湖南オヤジのlast stand

50代オヤジのささやかなチャレンジ記録です。

通勤圏内でトレランルートを探せ! 三上山-希望ヶ丘稜線

2013-06-30 23:45:31 | ランニング
名神高速道路や新幹線から見られる滋賀県の近江平野に独立した円錐形の美しい三上山(432m)。富士山の形をしていることから「近江富士」と呼ばれている。

「通勤沿線上のトレランルートをつくるシリーズ」を勝手に立ち上げ、その1回目として三上山周辺-希望ヶ丘文化公園をぐるりと走ったり登ったりしてみる。

(実は三上山、15年ほど前、職場ハイキングで登ったが当時は何もしていない身の登頂で息が上がってしまい、良い思い出がない。今回はリベンジもかねる)

野洲駅で三上山周辺の丁寧なコース図を入手し、8:35スタート。
HPでも入手できます。
野洲観光物産協会。
http://homepage3.nifty.com/ohmifuji/download/img/tozanmap-pdf.pdf

野洲駅前で、おっ。






後ろ髪を引かれながらR8号線を左折して、稲荷神社を過ぎて、





野洲中学の奥から



福林寺跡の磨崖仏を見に行く。













戻って、北尾根縦走路に入る。








砂礫の道をうねうね登っていく。





待ってろよ! 三上山!!






相場振山 283m。
(江戸時代に大阪堂島の米相場を彦根に向かって、小関山※(大津市)→安養寺山(栗東市)→田中山→小脇山(東近江市)→荒神山(彦根市)と伝えるために、旗を立てたことによると伝えられている、だそうです。)






田中山 292m。



ここから降りていき、




展望の峯を過ぎて








一度、希望ヶ丘に続く遊歩道に出て、







再び、北尾根縦走路に復帰。





うねうね登って






下って、石のトンネルから三上山にルートを取る。





三上山の山腹をぐるりと巻いている中断の道を打越に進み







がんがん、走れる。




裏登山道を登らず、




表登山道を目指す。






さあ、いよいよ山頂を目指す。急です!




割岩を通り抜け、








ひたすら岩場を登る。






頂上手前の神社。






頂上を過ぎ、まっすぐ降りるルートを取る。膝にきます・・・(泣)








中段の道に復帰し、右に転じて、




近江富士花緑公園に下っていき、



橋を渡って、「森のBe-café」で昼食。







近江富士カレー!!



地元食材を使っていて美味しいです。


再開。花緑公園の斜面の遊歩道に上がり、南下。








天山方向に進むが、天山には行かず、南稜見晴らしコースをひたすら進む。







南ゲートに一度出て、再度、南稜見晴らしコースに乗る。









N100をキャンプ場方面にショートカット。





楓の森、






日本庭園を過ぎ、





キャンプ場に入る。





そこから、のどの千軒コースを進むが







途中、直進のはずの道が廃止。迂回したくないので突っ込むと強烈な藪漕ぎ。反省。









稜線に復帰すると、鏡山との分岐。まだ距離がある。今日は6時までに帰る必要があり(娘が帰省中で家族でご飯)、希望ヶ丘方面に戻ることにする。(行動食も少なく、バテ気味でもあった)



藪道を進み、城山方面に進む。











はい上り



大津方面



遠くに伊吹山が霞んで見える・・・



お~、怖!



城山 286m。





急坂を降りて






辻ダム。



久々のフラットな道。ここから一所懸命走る。



芝生広場を渡り、




西ゲート前の道路を渡り、野洲中学方面に続く自転車道を走り、16:50 野洲駅前で終了。

思わず・・・ふふ。




瀬田駅までの間で一人打ち上げ。




道迷い、コース確認、記録等も含み(食事休憩除く)

実走6時間、20km程。累積標高1500mくらい。砂礫の急坂や岩場は走れないが、稜線は結構走れて、アップダウンが多く、良い練習になった。もう少し研究しよう・・・。







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

通勤ラン、事始め。

2013-06-28 22:20:44 | ランニング
チャリ通が無くなり、代替として帰宅ランにチャレンジ。まずはルート開発。翌日に支障を来さない金曜の距離走用として長浜ー彦根の湖岸ルートを探索。

長浜駅で着替えて、出発。
遠くに伊吹山。まだ日は明るい。






長浜城から



湖岸を南下していく。



何か懐かしい



だんだん日が暮れ、



遂に夜。



闇夜に浮かぶ



長浜ドーム。



暗いです。



米原を過ぎ、彦根エリアに入る。





彦根港手前を左折して、



水路を東に。



彦根城に向かうが、



よく見えないので城周辺をぐるぐる回る。あ、滋賀大キャンパス。



何かこれも懐かしい。



辛うじて見えるポイントを発見するが木が多すぎて、やっぱり、よく見えない。残念。



サヨウナラ~~。





一路、彦根駅へ。



終了。彦根駅。



彦根城までは15kmほどだったが 
彦根城をぐるぐる回ったので、余分に6kmほどダラダラと走り、21kmのLSDとなった。あ~~、腹減った!
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酔っぱらい、江の島を徘徊??

