れ誘発しそうでパス。 

ぜーぜー、もう少し 

 14:20 1510m 前山登頂

さぁ、どうする。頂上の祠はまだ点にしか見えない。今から滑走して下山すると日が落ちたころに駐車場に戻れる。

今から頂上目指すと・・16:00過ぎ。

速攻で下山してここに戻るのが17:30頃。 

そうすると登山口に18:30頃。

日没後に登山口の急登あたりで、ヘッドランプで林間滑走・・

林道の様子はわかっているので沢に落ちるなどの危険個所は無い・・・

どうする!

帰路のシュミレーションは頭の中にある。ヘッドランプで戻れる。

先週は滑らない林道がどれだけ時間を浪費するか計算できなかったので撤退を決め込んだが

ここで撤退したらこれから負け癖がつきそう・・

よし、進む!

(楽観はしていないが手順を踏めば下山できる)

ウィンドストッパーのジャケットだけでハイクアップし大汗をかかなかったのでばててはいない。

(補給はここまでエナジージェル2パック。エナジーバー二本。あと、ジェル3パック、バーも3本ある)

風が強くなっているのでシェルジャケット、ニット帽、バラクラバを首に巻き、シェルグローブを装着。

いったん下っていき・・・ 

登り返していく・・

風が強烈!でもぐいぐい進む。

風が強く雲がどんどん動く! 

ぜーぜー、クラストした斜面をキックステップで登っていく 

さすがに喘ぐ・・・ぜーぜー 

雲が去った。風がやむ。 

左が前山。稜線の真ん中前は滑って下れる。これで時間を稼ぐ算段。 

もう少し。 

シュカブラ。かちかち。 

 15:50 祠登頂。頑張ったので10分稼いだ!

ここまで12km、7時間40分。長~~。 

すぐに頂上目指す。かちかち。 

16:00 能郷白山1617m 登頂。

ほとんど使わなかったシールを外して 

 滑走モードに。

まず頂上から滑降開始! 

がウィンドクラストのシュカブラがカチカチで砕氷船のように砕いてターンしていくが

とても滑りとは言えない。ターンしないと吹っ飛んでいくほどのスピードになる。

脚腰のグリコーゲンは枯渇して踏ん張りが甘く斜面に負ける・・・ 

カリカリと大きなターンで下って 

急斜面が終わると少しエッジが効く滑りができるように・・ 

白谷につながる斜面。

 クラストしてるのでスピードが出て

すぐに次の滑降ポイント。

白谷続く斜面を雪庇の下に一気にトラバースぎみに滑べる。

ビューん。

大変おいしそうな斜面。一度滑って昇り返したい誘惑を振り切り

 板をザックに結わえて、稜線登り返し・・・

西日が・・・

 

どんどん傾いていく・・・ 

17:20 前山に戻る。 予定より10分速い。いいぞ!

日没が近い。 

準備して 

下見で決めておいた左俣にドロップ! 

 いくぞ!

40度近いウィンドクラスト。

大きなターンでスピードを殺して滑っていく。

 縦縞ができているがひっかかるほどではない・・

 さらさら自分のターンが削り取った雪面表面の氷片がサーと追っかけてくる・・・

 途中40度を超える部分がありカチカチで歯が立たず、ジャンプターンなどにリスキーなことはせずに

階段降り。安全第一(笑)

