湖南オヤジのlast stand

50代オヤジのささやかなチャレンジ記録です。

比良山トレラン縦走(記録のみ)

2012-06-30 23:44:57 | ランニング
JR和邇 07:30 江若バス発
栗原 07:48 スタート
霊仙山登山口 08:20
霊仙山750.5m 08:32
権現山996m 09:33
ホッケ山 09:51
子女郎峠 10:06
蓬莱山1174.2m 10:24
打見山1103m 10:47
木戸峠 11:09
比良岳10:51m
葛川越 11:39
烏谷山1076.7m 11:54
荒川峠 12:12
南比良峠 12:24
金糞峠 12:49
八雲ケ原 13:20
武奈ヶ岳1214.4m 14:03
細川越 14:31
釣瓶岳1098m 14:46
イクワタ峠北峰 15:02
笹峠 15:20
地蔵峠 15:32
横谷峠 15:55
荒谷峠 16:07
須川峠 16:15
蛇谷ケ峰901.7m 16:53
てんくう 17:43 ゴール GPS33km
朽木支所前バス停 16:05

「てんくう」まで9時間55分(休憩、散策含む)     595分
山と高原地図(5万分の一)2010版の標準タイム累計は1025分

本日のトレランでの比良縦走は58%

一般にトレランは標準タイムの半分前後と言われているので、一応想定。
スピードハイクでもやはりテント泊か・・いつかは改めてチャレンジ。

次は中央分水嶺を研究しよう・・(アクセスが難儀)

それよりも、初めて比良縦走でき、初マラソンサブ4と同じくらいの喜びがあり、
家に帰る途中、奮発してプレミアムモルツで祝杯。

疲労度はフルマラソンくらい。足を必死にマッサージして、クエン酸とグルタミン、アミノ酸を飲む。

写真やなんだかんだは別途。おやすみなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落2!

2012-06-29 23:34:29 | ランニング
本日、帰宅後、メールを見ると、神戸マラソン事務局から通知。「落選」のお知らせでした。4倍くらい気力で当たらんかい!!、という訳にはいかないようで・・。ということで、福知山に浮気せずに入金することにする。来週は神鍋高原の42kmトレランなので、暑さに対し事前に体をうんざりさせておうこうと、比良縦走ジョグを決行することにする。行き倒れせずに「てんくう」の湯船にたどり着けるのか???とりあえず、Garmin etrex30 英語版 にカシミールから地図を放り込んで寝る。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ささやかな自己満足・・

2012-06-27 22:39:11 | 自転車
月曜は妙に疲れたハイキングのせいか、脹脛が浮腫んでいたが、筋肉痛も治まったので、今日は会社の帰りにいつものチャリ10km走でTT(苦笑)土曜にロードレーサーで走った感覚があり、大臀筋とハムを我ながらうまく使える。結果はなんと! Avg 28km/h!! この練習の自己ベスト更新!! 心臓ばくばく、大汗でシャツはびっしょり・・。どうでもよい記録更新だが、やはりうれしい。風呂上がりの缶ビールがいつもより美味かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幻住庵‐音羽山‐醍醐寺

2012-06-24 23:59:59 | ハイキング
6月24日。曇り。昨日、琵琶湖大橋のてっぺんで比良を見ながら、縦走せねば・・と思ったが、生憎、車は長女が大会遠征で使用。朝立ちする気力もなく、夫婦で目指す「1年に一座は3000m峰」の体力づくりにと、妻を誘い、近場のハイキングへ。本日は音羽山に登り、醍醐寺向かうことにする。ネットで調べると、普通は大谷‐音羽山‐牛尾観音‐醍醐のルートが一般的なようだが、我が家からとなると国分‐幻住庵からのアプローチとなる。(私はトレランのルート開発も兼ねる)使いもしない山小屋1泊の荷物をザックに押し込み、自宅から徒歩で国分を目指す。朝9時出発と遅い出発。
(主婦には家事の段取りが色々・・・)



東レ前のコンビニで食糧・行動食を調達。名神を渡り。幻住庵入り口へ。
(帰宅後、ネットのMapionの距離測で調べたらここまでで約4km)







折角なので幻住庵周辺散策。これがけっこうなアップダウンで想定外。















見学後、一路、東海自然歩道を進み、三田川の上流沿いを進む。先週の雨で水は豊富。せせらぎを聞きながら音羽山の尾根に取りつく。ハイカーもそこそこ。













下界を見ながらのんびり進み、



音羽山頂上593mへ。関電が伐採し視界良好。でも日差しは暑く、





木陰で昼食。ここで13:00。
弁当と



カップ蕎麦の新商品。(これはいける!)



