湖南オヤジのlast stand

50代オヤジのささやかなチャレンジ記録です。

’14年 2月のラン練習

2014-02-28 23:59:59 | ランニング

2月は従来なら篠山Mの直前月として紀州口熊野フル→河内長野ハーフ→びわ湖レークサイド12kmtこなし、3月2日に臨む当初秋の計画であったが、篠山エントリーしくじり、いきなり、紀州口Mで3ヶ月ぶりの本番レース。見事玉砕し、なんか焦点のぼけた月であった。

合計 202.2km

ラン 
187.7km

レース
2日 紀州口熊野マラソン フル  3時間50分13秒  30kmで足裏痛発生で大ブレーキ! 泣;。
16日 河内長野シティーマラソン ハーフ  だが、雪の為、坂道10kmレースになってしまった! 46分37秒
23日 びわ湖レークサイドマラソン 12km 54分1秒 惜しい~。


ポイント練習
レースがポイント練習替わり。

あとはLSDかJOGかペース走で特筆すべきもの無し。

バイク
 なし。

ウォーク(山スキー、登山、ハイキング)  
9日 4.3km 哲学の径 ウォーク
11日 10.13km 湖北の武奈ヶ嶽 山スキー


今後の大会予定

 3/23 能登和倉万葉の里マラソン フル

 4/13 大阪府チャレンジ登山大会ランニングの部 36km

 5/18  鯖街道ウルトラマラソン 76km

( 6/1  坂井古城マラソン ハーフ 思案中・・)

( 6/8  飛騨高山ウルトラマラソン 100km 思案中・・)

7/20 おんたけウルトラトレイ100km
 
3月、山スキーはあと何回? 和倉マラソンどうするんだ!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あー、しんど。びわ湖レークサイドマラソン

2014-02-23 22:09:19 | ランニング

朝、新聞取りに外に出るとくしゃみはでるは、目は痒いは、毎日憂鬱になるシーズンに突入。
家に籠ってもいられないので、びわ湖毎日マラソンのプレイベントのびわ湖レークサイドマラソン12kmの部に参加。







昨年は坐骨神経痛の為、走っただけであったが、今年は足の調子はまずまず。

草津のイオン横のスーパー銭湯の水春前の駐輪場にチャリを置き、そこから大会バスで12kmのスタート地点へ。

受付して、





寒いのでジョグしてマクドまで行って追加の朝食。エッグマフィンセットをやっつけ、戻ったら集合時間。



9時38分、50歳代男性の部スタート。私は最後方からのスタート。
目標 
ネットで54分切りを目標にする。



で、結果は、54分1秒

GARMIN は54分、12.21km

4分25秒くらいで走れていたので、一応目標達成!

50歳代の部 14位/108人 でした。

1 4:29:00
2 4:29:00
3 4:24:00
4 4:32:00
5 4:23:00
6 4:27:00
7 4:27:00
8 4:28:00
9 4:22:00
10 4:26:00
11 4:19:00
12 4:23:00
4:25:45 AVG
13 :51

 



参加賞のタオルはゴールでボランティアさんが掛けてくれて少し感動。

コレハはナイス!



足の調子はがよいので、つくづく篠山マラソンのエントリー忘れが悔やまれる~ (-_-;)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

急遽の10kmレース 河内長野シティマラソン(ハーフ)

2014-02-16 20:10:52 | ランニング

昨年、坐骨神経痛なのに無理して出走し、折り返し以降、左臀筋、ハムの激痛で歩くことままならなくなり、最後の関門でハーフでバス収容されるという貴重な体験をした河内長野。

今年はスカッと完走して、卒業したい。

9時過ぎに河内長野駅についたらバスのロータリーで案内が・・・「雪のため、金剛山行のバスは途中で折り返しま~~す!」

なんか、イヤな予感。初めて参加したとき、滝畑ダム周辺は凍おっていた・・・

で、金曜までの大雪でぬかるんだ長野小学校のグランドに着き

 

 

50歳代の受付に並ぶと・・・

 

 

げ!、やっぱり・・・

 

果てさて、こんな山登りコースの10km走、45分切りなど到底無理。

どうしよう・・・とりあえず目標が必要。身支度しながら、登りは何とか35秒くらいで粘り、下りを頑張って25秒前後で走り、何とか45分近くでゴール、という戦略を考える。というかこれしかない。

 

ハーフエントリー集団の真ん中で震えながらスタートを待ち、10時30分スタート。あっ、ネット計測なかった~~と慌てて、スタートラインで確認。23秒のロス。

 

集団を必死に抜けてゼーゼーハーハー

1 5:31

あとはうねうねと登っていく。

2 4:43
3 4:40
4 4:48
5 4:38

折り返して下り基調、脛に乳酸が溜まって重くなってくる・・・

6 4:30
7 4:25
8 4:21
9 4:37

長野小学校手前の坂を必死に登り、最後はヤケクソで激走。(自分なりに・・汗)

10 4:24

ゴール!