脱出して斜度が緩んだ斜面に出るとデブリが出だしている。

ガタガタ降りていくと、気になっていた狭隘部分。

両サイドが切り立っていて、上部の木立の際に雪庇になっていた雪がデブリ化してどんどん落ちて斜面を塞いでいる。

おまけに斜度がきつく、スキーでターンして下ることは困難。

板を外して手にもってツボ足で降りていき

やっと堰堤上部の合流部。ここで板を再装着。

ここもかちかち。大きなターンで下り、

吹っ飛ばないようにこらえて林道に乗る。 

何か所か雪崩で斜面化している箇所があったが、そこは滑らずに一歩一歩トラバース。

18:20そうこうして登山道と合流。左俣の狭隘部分の脱出と林道をすべて滑走できなかったことで余裕なし。

ここでヘッドランプ点灯。

予定では18:30登山口。10分では無理。

時間節約で下り登山道右側の疎林帯を滑っていくことにする・・

あれ!!雪崩跡。昼間聞いた音がこれだったのか・・

黒いブロックが多いので斜面に乗った部分が暖気で重くなりずり落ちた模様・・

これでこのルートは使えない。

林間をライトで照らしながらゆっくりターンして降りていく。

小さいころ、近所の野山で日没までスキーして慌てて家まで滑っていた記憶がよみがえる・・ 

地面近くの雪がゴロゴロブロック化して転がっている。 

ここからは踏み跡や朝あったスキーヤーが下山で使ったシュプールあとを追跡しながら慎重にくだり

最初の急登上部で板を外して、踵を雪面に踏み込みながら慎重に降りて

19:00 渡渉 ふ~~。予定より30分遅れ。

あとは林道を行けるヘッドライト点灯でところまで滑って進み道中の3分の1ほどは稼いだが

流れで雪がつながっていないところが頻繁にでてきたので、板を外してスキー靴歩行に切り替え。

これが踏み抜きに捕まらないよう足元照らしながら慎重にならざるを得ないので、雪が切れ舗装面が出だしてくるところまで全然ペースを上げられない。

そうこうして、あれれ、ヘッドライトの照度がどんどん落ちていき、消える。

電池交換はしていたが、使ってなかったが電池古かったかしら・・・

幸い、オリオン座も北斗七星も川の両サイドにくっきり輝いていて、雪や舗装路の水に流れを照らし進むべきルートは認識できる。

鹿が興味をもったのかピーピー鳴いて斜面の上を追ってくる。

口笛でこっちもヒューヒュー返すと、逃げて行った模様・・

ただし、駐車場に近くなる杉木立では枝が空を遮るので星の光が届かず真っ暗。

しかし、闇夜に目を凝らすと路面のかすかな光の反射が目に入ってくる。

ところどころガーミンのバックライトで照らして前方を確認。

そうこうして

21:10 到着。24km、なんと13時間!!登山口から2時間10分。闇夜の行動は

時間を取られます。

とりあえず、時間以外は登山計画通り進めることができた。

 

肝心の滑りはソフトスノー60%ハードスノー40%のLINK95ではカチカチの斜面には歯が立たず

気分の良い滑りではなかったが安全に降りることができたので良しとする。

 (登りで足のエネルギーが売り切れて踏ん張りがきかないのもあるが・・汗;)

林道歩きとハイクアップは汗のコントロールがうまくいき、ばてなかった・・ 

 

日の出前に出発し、滑りで冒険しなければ、のんびり進んで12時間弱では下山できそう。

いずれにしても、ヘッドライト点灯下山は喝!!

充実感だけはいっぱいで速攻で高速に乗り、養老SAで豚丼+きしめんでまともな食事をして

午前様で無事帰宅。

 

先週の赤兎敗退より疲労感少ないので、やはり人間はメンタル次第と実感。

あと一回いけるかしら・・・ 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まさかの敗退 赤兎山 深く反省・・

2017-03-12 23:59:59 | 山スキー

三月もあっという間に10日過ぎ。さすがに滋賀のお山は山スキーを堪能するにはちょっとしんどくなってきた。

そこで雪がたっぷりある隣の福井に転戦。今回は体力づくりも兼ね、林道からのアプローチが長い赤兎山1628m。

6時くらいに小原の林道を出発すれば16時くらいには下山できてるだろう・・と大雑把に計画。

が、しかし。見事に寝坊。

慌てて飛び出す。

勝山市を進み・・・お~~越前兜! 一瞬向き先変更しようかしら・・と思ったが、家に置いてきた行程と違うので

ぐっと飲み込んでやり過ごす。

小原の林道を進めるところまで進んで

 朝食。

ゲートには一台の軽トラ。登山の格好には見えない。ウエットスーツみたいな恰好。

聞くと沢屋さん。上流のダム湖から降りてくる計画だそう・・すごい。

沢屋さんは先行して出発。

私はもたもたと準備して8:50出発。大丈夫か??? 

 橋を渡って、奥の523mから巻きながら登っていく。

沢屋さんのかんじきのツボ足。なかなかしんどそう・・・

 この辺は表面がクラスト。

 朝なのでカチカチの部分もある。

以降、滝波川を延々と下に見ながら進んでいく・・・

 580mを巻いてから

なだらかな傾斜の林道が続いていくことになる。

590mの端 9:25

 斜面の雪崩は大したことなく、安心。

 

大船山がちらりと・・・ 

振り返ると越前兜の雄姿。 

沢やさんの苦労が・・・ 

10:08 670m付近の沼。凍ってます~~。 

 少しして沢屋さんが大汗かいて休憩中。ダムが近いはずとの会話から地図とGPSで現在地確認。

沢屋さんは夏はしょっちゅう来ているのでだいたいわかるそうです。

どこまで進むつもり?と聞くので兎まで・・と答えると、え、まだ相当ありますよ!