2013-06-24 23:59:59 | ランニング
6月24日、仕事で藤沢へ。翌日も引き続き藤沢なので、朝走る用意だけはしていく。その日がを終わって、焼き鳥屋でああだ、こうだ、とくだを巻いていたら、すっかり出来上がってしまう。部屋に戻り翌日のスケジュールを見たら、7時に開始となっている。さすがに、この状態では朝は早く起きられない。と思案。・・・アルコールを抜けば良い。と、酔っぱらいの発想でランニングシューズを履いてしまう。



R467をチンタラと下りていく。

境川の船寄せ場、よく見えない。



江ノ島駅





江ノ電に接近、撮り鉄の趣味はないのだが・・・





江ノ島に向かう。





磯の香りに吸い寄せられて江の島海岸に降りて見る。月明かりに静かな潮騒。



江の島を目指す。



着いたが・・暗くて良くわからない。







そろそろ戻る。



何人かのランナーに抜かれながら帰路に復帰。ゆるい坂をふらふらと進む。



あ~、しんど。





無事、完走帰還。



アルコーは若干抜けたが、完全に抜くのはさすがに無理。

健康づくりには全く寄与しない11kmほどのLSDであった。次回はちゃんと早起きしよう・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

癒しの森林浴 夜叉ヶ池 藪漕ぎ満喫 三周ヶ岳

2013-06-23 23:59:59 | ハイキング
6月23日、天気予報通り、梅雨の間の曇天。
今日は福井の南越前町と岐阜の揖斐川町の県境にある夜叉ヶ池に登り、その向こうの三周ヶ岳に登って降りることにする。

もたもたして、家でて、関ヶ原ICで降りて、R417、303と進み、夜叉ヶ池登山口9時到着予定が9時40分。駐車場は既に満車。道路脇に縦列し、お湯を沸かして魔法瓶に入れる。(夜叉ヶ池は煮炊き禁止)

9時50分出発。待ってろよ、三周ヶ岳(一番奥の山)







こないだの雨で水量は十分。



ブナの回廊をゆっくり進んでいく。










夜叉が壁が見えてくる・・なんか急そう・・・













急になってきた。



壁がそそり立つ。



幽幻の滝、水量十分。










壁に何やら黄色い花・・



ズームすると、ユリの群生。




迫力です。






昇龍の滝。






(7月27日ですが、2日で135km・・、私は出ません。)




壁の尾根を目指して、急斜面を登る・・・
















頑張る・・・








お花畑




のんびり進んで、1時間50分で夜叉ヶ池。満員。ここでの食事は諦め、三周ヶ岳を目指し、壁の尾根を進む。








藪漕ぎながら・・・高度を上げ





振り返ると





絶壁を回り込み



お~怖。






藪漕ぎしながら尾根をアップダウンして、稜線にのるが・・・




今度は笹薮の藪漕ぎ・・・



まだ遠い・・・。



笹をかき分けうねうねと、登りつめ・・・やっと三周ヶ岳。1292m。三角点のみ。




ここまで1時間40分。藪こぎでこんなに時間とられるとは大いなる誤算。


食事休憩。おにぎりのに、タニタ食堂の野菜カレー春雨。サッポロのプレミア ノンアルコール。ハエがうるさいが、台湾の山のホテル土産の精油を開くと近づかなくなった・・(強烈なハーブの香り)






おなかいっぱいになって、14時下山開始。




美しい稜線。







夜叉ヶ池が見えてきた。人はまだら。









静かです。





白く見えるのはモリアオガエルの卵・・




イモリ・・・・



おやつを食べて、元気復活。




15:40下山再開。下りは早い・・・










17:00 駐車場。がらがらです。








帰りは、帰路途中の道の駅「星のふる里ふじはし」にある、いび川温泉 藤橋の湯 500円で汗を流し(良いお風呂です)、遅いのでそこで夕食。



私は味噌カツ定食。妻は椎茸フライ定食。いずれも1000円。ボリュームたっぷり。






夜叉ヶ池まではブナの回廊の穏やかな森林浴、夜叉が壁から三周ヶ岳は岩登り、藪漕ぎ、稜線めぐり・・とハイキングのあらゆる要素が入った行程で、癒しと経験値のアップとなり、充実した一日であった。(妻は「藪こぎ」はもういや!ということでした。笑 )




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

華麗なるキャッツビー・・いつも邦題に違和感が・・

2013-06-22 23:53:04 | 映画
異動と慣れない長距離通勤でさすがに精神的に疲れた一週間、本日はさすがに朝寝。幸い、涼しかったので、お昼前から足の状態確認にLSD。自宅、瀬田川の洗堰、近江大橋、瀬田駅、国道1号線と19kmほど2時間10分ほどゆっくり走る。なんとか、来月の神鍋の蘇武山のトレランには間に合いそう・・。

先月行った芦生の帰りに買った鹿カレーがお昼ご飯。美味しかった。後の天気はまだ今ひとつ。昼食後、妻と映画に行く。

The Great Gatsby 邦題 華麗なるギャッツビー



今更解説もいらない、F・スコット・フィッツジェラルドの名作。
決して(強調してる 笑)デカプリオのファンではないが、乗り越えられない過去を乗り越えられると信じ、そしてできなかった無垢な男の屈折した愛情表現を華麗に演じていた。

この物語は、読み手それぞれが読後の余韻にまかせて、物語を終わらせる、ようなところがあるが・・、最後のデカプリオの美しいブルーの瞳がそれだったのだろうか・・
妙に目に焼きついてしまった・・


明日は、岐阜の夜叉ヶ池ハイキング。ここは龍神伝説の地です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加