湖南オヤジのlast stand

50代オヤジのささやかなチャレンジ記録です。

上原ひろみ ×エドマール・カスタネーダ ビルボード大阪

2017-11-26 23:59:59 | 音楽

大阪マラソンで街中盛り上がる中、奥さんとビルボード大阪へ。

pf上原ひろみ ×harp エドマール・カスタネーダのデュオ。大阪ビルボード最終日の1stステージへ。

コロンビア出身のラテンジャズハープ奏者のエドマールとジャズピアニスト上原ひろみのインタープレイに驚愕し、ニッカ シングルモルトをついつい二杯でご機嫌に。

トリオによる超絶技巧のアンサンブルの緊張感もいいですが、今回はアコースティックのデュオ。

弦の音色の絡み合いがスリリング。

ハープがピアノ的に演奏できることを知って新鮮な驚きがありました。

 

A HARP IN OSAKA

 A HARP IN NEW YORK ですが、ご当地ということでOSAKAで紹介。

 都会とラテンの香りがする曲。ピアノとハープの技巧の絡み合いの中でハットする音の広がりが美しい

FOR JACO

 故ジャコ・パストリアスのフレットレスエレクトリックベースのインプロビゼーションがハープで再現され思わずにんまり。

 上原ひろみもプリペアド・ピアノで応酬

 エドマールの超絶技巧に上原ひろみもピアノ鳴らしまくりでテンションMAX。

MOONLIGHT SUNSHIN

 バラード。波打つような典型的なハープの奏法。ピアノもリリカルな演奏です。

CANTINA BAND

 ジプシージャズの香りがするスイング。ピアノは鍵盤を走りまくりますがハープはしっかりギターの役割。新鮮でした。

JESUS DE NAZARETH

 エドマールのソロ。祈りの曲。切ないメロディーが美しいです。

CHOUX A LA CRÈME

 上原ひろみのソロ。スイングしまくり!

SPAIN

  言うまでもない名曲。上原ひろみのピアノが火を噴くが、負けじとエドマールもパーカッシブに絡む。すごい・・・

アンコール

LIVERTANGO

 ピアソラの名曲。

 SPAINと同じようなコラボレーションの展開ですが、曲が美しいので耽美的。

 

ハープにサウンドカラーを委ねたピアノの演奏。新鮮でした。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あ、当たってしまった!! 2018 UTMF

2017-11-21 23:59:59 | ランニング

昨日、鏑木選手のUTMB再挑戦に驚いていたが・・・・

本日 RUNNETをのぞいてみると・・・

あ、当選してしまった! 汗;

 

2017年TDSをやっつけて、超長距離はもういいかな・・しんどいし・・

とオッサン状態になっていたが、落選された方々の悔しさを思うと、出走しなければならない!!

 

このブログのタイトル「湖南オヤジのlast stand」のlast standとは「最後の抵抗」という意味で、加齢と戦うその辺の普通のオッサンの奮戦記、というニュアンスのブログタイトルにしたのだが・・

まさか文字通りの状況が来るとは・・

 

ところで、あと5か月しかない。準備間に合うかしら・・・とほほ。

 

#2018 UTMF

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加齢との闘い 鏑木選手の最後の挑戦

2017-11-20 23:59:59 | ランニング

鏑木毅選手。

石川弘樹氏と並んで日本のトレイルランニングの裾野を広げてきたレジェンド。

50歳に近くになってまだ現役にこだわり、私のようなオッサンにはその悪戦苦闘が(レベルはとても及びませんが・・汗;)身近に感じられて、いつも気になる存在。

(その昔、鏑木選手は東山36峰のゲストランナーで出走していたが、最後尾からスタートして参加ランナーにエールを送りながらトレイルの登りを音もたてずに柔らかなつま先走りで抜いていく、そのしなやかな下肢の動きは今でも目に焼き付いている・・)

私も55歳になって体力の回復スピードがかなり落ちてきているのを実感しだし、生活習慣病の某数値を下げるのに神経をつかい、ランニングで追い込むことにためらいを感じるようになってきた。

 

そんな中、過去2度リタイアしたGrand Raid Reunion(距離164.9km 累積標高(+)10,000m)に鏑木選手はリベンジを果たした。

ネットでレースの展開を追いかけていたが、「後半追い上げの鏑木」の姿はなく、順位を落とさないのがやっとのフィニッシュ。

そうとう体調が悪かったようだが、「これで前に進める」というコメントが気になっていた。・・・

 

そんな中、今日、え、というニュース。

なんと2年後のUTMBに再挑戦するという。

鏑木 毅 NEVERプロジェクト

今年のUTMBの優勝タイムは19時間1分54秒

鏑木選手の全盛時よりはるかに高速化が進んでいる。

どこを着地点とするかはまだ不明だが・・・ただ、ただ頑張ってほしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都紅葉見物 瑠璃光院

2017-11-19 23:59:59 | 旅行・グルメ

先週の奈良では下界の紅葉が始まり出していたが、寒気が続き、周辺はいつもより紅葉の進みが速い。

去年は坂本から叡山に登って(ケーブルですが・・汗;)紅葉見物し、ロープウェイ、ケーブルで紅葉のトンネルを見物して八瀬に降りたが、瑠璃光院はとうの昔にチケット完売で入れず。

ということで、今年は山科の珉珉で奥さんとしっかり栄養付けて、1 3:30に八瀬入り。

すぐにチケット売り場に行ったが・・・17:00の回。16:50分に集合してください・・

え、3時間半もある。ライトアップの回なのでそれはそれで良いのだが・・・

ということで、まずは八瀬紅葉見物から。

東山36峰のお山は赤と緑のコントラスト・・

時雨模様で日が差すとなんと虹!!