46:37:00 50歳代 41位(エントリー数から推測するとたぶん260人くらい)

ロス23秒なのでネットで46:14:00

おしい~。

美味しい炊き出しのぶた汁で体を温め、まんじゅうとバームクーヘンのお土産を買って、今宮でスパワールドによって帰宅。

 

 

 

来年は60回記念大会みたい。どうしよう・・

 

参加賞Tシャツ。去年から河内長野市の可愛いマスコットキャラ入りになってます。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

急がば回れ、武奈ヶ嶽で山スキー堪能。

2014-02-11 23:59:59 | 山スキー
車が修理から戻ってこない。今年は滋賀の積雪は西雪。琵琶湖の東側は寒いが、なかなかドカ雪がこない。車が無いので県外に遠征もできない。そこで、福井の事業所に行く途中、気になっていた、野坂山地の武奈ヶ嶽865mに山スキーで行ってみることにする。JRで行く県内山スキー第二段。
(比良山系の武奈ヶ岳ではありません)

近江今津の小浜行きの7時15分のJRバスを20分程載って近江角川で下車。



バス停の小屋で弁当2つ食べて、身支度して出発。





夕べの降雪もあり、一面銀世界。




お寺の裏にある登山口から尾根に取り付く。





急登が終わったところでシール登高に切り替え。新雪ですがラッセルは踝までなの楽チン。





登山道をうねうねと上り詰め





遠く輝く琵琶湖の湖面がきれい。



ピーク740まで必死に登ると



さらに進む。









頂上が見えてきた。



帰路の稜線。



もう少し。







12時、登頂。標識は見あたらなかったが、GPS がピークを示す位置で記念撮影。



寒いです。シール外して滑走開始。









西側の稜線に続く登山ルートから下山となるのだが、

沢筋に続く斜面がパウダー。途中でトラバースして復帰すればいいか、と滑り降りていくと、







どんどん急になり、激藪になる。途中で止まって、地形を探索すると、どうやら沢筋の急峻な岩場斜面の上にいるもよう。これは沢屋さんの世界。私には無理。スキー登坂は無理なのでシュプールを辿ってツボ足で登るが、快適な新雪イコール激ラッセル。腰まで埋まって全然進まない。両手にシールを貼ったスキーを持って斜面を捕まえて浮力をつけ、上半身と膝で這いずるように体の持ち上げていく。この繰り返しでやっとドロップした場所に復帰。1時間半のロス。両腕が筋肉痛で大汗。
再び、スキーを履いて、ピーク749に登り返して登山ルートに復帰。

急がば回れ、知らない沢筋は深追いするな! やはり鉄則です。(^_^;)

晴れ間は終わり。寒いです。



ピーク749から滑走を始める。結構滑れる稜線でショートスキーをなのでツリーランならぬ藪ラン。
楽しいです。





遠く若狭の海。





雪が薄くなり、切り株や岩が露出しはじめたので、スキーを脱いで徒歩で下山。送電線の鉄塔から黄色や赤テープに添ってグサグサの斜面を進む。



杉斜面に誘導されていくが荒放題。雪と杉の腐葉土と倒木でで歩きづらいことこの上ない。鹿のトレースの方がしっかりしたルート取りしているが、すぐに倒木に遮られる。ジャンプなんかできる訳がない、と一人毒づいていると目の前を2頭の鹿がジャンプしながら降りていく。う~ん。



何とか沢にある登山道にでるが、ここも荒れ放題。道は倒壊。結局、流れをザブザブ進む羽目に。



やっと国道に出ると何やら注意書きが・・・・。



進んではいけないルートを降りたみたい。トホホ。
正しくは送電線方向の北西尾根から迂回。



近江杉山のバス停に歩道を登っていくと、16時半前にJRバスが通過。が~ん。



バス停に着いたら次のバスは17時29分。靴を換え、スキーをモンベルの折り畳みケースにしまい、非常食のお握り(凍っていた)と試供品のサバスのランナー用プロテインを胃に放り込み、気温零度の中、待つこと45分。バスが到着。





本日10km。







冷えたので、帰りの電車でアルコールで暖を取り帰宅。



やはり、初ルートは鉄則に従うことが大切と痛感。

今シーズン、やっと山スキーを満喫?した一日でした。(藪山ですが・・)

(この山は石田川ダム方面に抜ける斜面も研究の価値はありそう・・・・)










コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Char in 石山   久々のライブハウスで汗

2014-02-08 23:59:59 | 音楽



今の勤務地では平日のライブなど、物理的に無理だが、たまたまネット見ていたZICCA.netで、Char 2014 TRADROCK Tour が始まっていることに気づく。金曜の神戸チキンジョージなんか行けやしないよ~~と見ていたら、なんと翌日の土曜は大津石山のU☆STONE! 慌てて7チケットで購入。

奥さんと連れ立ち、19:00開演で18:40に入場。熱気ムンムン。年齢層は同世代多いぞ!!

10分過ぎても出てこない。しびれ切らしたオッサンが「Char! 頼むから早う出てきて~な~」と絶叫。さらに焦らされ、ピンクのムスタングでCharが登場。

アンコールのSMOKYまで怒涛の2時間。オールスタンディングで疲れました。

セットリストは公開されていないが、今回はすべての会場のライブCDを販売するそうで、既に販売が開始されているライブのセットリストと記憶から、多分、次の構成だったと思う。

当然、1500円で石山のライブを予約しました。2週間後が楽しみ!。


(年甲斐もなく、スミマセン)


タイトル、オリジナル

Why Aren't You Ready、Pink Cloud、Pink Cloud
Falling Star、Pink Cloud、aLIVE - EP
Do Or Die、Char、PSYCHE II
Dazed、PSYCHEDELIX、PSYCHEDELIX
Song In My Heart、Johnny Louis & Char、Tricycle
波、Char、THRILL
Jeff's Boogie、Jeff Beck
Help、Beatles
Badge、Cleam
One more mile、Char、DUAL FEEL
Walk Don't Run、The Ventures
Pipeline、The Ventures
Anytime、BAHO、HAPPENINGS
Tokyo Night、Char、have a wine

アンコール
闘牛士、Char、THRILL
Head Song、Johnny Louis & Char、oira
Pink Cloud、Pink Cloud、Pink Cloud
Tomorrow Is Coming For Me、Char、THRILL
Smoky、Char、Char

ちょっと、違うかも・・


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加