45分ほどのんびりして、尾根に戻り牛尾観音へ下る。





先を進んでいた引退組ハイカー集団は追分に向かった模様。我々夫婦パーティーのみが続く。

桜ノ番場から醍醐方面に再び登り返す。



ここも音羽川の上流で気持ちがよい。一日中アルファ波満喫。


途中でウサギ観察。ここですでに3時前。



高塚山485mへの分岐で15:30.ここで時間と妻の体力を考え、上醍醐経由は断念。高塚山経由で醍醐寺裏に降りることにする。



延々と下りを降り切ると、醍醐寺裏へ。



ところが、周囲はフェンスで覆われ、直接入れない!!。



正面にたどり着くと、時すでに遅し。残念。





いつか、桜か紅葉の季節に上醍醐ハイキングを企画しよう・・







三宝院を過ぎ、団地を抜けて地下鉄に乗って帰宅する。





足には厳しくないルートであったのに、けっこう足が疲れており、不思議に思いながら帰宅。

玄関でハイキング用の靴を脱ぐとなんと、中敷きを入れるのを忘れていたことに気づく・・


自宅‐幻住庵入り口  4km

幻住庵‐音羽山‐醍醐寺‐地下鉄 14.6km

駅‐自宅 1.2km

計19.2km

実働6時間くらい。LSD代わにはなったか・・・



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロードレーサー初乗り+ラン+コンサート

2012-06-23 23:25:47 | 自転車
前夜、仕事の懇親会があり朝寝。これではいかん!と起きだし新車のTCR2を発進。約20年ぶりのドロップハンドル。車両感覚とロードレーサーの挙動と変速に慣れようと、湖周道路に入る。普通に漕いで、27~28km/hは直ぐに出てびっくり。足の回転と上半身を意識して漕ぐと30km/hも楽に出る。ところで、歩道と道路の分離帯の雑草が伸び放題で手にあたって痛い。(早く刈って!!)佐川前の直線で頑張ってみると43km/hを記録。う~~ん。これはすごい・・・と感心していると琵琶湖大橋前の交差点に出る。

左折して歩道を進もうとすると、なんと琵琶湖行脚中のアミンチュ「野洲のおっさん」に遭遇。(滋賀県人しかわからないキャラ)



記念写真をパチリしたら



カードをもらう。



ここまできたら南湖一周!と橋を進む。改めてみると結構な勾配。





遠くに比良の山並み(縦走計画をしなければ・・)



案の定161号線は車は多い、信号も多い、でストレス溜まる。帰宅したら50km。
161号線は速度アップできなかったんで平均26km/hくらい。サドルの高さと位置をもう少し研究してみよう。

昼食後、会社に置き放しのチャリを取りにラン。洗堰にむかうが、さすがに足にきていて最初の6km、4:44で足が動かなくなる。
無理せず少し立ち止まり、4.3kmを5:15でノルマの10km走終了。残り会社までの2.3kmを5:23で到着し、自転車を回収し帰宅。


シャワーを浴び、今度は妻とびわ湖ホールへ。山下洋輔スペシャルビックバンド、2年ぶりの公演。




今回は2年前の「ボレロ」に加え、N響の首席オーボエ奏者、茂木大輔を迎え、「展覧会の絵」をフリ―ジャズとビックバンドのアレンジで披露。アレンジの妙もあるが、各プレーヤーのレベルの高さもあり、大満足の公演であった。それにしても高橋信之助のドラムは相変わらずの何とも言えないぐいぐいのノリでバンドを引っ張り、山下洋輔は衰えない透明感の高い音の塊とリリカルなソロを輝かせ、期待を裏切らなかった。茂木氏がソロで奏でるオーボエはやはりクラッシックの音色であり、そのあとのジャズプレーヤーがプレッシャーを感じているようで異種格闘技のような雰囲気があって興味深かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加