と驚かれる。

日陰はパウダー・・・ 

10:25 690m ダム湖を過ぎて 

 

 

 11:02 770mの砂防ダムの橋を通過

 

 

 

 日向はモナか・・・

 

11:27 720m  堰堤手前 奥の橋を廻って

11:46 830m P1202に続く尾根の始まり。 

地形図見ていてショートカットを考えたが、いったん湿原のうねうねした地形にだらだら進むことになりそうなので断念。

 

13:00 970m 小原峠から流れてくる滝波川の深い支流の左岸 もう昼過ぎですがまだ標高1000に到達してない。これはマズイ・・・汗;

 大長山に続く稜線。アルペンチックで見とれてしまう・・

赤兎山手前のピークがやっと見えてきた・・・ 

13:15 林道の最後の橋を渡り 

 巻いていく・・・

 このあたりはザラメ雪

 私一人のトレース。大汗で汗がしたたり落ちる。

 兎の足跡だらけ・・・

13:33 P1087に続く尾根下。 

このまま進むと向こうの林道をまた巻いて登っていく必要がある。もうウンザリ。 

でP1087にショートカット。 

 

 

 

 13:51 P1087

目の前に小原峠  ・・・遠い~~。

 いったん降りて湿地帯を突っ切て左の疎林を抜けて登山道を目指す。

 

 

 14:20 1120m 林道に合流。

・・・・もう時間切れ。15:00までに進んだところで今日は終了とする。 小原峠までいきたい~~。

 

 

 15:00 1230m 登頂断念。とほほ・・小原峠まであと180mのハイクアップ。

エナジ―ジェル2ケ、チョコバー1本しか摂っていないが時間がない。食事は下山後にして、そそくさ滑走準備をして

15:17 下山開始。

ブナ林は疎林でツリーランを楽しむ。雪はグタグタになる手前でなんとかターンを決められる 

 

しかし、登山道に戻ると勾配がなく・・自分のトレースを忠実にスケーティングしないと全然進まない・・

日没に間に合うか?!!

 P 1087には戻らず・・

自分のとレースが無い林道を漕ぐ・・・ぜーぜー 

1090mあたりから林道を外れ疎林を滑っていく。 

ちょっと重いシャーベット一歩手前の雪質。まぁ滑れます。

15:55 850m地点の林道に復帰。

 

 940mあたりから林道を外れ杉林をツリーラン。

 

 

16:20 最後の滑りを終えてあとはひたすら自分のトレースをポールで漕ぎながらノルディックスキー。

漕がないと進まない~~

 越前兜が見えてきた・・・

16:25 800m地点。まだダムが見えない・・ 

 

 そうこうして午前中出会った沢屋さんがダムに降りて行ったツボ足に遭遇。

17:05 ダム上部。頑張れ~~。 

沢屋さんのツボ足跡をがたがたと漕いで 

沼を通過し 

 自分のトレースに乗って漕いで

 やっと集落跡がみえてきた

 

 ふー。

 17:50 終了。

 往復20km 

 だらだら登ってだらだらと降りてきた・・・

 

敗因はただ一つ。出発遅すぎ!!

深く反省。

収穫はびっくりするほど顔が黒くなったこと。

大汗かいて、脱水ぎみ。大変疲れたので速攻で帰宅しました。

いつかリベンジします。早起きして・・・

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マキノ高原でスノーシューハイキング

2017-03-05 23:07:46 | ハイキング

さて、姫路城Mから一週間。ダメージも回復したが、山スキー出撃の気力は無し。

滋賀の雪も終わりになってきたので、奥さんと久々にスノーシューハイキングに出かける。

場所はお気軽にマキノ高原。のんびりのつもりだったので、赤坂山には登らず、ブナの木台平の休憩舎でお昼ごはん食べて降りてくることにする。

気温8℃。暖かい。絶好のハイキング日和。 

 

 スキー場に出て愛用の古いTSL325を履こうとすると・・あ、あ~~。トーバックルのラチェットベルトが切れた~~。それも両方。

加水分解かな・・・奥さんの大丈夫。

 仕方がないので、高原管理棟兼売店でATLASをレンタル。開いててよかった・・。ほっ。

 さぁ、スタート。良い天気。

 雪解けが進み、日当たりの良い場所では登山道が出てきている・・

 広い尾根に乗ると雪がつながっている・・・

奥さん、のんびり進みます。 

ザラメ・・・ザクザクと登っていく。 

 登山道をトレースすると先行者の足跡で歩きずらいので、ところどころ登山道から外れてスノーシューの正しい使い方をする。

こういう景色を見ると。つい「滑れるかしら・・・」と考えてしまう。 

 奥さん、頑張る。

ブナの木平。小屋は埋もれてませんでした。 

 

おなかが膨れたところで下山。 

途中にあった分岐を調子ケ滝に向かってみる。 

 ザクザクと降りていく・・・

滑ったとしてどこに出てくるのか・・・? 