さ、寒い~~~

で、思わず巨大なみたらし団子を所望・・・

奇麗ですね・・・でも川沿い。底冷えします・・






つり橋を渡ってみると・・

流れの冷気が上がってきて、さ、寒い~~~

まだ時間はたっぷりある。

ということで、無料で入館できる、ルイ・イカール美術館へ。

アールデコ時代に活躍したルイ・イカールの作品だけを展示する美術館。瑠璃光院の付帯施設として2011年に開館されたそう・・・



お庭も立派です。







暖を取るのにくつろぐ人、多数。ここではうろつかなければ300円でまともなコーヒーが飲めるということで頂いてお庭と絵を観賞。




一通り見学してもまあ1時間半もある。そこで日が傾く前に瑠璃光院の裏側を探索。

瑠璃光院裏に御影神社なるものがあった。

古い静かな神社です。

周辺のお山の作業道を散策して降りると日が傾きだした・・・叡山電鉄沿いに戻って

途中に閉院した高折病院横の同じく営業していない老人ホーム宝嶺山荘のお庭を見学。あまりにりっぱなので驚く。管理はしている模様・・もったいないな~~。



そうこうして時間となり、17:00 瑠璃光院へ。


2F。ホームページのようにはいきませんが・・素晴らしいです。

!Fも見事!

美術品も見て


八瀬の釜風呂を初めて見る。昔のサウナですね・・


すっかり日も暮れ、ライトアップの光が妖艶です。


外に出ると・・サブい~~~すぐに電鉄乗って

三条へ。

三条 木屋町 天ぷら海鮮 米福 で夕食。

なぜか、滋賀の地酒を頼んで


山陰直送 海鮮

マグロと大根

天ぷら海鮮

丸餃子

おなかいっぱいで帰宅・・・

寒かったですが、良い一日でした・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第69回 正倉院展

2017-11-12 23:59:59 | 旅行・グルメ

正倉院展 最終日1日前の12日の日曜。なんか恒例になりつつある奈良観光を兼ねた夫婦正倉院展見学。

いつも近鉄を使っていたので、今回はJR奈良から入る。 

今回はメインを春日大社見学にして、正倉院展へは夕方に入ることにする。

JR奈良から春日大社参道を上がっていき

昼時だったので、目についたAIDAという食堂に入る。

古い商業ビルを改装したお店みたい。

定食しかありませんが、これが美味しい。

私は地鶏のささ身フライ。奥さんは地元野菜の天ぷら。ともに優しい味付けでした。

参道を登ってくと紅葉の始まり・・

春日大社に入っていく・・

途中に風情のある建物

昔は物産館だったようですが今は、奈良国立博物館 仏教美術資料研究センター。蔵書閲覧などで普通に入館できるようです。

流鏑馬の練習中・・・

境内に入っていくと

塗り替えられた朱が美しい・・・

拝殿の周りをグルっと回廊を回ると

春日大社の核心部、本殿東横の御蓋山 神域で立ち入り禁止区域

「御蓋山の山頂は、藤原氏の招請により鹿島神宮からやってきた武甕槌命(タケミカヅチノミコト)が最初に「浮雲殿」と呼ばれる場所に降り立った地点として知られており、その降臨したと伝えられる地には「本宮神社」が祀られている。」そうです。

灯籠見物して

非業の天才 唐で客死した 天才 阿倍仲麻呂の春日山への想い・・・

正倉院展に向かう途中、去年時間切れで入れなかった春日大社 国宝殿を見学

!Fはエントランスからしばらく現代アート。春日山の緑と光をテーマにした光の作品

重要文化財鼉太鼓 レプリカ 高さ6.5メートル、重さ約2トン

本物は平成31年4月まで修理中・・・

春日大社 国宝殿

2Fの平安の宝物を見物後、

併設のカフェ 鹿音(KAON)でお茶。私はきなこパンケーキ。

奥さんは抹茶パンケーキ・・・

国宝殿を出て

 

夕刻、正倉院展入り 待ち時間5分

主な展示物はこちらで見てください。

奈良国立博物館 第69回 正倉院展

今回の私のお気に入り 1

羊木臈纈屏風(解説 YOMIURI ONLINE 第69回正倉院特集)

チラシのメインにもなっている羊の屏風図

奈良時代に現れるペルシアの図柄。日本がシルクロードの東の終端であった証であるが解説をみると図案が移入される経過がすごいらしい。

 

今回の私のお気に入り 2

碧地金銀絵箱(解説 宮内庁 正倉院 宝物検索)

美しい装飾箱。淡い青色に金銀の装飾がなんとも美しい。

 

今回の私のお気に入り 3

玳瑁杖(解説 YOMIURI ONLINE 第69回正倉院特集 見る正倉院宝物)

自然保護の今の世、声高にすごい!と言えなくなったべっ甲細工。

が、精緻な加工とその美しさにただ驚く・・ 

 

と、約1300年前のお宝にいつものようにびっくりして、正倉院展を後にしたら終了時間近く。

 

底冷えするなか、、ひがしむき商店街に入り、夕食場所を探索。

今回は、やまと庵に飛び込んで地場食材を頂く。

珍味 飛鳥の蘇 古代チーズです。

お酒は春鹿で始めて、超辛口 鬼斬。これはやられた!美味い。

地元野菜と地鶏の天ぷらをつまんで

私は地豚の釜めし 豚が柔らかい!

奥さんは地元まいたけの釜めし 良い香りです

と、あっというまに半日が奈良三昧で終わる。

来年は耐震補強工事が終わった興福寺の国宝館とセットで見学するつもり・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加