そうこうして急坂降下。 

 

 

薄くなった雪をとこどころ踏み抜きながら・・ 

 沢を渡って

 

 

 

 

 

 セラピーロードを右に・・

登り返していく・・・ 

 

 

堰堤を左に進んで 

 調子ケ滝。けっこうな水流でした。

 

 

 再び戻って

 シラカバの空間から降りていく・・

 

椿が咲き始めています。春ですね~~。 

 

 

 

 

 終了。

 お子さんたちはまだまだ元気。

さらさの湯で温泉につかって

併設の食堂で牡丹鍋で夕食。美味。

デザートにアドベリーサンデー。

昔のマキノ高原のポスターを見てそのモダンさに感動。

 適度にメリハリのあった冬の終わりのハイキングでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 2月二足移動実績

2017-02-28 23:59:59 | ランニング

合計 232.73km

内、ラン       201.78 km

  ウォーク     30.95km

     バイク        0.0km

ポイント練習   11日 10km(4'57"/km)距離走

                      12日   20km(5'04"/km)BU

                      19日   20km(5’01"/km)BU

バイク練習   なし

登山           4日   14.9km 金糞岳 山スキー

         18日 16.05㎞ 横山岳 山スキー

大会       26日 姫路城マラソン 3時間30分31秒

           大会目1週間でやっと走れる自信で臨んだ今シーズン本命レース。弱気でスタートに立ったらダメという当たり前のことを経験

 

2か月になる右ハム肉離れもほぼ完治。ほッ。

 

今後の大会予定

 

5/21、22 トレニックワールド 100mile in 彩の国 思案に切り替え

7/15、16 ONTAKE100 100mile

8/30、31 UTMB(TDS119km) 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

GPSの1km・・・・

2017-02-28 22:04:03 | ランニング

 

さて、姫路城マラソンでGPSの表示がAvg4’57”だったのでサブ3.5走ったつもりが実際はAvg4’59”で3.5の走りであった驚愕の事実の理由を突き止めないと今後のランニング人生に大きな間違いを犯し続けることになる。(というか・・ぎりぎりより速く走れば悩む必要がないだけですが・・・)

使用機種はEPSON MZ500 トレッキング用だがランニングのラップ計測でも十分使える。

で、姫路城マラソンのGPSデータを専用アプリケーションソフトからCSVデータで落として覗いてみると、秒単位のラップタイムとm単位の距離記録がある。

1kmごとのラップ距離を見てみると・・・あれれ、1m単位で微妙に上振れがある。

LAP番号 LapTime LapDistance
1 382 1000
2 365 1001
3 301 1002
4 298 1002
5 300 1002
6 292 1000
7 293 1003
8 293 1000
9 291 1002
10 294 1003
11 298 1000
12 299 1001
13 299 1003
14 299 1001
15 299 1000
16 298 1001
17 294 1003
18 289 1002
19 289 1001
20 290 1000
21 286 1002
22 296 1000
23 287 1003
24 297 1002
25 288 1003
26 289 1001
27 295 1000
28 290 1002
29 290 1002
30 290 1002
31 290 1002
32 289 1003
33 291 1001
34 290 1003
35 299 1002
36 296 1001
37 300 1001
38 289 1003
39 290 1003
40 290 1003
41 295 1000
42 298 1001
  12488 42067

42㎞ラップでラップ距離の合計は42067m

ラップ合計時間は12488秒

12488秒/42067m=0.29686秒/m → 4.947分/km(4’56”.85/km)

なるほど、確かに約4’57”/kmで走っていたことになる。

では42000mで計算しなおすと

12488秒/42000m=0.29733秒/m → 4.955分/km(4’57”.33/km)

とやはり約4’57””/kmで走っていたことになる。

 

実際の蛇行走りの分を加算され、GPSはFinish42.58km、12632秒

12632秒/42.58km= 4.944分/km(4’56”.67/km)

と端数切り上げで4’57”となり、GPSのAvg表示通り。

ところが42.195kmで計算しなおすと

12632秒/42.195km= 4.989分/km(4’59”.37/km)

 

GPSのデータのとり方がどのような仕組みかはわかりませんが、GPSのラップ1kmは1000mとは限らないので距離を多めに計測されると平均ペースは速く表示され、公式距離間のラップとかい離するのでFinishタイムの見込みを誤る、という驚愕の事実!!

GPSでペースをガイドしていく場合は、目標タイムより3~5分ほど速くFinishタイムを設定してペース配分するのがよさそう・・・

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加